新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 【フリーターの面接対策】フリーターから正社員に就職するとき転職理由を聞かれたら?
2021.05.10

【フリーターの面接対策】フリーターから正社員に就職するとき転職理由を聞かれたら?

フリーター
  • フリーター
  • 転職
  • 就職
  • 履歴書
  • 職歴
  • やり方

フリーターを卒業して正社員になりたい!

それなのに転職理由が自分でもよくわからず、うまく説明できない…。

 

このような悩みを抱えている方はいませんか?

 

「フリーターは不安定だから…」「フリーターは世間体が悪いから…」「フリーターは給料が安いから…」など、フリーターの中には、なんとなく正社員という肩書きに憧れ、漠然と転職活動をする人がいると思います。

 

今回はそんな方に向けて、フリーターから正社員に就職するときに役立つ転職理由をうまく伝えるための極意を伝授したいと思います。

 

と言っても内容はシンプル。少し準備をするだけです。

つまり『よく聞かれる質問』と『答え方』を事前に把握しておくということです。

 

本記事では、前半で『質問&回答例』、後半に『面接対策』をご紹介していきますので、

フリーターから正社員に就職しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

では、さっそくいってみましょう!

 

 

フリーターから就職するときによく聞かれる質問3選!

1 どうしてフリーターをしていたのですか?

 

こちらは必ず聞かれる質問です。

ですので、もしあなたがフリーターから正社員への就職を考えているなら、まずはこの質問に答えられるようにしてください。

この回答が具体的であるほど、あなたがフリーターであった理由が明確になり、今後の転職活動は有利に進みますよ。
大事なのは正直に理由を伝えること。そのうえで、プラスアルファとして、これからまじめに働く姿勢を伝えるといいですね。

フリーターのみなさんの中には「叶えたい夢があったから…」「親の介護をするため…」「就職活動に失敗して…」など、言いにくい理由によりフリーターをしていた方もいると思いますが、できる限り嘘をつかず、ありのままを伝えてください。

採用担当者は今後あなたの上司になる存在。であれば、面接時から自己開示をしておくと信頼関係が築け、入社してからグッと距離が近づきます。

 

それでは、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

新卒時は自分の将来像がわからずフリーターになりました。ですが、正社員になった友人やアルバイト先の社員の方と関わるなかで、「責任ある仕事を任せられるからこそスキルが上がり市場価値の高い人材になれる」と感じるようになったのです。

 

とかですかね。


ちなみにこの回答は向上心が透けて見えるのでオススメです!

 

 

2 どうしてフリーターから正社員に就職しようと思ったのですか?

 

こちらは、かなりドキッとする質問ですね。

なんか胸の内を探られているというか、試されているというか…。嫌な感じがします。

 

ですが、ご心配なく。

こちらは、正社員として働く決意を確認する質問です。


冒頭でもお伝えした通り、企業はなんとなく正社員になりたい! との理由で就職活動する方を採用できません。だからこそ、この質問を投げかけ本気度を確かめているんですね。

きっと自分が採用担当でも同じ質問をするでしょう。

 

では、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

フリーターをしていた職場では正社員の方がとても楽しく働いておりました。そんな姿を見ていると、責任ある仕事を通じて得られる喜びは、フリーターでは経験できないやりがいと達成感があるのだと感じたのです。

 

などですかね。

 

この質問に対しては、なるべくフリーターの立場で感じたことを入れてあげると真実味が出て、説得力が増すと思いますよ。

 

3 今までに経験したアルバイトはなんですか?

 

この質問はあなたのスキルを知るためのものです。

採用担当者としては、フリーターのみなさんが何ができるかを知る必要がある。その場合、あなたのアルバイト経験を聞くことで、仕事に活かせるスキルが備わっているか見極めようとするのです。

もちろん、この質問に対しては単に経歴を話すのではなく、経験から得た能力をどう活カスのかまで伝えるのが大事ですよ。

具体的なスキルとしては『コミュニケーション能力』『ビジネスマナー』『創意工夫する能力』がご紹介できると思います。後は、応募先に合わせて必要とされるスキルを語るようにしてください。

 

それでは、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

イベント関連の仕事にアルバイトスタッフとして従事しておりました。〇〇などのイベントではイレギュラーが頻繁に発生し、臨機応変な対応が求められました。そのため、マニュアル通りの作業だけでなく、状況に応じて対応する作業には自信があります。

 

などですかね。

 

フリーターの就職理由について紹介しているサイトでも、フリーターから就職するときによく聞かれる質問をご紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

転職理由を事前に準備するだけで、心に余裕ができますよ。

 

 


 

フリーターが就職活動でフリーターをしていた理由を聞かれたら?

