新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375

かんたん求人検索

求人数375

COLUMN

COLUMN就職・転職求人情報コラム

新着就職・転職求人情報コラム

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|介護士について解説します

介護士に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「介護士の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「介護士を目指す方におすすめの資格」や「介護士に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|介護士とは? まずは「介護士」についてご説明します。介護士とは、介護のお仕事に就いている人を指す総称。「介護士」という資格があるわけではなく、介護の仕事に従事している方であれば誰でも名乗ることができます。そのため、一般的に介護士と言えば、介護施設で介護のお仕事に従事している人や訪問介護サービスにおいて「身体介護」や「生活援助」などを行うホームヘルパー、または訪問介護員を指すことが多いですよ(介護職員、介護スタッフなどと呼ばれることもあります)。なお、介護業界について知りたい方は「高卒で介護業界に就職した方の記事」をご覧ください。     高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒からでも介護士になることは可能です。介護の仕事では、基本的に学歴は必須項目ではないことがほとんどです。なので、学歴を理由にして諦める必要はありません。介護士にご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募してみましょう。なお、高卒から介護士を目指す方法については「高卒から介護士になるには?介護福祉士の目指し方とおすすめルートを紹介」、もしくは「高卒向けに介護の仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 総務省が発表した「高齢者の人口の統計」によると65歳以上の高齢者は3640万人となり、過去最多となっております(2021年9月15日時点)。また総人口に占める割合は29.1%。こちらも過去最高です。このように、我が国では年々「高齢化率」が上昇し続けております。そのため、これから介護ニーズがさらに高まり、介護士の活躍する機会が増えると考えられるでしょう。なお現在、介護業界は慢性的な人手不足のため、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。そのため、未経験者を歓迎する求人が豊富です。実際に「高卒向けに介護士の求人を紹介しているサイト」では未経験者歓迎の求人がたくさんありますよ。       高卒の就職|介護士の仕事内容について ここからは、介護士の仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く施設の形態や性格によって違いがあります。ですので、介護士のメインの仕事「三大介助」について解説しますね。 ※三大介助とは食事介助・入浴介助・排泄介助という3つの介助を指します。三大介助は、身体介護の基本と位置づけられており、体の不自由な高齢者が生活を送るうえで必要不可欠な介護となっております。詳しくは下記をご覧ください。   【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 介護士の仕事1つ目は『食事介助』です。食事介助とは、文字通り食事の介助をすること。主に「食事の準備」や「調理・配膳・下膳・後片付け」「食後の口腔ケア」が食事介助の仕事内容になります。食事介助では全面的な摂食介助のみならず「一部介助」や「見守り介助」など、一人ひとりの摂食能力に合わせた補助を行います。なお、その方の状態に合わせて、美味しく楽しく食事が続けられるように助言やサポートを行うことも食事介助の一部とされております。   【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 介護士の仕事2つ目は『排泄介助』です。排泄介助とは、文字通り排泄の介助をすること。主に「トイレへの移動」や「衣服の着脱」「排泄の手伝い」「おむつの交換」「排泄物の確認」「後始末」などが排泄介助の仕事内容になります。排泄介助では、人としての尊厳を損なわないように注意をすることが重要です。そのため、介助が必要ない方の場合は「便器への移動後にその場から離れる」「排泄物のにおいや量に関して話さない」など、要介護者さまが快適に過ごせるように工夫する必要があるでしょう。   【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 介護士の仕事3つ目は『入浴介助』です。入浴介助とは、文字通り入浴の介助をすること。主に「入浴の準備」や「衣類の着脱」「身体・洗髪の洗浄」「身体の清服」などが入浴介助の仕事内容になります。入浴介助は、介護士さんが全身の状態を観察できるため、健康状態の把握にとっても役立ちますよ。     高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 介護士として働くのに、特別な資格は必要ありません。しかし、資格がないと介護士としての技術を使う、専門的なお仕事ができない場合があります。ですから、将来にわたって介護士として活躍したいと考えるならば、自身のキャリアや能力に応じた資格を取得しましょう。以下、介護の仕事に関連する「代表的な資格」です。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 介護士を目指す方におすすめの資格1つ目は『介護職員初任者研修』です。介護職員初任者研修とは、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正後からスタートした資格。介護の仕事に全く従事したことがない方でも理解が出来る「講義」と、実際に身体を動かす「実技演習」により介護業務に必要な基礎知識・技術などを身につけることができます。介護職員初任者研修は、数ある介護資格の中で最も取得しやすいと言われております。ですので、これから介護の仕事を始める人におすすめの資格だといえるでしょう。「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」や「介護士の仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 介護士を目指す方におすすめの資格2つ目は『介護福祉士実務者研修』です。介護福祉士実務者研修は、質の高い介護サービスを安定的に提供していくことを目標に、基本的な介護提供能力の修得を目的とした資格。介護士として働くうえで必要な「介護過程の展開」や「認知症等」について学ぶことができます。そのため、実務者研修課程を修了することで、介護に関する専門的な知識と実践的な技術を習得でき、より質の高い介護サービスを提供できるようになりますよ。介護福祉士実務者研修について詳しく知りたい方は「高卒者向けに介護職の志望動機例を紹介!やる気があれば学歴は関係ない」をご覧ください。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 介護士を目指す方におすすめの資格3つ目は『介護福祉士』です。介護福祉士とは、介護に係る一定の知識や技能を習得していることを証明する資格。介護の世界には資格がたくさんありますが、介護福祉の専門職である「介護福祉士」が唯一の国家資格になります。ですから、介護福祉士の資格を取得していると大いに活躍できますよ。介護福祉士の資格について詳しく知りたい方は「高卒で介護福祉士を目指す方法は?」、もしくは「高卒で介護福祉士になるには?最短で資格を取る方法や学歴による待遇の差も解説」や「介護福祉士は高卒でも取れるのか」をご覧ください。       高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 介護士は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、介護士に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 介護士に向いている人の特徴1つ目は『体力に自信がある人』です。介護士は力仕事が多く、夜勤などの不定期なシフト勤務になることも多々あります。そのため、体力に自信がある人でないと続きません。体力に自信があり、健康な人は介護士に向いているといえるでしょう。「高卒から介護職を目指している人へ!知っておきたい介護職の特徴!」でも同様のことを述べております。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 介護士に向いている人の特徴2つ目は『観察力がある人』です。介護士は、介助を行いながら利用者の「体調」や「精神状態」の変化に気づき、適切な対応をする必要があります。そのため、わずかな変化も見逃さない観察力が求められます。観察力がある人は介護士に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 介護士に向いている人の特徴3つ目は『コミュニケーション能力が高い人』です。介護現場では、利用者さまとのコミュニケーションが非常に重要。話しやすいスタッフだと認識されることで、信頼関係の構築にも繋がります。介護サービスを利用する高齢者の中には、介護士との会話を楽しみにしている方も多くいますので、コミュニケーション能力が高い人は活躍できますよ。コミュニケーション能力が高い人は、介護士に向いているといえるでしょう。     高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。介護士への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 未経験
  • 職種
  • 資格
  • 介護士

