新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選
2021.10.22

高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選

高卒
  • 就職
  • 面接
  • 質問
  • 伝え方
  • ポイント
  • 回答
  • 高校中退

高校を中退したから…。
面接で色々と聞かれそう。

このような不安を抱えている方はいませんか?

「面接官の質問にうまく答えられるかな…」「面接官は何を聞いてくるのかな…」「厳しいことを言われたりしないかな…」など、高校中退した人の中には就職面接に不安を抱き、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『高校中退した人がよく聞かれる質問』をご紹介していきたいと思います。この記事では、よく聞かれる質問の「回答ポイント」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


それではいってみましょう!

 

 

 

 


【目次】
高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問1】どうして高校を辞めたのですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問2】別の学校に行こうと思わなかったのですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問3】高校中退後は何をしていましたか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問4】長所を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問5】短所を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問6】キャリアプランはありますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問7】給与額はどれくらいを期待していますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問8】志望動機を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問9】残業や休日出勤はできますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問10】趣味は何ですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問11】他に受けている会社はありますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問12】何か質問はありますか
まとめ

 

 

 

 

高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選

 

 

高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選


では早速、高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問をご紹介していきます。面接は準備がすべて。よく聞かれる質問を把握しておくと精神的にラクになります。ぜひ、この内容を参考にして就職面接に臨んでくださいね。

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問1】どうして高校を辞めたのですか


1番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『どうして高校を辞めたの』です。この質問はいわゆる学校を辞めた理由。高校中退した人が面接に行くと高い確率で聞かれます。ですから、しっかりと答えられるよう中退した理由を明確にしておきましょう。尚、中退した理由の回答ポイントはストーリーにして伝えること。高校中退というマイナスのイメージからプラスに変えるような説明をすると印象がよくなるので、おすすめです。高校中退した人に対して面接の対策を解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問2】別の学校に行こうと思わなかったのですか


2番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『別の学校に行こうと思わなかったのですか』です。面接官はこの質問を通して「人となり」を知ろうとしています。別の学校に行かなかった理由は「家庭の事情」や「金銭的な問題」など色々。本人には問題がない場合があります。ですから、正直に伝えるといいでしょう。嘘をついたり、ごまかしたりしなければ、面接官の印象を損ねることはありません。尚、健康上の理由で学校に行けなかった場合は、面接官を安心させるためにも今は回復していることを伝えましょう。高校中退した人に対して面接の対策を解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。

 

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問3】高校中退後は何をしていましたか

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問3】高校中退後は何をしていましたか

 


3番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『高校中退後は何をしていましたか』です。この質問は回答次第で合否を左右する重要な質問。なぜなら、高校中退のネガティブなイメージを払拭できる絶好のチャンスだからです。なので、高校中退後のことを聞かれたら、積極的に「自分が取り組んだこと」をアピールしましょう。「資格の勉強をしていた」「アルバイトに没頭していた」など何でもかまいません。とにかく、何かしらに取り組んでいたことを伝えるといいでしょう。高校中退した人に対して面接の対策を解説しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問4】長所を教えてください


4番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『長所を教えてください』です。面接官はこの質問を通して「自社でどのような活躍ができそうか?」ということをイメージします。長所に関しては些細なことでOK。無理にアピールポイントを探して、誇張する必要はありません。この質問は落とすためではなく、選考を通過させる上で必要になる細かな確認をしている可能性が高い。なので、あまり深く考えなくて大丈夫ですよ。

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問5】短所を教えてください


5番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『短所を教えてください』です。面接官はこの質問を通して「自分に足りない部分をいかに客観視できているか?」ということを確認します。つまり、自己分析力をチェックしているということです。この質問への回答ポイントは、ただ短所だけを伝えるのではなく、弱点を克服するために今どのような工夫をしているかを添えること。この伝え方をすると「短所を克服するために努力ができる」ということがアピールできますよ。

 

