新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.12.20
求人数426

かんたん求人検索

求人数426

COLUMN

COLUMN就職・転職求人情報コラム

新着就職・転職求人情報コラム

01/

23

2023

高卒

高卒の転職|事務職に向いている人とは?

事務職に興味があるけど…。 自分には向いてないかも…。 このような不安を解消します。 この記事では、事務職への転職を考えている高卒者に向けて「事務職に向いている人」をご紹介していきます。事務職への転職を考えている方は、ぜひ下記の内容を参考にしてくださいね。なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「高卒で事務職に就くには?種類ごとの仕事内容やおすすめの資格を紹介」や「高卒から事務職を希望している人必見!事務の業務内容や種類を解説!」をご覧ください。 【目次】 高卒の転職|事務職に向いている人の特徴14選 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴1】人を支えることが好きな方 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴2】地味な作業が好きな人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴4】コミュニケーション能力が高い人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴5】スピーディに業務を完了できる人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴6】感情のコントロールがうまい人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴7】パソコン操作が得意な人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴8】スケジュール管理能力が高い人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴9】正確に仕事をこなせる人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴10】仕事への責任感がある人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴11】気遣いができる人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴12】自分のスキルアップを考えている人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴13】ワークライフバランスを重視したい人 【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴14】体力に自信がない人 高卒の転職|事務職に向いているのか分からない方へ まとめ     高卒の転職|事務職に向いている人の特徴14選 では早速、「事務職に向いている人の特徴」をご紹介していきますね。なお、事務職で求められる“スキル”や“資格”について知りたい方は「なぜ未経験から事務職への転職は難しいのか?その理由を徹底解説」や「高卒女子の就職先におすすめなのは事務職?-結婚/出産も踏まえたキャリアとは」をご覧ください。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴1】人を支えることが好きな方 1番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『人を支えることが好きな方』です。事務職では組織が円滑に進むようにあらゆる業務を行います。したがって、「普段から人を支えることが好き」「人を支えることに喜びを感じる」という方にはぴったり。事務職に向いているといえるでしょう。「一般事務になるには | 一般事務の仕事・なり方・年収・資格を紹介」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴2】地味な作業が好きな人 2番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『地味な作業が好きな人』です。事務仕事は「データ入力」や「ファイリング」などの細かい作業が多いです。そのため地味な作業が好きな人に向いています。地味な作業が好きな人は、ぜひ応募してみるといいでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 3番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『臨機応変に対応できる人』です。事務職は業務の幅が広いため、「書類を作成しながら電話を取る」など複数のタスクを同時進行する場面が結構あります。そのため、状況に合わせて柔軟に対応する能力が求められます。臨機応変に対応できる人は、事務職に向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴4】コミュニケーション能力が高い人 4番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『コミュニケーション能力が高い人』です。事務職は書類作成や来客応対だけでなく、「他部署との調整」や「取引相手とのやり取り」など、幅広い仕事を任されます。そのためコミュニケーション能力は必須。相手と気持ちよくコミュニケーションを取れる人は、事務職に向いているといえるでしょう。「高卒で事務職になれる?事務職に有利な資格と就職成功率を上げる方法を解説」や「高卒でも医療事務になれる理由!採用されやすくなる方法や求める人材の特長」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴5】スピーディに業務を完了できる人 5番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『スピーディに業務を完了できる人』です。事務職では書類の締め切りがあったり、他に担う仕事も多かったりすることから、素早く業務を処理しなければいけません。そのため、スピーディに業務を完了できる人は事務職に向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴6】感情のコントロールがうまい人 6番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『感情のコントロールがうまい人』です。事務職は他の社員から仕事を依頼されることが多い職種。そのため頼まれた仕事を快く引き受けられる人は事務職に向いています。いつ仕事を依頼されても嫌な顔をひとつせず、黙々と業務に取り組める人は、きっと高い評価を得ることができるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴7】パソコン操作が得意な人 7番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『パソコン操作が得意な人』です。事務職の主な仕事である「書類作成」や「データ入力」などは、パソコンを使って行います。そのため、「Excel(エクセル)」や「Word(ワード)」などの操作が得意な方は事務職に向いています。パソコン操作が得意な人は、事務未経験でも即戦力として活躍できるでしょう。「高卒で未経験でも事務の仕事は就職しやすい?様々な事務の仕事内容を紹介」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴8】スケジュール管理能力が高い人 8番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『スケジュール管理能力が高い人』です。事務職はルーティーン業務に加えて、月間や年間で処理すべき業務があります。そのため、仕事の段取りをしっかり組み、スケジュール管理しながら進められる人は向いていますよ。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴9】正確に仕事をこなせる人 9番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『正確に仕事をこなせる人』です。経理事務や医療事務では、ミスのない正確な処理が求められます。そのため、仕事に丁寧に取り組める人は事務職に向いています。事務職が作成した資料にミスがあったり、データ入力が間違っていたりすると、他の部署に影響が出てしまうため、事務職では正確性が必要不可欠だといえるでしょう。「高卒でも事務職で働ける?必要な素質やあると良いスキルも解説」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴10】仕事への責任感がある人 10番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『仕事への責任感がある人』です。事務職は、他の社員のサポートをする職種。依頼された仕事を途中で放り出してしまうと業務に支障が出てしまうため、任された仕事をきちんと完遂する“責任感”が求められます。そのため、責任感をもって仕事に取り組める人は事務職に向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴11】気遣いができる人 11番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『気遣いができる人』です。事務職は、他の部署の社員と接する機会が多いポジションです。そのため、周囲へのこまめな気配りが求められます。人柄がよく、誰に対しても“こまめな気配り”ができる人は事務職に向いているといえるでしょう。「事務職のやりがいとは?向いている人やメリット・デメリットを解説」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴12】自分のスキルアップを考えている人 12番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『自分のスキルアップを考えている人』です。事務職は業務の幅が広いため、さまざまな仕事を経験できます。そのため、おのずと“今後の仕事で活かせるスキル”が身につきます。自分の能力を磨くことに対して向上心を持っている人は、事務職に向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴13】ワークライフバランスを重視したい人 13番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『ワークライフバランスを重視したい人』です。事務職は基本的に土日祝休み。加えて、残業がほとんどありません。そのため、プライベートと仕事を両立させやすいです。事務職は、ワークライフバランスを重視したい人にぴったりの職種だといえるでしょう。   【高卒の転職|事務職に向いている人の特徴14】体力に自信がない人 14番目にご紹介する事務職に向いている人の特徴は『体力に自信がない人』です。事務職は基本的にデスクワーク。立ち仕事や力仕事と違い、体力的な負担が少ないです。そのため、体力に自信がない方でも心配不要!安心して長く続けられます。事務職は、体力に自信がない人に向いている仕事だといえるでしょう。     高卒の転職|事務職に向いているのか分からない方へ 事務職への転職に不安のある方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。「高卒が就きやすいデスクワークの仕事3選!内定率UPのコツ4選とは?」や「高卒向けの仕事とは?就職しやすい職種4選&業種6選!」でも転職エージェントの活用をおすすめしております。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|事務職に向いている人の特徴14選 高卒の転職|事務職に向いているのか分からない方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 特徴
  • 高卒
  • 事務
  • 向いている