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|施工管理について解説します

施工管理に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「施工管理の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「施工管理に向いている人の特徴」や「施工管理で高収入を得る方法」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|施工管理とは? 高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 高卒の就職|施工管理の仕事内容について 【高卒の就職|施工管理の仕事内容1】原価管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容2】工程管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容3】品質管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容4】安全管理 高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴1】コミュニケーション力が高い人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴2】臨機応変に対応できる人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴3】リーダーシップがある人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4】リスク管理ができる人 高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ     高卒の就職|施工管理とは? まずは「施工管理」についてご説明します。施工管理とは、建設工事の現場監督として工事全体の管理をする仕事。工事スケジュールの延期や予算オーバー、事故などが発生しないように工事全体をまとめて進捗させる業務を担います。施工管理は工事全体の流れを理解する必要があるため、まずは現場で実務経験を積むことが重要です。また、建設工事では土木や電気、配管など様々な業者とのやり取りが発生するため、各分野についての専門的な知識も求められます。施工管理について詳しく知りたい方は「施工管理の仕事内容を職種別にどこよりもわかりやすく徹底解説!」をご覧ください。     高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 施工管理は学歴不問の求人が多いため、高卒からでも目指せます(施工管理になるために学歴は絶対条件ではありません)。近年、建設業界は若者離れが問題となっており、働き手の高齢化が進んでおります。なので、多くの企業が積極的に若年層の採用を強化しておりますよ。施工管理職にご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募してみましょう。実際に「施工管理の求人を紹介しているサイト」を見ると、学歴不問の求人がたくさんありますよ。     高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 施工管理は未経験でもできる仕事です。施工に関する専門知識は、就職後に身につければ問題ありません。近年、多くの企業が「数年間の実務経験を通じて人材を育てる」という制度を確立しており、未経験者を受け入れる体制を整えておりますよ。施工管理は未経験から挑戦しやすい仕事だといえるでしょう。「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」や「文系出身でも施工管理職に就くことは可能?必要な学歴や実態について解説」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 施工管理の資格は学歴によって取得に必要な「実務経験の年数」が違いますので、注意しましょう。たとえば「2級建築施工管理技士技術検定」の第一次検定は“17歳以上”であれば誰でも受検可能です。しかし、第二次検定を受けるには、指定学科以外の大卒なら1年6カ月以上、高卒なら4年6カ月以上の実務経験が必要になります。施工管理の資格について詳しく知りたい方は「施工管理に学歴は必要?大卒と高卒の年収の差は?」、もしくは「施工管理の資格について解説しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|施工管理の仕事内容について ここからは、施工管理の仕事内容をご紹介します。細かい点は働く会社の規模や体制によって異なります。ですので、施工管理の業務のうち特に重要な4つを紹介しますね。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容1】原価管理 施工管理の仕事1つ目は『原価管理』です。原価管理とは、人件費や材料費といった工事にかかる原価を計算し、予算内に収める管理活動のことです。建設工事は、予算を超えると企業収益の減少につながるため、原価管理は非常に重要な業務ですよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容2】工程管理 施工管理の仕事2つ目は『工程管理』です。工程管理とは、工期までに建物を完成させるためのスケジュール管理のこと。設計図どおりの建設が予算内で安全に施工できるように、工法を計画し、作業員の配置や重機手配の予定を立てます。なお、施工開始後はスケジュールに沿って円滑に工事が進むように管理しますよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容3】品質管理 施工管理の仕事3つ目は『品質管理』です。品質管理とは、成果物が設計図・仕様書どおりの品質を達成できるよう管理すること。材料の寸法や強度などの指標が、設計図・仕様書で規定された品質を満たすように材料や仕上げの程度などを決め、施行します。なお、完成した建物の「強度」や「仕上げ」が規定を満たしているかの確認も重要な業務になりますよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容4】安全管理 施工管理の仕事4つ目は『安全管理』です。安全管理とは文字通り、建設現場において安全な作業環境を整えること。工事現場において作業員は、常に身体的な危険に晒されています。そのため、建築物の品質を確保するだけでなく、作業員の安全確保も施工管理の重要な業務ですよ。     高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 施工管理は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、施工管理に向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴1】コミュニケーション力が高い人 施工管理に向いている人の特徴1つ目は『コミュニケーション力が高い人』です。施工管理の仕事は、職人や他の会社との連携が必要不可欠。年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていきます。そのため、高いコミュニケーション力が必要になりますよ。コミュニケーション力が高い人は施工管理職に向いているといえるでしょう。「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴2】臨機応変に対応できる人 施工管理に向いている人の特徴2つ目は『臨機応変に対応できる人』です。施工管理の仕事は突発的なトラブルに対応することがほとんど。常に臨機応変な対応を求められます。ですので、臨機応変に対応できる人は施工管理職に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴3】リーダーシップがある人 施工管理に向いている人の特徴3つ目は『リーダーシップがある人』です。施工管理は建物完成に向けてそこに関わる人間を引っ張っていく仕事。プロジェクト全体に目を行き届かせ、職人や協力会社と連携をとり、まとめていく力が必要です。そのため、リーダーシップがある人は大いに活躍できると思いますよ。「施工管理の志望動機|5つの例文とポイント・NG例を紹介」でも同様のことを述べております。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4】リスク管理ができる人 施工管理に向いている人の特徴4つ目は『リスク管理ができる人』です。施工管理はリスク管理能力が重要。リスク管理が甘いと、事故が起きる可能性が高くなります。なので「現場に危険個所はないか」「現場作業員の安全管理は徹底されているか」など、常に気を配っておく必要があります。このようなことから、リスク管理ができる人は施工管理職に向いているといえるでしょう。     高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 施工管理で高収入を得たい方は大手企業に就職するといいでしょう。大手企業であれば施工の規模が大きいため、高収入が期待できますよ。ぜひ応募してみましょう。なお、高卒で大手企業に就職することは非常に難しいとは思いますが、不可能ではありません。上述したように、近年は若年層の採用を強化しておりますので、意欲や熱意があれば内定を獲得できるかもしれませんよ。「高卒で施工管理職になるための情報をご紹介!資格や向いている人も解説」や「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。施工管理への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|施工管理とは? 高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 高卒の就職|施工管理の仕事内容について 高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 施工管理