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問6】キャリアプランはありますか

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問6】キャリアプランはありますか


6番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『キャリアプランはありますか』です。キャリアプランとは、自分が今後どのような経歴を積み上げていくかを考える中長期計画のこと。面接官はこの質問を通して「あなたの夢や理想を自社で叶えられるかどうか」を判断します。一般的に企業は入社後に長く定着し、活躍してくれる人材を採用したいと考えています。ですので「自社で実現できないキャリアプランだと」ミスマッチ。そういう人材は避けようとします。この質問の回答ポイントは「実現可能なキャリアプラン」にすることですよ。尚、キャリアプランの考え方を解説しているサイトがありますので、気になる方はご覧ください。

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問7】給与額はどれくらいを期待していますか


7番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『給与額はどれくらいを期待していますか』です。面接官はこの質問を通して2つのことを知ろうとします。1つは「給与額の目安にする目的」。もう1つは「あなたの価値観や自己評価を知る目的」です。この質問の回答ポイントは、無理なお願いをしないこと。あくまで企業側の提示額に準拠するという態度で臨み、給与額に交渉の余地があれば慎重に交渉しましょう。尚、的外れな金額を言わないためにも、事前に同じ業界・職種の求人を見て、給与の相場を調べておきましょうね。

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問8】志望動機を教えてください


8番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『志望動機を教えてください』です。面接官はこの質問を通して「自社に対する本気度」と「長く働いてくれそうか」を確かめようとしております。志望動機の回答ポイントは「なぜ応募先の会社を選んだのか」をしっかりと伝えること。これさえうまく言えれば、「とりあえず応募した」とは思われません。志望動機は、履歴書に書いたものと同じでもいいですが、可能であればそれをベースに膨らませるようにしましょう。高校中退した人に対して面接の対策を解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

 

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問9】残業や休日出勤はできますか

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問9】残業や休日出勤はできますか

 


9番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『残業や休日出勤はできますか』です。面接官はこの質問を通して「仕事への意欲やストレス耐性」を見極めようとしています。この質問は実際に残業や休日出勤をさせることがなくても、聞いてくる場合があるので要注意。試されていると思ってください。尚、回答ポイントは、「必要であれば、残業や休日出勤もいとわない」という姿勢を見せることです。くれぐれも嫌そうな態度は見せないようにしましょう。

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問10】趣味は何ですか


10番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『趣味は何ですか』です。面接官はこの質問を通して「あなたの人柄」を知ろうとしています。というのも、趣味を聞けば、その人の志向が大体わかります。たとえば、読書が趣味なら「新しい知識を吸収することに喜びを感じるタイプなのでは?」と仮説がたてられますよね。面接官はあなたの人柄を知ることで「自社の社風にマッチした人材なのか」を判断することがあります。単純な質問ですが人柄を見られていることを意識して、しっかりと答えましょう。

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問11】他に受けている会社はありますか


11番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『他に受けている会社はありますか』です。面接官はこの質問を通して「自社への志望度の高さ」を知ろうとしています。というのも、基本的に転職活動は数社受けることが当たり前。面接官はそれをわかっております。この質問の回答ポイントは、正直に転職状況を伝えること。その上で「御社で働きたい」という意欲を示すのです。そうすれば正直さが伝わり、好印象を与えることができますよ。

 

 


【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問12】何か質問はありますか

【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問12】何か質問はありますか

 


12番目にご紹介する高校中退した人が就職面接で聞かれる質問は『何か質問はありますか』です。この質問はいわゆる逆質問と呼ばれるもの。(逆質問とはあなたが面接官にする質問です)多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。ですから、うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。返答次第で合否が決まることだって珍しくありません。就職面接で逆質問をされた際は必ず答えましょう。くれぐれも「何もありません」と言わないでくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

では、これまでの内容をまとめると

 

高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問1】どうして高校を辞めたのですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問2】別の学校に行こうと思わなかったのですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問3】高校中退後は何をしていましたか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問4】長所を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問5】短所を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問6】キャリアプランはありますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問7】給与額はどれくらいを期待していますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問8】志望動機を教えてください
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問9】残業や休日出勤はできますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問10】趣味は何ですか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問11】他に受けている会社はありますか
【高校中退した人が就職面接で聞かれる質問12】何か質問はありますか