01/

23

2023

高卒

高卒の転職|事務職に転職するための面接対策とは?

事務職に転職したいけど…。 面接が不安。失敗したらどうしよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、事務職への転職を考えている高卒者に向けて「事務職に転職するための面接対策」をご紹介していきます。後半部分では「面接で定番の質問」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「【例文あり】一般事務など事務職の志望動機の書き方」をご覧ください。 【目次】 高卒の転職|事務職に転職するための面接対策とは? 【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策1】表情を明るくする 【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策2】身だしなみを整える 【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策3】言葉遣いに気をつける 【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策4】定番の質問を把握しておく 高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問9選 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問1】自己紹介をお願いします 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問2】なぜ当社に応募したのですか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問3】事務職を志望した理由は何ですか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問4】事務職の役割は何だと思いますか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問5】あなたの強みは何ですか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問6】あなたの弱みは何ですか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問7】使い慣れているソフトウェアはありますか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問8】仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか 【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問9】何か質問はありますか 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ まとめ     高卒の転職|事務職に転職するための面接対策とは? では早速、「事務職に転職するための面接対策」を4つご紹介しますね。なお、転職面接の流れやマナーについて知りたい方は「中途採用・転職面接の質問と回答例まとめ!流れやマナーもあわせて解説」をご覧ください。   【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策1】表情を明るくする 事務職に転職するための面接対策1つ目は『表情を明るくする』です。面接官が皆さんと会った時、最初に目がいくのは表情です。そのため、うまく自己紹介をしても表情が暗ければ面接官に良い印象を与えることはできません。面接では緊張して怖い顔になりがちなので、転職面接に臨む際は注意してくださいね。   【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策2】身だしなみを整える 事務職に転職するための面接対策2つ目は『身だしなみを整える』です。面接では第一印象が大事。第一印象で合否が決まるといっても過言ではありません。なぜならビジネスの場では、印象が悪いことにより、相手が話を聞いてくれないことがあるからです。面接では「服装に乱れはないか」「爪は伸びすぎていないか」など、身だしなみを厳しくチェックされますので、注意してくださいね。「高卒・未経験でもアピールできる!事務職に転職するための面接対策」や「事務職の面接で聞かれる質問とは?面接時の注意点と服装マナーを解説」でも同様のことを伝えていますよ。   【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策3】言葉遣いに気をつける 事務職に転職するための面接対策3つ目は『言葉遣いに気をつける』です。面接官は、「面接での話し方は取引先とのやり取りに直結する」と考えております。ですので、転職面接に臨む際は、丁寧な言葉遣いを心掛けてください。なお、余裕のある方は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を使い分けられるようにしておくことをおすすめします。そうすれば、転職面接だけでなく、入社後にも役立ちますよ。「【事務職の面接に合格するには】よくある質問や評価されるポイント」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職に転職するための面接対策4】定番の質問を把握しておく 事務職に転職するための面接対策4つ目は『定番の質問を把握しておく』です。転職者を対象とした面接では、よく聞かれる質問があります。そのため転職面接では、どんな質問をされるかを想定して、あらかじめ答えを考えておくことが大切です。定番の質問を把握しておくと余裕をもって面接に臨めますので、事前に考えておきましょう。     高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問9選 ここからは、事務職の面接で聞かれる「定番の質問」と「回答のポイント」をご紹介していきます。転職面接に臨む際は、この内容を参考にしてくださいね。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問1】自己紹介をお願いします 事務職の面接でよく聞かれる質問1つ目は『自己紹介をお願いします』です。自己紹介は面接の冒頭に必ずされる質問。面接官は自己紹介を通して、あなたの「人柄」「身だしなみ」「言葉遣い」などをチェックします。ですので、自己紹介をするときは明るく、大きな声で話すことを意識してください。なお、自己紹介の回答ポイントは端的に語ること。