続いては、フリーターをしていた理由を聞かれた場合の答え方をご紹介します。

これも必ず聞かれる質問ですので、代表的なパターンを3つご紹介しますね。

 

 

1 時間にとらわれたくなかったケース

 

フリーターの醍醐味と言えば、なんといっても時間に縛られないこと。

もちろんシフト制なので勤務中は時間に拘束されるのですが、出勤日に関しては意のままです。他にやりたいことがある人には都合の良い働き方ですね。

と、メリットを述べましたが、一方デメリットもあります。

それは、「なぜ時間にとらわれたくなかったのか」を具体的に説明できないと採用担当者にマイナスイメージしか与えないということです。
ですので、この理由でフリーターをしていた人は「何を目指していたのか」「時間をどのようなことに使っていたのか」などを伝えるようにしてください。

 

2 家計の補助などを得たかったケース

 

フリーターのみなさんの中には、家族の扶養に入るため、その選択をされている方もいると思います。確かに所得税や住民税、国民年金、健康保険料などの負担額を減らすために、家族の扶養に入るって選択肢もありますよね。ただし、その事実をありのまま伝えると印象が悪くなる。ですので、このケースでは他の言葉に言い換えるようにしましょう。

 

例えば「体の不自由な両親の介護があったので、なるべく自宅にいる時間を増やしたいと思っていました。そのため、今まではアルバイトという選択をしたのです。しかし、このままでは両親共々、生活が立ち行かなくなる。そう危機感を覚え就職活動を始めました」

みたいな感じですね。この例は極端な理由なので胸を張ってオススメできませんが、やむを得ない理由を絡めてあげると、深刻さが増していいと思います。

 

3 正社員の求人がなかったケース

 

最近はこのケースが多いですね。有名な大学を出たけどフリーターをしているみたいな感じです。これは夢追い人と違い、単純にやりたいと思える仕事の求人がなく、そのままフリーターになってしまったパターン。
このケースでは、素直にやりたいと思える仕事がなかったことを伝えるようにしましょう。加えて、なぜ今回就職しようと思ったのかを具体例を織り交ぜながら話せると説得力が増しますよ。

 

フリーターの就職理由を説明しているサイトでも同様のことを紹介しておりますのでご覧になって見てください。
 

 

 

 

 

フリーターから就職するときに面接で注意すること3つ

ここからはフリーターから正社員に就職するときに面接で気をつけることをご紹介します。

フリーターのみなさんは結構やりがちなことなので、気をつけてくださいね。

転職理由をうまく伝えることも大事ですが、他にも注意するポイントがありますので。

 

1 身だしなみ

 

基本的に私服はNGです! Tシャツ・スニーカーは絶対にやめてください。

フリーターの面接ですと、アルバイトやパート、派遣社員といった雇用形態で勤務していたという方が多く、『私服O K』な職場が多いのですが、正社員を目指すと話は変わります。

服装自由と書いていても、スーツにネクタイで面接に臨んでください。それだけで、あなたの熱意が伝わるでしょう。

 

フリーターの就職について紹介しているサイトでも注意していますよ!

 

 

2 正しい敬語を身につける

 

フリーターの方は特に気をつけてください。というのも、フリーターから就職する方のほとんどが商談やビジネスメールのやり取りなどを経験しておらず、正しい敬語を使えない。

ですので、フリーターから就職する際は、改めて、敬語、尊敬語、丁寧語の違いについて復習してください。アルバイト経験が長いと「バイト敬語」と呼ばれる間違った敬語を使っている場合があるので、ご注意を!!

 

3 企業研究

 

フリーターのみなさまに忠告です!

応募先のコーポレートサイトは隅々まで読んでおいてください。大袈裟に言うと、すべて暗記するくらいの勢いで取り組むといいでしょう。

というのも、採用担当者に好印象を持ってもらうためには、自己分析をしたうえで自分の強みやキャラクターが企業にメリットをもたらし、フィットすると思ってもらう必要があります。そのためにはまず、企業がどのような人材を求めており、どのようなビジネスモデルを構築しているのかを理解しておく必要があるのです。

企業研究は絶対に怠らないようにしてくださいね。

 

 

フリーターから就職するときの面接では「逆質問」でアピール!