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|総合職と一般職の違いについて解説します

総合職に興味があるけど…。 一般職との違いがわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「総合職と一般職の違い」をご説明していきます。後半部分では「総合職に求められる学歴」や「総合職と一般職で迷った際の考え方」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|総合職とは? 高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 【高卒の就職|総合職の分類1】事務系総合職 【高卒の就職|総合職の分類2】技術系総合職 高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? 高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 【高卒の就職|総合職と一般職の違い1】仕事内容 【高卒の就職|総合職と一般職の違い2】基本給 【高卒の就職|総合職と一般職の違い3】研修制度 【高卒の就職|総合職と一般職の違い4】異動や転勤の有無 【高卒の就職|総合職と一般職の違い5】キャリアアップ 【高卒の就職|総合職と一般職の違い6】採用選考の時期 【高卒の就職|総合職と一般職の違い7】責任 高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|総合職とは? まずは総合職についてご説明します。総合職とは、会社の売り上げに直結する業務を担い、将来の管理職・幹部候補として期待されるポジションのことをいいます。総合職は一つの業務を長く担当することもありますが、基本的には「ジョブローテーション」で異動があります。そのため、異動や転勤が定期的に発生するのが特徴ですよ。     高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 総合職は大きく分けて「事務系総合職」と「技術系総合職」の2つに分類されます。詳しくは下記をご覧ください。   【高卒の就職|総合職の分類1】事務系総合職 事務系総合職とは、人事や総務、経理のほか企画や営業などを担当する文系の総合職のことです。幅広い分野の仕事があり、企業が円滑に機能するために必要な業務を担当します。事務系総合職について詳しく知りたい方は「高卒向けに事務系総合職の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|総合職の分類2】技術系総合職 技術系総合職とは、研究、開発、設計、生産、品質管理など、製品やサービスに関わる一連の部門の仕事を指しています。具体的な職種にはシステムエンジニアやプログラマーなどが挙げられますよ。     高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? コース別採用が行われている背景には、厚生労働省によって制定された「男女雇用機会均等法」があります。1986年に「男女雇用機会均等法」が制定されるまで、多くの会社では男性と女性で区別された募集や採用が一般的でした。しかしながら「男女という性差ではなく、能力や成果で評価するべき」という考え方によって、総合職と一般職のコース別採用がスタートしました。コース別採用が始まった当初は、プライベート時間の確保のしやすさから、「一般職は女性」「総合職は男性」という考え方が多かったようですが、現在は総合職で働く女性も一般職で働く男性も多くいますよ。なお、就職活動の男女差について知りたい方は「高卒向けに総合職や一般職を紹介しているサイト」をご覧ください。   <高卒の就職|一般職とは?> 一般職とは、総合職がスムーズに業務を遂行できるよう、サポートするポジションのことをいいます。配属部署によって仕事内容は変わりますが、基本的には事務仕事を担います。一般職は異動が少なく、同じ部署で長く務めるので、特定の分野の「知識」や「スキル」を高められるのが特徴ですよ。     高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 総合職と一般職では、様々な違いがあります。詳しい違いについては下記をご覧ください。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い1】仕事内容 総合職と一般職の違い1つ目は『仕事内容』です。将来の幹部候補である総合職は、様々な部署で幅広い業務を経験します。一方、一般職は資料作成や顧客対応、備品管理などといった総合職のサポート業務が主な仕事であり、異動はありません。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い2】基本給 総合職と一般職の違い2つ目は『基本給』です。基本給は業務範囲や将来性などの違いから、一般職よりも総合職の方が高く設定されています。実際の「求人募集」でも、総合職と一般職とで給料を分けて記載している企業が少なくありません。なお、総合職は仕事の成果や能力に応じ、明確な評価基準が設けられています。そのため、昇給に必要な条件が分かりやすく、会社から求められたことに対し相応の結果を出せば、自ずと昇給できることが多いのですよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い3】研修制度 総合職と一般職の違い3つ目は『研修制度』です。総合職は、担当部署が多岐にわたります。そのため、各業務に必要な知識を身に付けられるよう、研修制度が充実していることが特徴です。もちろん一般職も、働くうえで必要とされる研修は受けられますよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い4】異動や転勤の有無 総合職と一般職の違い4つ目は『異動や転勤の有無』です。一般的に総合職では、一定期間ごとに部署の異動や転勤を求められます。近年は「地域限定総合職」といって、勤務地を限定した「転勤の可能性の少ない総合職」を設けている企業もあるようですが、注意が必要です。地域限定総合職は「転勤がある総合職」と比べると、会社から任される「仕事内容」や「給与額」に違いが生じます。地域限定総合職を希望する方は、労働条件についてしっかりと確認しておきましょう。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い5】キャリアアップ 総合職と一般職の違い5つ目は『キャリアアップ』です。総合職は企業の中核となる業務を担当することが多いため、一般職よりも早いキャリアアップが目指せるでしょう。なお、企業のなかには、個人の能力を判断するための階級制度を設け、階級ごとに試験を実施し、その結果を「昇進」の目安としているところもありますよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い6】採用選考の時期 総合職と一般職の違い6つ目は『採用選考の時期』です。一般職に比べて総合職は、選考時期が早めに実施されることが多いようです。ただし、選考日程は全企業一律ではないため、志望する企業の募集要項はしっかりと確認しておきましょう。なお、総合職と一般職の採用の流れについては「総合職と一般職の試験情報を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い7】責任 総合職と一般職の違い7つ目は『責任』です。一般職に比べて総合職は、責任の重い仕事を任される傾向にあります。総合職は、会社の中核を担うことを期待されているので、その分任される仕事の責任も重くなりますよ。     高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 総合職に求められる学歴は「大卒以上」の場合がほとんどです。大企業や人気企業などは、大卒者の中でも一定のレベル以上を採用の条件にしている場合が少なくありません。そのため、高卒で総合職を目指すことは非常に困難です。高卒で総合職を目指す方は、就職活動が難航することを覚悟しておきましょう。「大学に行かないとなれない職業はある?進学・就職を決定するまとめ」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 総合職の採用は長期的なキャリア形成を前提としているため、若い人材が求められています。ですので「高卒だから…」との理由で諦める必要はありません。高卒でも採用される可能性は十分にあります。企業の中には「若くてポテンシャルのある人材」を求めているところもありますので、思い切って応募してみましょう。「高卒で正社員(総合職)は目指せるか?」や「高卒者でも大企業に就職できるのか?実際の就職数を大卒者と比較!」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 総合職と一般職で迷った際は「仕事に求める大切なもの」を明確化し、その大切なものに優先順位をつけることが有効です。たとえば「たくさん稼ぎたい!」という思いを最優先したいのであれば総合職を選択したほうがいいでしょう。一方で「プライベートの時間をなるべく確保したい!」という場合は、一般職を選択したほうが理想の生活を送れる可能性が高くなるでしょう。     高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。総合職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。「高卒向けに総合職や一般職を紹介しているサイト」でも就職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|総合職とは? 高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? 高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 学歴
  • 総合職