自己紹介は1〜3分でまとめましょう。「事務職の転職面接で質問されることとは?回答例やマナーを解説」や「面接での正しい自己紹介の仕方と回答例文」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問2】なぜ当社に応募したのですか 事務職の面接でよく聞かれる質問2つ目は『なぜ当社に応募したのですか』です。面接官は、この質問を通して「自社に対する本気度」と「長く働いてくれそうか」を確かめようとしております。そのため、この質問では「なぜ応募先の企業を選んだのか」をしっかりと伝えることが大事。これさえうまく言えれば、「とりあえず応募した」とは思われませんよ。志望動機は具体的に伝えることを意識しましょう。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問3】事務職を志望した理由は何ですか 事務職の面接でよく聞かれる質問3つ目は『事務職を志望した理由は何ですか』です。面接官はこの質問を通して2つのことを確認しています。一つは「事務という仕事について理解しているのか」という点。もう一つは「当社の事務職を理解した上で応募してきたのか」という点です。この質問の回答ポイントは、面接官に共感してもらえるような理由にすること。「確かに事務職でないといけない…」と共感してもらえるようにまとめなければ、面接官は納得しません。事務職を志望した理由を伝える際は、実際のエピソードを交えつつ具体的に説明しましょう。「【面接官はここを見ている!】事務職の転職は面接対策が重要」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問4】事務職の役割は何だと思いますか 事務職の面接でよく聞かれる質問4つ目は『事務職の役割は何だと思いますか』です。面接官は、この質問を通して「オフィスにおける事務職の役割について、どの程度理解しているか」を確認しています。そのため、この質問では「事務職の仕事内容」や「役割」について具体的に伝えることが大事。その仕事がオフィスにとって「なぜ重要なのか」について具体的に説明してください。「事務職の面接対策を解説!定番の質問や服装マナーまで転職成功の秘訣をご紹介!」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問5】あなたの強みは何ですか 事務職の面接でよく聞かれる質問5つ目は『あなたの強みは何ですか』です。この質問は、いわゆる長所。面接官はこの質問を通して「自社でどのような活躍ができそうか?」ということをイメージします。なので、長所に関しては些細なことでOK。無理にアピールポイントを探して誇張する必要はありません。この質問は落とすためではなく、選考を通過させる上で必要になる“細かな確認”をしている可能性が高いので、深く考えなくて大丈夫ですよ。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問6】あなたの弱みは何ですか 事務職の面接でよく聞かれる質問6つ目は『あなたの弱みは何ですか』です。この質問は、いわゆる短所。面接官はこの質問を通して「自分に足りない部分をいかに客観視できているか?」ということを確認します。つまり、自己分析力をチェックしているということです。この質問に答えるポイントは、ただ短所だけを伝えるのではなく、その短所を克服するために今どのような工夫をしているかを最後に添えること。これが言えると「短所を克服するために努力ができる」ということがアピールできますよ!   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問7】使い慣れているソフトウェアはありますか 事務職の面接でよく聞かれる質問7つ目は『使い慣れているソフトウェアはありますか』です。この質問は、パソコンスキルについての質問。面接官はこの質問を通して「即戦力として活躍できるパソコンスキルを身につけているのか」ということを確認しています。この質問に答えるポイントは、パソコンスキルについて具体的に述べること。使用したことがある“ソフトウェア”や“オフィス機器”を挙げ、それぞれについてどの程度習熟しているかを具体的に説明してください。なお、パソコンスキルを証明できる資格がある場合は、このタイミングで再度、伝えてもいいでしょう。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問8】仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか 事務職の面接でよく聞かれる質問8つ目は『仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか』です。この質問は、いわゆる対応力の確認。面接官はこの質問を通して「明確な指示が与えられていない難しい状況で、どう対応するのか」ということを判断しています。この質問に答えるポイントは、主体性を伝えること。与えられた課題について自分で調査し、また必要であれば“説明を求める能力”があることを述べてください。主体性がある方は、仕事において必要な業務を見つけ出し、工夫を凝らして取り組めます。そのため、面接官に好印象を与えることができますよ。   【高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問9】何か質問はありますか 事務職の面接でよく聞かれる質問9つ目は『何か質問はありますか』です。この質問はいわゆる逆質問。(逆質問とはあなたが面接官にする質問です)一般的には面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。ですから、この質問をされた場合は「何かしらの質問」をしましょう。といっても、NGの逆質問もございます。なので、逆質問に自信のない方は「面接で必ず聞かれる5つの質問~回答例文と対策~」や「面接でNGな逆質問例」をご覧ください。こちらのサイトには、逆質問の例文が載っておりますので理解が深まりますよ。 ※事務職の面接でよく聞かれる質問について詳しく知りたい方は「事務職の面接でよく聞かれる10の質問と回答」や「一般事務の転職面接でよくされる質問内容とその対策」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 事務職への転職に不安のある方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|事務職に転職するための面接対策とは? 高卒の転職|事務職の面接対策~定番の質問9選 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 面接
  • 高卒
  • 質問
  • 対策
  • 事務