フリーターのみなさま、これまで面接を受けたときに「何か質問はありますか?」と聞かれたことはありませんか?

 

もしかして…こちらの質問に「何もありません」と答えてないですよね。

 

絶対にダメですよ!!

 

なぜなら、このような質問は「逆質問」と呼ばれており、やる気をアピールできる最高の

チャンスなのです。

それに最近では「質問力」という言葉が登場し、この力でその人のビジネススキルを

測られるとも言われております。

つまり、質問の質が高く、核心をついているほど採用担当者は好印象を持ち、フリーターから正社員に就職できる確率がグンッと高くなります。

なので、面接前には最低三つは質問事項を考えておきましょう。もちろん頭の回転が早く、即興での会話が得意は人は採用担当者との会話を引用して質問してもいいですよ。

 

ま、これをするにはお笑い芸人ばりのトークスキルが必要になりますけどね。笑

フリーターの就職理由と面接について紹介しているサイトでも「逆質問」についてご紹介してますのでご覧ください!

 

 

 

まとめ

 

フリーターのみなさま、いかがだったでしょうか。

 

この記事を読み、自分の転職理由が明確になりましたか?

一回読んだだけではピンと来なくても心配しないでくださいね。

何度も考えているうちに『はっきりとした転職理由が見つかる!』なんてこともありますからね。

 

では、最後にご紹介した内容をまとめると、

 

よく聞かれる質問3選!

フリーターをしていた理由への答え方!

面接で注意すること3つ!

面接では「逆質問」でアピール!

 

以上になります。

 

この記事がフリーターから正社員への就職を目指す人にとって、よき参考書になれば幸いです。

 

すべての項目を実践しようとすれば難しく感じるかもしれませんが、こちらに書かれていることは準備でカバーできる項目ばかり。

つまり、就職への道はあなたのやる気でいかようにもなるのです!

 

過去にとらわれず、前を向いて頑張りましょう。

 

僕も数年前はフリーターでした。しかし本気で卒業したいと思い、今こうして正社員として勤めることができています。

 

あなたの希望が叶うことを心から願っております。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

08/

25

2021

フリーター

フリーターから就職するのにおすすめな職種8選!