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|Webマーケティングについて解説します

Webマーケティングに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「Webマーケティングの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「Webマーケティングで役立つ資格」や「Webマーケティングに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|Webマーケティングとは? 高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です 高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策1】集客施策 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策2】コンバージョン率や回遊率を高める施策 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策3】アクセス解析 高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格1】Web検定 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格2】マーケティング・ビジネス実務検定 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3】ネットマーケティング検定 高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴1】ロジカルに考えられる人 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴2】心理学が好きな人 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3】計算が得意な人 高卒の就職|Webマーケティングを目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ       高卒の就職|Webマーケティングとは? まずは「Webマーケティング」について解説します。Webマーケティングとは、Webを利用してマーケティングを行う仕事。主にWebサイトやWebサービスを用いて行われ、集客力や販売力のアップなどを目指します。Webマーケティングは、他のマーケティング職以上に事実をデータとして認識しやすく、明確な情報を基に分析や検証を行えます。ですので、仕事の成果を非常に実感しやすく、そこにやりがいを感じる人が多い職種ですよ。     高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 結論を申し上げます、Webマーケティングに学歴は関係ありません。数字で評価されるWebマーケティング業界では、学歴よりもスキルや実績が重要視されます。学歴があるからといってWebマーケティングの評価に繋がることはありません。ですから、高卒でWebマーケティングに興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募しましょう。「Webマーケティングに学歴は一切関係なし!高卒でも就職可能です」や「Webマーケティングに学歴は関係ない?体験談を交えて解説」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です Webマーケティング業界は比較的新しい分野であり、常に人材不足の状態が続いています。『マーケティング人材に関する調査』によると、9割以上のマーケターが自社の人材不足を感じていることがわかっています。そのため現在では、多くの企業で未経験者への教育体制を整え、積極的に採用を行っております。実際に「高卒向けにWebマーケティングの求人を紹介しているサイト」では、多くの企業で未経験者を募集しておりますよ。     高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について ここからは、Webマーケティングの代表的な施策を3つご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なりますので、参考程度にご覧くださいね。なお、高卒でWebマーケティング職に就く方法について知りたい方は「高卒向けにWebマーケティングの仕事内容を紹介しているサイト」や「Webマーケティングは高卒でもできる!その根拠は?」をご覧ください。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策1】集客施策 Webマーケティングの代表的な施策1つ目は『集客施策』です。集客施策では、決められた集客の予算内で目標の成果ポイントを達成するために、計画・運用・改善を行います。登録や購入の件数だけでなく「クリック単価」や「登録単価」などの費用対効果も意識する必要があります。なお、集客の代表的な施策としてはSEOとWeb広告の2つがあります。   <高卒の就職|SEO(検索エンジン最適化)とは?> SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahooの検索結果で自社サイトが上位に表示されるようにし、アクセス数を増やして、より多くの人に閲覧してもらう施策です。   <高卒の就職|Web広告とは?> Web広告とは、Web上のメディアやメールに掲載する広告のこと。インターネット広告、デジタル広告、オンライン広告と呼ばれることもあります。Web広告は「誰に?」「何を見ている時に」「どんな広告を?」といった細かなターゲティングができる広告です。なので、広告を見てほしいターゲットに自社の広告を確実に届けることができます。なお、Web広告には「リスティング広告」「アフィリエイト広告」「ディスプレイ広告」などたくさんの種類がありますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策2】コンバージョン率や回遊率を高める施策 Webマーケティングの代表的な施策2つ目は『コンバージョン率や回遊率を高める施策』です。