01/

23

2023

高卒

高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文を紹介

事務職への転職を考えているけど…。 自己PRがまとまらない…。どうしよう。 このような悩みを解決します。 この記事では、事務職への転職を考えている高卒者に向けて「自己PRの例文」をご紹介していきます。後半部分では「自己PRの注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「【例文あり】一般事務など事務職の志望動機の書き方」をご覧ください。 【目次】 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文7選 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文1】正確性をアピールする例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文2】責任感の強さをアピールする例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文3】コミュニケーション能力をアピールする例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文4】PCスキルをアピールする例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文5】俯瞰力をアピールする場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文6】ヒアリング力をアピールする場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文7】英語力をアピールする例文 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ まとめ     高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文を紹介する前に まずは、自己PRについてご説明します。自己PRとは、「自分の良さ」をアピールすること。具体的には、採用担当者に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。自己PRでは、採用担当者に評価されるかどうかが重要。なので、単に自分の魅力を伝えるだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールしましょう。「【例文付き】高卒が参考にしてほしい自己PRを解説!企業から評価される自己PRを作成しよう」や「医療事務の自己PRを書くポイントと例文を解説」でも同様のことを伝えております。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文7選 ここからは、「自己PRの例文」をご紹介していきます。ぜひ自己PRを作成する際の参考にしてくださいね。なお、自己PRの伝え方について知りたい方は「事務職に採用される自己PRとは?伝え方のポイントや例文をご紹介」や「自己PRの書き方・伝え方ガイド」をご覧ください。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文1】正確性をアピールする例文 仕事の正確性には自信があります。現在、○○企業にてデータ集計や資料作成、文書管理などのサポート業務を中心に行っています。入社〇年目に大きなミスをして以来、自身のタスクはスケジューラーを使用して徹底的に管理し、必ずダブルチェックするようにしています。そのため現在では、大きなミスもなく、ゆとりを持って仕事を進めることができています。貴社に入社後は正確性を活かして、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文2】責任感の強さをアピールする例文 私の強みは責任感が強いことです。私は学生時代、学習塾でアルバイトをしておりました。学習塾の授業では、「自分の指導が生徒の技術に影響を与える」と常に考え、事前に教える内容を必ず見返し、正しい知識を再確認する作業をしておりました。そのおかげで、あるとき自分がこれまで正しいと思っていた知識が少しずれていたことに気付き、生徒に誤った知識を与えずに済んだことがありました。これは自身の責任感のもと事前準備を怠らなかった結果であると考えております。貴社に入社後は、この責任感の強さを活かして営業事務に求められていることを幅広く実践し、業績拡大に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文3】コミュニケーション能力をアピールする例文 私の強みは、コミュニケーション能力が高いことです。前職の販売スタッフでは、常にお客様の“動き”や“視線”を観察し、「何かお探しですか?」ではなく「○○でしたらこちらの棚に人気のものがありますよ!」など具体的なファーストアプローチをすることで、購入意欲の高いお客様を逃さないよう、積極的にコミュニケーションを取っていました。その甲斐あってか、直近1年では店舗売上を30%アップさせることに成功した次第です。貴社に入社後は私の強みであるコミュニケーション能力を活かし、「円滑に事務作業をこなすのに欠かせないような人材へと成長していきたい」と考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文4】PCスキルをアピールする例文 私の強みはPCスキルの高さです。現在、○○企業にてデータ集計や資料作成、文書管理などのサポート業務を中心に行っています。データ集計では業務を効率化するため、定型化できる部分はExcelでマクロを組み、作業時間の短縮につなげました。また資料作成では、文章をスピーディーに作成できるように、単語登録を積極的に活用し、業務の効率化を図りました。貴社に入社後は私の強みである「PCスキル」を活かし、業務の効率化に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文5】俯瞰力をアピールする場合の例文 私は「客観的な視点で全体を俯瞰する力」に自信があります。現在、○○企業の営業部門にて営業スタッフのサポートをしております。営業資料の作成では「どのような要素が含まれていると提案しやすいか」、こまめにヒアリングを行い、自分が営業になったつもりで細部を調整しています。また実績管理表など、複数名で利用するExcelファイルを作成するときは、入力者と管理者の視点に立って、メンテナンスや管理のしやすさを考慮して「項目」や「計算式」などを入れるようにしています。貴社に入社後は、客観的な視点で全体を俯瞰する力を活かして、いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文6】ヒアリング力をアピールする場合の例文 私の強みはお客様の意見に耳を傾け、ベストな案を提案できるところです。前職のアパレルスタッフでは、お客様が求めている商品だけでなく、「素材へのこだわり」や「色の好み」など細かなヒアリングを徹底していました。そして求めている商品に加えて、お好みに合う商品を必ずご提案していました。その甲斐あってか、直近1年では店舗売上を30%アップさせることに成功した次第です。貴社に入社後は私の強みであるヒアリング力を活かし、「円滑に事務作業をこなすのに欠かせない人材へと成長していきたい」と考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文7】英語力をアピールする例文 私は高い英語力があると自負しております。前職は○○ホテルに勤務し、フロント業務に5年間携わっておりました。フロント業務では、チェックインの手続きや各部屋へのご案内はもちろん、TOEIC850点の実績を活かして外国人のお客様に対する“コンシェルジュ業務”も担っておりました。そのため、今ではネイティブと区別がつかないと言われるほどに英語が上達しております。貴社に入社後はこの英語力を活かし、貿易事務のプロフェッショナルとして、「より多くの製品を世界に広める支援をしていきたい」と考えております。 ※自己PRの例文について詳しく知りたい方は「事務職の自己PR|求められる人の特徴4つや例文5選をご紹介」や「事務職の志望動機を解説!未経験からの転職はどうする?例文を確認しよう」、もしくは「フリーターの自己PRの書き方と例文をご紹介!書けない場合の対処法も解説」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文丸写しはNG 転職理由が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。なお、その他の注意点について知りたい方は「第二新卒の自己PRの書き方と強みの探し方。NGポイントも解説<例文付き>」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 事務職への転職に不安のある方は、「転職エージェント」を活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。「コツコツ真面目をアピールできる自己PRの書き方&ポイント公開!志望動機例文も!」や「自己PRでコミュニケーション能力をアピールするには?例文9選付き」でも転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文7選 高卒の転職|事務職を目指す方必見!自己PRの例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 以上になります。