フリーターの身分は気楽で自由に生活できている……なんて思う方は少なくないはず。たしかに、フリーターは正社員ほど責任も発生せず、自分の仕事していることだけに取り組んでいれば問題はありません。 しかし、フリーターのままでい続けると問題が発生してしまいます。賃金が低い、保険に入れない、社会的身分が低いなどこれから歳を重ねていく上で、弊害となるような壁にどんどんぶつかってきます。とてもじゃありませんが、ずっとフリーターのままでは生きていくことなんてできません。 そこで、この記事ではフリーターが就職するためのおすすめの職種に就いてまとめてみました。フリーターからでもなりやすい職種ばかり選びましたので、就職のことが分からない方で1から理解できるような構成になっているのでご安心ください。   フリーターの就職におすすめの職種8選! 早速、フリーターにおすすめしたい職種について紹介していきます。世界を見渡してみれば、できる仕事は意外と見つかるのですよ。 フリーターの就職におすすめの職種①接客業 接客業の職種範囲は多岐に渡ります。レストランや喫茶店などのホールはもちろん、小売店など取り扱うジャンルは非常に広いです。そんな接客業に求められているスキルは、高いコミュニケーションスキルにあります。 足を運ぶお客さんは様々な性格、年齢の方々であり、接客業ではそれぞれに合わせた接客をしなければなりません。ですが、アルバイトで接客業に従事していれば、かなりやり易く仕事を覚えられるでしょう。 そして、接客業には特別なスキルは必要ありません。接客が好きな方にとっては転職ですし、未経験でも仕事は覚えやすく、すぐにこなせるようになるでしょう。基本的な言葉遣いやマナーが身に付いていれば難なく働けるでしょう。 フリーターの就職におすすめの職種②事務職 事務職は非常に人気の高い職業です。基本的に資料の整理やデータの処理など組織の裏方のような仕事が多く、縁の下の力持ちとして活躍したい方々に人気の職業です、しかし、倍率が高く、採用までは一筋縄ではいきません。 まず前提として今の事務職はパソコンが扱えなければ、話になりません。最低でも、word、excelなどのツールを使えなければ、事務のデータを処理することはできないでしょう。もしパソコンに自信がなくて事務職を目指したい方は、自分で勉強するかMOSなどの資格を取って自分で準備しましょう。 また、事務職は基本的に個人で行う仕事が多く、チームプレーではありません。そのため、1人で黙々と作業することが求められます。与えられた仕事に最高のパフォーマンスで返せる方は是非目指してみてはいかがでしょうか? フリーターの就職におすすめの職種③IT職 「ITって専門的な知識やスキルがないと難しそう……」と思う方は多いかもしれません。たしかに、ITは実力や経験がモノをいう世界ですし、初心者の方にとってはハードルが高い仕事だと思います。 ですが、IT業界は近年の急速なネット社会の発達により深刻な人手不足に陥っています。ベテランのエンジニアなどは次々に独立し、職場で使える戦力が常にいないような状態です。そのため、企業としては多少のコストをかけてでも未経験からでも仕事ができるように研修プログラムを取り入れているところも多いです。 給料もほかの業種と比べて高く、独立してフリーランスになればもっと高い金額を稼ぐことも夢ではありません。クリエイティブジョブによるとフリーランスのシステムエンジニアの平均年収は600~960万円と高めです。スキルをどんどん積めば成果が出る仕事ですよ。 フリーターの就職におすすめの職種④介護職 日本の高齢化はすさまじく、2050年には36.9%とおおよそ日本人の2.5人~3人に1人が高齢者という社会の到来が予測されています。現在でも、介護をめぐる問題は社会問題にまで発展しており、介護現場をどう改革していくか今、焦点となっています。 そのため、介護業界では先述したIT業界よりも人手不足に悩まされています。フリーターからの転職はしやすいと見積っても過言ではありません。就職には介護福祉士の免許が必要ですが、2021年1月の合格率は71.0%とそこまで入手難易度は高くありません。 しかし、介護は体力の使う仕事である一方で気を使う仕事でもあります。高齢者の方々は身体を壊しやすく、介護士の方から積極的に体を張って支えなくてはいけません。他人を支え、体力には自信があるかたにおすすめであると言えますね。 フリーターの就職におすすめの職種⑤清掃業 人が生きていく中で必ずと言っていいほど必要な仕事が掃除です。駅のトイレなどで清掃している清掃員の方を見たことがない方はいないでしょう。世の中がどんなに不景気だろうと需要が常にある仕事であるため、求人はいつでも募集されています。 掃除好きや綺麗好きな方はもちろん、細かい気配りができる方に向いている仕事であると言えるでしょう。ただ清掃業とは言っても様々であり、トイレの清掃はもちろん、オフィスや工場の清掃までその業務は多岐に渡る可能性もあります。 そのため、時には力仕事が必要な場合もあり、女性の方には厳しい可能性は否めません。求人を見かけた際には、しっかりと業務をチェックし、自分でもできそうな仕事だと確認してから応募しましょう。 フリーターの就職におすすめの職種⑥建築業 大工などの仕事も常に仕事が少なく、新規就職者を募集している職業です。基本的には、現場での肉体労働となるため、体育会系での部活動をやっていた体力に自身のある方におすすめの職種です。 特別な資格は必要なく、高卒からでも就職可能な仕事のため、すぐに仕事ができる仕事だと言えるでしょう。技術も入社してから覚えられるため、特別な資格なども必要ありません。ただ体力が要求される仕事のため、最初は身体が悲鳴をあげるかもしれません。 しかし、建築業は伝統的に上下関係が厳しく、年長のいうことは絶対という気風があります。そのため、コミュニケーションをとることが苦手な方にとっては、少し厳しい世界であることは注意しておきます。 フリーターの就職におすすめの職種⑦コールセンター コールセンターは、電話を通してお客さんの対応をする仕事です。悩みを解決したり、担当者につなげたり任される仕事は多種多様です。そのため、瞬時に悩みを把握する判断力と丁寧な判断力が要求されます。 基本的には、パソコン業務と電話対応が主な仕事となるためPCスキルと会話スキルが醸成されます。特に会話スキルは、言葉遣いや話のトーンなどが大分鍛えられ、フォーマルな話し方を手に入れることができるでしょう。 また、コールセンターにはいくつか、仕事の種類があります。1つがお客さんからの要望・クレームを受ける「インバウンド」、もう1つがお客さんへ商品の紹介を行う「アウトバウンド」が挙げられます。両方の仕事を行うことも考えられるので、どちらのやり方も勉強していく必要があります。 フリーターの就職におすすめの職種⑧工場作業員 工場での仕事では、ライン作業を行いつつ、機器の点検や清掃を行う仕事が行われます。基本的には、一人ひとりが担当するライン、仕事が決まっており作業自体は簡単で覚えやすいものが多いです。 工場内での会話は少なく、人見知りな方でも気軽に働くことができる職種としても知られています。また、就業時間が徹底されている工場も多く、残業時間が少ないことも特徴です。自分の時間がきちんと取れることはメリットの1つであると言えるでしょう。 ただ、工場と一口に言っても、食品、工業など様々な種類があるため、自分の興味に合う工場を選んでみるのがいいでしょう。もし決められなかった場合は、転職エージェントに相談して決めてもいいでしょう。 まとめ 個人的に若い頃にフリーターを経験しておくことには、反対はしません。夢がある、やりたい仕事が見つからない、など理由は様々だと思いますが、一人ひとりがやりたいことを模索していくための行動を止めることはできません。 ですが、自分のやりたいことを突き詰めるためには、自らの行動を自らの手で責任を取らなくてはいけません。生活費、食費、家賃、などの費用を考えてみても、とてもじゃないですがフリーターだけの給料では生きていくことが厳しいかと思います。 なので、就職することは別に逃げ道などではありません。自分の置かれている状況を客観的に判断して、最善の策を取っているだけなので自分の立場にしっかり責任を持って行動できている証です。フリーターから就職することは難しいかもしれませんが、諦めなければ道は見えてくるはずですよ。