コンバージョン率や回遊率を高める施策とは、集客施策でユーザーを集めた後、購入や登録などの成果につなげるための施策。「Webサイトに流入した人がどこで離脱しているのか」「どうやって成果につなげるか」などを分析し、回遊率やコンバージョン率を高めるために検証・実行・改善のPDCAを回します。 ※PDCA とは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善を促す技法です。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策3】アクセス解析 Webマーケティングの代表的な施策3つ目は『アクセス解析』です。アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしたユーザーの情報・行動を取得して分析すること。具体的には、Googleアナリティクスなどのツールを用いて、Webサイトを訪れたユーザーの属性や行動データを分析し、施策の選定・実行・効果検証を行います。アクセス解析について詳しく知りたい方は「高卒向けにWebマーケティングの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 Webマーケティングは資格がなくても大丈夫。仕事をする上で問題はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。「Webマーケティングは学歴不要!必須スキル獲得方法を紹介」でも資格取得をおすすめしておりますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格1】Web検定 Webマーケティングで役立つ資格1つ目は『Web検定』です。Web検定は、Webに関わる基本的なリテラシーを身につけるための資格。検定内容は、必須知識をまとめたWebリテラシーをベースとし、それら上位の各専門知識であるWebデザイン、Webディレクション、Webプロデュースの専門3分野で構成されています。そのため、この検定に合格するとWebに関わる基本的なリテラシーを証明できますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格2】マーケティング・ビジネス実務検定 Webマーケティングで役立つ資格2つ目は『マーケティング・ビジネス実務検定』です。マーケティングビジネス実務検定とは、マーケティング実務の知識を総合的に判定するための検定試験。仕事ですぐに役立つ「マーケティング実務知識」や時事情報、実務時例を習得できます。マーケティング・ビジネス実務検定を取得すると業種・業界を問わない「マーケティングの知識」を身につけることができるため、実務に活かすことができますよ!   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3】ネットマーケティング検定 Webマーケティングで役立つ資格3つ目は『ネットマーケティング検定』です。ネットマーケティング検定とは、インターネットマーケティング全般の「基本知識」や「方法論の知識」を認定する唯一の検定試験。検定に向けた勉強をすることで、ネットでの市場リサーチ、SEO対策など、Webマーケティングを行うための知識やスキルを習得できます。Webマーケティングの基礎知識を学びたい方は、ぜひネットマーケティング検定を受けるといいでしょう。     高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ Webマーケティングは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、Webマーケティングに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴1】ロジカルに考えられる人 Webマーケティングに向いている人の特徴1つ目は『ロジカルに考えられる人』です。Webマーケティングの仕事は、PDCAをロジカルに分析し、改善施策を考え続ける能力が求められます。そのため、ロジカルに考えられる人は向いているといえるでしょう。なお、ロジカルに考えられる人はWebディレクターとしても活躍できると思いますよ。Webディレクターについては「高卒向けにWebディレクターの紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴2】心理学が好きな人 Webマーケティングに向いている人の特徴2つ目は『心理学が好きな人』です。Webマーケティングの仕事は、消費者の行動心理やプロセスを読み解き、施策を講じることです。そのため、心理学が好きな人はWebマーケティングに向いています。心理学を学ぶと消費者の行動心理が深く理解できるようになりますので、より効果的な計画を立てられるようになりますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3】計算が得意な人 Webマーケティングに向いている人の特徴3つ目は『計算が得意な人』です。Webマーケティングの仕事は、エンゲージメント率の計算、利益率の計算、売上の計算など、さまざまな計算式を用いる必要があります。そのため、計算が得意な人はWebマーケティングに向いていますよ。「高卒向けにWebマーケティングの仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|Webマーケティングを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。Webマーケティングへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|Webマーケティングとは? 高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です 高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について 高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • Webマーケティング