  • 転職
  • 高卒
  • エージェント
  • 自己PR
  • 事務

01/

23

2023

高卒

高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文を紹介

事務職への転職を考えているけど…。 転職理由がまとまらない…。どうしよう。 このような悩みを解決します。 この記事では、事務職への転職を考えている高卒者に向けて「転職理由の例文」をご紹介していきます。後半部分では「転職理由の注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「【例文あり】一般事務など事務職の志望動機の書き方」や「事務の志望動機・例文!未経験でも書けるコツ」、もしくは「転職理由や志望動機を紹介しているサイト」をご覧ください。 【目次】 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文7選 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文1】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文2】仕事量が多いから転職した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文3】職場環境に不満があって転職する場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文4】専門性を高めるために転職する場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文5】仕事へのモチベーション低下を理由にして転職する場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文6】スキルアップを理由にして転職する場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文7】評価制度のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ まとめ     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文を紹介する前に はじめに、「転職理由」についてご説明します。転職理由とは「なぜ転職をしようと思ったのか?」ということ。 「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」を見極めるために行う、最も象徴的な質問が“転職理由”についての質問です。そのため、間違ったことを言うと面接官の心証を損ねる可能性があります。理想の転職を実現するためにも、転職理由をしっかりと考えておきましょう。「事務職への転職理由は何を伝えるべき?面接を勝ち抜くポイントを解説!」でも同様のことを伝えています。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文7選 ここからは、「転職理由の例文」をご紹介していきます。ぜひ転職理由を考える際の参考にしてくださいね。なお、事務職の転職で使える“志望動機”について知りたい方は「志望動機の例文・サンプル集~事務職編~」や「【事務職の志望動機】8つの例文とポイント・NG例を紹介」、もしくは「高卒の履歴書の志望動機の書き方を例文を使ってご紹介」をご覧ください。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文1】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 今より安定した働き方をしたいと考え、転職を決意しました。現在、○○会社で派遣社員として働いています。私が勤める○○会社には“正社員登用制度”がないため、どれだけ成果を上げても正規雇用になることはありません。ですので、正社員を目指すのであれば転職するしかないという結論に至りました。今後は○○会社の事務職で培った「コミュニケーション能力」と「PCスキル」を活かして、貴社の売上に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文2】仕事量が多いから転職した場合の例文 前職では、月平均で80時間以上の残業が常態化していました。自主的な勉強時間を確保することもできず、プライベートとの両立も困難だと感じたため転職を決意した次第です。今後は、効率的に働ける環境に身を置き、自身を成長させたいと考えております。業務効率化のために積極的な取り組みを行っている貴社であれば、自分が望む働き方ができると感じております。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文3】職場環境に不満があって転職する場合の例文 風通しの良い環境で働きたいと思い、転職を決意しました。前職の○○では、チームではなく個人の成果を重視している職場でした。そして、できない人に対して突き放すような、厳しい態度を取る職員が多く、相談やコミュニケーションによって解決していこうという姿勢はありませんでした。私は周りのスタッフと連携を取りながら仕事を進めたいと考えておりますので、「チームワーク」を大切にしている貴社を志望した次第です。貴社に入社後は、前職での経験を活かしながら事務に求められていることを幅広く実践し、業績拡大に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文4】専門性を高めるために転職する場合の例文 事務職としての専門性を高めたいと思い、IT業界への転職を決意いたしました。現在、○○企業にてデータ集計や資料作成、文書管理などのサポート業務を中心に行っています。業務を習得するにつれて、日々の定常的な業務をこなすだけでなく、より専門的なスキルを身につけたいと思い、成長業界であるIT業界への転職を決意した次第です。貴社は新規サービスを次々と創出しており、チャレンジングな風土が非常に魅力的であると感じています。貴社に入社後は、前職で培った事務処理能力を活かして、いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文5】仕事へのモチベーション低下を理由にして転職する場合の例文 事務職への思いが捨てられなかったため、転職を決意いたしました。前職では、事務職として入社しましたが配属されたのは営業職でした。与えられた環境で頑張ろうと思い3年間勤務しましたが、やはり事務職への思いが捨てきれませんでしたので、転職を決意した次第です。貴社に入社後は、営業職での経験を活かしながら事務職に求められていることを幅広く実践し、業績拡大に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文6】スキルアップを理由にして転職する場合の例文 多くの営業スタッフをサポートするスキルを身につけたいと考え、転職を決意しました。現在、○○企業の営業部門にて営業スタッフのサポートをしております。業務内容に不満はありませんが、現職では1対1のサポートが基準となっており、複数名をサポートする機会に恵まれることが難しいです。そのため転職を決意しました。貴社に入社後は、前職での経験を活かしながら事務職に求められていることを幅広く実践し、業績拡大に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文7】評価制度のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 評価制度のある環境で働きたいと思い、転職を決意しました。前職では、「経験」や「スキル」を評価していただけるシステムがなく、自分の能力を客観的に見つめることができませんでした。その結果、モチベーションの維持が難しくなり、退職を決意しました。貴社では、明確な基準に基づく「人事評価制度」や「キャリアアップ制度」などを導入していると、ホームページで拝見しております。貴社に入社後は、○○事務のプロフェッショナルとして、より多くの製品を世界に広める支援をしていきたいと考えております。 ※転職理由の例文について、もっと詳しく知りたい方は「転職理由や志望動機について解説しているサイト」や「例文20選|事務職の志望動機を職種別・業界別に徹底解説」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文丸写しはNG 転職理由が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 事務職への転職に不安のある方は、「転職エージェント」を活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。「事務職の志望動機を解説!未経験からの転職はどうする?例文を確認しよう」でも転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文7選 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職理由の例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 高卒
  • エージェント
  • 事務
  • 例文