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

03/

18

2022

高卒

高卒で就職して給料が低いと悩む方必見!ランキング形式で高収入の業界を紹介します

高卒で就職しても…。 給料が高い業界ってある? このような疑問を抱えている方はいませんか? 高卒の給料は一般的に低め。学歴重視の企業では、その傾向がより強くなります。しかし業界によっては高卒でも高い給料を得られます。なので、一概に低いとは言えないでしょう。 この記事では、高卒でも『給料が高い業界』をランキング形式でご紹介していきます。記事の後半では「高卒でも高収入を狙える業界」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、高卒の平均年収について知りたい方は「新卒の平均年収を紹介しているサイト」をご覧ください。 【目次】 高卒で就職して給料が低いと悩む方必見!ランキング形式で高収入の業界を紹介します 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング1位】建設業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング2位】情報通信業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング3位】卸売業界および小売業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング4位】教育・学習支援業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング5位】宿泊業および飲食サービス業界 高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界を紹介します 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング1位】IT業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング2位】不動産業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング3位】運輸・輸送業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング4位】エンタメ業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング5位】介護・福祉業界 まとめ     高卒で就職して給料が低いと悩む方必見!ランキング形式で高収入の業界を紹介します では早速、高卒でも「給料が高い業界」をランキング形式でご紹介します。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:3 主な産業別にみた初任給」をもとに、ご紹介していきますね。なお、高卒に関係なく高収入の業界を知りたい方は「給料の高い業界について解説しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職!給料が高い業界ランキング1位】建設業界 高卒でも給料が高い業界ランキング第1位は『建設業界』です。建設業界とは、住宅やビルなどの建築、道路・ダムなどの建設を担う業界。近年は業界全体で高齢化が進み、団塊世代の定年退職などで就業者が減っております。そのため、若い働き手を求める傾向にあり、学歴に関係なく人材の確保を行っています。ですので、建設業界は高卒でも就職しやすいです。さらに技術職のため、スキルをつければ給料も可能。ですから、非常におすすめですよ。なお、建設業界の年間給料は211万3,200円となっております(初任給×12カ月で算出)。高卒向けに採用されやすい業界をランキング形式で紹介しているサイトでも、建設業界をご紹介しておりますよ。   【高卒の就職!給料が高い業界ランキング2位】情報通信業界 高卒でも給料が高い業界ランキング第2位は『情報通信業界』です。情報通信業界とは、情報の伝達や処理、提供などのサービスを行う現代社会に必要不可欠な業界。情報の処理、提供などのサービスを行う事業所などが挙げられます。情報通信業では、技術の更新がはやく、それに対応するために慢性的な人材不足となっております。ですから、給料水準が高いですよ。なお、情報通信業界の高卒の年間給料は205万2,000円となっております。   【高卒の就職!給料が高い業界ランキング3位】卸売業界および小売業界 高卒でも給料が高い業界ランキング第3位は『卸売業界および小売業界』です。卸売業界とは、メーカーから商品を仕入れて小売店に卸売りする業態。一方、小売業界は、卸売業者から仕入れた商品を直接、消費者に販売する業態です。卸売業界および小売業界は、新型コロナウイルスの流行により、インバウンド需要が減少。大きな痛手を食らいました。しかし、コロナウイルスの感染拡大が落ち着けば、再びインバウンド需要が増加すると思います。ですから、今後は求人数が増えると思いますよ。なお、卸売業界および小売業界の年間給料は202万800円となっております。   【高卒の就職!給料が高い業界ランキング4位】教育・学習支援業界 高卒でも給料が高い業界ランキング第4位は『教育・学習支援業界』です。教育・学習支援業界は、初等教育、中等教育、高等教育での学習に関連するものに加えて、何らかの形で「学ぶこと」に関するサービスを提供する業界。幼稚園、小・中学校、高等学校、大学などのほか、学習塾、音楽教室、いけばな教室など各種スクールがこの業界に含まれます。教育・学習支援業は人に何かを教える仕事のため、学歴が重視されます。ですから、高卒の就職難易度は高いと言えるでしょう。なお、教育・学習支援業界の年間給料は201万7,200円となっております。教育・学習支援業界に関しては、高卒向けに給料の高い業界をランキング形式で紹介しているサイトでもご紹介しておりますよ。   【高卒の就職!給料が高い業界ランキング5位】宿泊業および飲食サービス業界 高卒でも給料が高い業界ランキング第5位は『宿泊業および飲食サービス業界』です。宿泊業とは、宿泊施設・サービスを提供する業界。一方、飲食サービス業とは、飲食物を消費者に提供する業界をいいます。