  • フリーター
  • 就職
  • おすすめ
  • 職種

11/

13

2021

フリーター

高校中退のデメリット!就職に影響が出ることを紹介

  高校中退したから…。 就職できないかも。 このような不安を抱えている方はいませんか? 「高校中退したから印象が悪い…」「高校中退したから学力がないと思われる…」など、高校中退した方は、学歴にコンプレックスを抱き、就職活動に不安を抱えていると思います。 今回はそんな方に向けて『高校中退のデメリット』をご紹介していきます。デメリットを知れば就職活動で困ることがわかり、頭が整理されると思いますよ。この記事では、高校中退のデメリットと併せて「高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!             【目次】 高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7つ 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること1】学歴が理由で応募できなくなる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること2】初任給が安くなる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること3】書類通過率が下がる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること4】業務に必要な資格を取れないかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること5】学歴が昇進時の障害になるかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること6】面接の第一印象が悪くなるかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7】面接で厳しい質問をされるかも 高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5つ 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴1】個性を重視する 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴2】人手が不足している 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴3】人がやりたがらない仕事をしている 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴4】実力を重視する 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5】若い人材を求めている 高校中退しても就職に影響が出にくい職種5つ 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種1】配送ドライバー 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種2】介護職 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種3】土木作業員 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種4】アパレルスタッフ 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種5】プログラマー まとめ         高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7つ   では早速、高校中退のデメリットを7つご紹介していきます。これからご紹介することはあくまで傾向になります。ですから、参考程度にご覧くださいね。   【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること1】学歴が理由で応募できなくなる 1つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『学歴が理由で応募できなくなる』です。高校中退すると学歴は中卒になります。そのため、高卒以上が応募条件になっている場合は応募できません。ここ最近、学歴不問の求人が増えておりますが、いまだに学歴を重視する会社は存在します。ですので、高校中退すると応募できる求人が減ってしまうと言えるでしょう。高校中退が就職に与える影響を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。       【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること2】初任給が安くなる 2つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『初任給が安くなる』です。会社によっては「中卒」「高卒」「大卒」で初任給を変えている場合があります。特に学歴を重視する会社では、この傾向が強いでしょう。初任給に関しては求人情報に記載してあると思いますので、気になる方はチェックしましょうね。     【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること3】書類通過率が下がる   3つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『書類通過率が下がる』です。高校中退者は書類選考で落とされる可能性が高いです。なぜなら、書類選考は「学歴」「資格」でしか能力をはかることができません。そのため、高校中退者より「高卒」「大卒」を優先して採用します。高校中退者は書類選考で不利になることを理解しておきましょう。高校中退が就職に与える影響を紹介しているサイトでも、同様のことを言っております。       【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること4】業務に必要な資格を取れないかも 4つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『業務に必要な資格を取れないかも』です。資格によっては応募条件に「高卒」「大卒」など、学歴を問う場合があります。そのため、業務に必要な資格があっても取得できないかもしれません。高校中退者は入社後に困ることを事前に把握しておきましょう。     【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること5】学歴が昇進時の障害になるかも 5つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『学歴が昇進時の障害になるかも』です。というのも、古い考え方の会社は学歴を理由に昇進させない場合があります。ですので、高校中退者は能力があっても昇進できない可能性があると言えるでしょう。     【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること6】面接の第一印象が悪くなるかも 6つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『面接の第一印象が悪くなるかも』です。面接官は履歴書の情報をもとに皆さんのことをイメージします。そのため、高校中退していると初めから悪いイメージで見られるかもしれません。高校中退が就職に与える影響を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。       【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7】面接で厳しい質問をされるかも 7つ目にご紹介する高校中退のデメリットは『面接で厳しい質問をされるかも』です。高校中退者に対して面接官は非常に警戒します。そのため、面接では厳しい質問をされる可能性が高いです。高校中退者が面接に臨む際はしっかりと準備しておきましょう。高校中退が就職に与える影響を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。             高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5つ   続きましては、就職に影響が出にくい会社の特徴を5つご紹介します。求人情報を見る際は、このポイントを意識して見るといいでしょう。         【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴1】個性を重視する 1つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴は『個性を重視する』です。