01/

23

2023

高卒

高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文を紹介

事務職への転職を考えているけど…。 志望動機が思いつかない…。 このような悩みを解決します。 この記事では、事務職への転職を考えている高卒者に向けて「志望動機の例文」をご紹介していきます。後半部分では「志望動機作成の注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「【事務職の志望動機】8つの例文とポイント・NG例を紹介」や「例文20選|事務職の志望動機を職種別・業界別に解説」、もしくは「高卒の履歴書の志望動機の書き方を例文を使ってご紹介」をご覧ください。 【目次】 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文7選 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文1】医療事務を志望した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文2】経理事務を志望した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文3】一般事務を志望した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文4】営業事務を志望した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文5】職歴にブランクがある場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文6】貿易事務を志望した場合の例文 【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文7】未経験者の例文 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ まとめ     高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文を紹介する前に まずは、志望動機について解説します。志望動機とは、応募先の企業で「なぜ働きたいのか」を伝えること。採用担当者は応募者から志望動機を聞き、確認することによって「自社への理解度」や「入社意欲の高さ」を見ようとしています。ですので、志望動機で大切なことは、「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうかです。転職する際は、このポイントを意識して志望動機を作成しましょう。「志望動機の例文を紹介しているサイト」や「志望動機の例文・サンプル集~事務職編~」でも同様のことを伝えています。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文7選 ここからは、「志望動機の例文」を7つご紹介していきます。ぜひ志望動機を作成する際の参考にしてくださいね。なお、志望動機の書き方について知りたい方は「【例文あり】一般事務など事務職の志望動機の書き方」や「事務職の志望動機を解説!未経験からの転職はどうする?例文を確認しよう」、もしくは「事務職の志望動機の書き方。5つのポイントでアピールできる」をご覧ください。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文1】医療事務を志望した場合の例文 医療事務としてスキルアップしたいと思い、貴院を志望しました。現在○○クリニックにて受付や会計、レセプト業務など医療事務の業務全般に携わっております。職場環境に不満はありませんが、業務の分業化がされているため、これ以上のスキルアップは難しいと判断し、総合病院への転職を決意しました。貴院は業務範囲が広い上、医師と事務局がスムーズに連携できるように「定期的な勉強会」を開くなど、知識の向上に力を入れていると伺っております。貴院に入社後は、これまで身につけてきたスキルを活かし、患者さんの診療のサポートをしていきたいと考えております。また将来的には、教育担当として後輩へ指導する役割も担い、貢献していきたいです。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文2】経理事務を志望した場合の例文 事業領域の拡大を推し進める貴社において、前職で身に付けた売上集計の知識を活かせると考え志望いたしました。前職では飲食店の責任者として、アルバイトスタッフのサポートや電話応対、売上集計などを、いかに短時間で正確に全うするかを考えて日々業務に取り組んでまいりました。今後は、最先端のITサービスを展開する貴社で高いスキルを身につけるとともに、年決算や管理会計にも携われるようにキャリアアップしたいと考えております。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文3】一般事務を志望した場合の例文 事務職として、さらにスキルアップしたいと思い貴社を志望いたしました。現在、○○企業にてデータ集計や資料作成、文書管理などのサポート業務を中心に行っています。事務業務を習得するにつれて、日々の定常的な業務をこなすだけでなく、より会社の成長に携わりたいと思うようになり、成長業界であるIT業界への転職を決意しました。貴社は新規サービスを次々と創出しており、チャレンジングな風土が非常に魅力的であると感じています。貴社に入社後は、前職で培った事務処理能力を活かして、いち早く貴社に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文4】営業事務を志望した場合の例文 多くの営業スタッフをサポートするスキルを身につけたいと考え、貴社を志望いたしました。現在、○○企業の営業部門にて営業スタッフのサポートをしております。業務内容に不満はありませんが、現職では1対1のサポートが基準となっており、複数名をサポートする機会に恵まれることが難しいです。そのため転職を決意しました。貴社に入社後は、前職での経験を活かしながら営業事務に求められていることを幅広く実践し、業績拡大に貢献していきたいと考えています。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文5】職歴にブランクがある場合の例文 前職では飲食店のスタッフとして働いていましたが、体調を崩してしまい1年ほど休職していました。現在は完全に体調が回復し、働けるようになりましたので、転職を決意した次第です。今後は飲食店スタッフではなく、店舗運営を裏側で支える仕事がしたいと考え、貴社の事務職を志望いたしました。休職中にMOSと日商簿記2級を取得し、即戦力として働けるように“スキル”を磨いています。いち早く貴社の業務に貢献したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文6】貿易事務を志望した場合の例文 幅広い商品の輸出に携わりたいと思い、貴社を志望いたしました。現在、家具メーカーの貿易事務として「輸送ルートの手配」や「書類作成」などを担当しております。貿易業務を習得するにつれて、家具を取り扱うだけでなく、さまざまな商品の輸出に携わりたいと思うようになり、貴社への転職を決意しました。貴社では、食料品から精密機器に至るまで幅広い商品の輸出をされており、すべての商品について貿易部門が“一括で輸出手配”をしている点に魅力を感じています。貴社に入社後は、貿易事務のプロフェッショナルとしてより多くの製品を世界に広める支援をしていきたいと考えております。   【高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文7】未経験者の例文 銀行の顔としてお客様と密接に関わり、信頼関係を築いていきたいという思いから銀行の金融事務を志望しています。現在、金融系コールセンターに勤務しており、電話対応に加えて、簡単な経理業務や労働管理などにも携わっております。その中で「数字の管理」や「数字を基にした効率化の提案」に適性を感じたことで金融事務に興味を持ち、転職を決意しました。貴社に入社後は、これまでに身に付けた金融商品の知識や、顧客目線を活かして貢献していきたいと考えています。 ※志望動機の例文について詳しく知りたい方は「高卒向けに志望動機の例文を紹介しているサイト」や「【事務職の転職必見!】オススメの志望動機を例文で紹介します」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文丸写しはNG 志望動機が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。 採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。志望動機の注意点について詳しく知りたい方は「【事務職の志望動機の書き方は?】"超評価される志望動機"の例文を共有!」や「【例文付き】学校事務の志望動機の書き方・NG例」をご覧ください。     高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 事務職への転職に不安のある方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。「事務の志望動機・例文!未経験でも書けるコツ、仕事内容、必要なスキルを公開」でも転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文を紹介する前に 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文7選 高卒の転職|事務職を目指す方必見!志望動機の例文丸写しはNG 高卒の転職|事務職を目指す方必見!転職活動に不安のある方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 高卒
  • 職種
  • 事務
  • 志望動機
  • 例文