宿泊業および飲食サービス業界では、一般的に学歴よりも「コミュニケーション力」や「営業力」が重視されます。ですから、高卒でも就職しやすい業界だといえるでしょう。なお、宿泊業および飲食サービス業の年間給料は201万3,600円となっております。宿泊業および飲食サービス業界については、高卒向けに給料の高い業界をランキング形式で紹介しているサイトでもご紹介しておりますよ。     高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界を紹介します 続きましては、高卒でも「高収入を狙える業界」をランキング形式でご紹介します。意欲のある方は、この内容を参考にして就職活動を行ってくださいね。なお、業界に関係なく高収入を狙いたい方は「高卒向けに給料の上げる方法を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング1位】IT業界 高卒でも高収入を狙える業界ランキング第1位は『IT業界』です。IT業界は、エンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど、特定のスキルを身につける専門職が多い業界。技術力があれば、高卒でもどんどん昇給します。近年はIT業界の人材不足が深刻化。そのため、未経験者を歓迎している企業が多く見られ、高卒でも採用してもらえる可能性が高いですよ。高卒向けに給料の高い職種をランキング形式で紹介しているサイトでも、IT関連をおすすめしております。   【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング2位】不動産業界 高卒でも高収入を狙える業界ランキング第2位は『不動産業界』です。不動産業界とは、土地や建物などにかかわる業界。ビル、マンション、リゾート施設などを開発するデベロッパー、マンションや一戸建ての販売を手がける住宅販売会社、そして、不動産物件を管理する管理会社などがあります。不動産業界の商品は大半が高額な物件。そのため、営業職などに就くと高卒でも高収入を狙えます。高卒向けに給料の良い仕事をランキング形式で紹介しているサイトでも、不動産業界をおすすめしておりますよ。   【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング3位】運輸・輸送業界 高卒でも高収入を狙える業界ランキング第3位は『運輸・輸送業界』です。運輸・輸送業界は、「人・モノを運ぶ」業界。「陸」「海」「空」など、運輸経路は様々です。近年はインターネットの普及により、オンラインショッピングをはじめとする通信販売が爆発的に増加。そのため、運輸・輸送業界は深刻な人手不足に悩まされております。特に陸上運送を担うドライバーは不足しており、最近では業務委託でドライバーを雇うほどです。なので、働き方次第では高収入を狙えますよ。高卒向けに給料の高い業界をランキング形式で紹介しているサイトでも、運輸・輸送業界をご紹介しております。   【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング4位】エンタメ業界 高卒でも高収入を狙える業界ランキング第4位は『エンタメ業界』です。エンタメ業界とは、作品やサービスを通じて、人を楽しませることを目的とする業界。音楽、演劇、映画、ゲームなど、多岐にわたる業態を抱え、関わる企業や職種も様々です。エンタメ業界は、ここ数年、ゲーム事業や動画配信事業の市場規模が急激に拡大。そのため、コンテンツ事業を行う企業では深刻な人手不足となっております。ですから、スキルがあれば高卒でも出世しやすく、高収入を狙えますよ。   【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング5位】介護・福祉業界 高卒でも高収入を狙える業界ランキング第5位は『介護・福祉業界』です。介護・福祉業界とは、高齢者や障がい者など、生活のサポートが必要な人に対して多様なサービスを提供している業界。近年、深刻な人手不足問題を抱えております。そのため、今後は業界全体で給料水準が上がっていくと言えるでしょう。高卒向けに給料の高い仕事を紹介しているサイトでも、介護職をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒で就職して給料が低いと悩む方必見!ランキング形式で高収入の業界を紹介します 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング1位】建設業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング2位】情報通信業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング3位】卸売業界および小売業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング4位】教育・学習支援業界 【高卒の就職!給料が高い業界ランキング5位】宿泊業および飲食サービス業界 高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界を紹介します 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング1位】IT業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング2位】不動産業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング3位】運輸・輸送業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング4位】エンタメ業界 【高卒で就職しても給料アップが可能!高収入を狙える業界ランキング5位】介護・福祉業界 以上になります。 なお、高卒でも給料が高い職種については「高卒でも給料が高い職種をランキング形式で紹介している記事」をご覧くださいね。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • おすすめ
  • 業界
  • 給料
  • ランキング