個性を重視する企業では、高校中退した人でも不利になりません。面白いアイディアや能力を持っていれば「学歴」は関係ないのです。なので、高校中退した人は個性を重視する会社に応募するといいでしょう。なお、個性を重視する会社は求人情報に書いてあることが多いですよ。     【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴2】人手が不足している 2つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴は『人手が不足している』です。人手が不足している会社は学歴を問わず、積極的に採用を行なっております。そのため、高校中退した人でも就職できる可能性が高いと言えるでしょう。     【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴3】人がやりたがらない仕事をしている   3つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴は『人がやりたがらない仕事をしている』です。仕事は需要と供給の関係で成り立っているので、「人がやりたがらない仕事」は人手が不足している傾向が強いです。そのため、高校中退でも就職しやすいと言えるでしょう。     【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴4】実力を重視する 4つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴は『実力を重視する』です。会社のなかには、学歴よりも実力を重視している場合があります。たとえば、「エンジニア」「デザイナー」「土木作業員」などが所属する会社ですね。これらの仕事は専門的な技術が必要。そのため、実力さえあれば高校中退でも就職できますよ。高校中退した人は実力を重視する会社を狙うといいでしょう。       【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5】若い人材を求めている 5つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴は『若い人材を求めている』です。働き手の高齢化が進んでいる業界や体力が必要な仕事では、若い人材に対するニーズが増加。このような求人では学歴に関係なく、「若い」だけで就職できる可能性があります。そのため、高校中退者が仕事を探す際は若い人材を求めている会社を選ぶといいでしょう。         高校中退しても就職に影響が出にくい職種5つ   最後に、就職に影響が出にくい職種を5つご紹介します。この内容を参考にして就職活動に励んでくださいね。     【高校中退しても就職に影響が出にくい職種1】配送ドライバー 1つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい職種は『配送ドライバー』です。 配送ドライバーとはトラックで荷物を運ぶ職種。場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり、到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。配送ドライバーは運転免許さえあれば、学歴は不要。やる気さえあれば就職できますよ。高校中退者に向けて職種の紹介をしているサイトでも、配送ドラバイーをおすすめしておりますよ。       【高校中退しても就職に影響が出にくい職種2】介護職 2つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい職種は『介護職』です。介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をする職種。力仕事が多いため、体力が必要です。そのため、女性には辛い仕事かもしれません。しかし、これから超高齢化社会を迎える日本において、ますます需要が高まります。さらに人手不足なので、求人数が多い。まさに、高校中退した人におすすめの仕事とだと言えるでしょう。     【高校中退しても就職に影響が出にくい職種3】土木作業員 3つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい職種は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う職種。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は基本的に学歴よりも実力を重視する仕事。ですから、高校中退でも応募できる求人が豊富にありますよ。     【高校中退しても就職に影響が出にくい職種4】アパレルスタッフ 4つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい職種は『アパレルスタッフ』です。アパレルスタッフは洋服を販売する職種。ファッションに関する知識に加え、コミュニケーション能力や社交性の高さが求められます。アパレルスタッフはコミュニケーション力と洋服に関する知識があれば学歴を問われることはありません。ですから、高校中退した人はアパレルスタッツに応募するといいでしょう。     【高校中退しても就職に影響が出にくい職種5】プログラマー 5つ目にご紹介する高校中退しても就職に影響が出にくい職種は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る職種。未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえます。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は、学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって、高校中退でも応募できる求人はたくさんありますよ。         まとめ     では、これまでの内容をまとめると   高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7つ 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること1】学歴が理由で応募できなくなる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること2】初任給が安くなる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること3】書類通過率が下がる 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること4】業務に必要な資格を取れないかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること5】学歴が昇進時の障害になるかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること6】面接の第一印象が悪くなるかも 【高校中退のデメリット!就職に影響が出ること7】面接で厳しい質問をされるかも 高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5つ 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴1】個性を重視する 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴2】人手が不足している 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴3】人がやりたがらない仕事をしている 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴4】実力を重視する 【高校中退しても就職に影響が出にくい会社の特徴5】若い人材を求めている 高校中退しても就職に影響が出にくい職種5つ 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種1】配送ドライバー 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種2】介護職 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種3】土木作業員 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種4】アパレルスタッフ 【高校中退しても就職に影響が出にくい職種5】プログラマー 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 求人
  • 職種
  • 高校中退
  • 不利
  • 影響