01/

23

2023

高卒

高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリットやデメリットを紹介

事務職に興味があるけど…迷う。 事務職のメリットって何? このような疑問にお答えします。 この記事では、事務職への転職を考えている方に向けて「事務職のメリット」をご紹介していきます。後半部分では「事務職のデメリット」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒転職は事務職がおすすめ!そもそも事務職とは? 高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット6つ 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット1】未経験者でも挑戦しやすい 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット2】幅広いスキルが身につく 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット3】プライベートと仕事を両立しやすい 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット4】研修制度が充実している 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット5】長く続けやすい 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット6】転職しやすい 高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット6つ 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット1】年収が上がりづらい 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット2】定型業務が多い 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット3】目が疲れやすい 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット4】職を失う可能性が高い 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット5】人間関係のトラブルが多い 【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット6】成果が見えづらい 高卒転職は事務職がおすすめ!転職活動に不安のある方へ まとめ     高卒転職は事務職がおすすめ!そもそも事務職とは? はじめに、事務職についてご説明します。事務職とは、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などの業務全般を担うポジション。一般事務、営業事務、経理事務などを総称して指す職種名です。事務職では、一般的に「専門的な知識」は不要。そのため、未経験でもチャレンジしやすい職種となっております。事務職に興味のある方は「私に事務職は無理かも…」と決めつけず、自信を持って応募しましょう。なお、事務職の仕事内容について知りたい方は「高卒で事務職に就くには?種類ごとの仕事内容やおすすめの資格を紹介」や「高卒で事務職になれる?事務職に有利な資格と就職成功率を上げる方法を解説」をご覧ください。     高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット6つ ここからは、「事務職のメリット」を6つご紹介します。事務職への転職を考えている方は、ぜひこの内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット1】未経験者でも挑戦しやすい 事務職のメリット1つ目は『未経験者でも挑戦しやすい』です。上述した通り、事務職は未経験からでも挑戦しやすい職種です。なぜなら、事務の仕事は同じ作業の繰り返しや、取り組みやすい業務が多いからです。もちろん、事務職の種類によっては一定レベルの能力を求められる場合もありますが、基本的には不要!未経験者を積極的に募集しておりますよ。「一般事務の仕事内容、給料事情、メリット・デメリットまで徹底解説」でも同様のことを伝えています。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット2】幅広いスキルが身につく 事務職のメリット2つ目は『幅広いスキルが身につく』です。事務職は、電話対応や来客対応、パソコンでの書類作成など、幅広い業務を担当します。そのため、おのずと幅広いスキルが身につきます。幅広いスキルを身につけたいという方は、事務職に転職するといいでしょう。「高卒で就職するメリット・デメリットは?大卒との差やおすすめの職業を紹介」でも同様のことを伝えています。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット3】プライベートと仕事を両立しやすい 事務職のメリット3つ目は『プライベートと仕事を両立しやすい』です。事務職は基本的に土日祝休み。加えて、残業がほとんどありません。そのため、プライベートと仕事を両立させやすいですよ。事務職は、ワークライフバランスを重視する方にぴったりの職種だといえるでしょう。「【最新版】事務職のやりがいとは?向いている人やメリット・デメリットを解説」でも同様のことを伝えています。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット4】研修制度が充実している 事務職のメリット4つ目は『研修制度が充実している』です。一般的に事務職の求人は「長期キャリア形成」という観点から募集しているため、育てる環境が整っております。したがって、ほとんどの企業で研修制度が充実しております。事務職に興味のある方は「仕事についていけないかも…」と余計な心配はせず、自信をもって応募しましょう。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット5】長く続けやすい 事務職のメリット5つ目は『長く続けやすい』です。事務職は基本的にデスクワーク。立ち仕事や力仕事と違い、体力的な負担が少ないです。そのため、体力に自信がない方でも心配不要!安心して長く続けられますよ。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット6】転職しやすい 事務職のメリット6つ目は『転職しやすい』です。事務職は他の職種と比べて求人数が多い傾向にあります。また、事務職はどの業界の企業でも必要な職種ですから、一つの企業あたりの採用人数も多いです。そのため事務職の方は、比較的転職しやすいでしょう。     高卒転職は事務職がおすすめ!!事務職のデメリット6つ 続きましては、「事務職のデメリット」を6つご紹介します。主なデメリットは下記の通りです。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット1】年収が上がりづらい 事務職のデメリット1つ目は『年収が上がりづらい』です。上述した通り、事務職は成果が見えにくい仕事。実績や成果を数値化することは極めて困難です。そのため、一般的には年収が上がりづらい傾向にあります。事務職で年収を上げたい方は、業務効率化の成果を数値化したり、実務に役立つ資格を取得したりして、労働意欲をアピールするように努めましょう。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット2】定型業務が多い 事務職のデメリット2つ目は『定型業務が多い』です。事務職は、定型業務が多い職種。基本的に単純な作業の繰り返しで、会社によっては何年経っても業務内容が変わらなかったりします。そのため、事務職に転職した人の中には「仕事にやりがいを感じられない…」と言って退職するケースも珍しくありません。事務職に転職する際は「本当に自分に務まるのか」をしっかりと考えてから応募しましょう。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット3】目が疲れやすい 事務職のデメリット3つ目は『目が疲れやすい』です。事務職は、主にパソコンを使って仕事します。そのため、ドライアイ等の“目の疲れ”を訴える人が数多くいます。また、座り仕事なので肩こりや腰痛の症状が出やすく、もともと腰痛を抱えている方には難しい仕事となることもあります。事務職への転職を考えている方は、“デスクワーク特有の身体的な疲れ”があることを理解しておきましょう。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット4】職を失う可能性が高い 事務職のデメリット4つ目は『職を失う可能性が高い』です。事務職は「AIに取って替わられる可能性がある」といわれています。とくに“データ入力”や“文字入力”などの単純作業は、将来AIが代替する可能性が高いといわれています。したがって事務職として生きていくためには、専門性が重要。事務職の基本的なスキルに加えて、「プログラミング」や「英語」などの“専門的なスキル”を磨いておく必要があります。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット5】人間関係のトラブルが多い 事務職のデメリット5つ目は『人間関係のトラブルが多い』です。事務職は、一見すると「体力的」にも「精神的」にも楽なイメージがあります。しかし実際には違います。企業によっては、理不尽な業務をやらされたり、女性同士の「人間関係のトラブル」が絶えなかったりなど、大変なことが多い職種です。そのため事務職に転職した方のなかには、早期退職する方もいらっしゃいますよ。   【高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット6】成果が見えづらい 事務職のデメリット6つ目は『成果が見えづらい』です。事務職は、営業職のように目に見える数字がなく、成果が見えにくい部分があります。そのため、営業職のように仕事の成果を数字で把握し、モチベーションを保つタイプの方には向いていないといえるでしょう。     高卒転職は事務職がおすすめ!転職活動に不安のある方へ 事務職への転職に不安のある方は、転職エージェントを活用するといいでしょう。転職エージェントを活用すると、選考対策や求人紹介に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。事務職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約くださいね。「高卒向け転職エージェント・転職サイト12選!選び方や活用のコツを徹底解説」や「高卒向けに事務職の紹介をしているサイト」でも転職エージェントの活用をおすすめしております。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒転職は事務職がおすすめ!そもそも事務職とは? 高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のメリット6つ 高卒転職は事務職がおすすめ!事務職のデメリット6つ 高卒転職は事務職がおすすめ!転職活動に不安のある方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 高卒
  • メリット
  • デメリット
  • おすすめ
  • 事務
ABOUT