07/

06

2022

高卒

高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が取るべき行動とは?

高卒で入社した会社をすぐに辞めたけど…。 何をしていいのかわからない。どうしよう…。 このようなお悩みにお答えします。 この記事では、高卒で就職した会社をすぐ辞めた方に向けて『退職した人が半年以内に取るべき行動』について解説していきます。記事の後半では『退職した人が気をつけること』についても解説しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!約4割が3年以内に退職しています 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!転職できるので安心してください 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!第二新卒の枠に応募できるため選択肢が増えます 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動5選 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動1】転職活動をはじめる 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動2】自己分析をする 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動3】勉強する 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動4】キャリアプランを考える 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動5】転職エージェントに登録する 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること3選 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること1】アルバイトで食いつなぐ 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること2】転職期間を長引かせない 【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること3】一人で何もかもやろうとする まとめ   高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!約4割が3年以内に退職しています まずは「高卒の離職状況」をご紹介します。厚生労働省が令和3年に公表した「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」によると、新規高卒就職者の離職率は36.9%。高卒で就職した方の「約4割」が3年以内に退職しているという結果になっております。今の時代、高卒で就職した会社をすぐに辞めることは珍しいことではありません。ですので「自分はダメだ…」と悲観的にならず前向きに考えましょう。なお、高卒の離職状況については、高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「退職後の身の振り方を紹介しているサイト」や「高卒が3年以内に退職しても良い理由を紹介しているサイト」でも取り上げておりますよ。     高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!転職できるので安心してください 高卒で就職した会社をすぐ辞めたから転職できない。このように考えている方はいませんか?結論を申し上げますと、入社1年で会社を辞めても転職することは可能です。すぐに転職できると思います。なぜなら、現在は多くの企業で人手不足の状態となっているため、若い人材を積極的に採用しております。また、高卒社会人1年目であれば「ポテンシャル採用」や「未経験枠での採用」をしてもらえますので、高望みをしなければ簡単に転職できると思います。ですので、高卒が入社1年で退職しても問題ないと言えるでしょう。「高卒・入社1年未満の退職について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。     高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!第二新卒の枠に応募できるため選択肢が増えます 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方は「第二新卒の枠」に応募できます。第二新卒とは、学校を卒業したあと、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人。つまり、高校卒業後に就職。その後、仕事先を3年以内に離職し、転職活動を行なっていれば第二新卒に含まれます。近年は早期退職者が多いことから、多くの企業で第二新卒の枠を設けております。ですので、たくさんの求人に応募できると思いますよ。なお、第二新卒については、高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「退職理由&転職活動を成功させる秘訣を紹介しているサイト」で詳しく解説しております。ご興味のある方はぜひご覧ください。     高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動5選 ここからは、高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が「半年以内に取るべき行動」を5つご紹介します。ぜひこの内容を参考にして、今後の行動計画を作成してくださいね。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動1】転職活動をはじめる 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が半年以内に取るべき行動1つ目は『転職活動をはじめる』です。高卒社会人1年目で退職した人は、すぐに「転職活動」を始めましょう。なぜなら、職歴に空白期間ができてしまうと、転職する際に「この期間は何をしていたの?」と聞かれ、印象が悪くなるからです。今はやりたいことがない方でも、転職活動をはじめると見つかる可能性がありますので、とりあえず「転職活動」を始めましょう。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動2】自己分析をする 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が半年以内に取るべき行動2つ目は『自己分析をする』です。