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|人材コーディネーターについて解説します

人材コーディネーターに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「人材コーディネーターの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「人材コーディネーターに必要なスキル」や「人材コーディネーターに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|人材コーディネーターとは? まずは「人材コーディネーター」についてご説明します。人材コーディネーターとは、人材派遣会社や人材紹介会社で働き「求職者」と「採用企業」をマッチングさせる仕事です。具体的には、営業が人材を求めている企業から案件を受注したのち、その企業とマッチする人材を“自社に登録に来た人の中”から選び、クライアント企業に派遣します。近年は様々な業界で人手不足が起きているので、幅広く活躍できる仕事ですよ。     高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 結論を申し上げますと、人材コーディネーターに学歴は関係ありません。大手の人材派遣会社では大卒を中心に採用していることもありますが、多くの企業では「高卒以上」が応募条件となっています。高卒だからといって諦める必要はありません。人材コーディネーターに興味のある方は「私には無理かも…」と思わず、勇気を出して応募してみましょう。実際に「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」では、多くの企業で高卒者を募集しておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? ここからは、人材コーディネーターの仕事内容をご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なります。ですので、人材コーディネーター全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 人材コーディネーターの仕事1つ目は『派遣スタッフとの登録面談』です。人材派遣業は、営業が案件を受注しても実際にスタッフを派遣しない限り報酬は発生しません。そのため、まずは派遣スタッフとして登録してくれる人の登録面談をします。スタッフの性格や適性などをしっかりと見極めるための登録面談は、人材コーディネーターにとって非常に重要な業務ですよ。派遣スタッフとの登録面談について詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 人材コーディネーターの仕事2つ目は『企業とのマッチング』です。企業とのマッチングとは、クライアントから提示された求人に対して、派遣する人材を当てはめていく仕事です。クライアントが求めるスキルや期間などに適した人材を選ぶ。また、登録者に対してはクライアントの仕事内容を説明します。このマッチングがうまくいかないと、派遣した後にトラブルになったり定着率が悪くなったりしますので、非常に重要な業務ですよ。企業とのマッチングについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 人材コーディネーターの仕事3つ目は『登録スタッフのフォロー』です。人材コーディネーターの仕事は、登録者を派遣して終わりではありません。登録者がクライアントのもとで働く期間中、様々なフォローをする必要があります。登録者から企業側に伝えてほしいことや、逆に企業から登録者への苦情なども人材コーディネーターが間に入って話をすることもありますよ。登録スタッフのフォローについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」、もしくは「人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 人材コーディネーターには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。以下、人材コーディネーターに必要とされる代表的なスキルです。参考程度にご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 人材コーディネーターに必要なスキル1つ目は『コミュニケーション能力』です。人材コーディネーターは、登録者とクライアントの間に入る存在。どちらの要望も聞き、マッチングさせなくてはなりません。そのため、高度なコミュニケーション能力が求められます。相手と同じ目線に立ったうえで意思疎通を図り、適切なアドバイスができれば、人材コーディネーターとして活躍できると思いますよ。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 人材コーディネーターに必要なスキル2つ目は『営業力』です。人材コーディネーターは求職者の対応だけでなく、クライアント企業を探し「登録者の派遣先にしてもらう」という営業活動をする場合があります。そのため、最低限の営業力は必要です。営業力については「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」でも述べておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 人材コーディネーターに必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 人材コーディネーターで役立つ資格1つ目は『キャリアコンサルタント』です。キャリアコンサルタントとは、厚生労働大臣の登録を受けた“登録試験機関”が実施する国家資格試験。登録制の名称独占資格であるため、キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を名乗れません。キャリアコンサルタントを取得すると、転職希望者の人生にコミットするプロフェッショナルとして、相応の能力を持っていることが証明できます。ですので、人材コーディネーターとして働く上で非常に役立ちますよ。キャリアコンサルタントについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 人材コーディネーターで役立つ資格2つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。人材コーディネーターは、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 人材コーディネーターは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、人材コーディネーターに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 人材コーディネーターに向いている人の特徴1つ目は『人をサポートすることが好きな人』です。人材コーディネーターは転職希望者に対して様々なサポート業務を行う仕事です。そのため、人のために力を発揮することに喜びを感じられる人は、人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 人材コーディネーターに向いている人の特徴2つ目は『聞き上手な人』です。登録者の多くは、不安や悩みを抱えて訪れます。そのため、まずは相手の話に耳を傾けることが大切です。聞き上手な人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ目は『情報収集能力がある人』です。転職希望者の適正職種や求人を探すうえで、情報収集能力は不可欠です。近年は制度の新設や法改正の動きも活発化しているため、最新の情報をいち早くキャッチアップし、正しい理解をした上で、業務に活かしていくことが求められます。情報収集能力がある人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。人材コーディネーターへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 仕事
  • 資格
  • 人材コーディネーター