ABOUTリベンジャーズについて

Revengers

失敗を成功に変えるリベンジャーズでの転職

リベンジャーズでは”チャレンジすることの楽しさを伝えていく”というビジョンを掲げており、就職・転職活動を通じて 「人生を変えたい」「新しいことに挑戦したい」といった方のサポートを全力でしております。
大学中退、高卒、高校中退、中卒、フリーターの方や第二新卒の方、元飲食店経験のある方などはお気軽にご相談ください。
近年は高卒や中卒(高卒中退)に関わらず就職や転職をする人は増えています。その分高卒や中卒(高卒中退)といった学歴を問わない企業も増えている傾向にあるので、高卒や中卒(高卒中退)の方もご自身の強みを活かして就職・転職しましょう

POINT

  • 短期離職があっても、正社員経験がなくても全く問題ございません!
  • 納得できる企業が見つかるまで、何度でもカウンセリングいたします!
  • 利用料はもちろん完全無料です!
  • 24歳 男性 高卒
    フリーター歴6年

    まずは正社員として仕事の基礎を覚え、将来的には企業もしたい

  • 中卒(高校中退)
    正社員歴6ヶ月

    学生時代あまり将来のことを考えずに就職活動をしていたため、入社してみると自分のやりたい事とは違い、より真剣に将来について考えて転職を決意した

  • 中卒(高校中退)
    正社員歴1年

    将来的に美容サロンのお店を出したい

  • フリーター歴4年

    正社員としてのキャリアの第一歩を踏み出したい

Revengers が選ばれる理由

他社との比較

Revengers の強み

レールからはずれることや普通の道ではないということは人生はプラスに働きます。そのように思えない言葉が乱立している中、リベンジャーズはポジティブにこれまでの人生を活かして次のステージへの出発を就職・転職を通して支援しています。ネガティブな経験はありません。これまでの変わった経験を活かして人生を豊にしましょう。

履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、証明写真も一緒にご用意します。

書類選考通過後、各企業様の面接対策も入念に実施いたします。

転職したら終わりでなく、入社後のアフタフォローも徹底しております。

就職・転職成功者の声

  • 25歳 女性 営業職

    全く別の分野への転職でしたが、前職での経験を生かし成長できる企業を紹介して下さいました。カウンセリングの日程調整もスムーズで、思ったより早く転職が出来ました。

  • 24歳 男性 企画・営業職

    高卒ということもあり、学歴によって自分の出来る仕事が制限されてると勝手に思っていました。自分には向いていないと思っていた営業職の魅力などを細かく教えて下さりチャレンジしてみたいと思うようになりました。営業未経験でしたが、今では仕事が楽しく後輩も出来るなど、充実した日々を送っております。

  • 21歳 男性 システムエンジニア

    未経験でしたが、システムエンジニアを希望し、転職活動をはじめました。他のエージェントさんでは受かることが難しいと言われましたが、リベンジャーズさんでは企業ごとの面接対策を実施して頂くなど手厚いサポートをして頂き、結果的に3社から内定を頂きました。 入社前の不安は少しありましたが、今は職場の方々に助けて頂きながら日々成長していると実感しております。

  • 24歳 女性 ホールスタッフ

    ずっとフリーターでしたが、将来に不安を感じ正社員での転職を決意しました。自力で転職サイトから応募をしていましたが、 どこも不採用で絶望していたところリベンジャーズさんのサービスを知りました。人と接する仕事を探していただき、見事希望通りのお洒落な飲食店に内定を頂きました。 こんなに早く内定がいただけると思わなかったのでびっくりしました。不安もありますが、これから新たな職場で活躍できるよう頑張りたいです。

  • 23歳 女性 経理

    未経験ですが、細かい作業が得意なので事務系のお仕事を探していました。女子に人気職種の為、なかなか決まらないかな…と思っていましたが、 リベンジャーズさんにやる気重視の素敵な企業を紹介していただきました。 事前にPCの操作を指導してくださったおかげで、業務にもすんなり慣れることができました!ありがとうございました!

  • 25歳 男性 営業職

    芸人を目指していましたが、自分の才能に限界を感じ正社員として働くことを決意しました。話すことは大好きなので、担当の方に営業職を勧められ無事内定をいただくことができ新たな人生にチャレンジすることになりました。 転職したばかりの頃は不安でしたが、今では会社内で営業成績が毎月3位以内をキープしています。この仕事にとてもやりがいを感じています。

→
←
REGISTRATION

REGISTRATION無料会員登録

ご相談はこちら

フリーターの就職・転職について

リベンジャーズではフリーターから正社員就職(転職)を考える方に特化した就職サポートサービスを展開しています。厚労省によるとそもそもフリーターとは若年層のうちパート、アルバイトもしくはその希望者を指します。フリーターの就職に役立つ情報もコラムなどで発信していきます。利用者の方がフリーターから正社員に就職するために、プロのキャリアアドバイザーが皆さんの就職(転職)活動を全力でサポートします。

高卒・中卒(高校中退)の就職・転職傾向

リベンジャーズでは高卒、中卒(高校中退)の方の就職(転職)活動もサポートしております。高卒の就職に対するサポートは国も力を入れており、厚労省は学校の就職担当者向けに、高卒の方を対象とした高卒就職先の求人案内サービスを提供しています。弊社でも大阪、東京を中心に高卒、中卒(高校中退)の就職・転職求人を豊富に揃えております。また中卒(高校中退)から正社員就職・求人特化したサービスもありますが、リベンジャーズでも中卒(高校中退)の方を対象に就職(転職)支援を行なっておりますので、気兼ねなくご利用ください。

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する