自己分析とは、自分を分析すること。転職活動において非常に重要な作業になります。なぜなら、自己分析をすれば「自分の強み・弱み」「関心のある業界」「働く上で重視すること」などがわかり、後悔しない選択をできるからです。次の会社をすぐに辞めてしまわないためにも、しっかりと自己分析を行いましょう。なお、自己分析については高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「主な退職理由を紹介しているサイト」でも取り上げております。気になる方はご覧ください。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動3】勉強する 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が半年以内に取るべき行動3つ目は『勉強する』です。ここで言う勉強とは、市場価値を高める勉強です。社会人経験を経て感じた「必要なスキル」「必要な資格」「必要な知識」など、何でも構いませんので、思いつく限りのことを学習してください。そうすればあなたの市場価値はどんどん上がり、次の転職がラクになるでしょう。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動4】キャリアプランを考える 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が半年以内に取るべき行動4つ目は『キャリアプランを考える』です。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画。つまり、将来的に「どのような仕事に就きたいか」「どのような生活をしたいか」などを考えることです。キャリアプランを考えると、理想の将来像に近づく道筋が分かりますので、誤った選択を防げます。次の会社をすぐに辞めてしまわないためにも、しっかりとキャリアプランを考えましょう。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動5】転職エージェントに登録する 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が半年以内に取るべき行動5つ目は『転職エージェントに登録する』です。高卒社会人1年目で退職した人には、転職エージェントへの登録をおすすめします。なぜなら、一人で転職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。なお、転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。次の会社をすぐに辞めてしまわないためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「退職理由の伝え方を紹介しているサイト」や「主な退職理由を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。     高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること3選 最後に、高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が気をつけることを3つご紹介します。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること1】アルバイトで食いつなぐ 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が気をつけること1つ目は『アルバイトで食いつなぐ』です。アルバイトから社会人に戻るのは難しいです。アルバイトだけを何年も続けた後にいざ転職しようとすると、かなり難しくなります。そのため、安易にアルバイトはしないほうがいいでしょう。正社員に対して抵抗感がある方は「契約社員」という選択肢もありますので、その方向で転職先を探してみるのもアリだと思いますよ。なお、アルバイトの危険性については、高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「退職後のことを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること2】転職期間を長引かせない 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が気をつけること2つ目は『転職期間を長引かせない』です。退職したあとの無職の期間を「ブランク期間」といいます。ブランク期間は長ければ長いほどマイナス評価をされてしまいます。ですので、できるだけ早めに転職先を見つけましょう。   【高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること3】一人で何もかもやろうとする 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方が気をつけること3つ目は『一人で何もかもやろうとする』です。転職活動は一人で可能です。しかしながら、何もかも一人でやることは非常に労力がいります。そのため、一人で何もかもやろうとすると、履歴書に誤字があって「書類審査で落とされる」。あるいは情報収集が疎かになり「企業選びに失敗する」なんてことも考えられます。ですから、転職活動は一人で行わず、必ず誰かにサポートしてもらいましょう。なお、サポート役が見つからない方には転職エージェントの活用をおすすめします。高卒で仕事を辞めたいと考えている方に向けて「おすすめの業界や転職先を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。     まとめ では、これまでの内容とまとめると 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!約4割が3年以内に退職しています 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!転職できるので安心してください 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!第二新卒の枠に応募できるため選択肢が増えます 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が半年以内に取るべき行動5選 高卒で就職した会社をすぐ辞めた方必見!退職した人が気をつけること3選 以上になります。  