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|イベント企画職について解説します

イベント企画職に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「イベント企画職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「イベント企画職を目指す方におすすめの資格」や「イベント企画職に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。なお、イベント企画職の志望動機については「イベント企画職の志望動機の書き方と例文」に詳しく記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。 【目次】 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ     高卒の就職|イベント企画職とは? まずは「イベント企画職」についてご説明します。イベント企画職とは、イベントを企画し、準備、管理などを請け負う仕事。イベントの種類は音楽、スポーツ、ブライダルなど多岐にわたり、イベントに関するパンフレットの製作や宣伝など幅広い業務を担当します。イベント開催時は大勢のスタッフが連携して動くため、臨機応変に行動する力やコミュニケーション力などが重視されますよ。     高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 結論を申し上げますと「イベント企画職」に学歴は関係ありません。高卒でもイベント企画職に就くことは可能です。イベントの仕事は、現場での作業が非常に多いため、比較的若くて体力のある人材が重宝されます。ですので、意欲と体力さえあれば採用してもらえますよ。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? ここからは、イベント企画職の仕事内容をご紹介します。細かい点は組織の業務区分、企業規模によって異なります。ですので、イベント企画職全般に共通する「仕事内容」だけをご紹介しますね。なお「イベント企画職の求人」や「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」を見ると、仕事のイメージがつかめると思いますので、ご興味のある方はご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 イベント企画職の仕事1つ目は『イベントの企画』です。まずはイベントの開催目的を深く理解し、市場調査や分析をもとに、より効果的で魅力的なプランを立案します。最適なプランをクライアントに提案後、必要であれば修正などを行い、クライアントと相談しながら内容を固めていきますよ。なお、イベントの開催資金が足りない場合には、スポンサーや協賛企業などを募るのもイベント企画職の重要な仕事です。イベントの企画について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 イベント企画職の仕事2つ目は『プログラムやコンテンツの制作』です。イベント当日に向けて、イベントのプログラムや各コンテンツを制作します。コンテンツ制作はイベントの肝となる部分なので、非常に重要な業務ですよ。なお、コンテンツの制作が終わったら、イベント当日までの広告やPR業務も行いますよ。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 イベント企画職の仕事3つ目は『イベントの運営』です。イベント当日は、総合責任者として全体を取り仕切ります。スタッフをまとめ、円滑に進行させるのもイベント企画職の重要な役割ですよ。イベントの運営について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」や「イベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ イベント企画職に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。なお、イベント制作会社に就職する方法が気になる方は「イベント制作会社への就職方法を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格1つ目は『イベント検定』です。イベント検定とは、イベントの管理や調整などを行う人材を育成するために用意された資格。イベントの企画・制作・運営に必要な基礎知識を体系的に学ぶことができます。イベント検定の受検には「日本イベント産業振興協会」が認定する講座を修了している必要がありますので、あらかじめご確認くださいね。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格2つ目は『スポーツイベント検定』です。スポーツイベント検定とは、スポーツイベントを通じた自己実現や社会貢献ができる人材育成を目的にした検定。試験では、スポーツイベントの概論や基本構造など、スポーツとイベントのつながりをより専門的に問われます。ですので、この検定に合格すると「スポーツイベントに関する知識」があることを証明できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格3つ目は『ユニバーサルイベント検定』です。ユニバーサルイベント検定とは「国際的なイベント」や「障がい者イベント」に関することを学ぶ検定(イベントにおける“ユニバーサル”とは、高齢者も若い人も、障がいがある人もない人も、どのような国籍や年齢、性別であっても全員が快適に来場し参加できることを指します)。ユニバーサルイベント検定では、誰もが楽しめるイベントにするための基礎知識や対応方法を習得できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ目は『イベント業務管理士』です。イベント業務管理士とは、イベントの企画・制作・運営に必要な職務能力を評価するための資格。イベントの概論や企画、制作と運営、マネジメントまで幅広い知識が問われます。なお、イベント業務管理士の受験には、実務経験3年以上の条件があるため、就職後に取得するといいでしょう。     高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ イベント企画職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、イベント企画職に向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 イベント企画職に向いている人の特徴1つ目は『リーダーシップがある人』です。イベント企画職は、そこに関わる人間を引っ張っていく仕事。イベント全体に目を行き届かせ、音響、照明、美術などのスタッフと連携をとり、まとめていく力が必要です。そのため、リーダーシップがある人は大いに活躍できると思います。リーダーシップがある人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 イベント企画職に向いている人の特徴2つ目は『トレンドを敏感に追える人』です。イベントは時代の動きと関わりが深く、トレンドや時代の流れを読む感性やセンスが必要とされます。そのため、トレンドを敏感に追える人はイベント企画職に向いています。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 イベント企画職に向いている人の特徴3つ目は『臨機応変に対応できる人』です。イベントの仕事は計画的に進まないことが日常茶飯事。頻繁にトラブルが発生します。そのため、臨機応変に対応できる人はイベント企画職に向いていますよ。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 イベント企画職に向いている人の特徴4つ目は『コミュニケーション力が高い人』です。イベントは、様々なスタッフとの連携が欠かせません。年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていく必要があります。そのため、高いコミュニケーション力が求められます。コミュニケーション力が高い人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。イベント企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • イベント企画
ABOUT

ABOUTリベンジャーズについて

Revengers

失敗を成功に変えるリベンジャーズでの転職

リベンジャーズでは”チャレンジすることの楽しさを伝えていく”というビジョンを掲げており、就職・転職活動を通じて 「人生を変えたい」「新しいことに挑戦したい」といった方のサポートを全力でしております。
大学中退、高卒、高校中退、中卒、フリーターの方や第二新卒の方、元飲食店経験のある方などはお気軽にご相談ください。
近年は高卒や中卒(広告中退)に関わらず就職や転職をする人は増えています。その分高卒や中卒(広告中退)といった学歴を問わない企業も増えている傾向にあるので、高卒や中卒(広告中退)の方もご自身の強みを活かして就職・転職しましょう