  • 転職
  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • 理由
  • 辞めたい
  • 退職
  • すぐ辞めた

03/

05

2022

高卒

【高卒から就職することの現実】失敗する人の特徴について紹介

高卒で就職したけど…。なんかイメージと違う。 失敗したかも。 皆さんは、このような事態に陥りたくないですよね? この記事では『高卒就職して失敗する人の特徴』について解説していきます。失敗する人の特徴をあらかじめ知っておくと、最悪の事態を防げるかもしれません。ですから、就職する前に失敗する人の特徴を知っておきましょう。なお、記事の後半では、高卒就職して失敗しないために「準備しておくこと」についても解説しております。ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴1】楽をしたがる 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴2】先のことを何も考えてない 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴3】とにかく失敗を避ける 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴4】周りの意見で動く 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴5】人の話に耳を傾けない 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴6】情報収集を怠る 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴7】周りに流されやすい 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴8】早く社会人になりたいから就職する 【高卒就職の現実!失敗する人の特徴9】一人で何もかもやろうとする 高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ 【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと1】自己分析をする 【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと2】企業分析をする 【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと3】キャリアプランを考える 【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4】サポート役を見つける まとめ       高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴1】楽をしたがる 高卒で就職して失敗する人の特徴1つ目は『楽をしたがる』です。残念ながら失敗する人は「難しい」を避けて「楽」を好む傾向があります。「大学受験は難しいからしない」「倍率の高い企業は難易度が高いから受けない」など、とにかく難しいことから逃げるのです。高卒で就職する際は、楽を基準にして選ばないようにしましょう。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴2】先のことを何も考えてない 高卒で就職して失敗する人の特徴2つ目は『先のことを何も考えてない』です。当たり前ですが、先のことを何も考えてないと、行き当たりばったりの行動になります。そのため、予想外の結果に直面することが多く、失敗する確率が高いのです。就職活動は一度失敗するとリカバリーが大変になりますので、先のことを考えて慎重に行いましょう。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴3】とにかく失敗を避ける 高卒で就職して失敗する人の特徴3つ目は『とにかく失敗を避ける』です。失敗を避けて行動する人は、かえって失敗する可能性があります。なぜなら自分の感情よりも「安全かどうか」を第一に考えて行動するからです。失敗することは精神的に辛いですが、後になって「あの企業を受けていれば…」と後悔するよりはマシ。高卒で就職する人は失敗を恐れず果敢に挑戦しましょう。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴4】周りの意見で動く 高卒で就職して失敗する人の特徴4つ目は『周りの意見で動く』です。周囲の意見を聞くことことは大事。しかし、あまりにも重要視すると他人の意見で行動することになります。自分の人生は他人の意見ではなく、自分で作るもの。ですから、最終的には自分で決断しましょう。高卒就職を選択した人の末路を語っているサイトを見ると、他人を当てにする危険性がよくわかりますよ。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴5】人の話に耳を傾けない 高卒で就職して失敗する人の特徴5つ目は『人の話に耳を傾けない』です。他人の意見を重要視することはいけませんが、耳を傾けないこともいけません。ご両親や友人はあなたのためを思って「良きアドバイス」をしてくれる場合もあります。ですから、少しは人の話に耳を傾けましょう。もしかしたら、他人のアドバイスによって失敗を防げるかもしれませんよ。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴6】情報収集を怠る 高卒で就職して失敗する人の特徴6つ目は『情報収集を怠る』です。就職活動において情報は大事。必ず情報収集をしなくてはいけません。それなのに、就職活動をする人の中には「早く就職したい!」と焦り、しっかりと情報収集をしないまま企業を決め、失敗する人が多くいます。情報収集はとても面倒な作業ですが、就職後に後悔しないためにも必ず行いましょう。なお、高卒の就職について解説しているサイトでも、情報収集の大切さを述べておりますよ。       【高卒就職の現実!失敗する人の特徴7】周りに流されやすい 高卒で就職して失敗する人の特徴7つ目は『周りに流されやすい』です。周りに流されやすい人は、協調性があると言えます。しかしその一方で、周りに流されるということは「自分の頭で考えない」とも言えます。そのため、あとで振り返った時に「失敗したかも!」と感じることも珍しくありません。高卒からの就職に失敗しないためにも、周りには流されないようにしましょう。くれぐれも「友達があの企業を受けるから」ということがないようにしてくださいね。高卒就職の失敗について解説しているサイトでも、自分で考えようと言っておりますよ。       【高卒就職の現実!失敗する人の特徴8】早く社会人になりたいから就職する 高卒で就職して失敗する人の特徴8つ目は『早く社会人になりたいから就職する』です。社会人に対する漠然とした憧れだけで就職すると、失敗するケースが多いです。早く社会人になりたい気持ちはわかりますが、焦りは禁物。何も良い結果を生みません。進学するのか、はたまた「就職するのか」はしっかりと考えましょう。なお、大学受験に失敗して高卒就職を考えている方は「大学受験失敗後の高卒就職について解説しているサイト」をご覧ください。きっと気持ちの切り替えに役立つと思いますよ。     【高卒就職の現実!失敗する人の特徴9】一人で何もかもやろうとする 高卒で就職して失敗する人の特徴9つ目は『一人で何もかもやろうとする』です。就職活動は一人でも可能です。しかし何もかも一人でやることは非常に労力がいります。そのため、一人で何もかもやろうとすると、履歴書に誤字があって「書類審査で落とされる」。あるいは、情報収集が疎かになり「企業選びに失敗する」なんてことも考えられます。ですから、就職活動は一人で行わず、必ず誰かにサポートしてもらいましょう。なお、高卒で就職できない人について解説しているサイトでも、履歴書が原因で落ちると言っておりますよ。         高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ ここからは、高卒で就職して失敗しないために「準備しておくこと」を4つご紹介します。高卒で就職しようと考えている方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。 なお、高卒で就職活動を成功させたい方は「高卒就職の現実と就活を成功させるコツ」をご覧ください。この記事を読めば、高卒就職を成功させるポイントがわかりますよ!     【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと1】自己分析をする 高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの1つ目は『自己分析をする』です。自己分析とは、自分を分析すること。就職活動において非常に重要な作業になります。なぜなら、自己分析をすれば「自分の強み・弱み」「関心のある業界」「働く上で重視すること」などがわかり、後悔しない選択をできるからです。高卒からの就職に失敗しないためにも、しっかりと自己分析を行いましょう。なお、高卒の就職について解説しているサイトでも、自己分析の大切さについて言及しております。       【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと2】企業分析をする 高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの2つ目は『企業分析をする』です。企業分析とは、企業の内部環境や外部環境を調べ「どのような企業なのか」を調査すること。企業分析によって、企業の業務内容や特徴を把握。そして、自分の志向やスキルに合った企業を絞り込み、入社後のミスマッチがないようにするのです。企業分析をやれば、就職で失敗する確率が格段に減りますので、しっかりと行いましょう。     【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと3】キャリアプランを考える 高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの3つ目は『キャリアプランを考える』です。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画。つまり、将来的に「どのような仕事に就きたいか」「どのような生活をしたいか」などを考えることです。キャリアプランを考えると、理想の将来像に近づく道筋が分かりますので、誤った選択を防げます。就職に失敗しないためにも、しっかりとキャリアプランを考えましょう。       【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4】サポート役を見つける 高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの4つ目は『サポート役を見つける』です。上述した通り、就職活動は一人で行うものではありません。なぜなら、一人で就職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。なので、就職活動には必ずサポート役をつけましょう。なお、サポート役が見つからない場合は、就職エージェントの活用をおすすめします。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。高卒で就職して失敗しないためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。高卒就活を成功させるコツを紹介しているサイトでも、エージェントの活用をおすすめしておりますよ。         まとめ   では、これまでの内容とまとめると 高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選 高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 失敗
  • 特徴
  • 高卒
  • キャリアプラン
  • 影響
  • 現実
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する