POINT

  • 短期離職があっても、正社員経験がなくても全く問題ございません!
  • 納得できる企業が見つかるまで、何度でもカウンセリングいたします!
  • 利用料はもちろん完全無料です!
  • 24歳 男性 高卒
    フリーター歴6年

    まずは正社員として仕事の基礎を覚え、将来的には企業もしたい

  • 中卒(高校中退)
    正社員歴6ヶ月

    学生時代あまり将来のことを考えずに就職活動をしていたため、入社してみると自分のやりたい事とは違い、より真剣に将来について考えて転職を決意した

  • 中卒(高校中退)
    正社員歴1年

    将来的に美容サロンのお店を出したい

  • フリーター歴4年

    正社員としてのキャリアの第一歩を踏み出したい

Revengers が選ばれる理由

他社との比較

Revengers の強み

レールからはずれることや普通の道ではないということは人生はプラスに働きます。そのように思えない言葉が乱立している中、リベンジャーズはポジティブにこれまでの人生を活かして次のステージへの出発を就職・転職を通して支援しています。ネガティブな経験はありません。これまでの変わった経験を活かして人生を豊にしましょう。

履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、証明写真も一緒にご用意します。

書類選考通過後、各企業様の面接対策も入念に実施いたします。

転職したら終わりでなく、入社後のアフタフォローも徹底しております。

就職・転職成功者の声

  • 25歳 女性 営業職

    全く別の分野への転職でしたが、前職での経験を生かし成長できる企業を紹介して下さいました。カウンセリングの日程調整もスムーズで、思ったより早く転職が出来ました。

  • 24歳 男性 企画・営業職

    高卒ということもあり、学歴によって自分の出来る仕事が制限されてると勝手に思っていました。自分には向いていないと思っていた営業職の魅力などを細かく教えて下さりチャレンジしてみたいと思うようになりました。営業未経験でしたが、今では仕事が楽しく後輩も出来るなど、充実した日々を送っております。

  • 21歳 男性 システムエンジニア

    未経験でしたが、システムエンジニアを希望し、転職活動をはじめました。他のエージェントさんでは受かることが難しいと言われましたが、リベンジャーズさんでは企業ごとの面接対策を実施して頂くなど手厚いサポートをして頂き、結果的に3社から内定を頂きました。 入社前の不安は少しありましたが、今は職場の方々に助けて頂きながら日々成長していると実感しております。

  • 24歳 女性 ホールスタッフ

    ずっとフリーターでしたが、将来に不安を感じ正社員での転職を決意しました。自力で転職サイトから応募をしていましたが、 どこも不採用で絶望していたところリベンジャーズさんのサービスを知りました。人と接する仕事を探していただき、見事希望通りのお洒落な飲食店に内定を頂きました。 こんなに早く内定がいただけると思わなかったのでびっくりしました。不安もありますが、これから新たな職場で活躍できるよう頑張りたいです。

  • 23歳 女性 経理

    未経験ですが、細かい作業が得意なので事務系のお仕事を探していました。女子に人気職種の為、なかなか決まらないかな…と思っていましたが、 リベンジャーズさんにやる気重視の素敵な企業を紹介していただきました。 事前にPCの操作を指導してくださったおかげで、業務にもすんなり慣れることができました!ありがとうございました!

  • 25歳 男性 営業職

    芸人を目指していましたが、自分の才能に限界を感じ正社員として働くことを決意しました。話すことは大好きなので、担当の方に営業職を勧められ無事内定をいただくことができ新たな人生にチャレンジすることになりました。 転職したばかりの頃は不安でしたが、今では会社内で営業成績が毎月3位以内をキープしています。この仕事にとてもやりがいを感じています。

→
←
REGISTRATION

REGISTRATION無料会員登録

ご相談はこちら

フリーターの就職・転職について

リベンジャーズではフリーターから正社員就職(転職)を考える方に特化した就職サポートサービスを展開しています。厚労省によるとそもそもフリーターとは若年層のうちパート、アルバイトもしくはその希望者を指します。フリーターの就職に役立つ情報もコラムなどで発信していきます。利用者の方がフリーターから正社員に就職するために、プロのキャリアアドバイザーが皆さんの就職(転職)活動を全力でサポートします。

高卒・中卒(高校中退)の就職・転職傾向

リベンジャーズでは高卒、中卒(高校中退)の方の就職(転職)活動もサポートしております。高卒の就職に対するサポートは国も力を入れており、厚労省は学校の就職担当者向けに、高卒の方を対象とした高卒就職先の求人案内サービスを提供しています。弊社でも大阪、東京を中心に高卒、中卒(高校中退)の就職・転職求人を豊富に揃えております。また中卒(高校中退)から正社員就職・求人特化したサービスもありますが、リベンジャーズでも中卒(高校中退)の方を対象に就職(転職)支援を行なっておりますので、気兼ねなくご利用ください。

元飲食店の経験を活かした就職・転職活動を支援します

リベンジャーズでは元飲食の方、飲食店でのアルバイトといった業務経験のある方の転職活動にも特に力を入れております。飲食の仕事は多々ありますが、特に多いのがカフェやレストランでのスタッフ経験です。厚労省による飲食店の仕事内容の定義もあるので、参考にしてください。飲食から転職を希望する方の中には異業種への転職希望も多いです。元飲食経験を活かして素敵な転職(就職)活動ができるよう全力でサポートいたします。

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する