05/

10

2021

フリーター

【履歴書の書き方】フリーターが就職するとき履歴書はどう書くといい?

【履歴書の書き方】フリーターが就職するとき履歴書はどう書けばいい?   こんにちは。昨年フリーターから正社員に転職を成功させた、田中と申します。 今回はフリーターから正社員へ就職するとき「履歴書はどう書けばいい?」ということで、『気をつけるべきポイント』と『うまく見せるテクニック』をお伝えしたいと思います。   と言っても難しくは説明しません。カンタンに、わかりやすく、大事なポイントだけを解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。   その前に…。   フリーターのみなさんに質問です。 これまで履歴書の作成で頭を抱えた経験はありませんか?   僕はあります。笑   というか、頻繁に悩んでいました。 「自分にはアピールすることがない…」「正社員としての経験がないから印象が悪い…」「高校しか出てないから学歴が寂しい…」など挙げればキリがないですが、履歴書を書くだけで気が重くなり、塞ぎ込んだ経験があります。 しかしこの記事でお伝えするポイントを意識するだけで、つまずくことなくスラスラと書けるようになりました。   ですので、僕と同じ悩みを抱えているフリーターのみなさん、安心してください。 最後まで読めば必ず採用担当者が唸るような履歴書が書けますからね。   では、さっそく見ていきましょう。   フリーターから就職するとき履歴書で気をつける基本的なこと まずはフリーターの方がやりがちな失敗例を3つご紹介します。 どの項目も基本的なことなので、自分には関係ないと思うでしょうが、フリーターから就職するとき、気持ちが昂ってついやりがちなので他人事と思わないでくださいね。   1  経歴詐称はしない 経歴詐称は犯罪です。バレるかバレないかはではありません。絶対にやめてくださいね。 例えば、前職3ヵ月くらいで辞めてしまったのでなかったことにしたい。そう思っても詐称は絶対にいけません。なぜなら、会社が社会保険や雇用保険の手続きを行う際に被保険者が直前に勤務していた事業所を知りえる機会が多いからです。 とりわけ、よくあるのが、雇用保険被保険者証等の提出を求められるケース。 雇用保険被保険者証には加入時の事業所が記載されているわけですから提出を求められた場合ごまかしようがありません。 もちろん必ずバレるというわけではありませんが、リスクが高いのでやめましょう。 フリーターだからこそ、人柄の魅力でカバーするべき。誠実さを前面に押し出しましょう。   2  高校中退などの理由まで書く   いきなり厳しいことを言って申し訳ないですが、一般的な印象として中退者にはマイナスイメージを抱いている企業が多いのが現状です。 卒業というひとつの達成を成し遂げている者よりは、就職の際、不利になることが多いと肝に銘じておきましょう。ですが、理由を明確にすることでその印象も変えられるはず。 だから、現在フリーターの方で高校・大学を中退してしまった方は必ず備考欄に理由を書くようにしてください。これだけで、書類通過率が格段にアップします。   3  会社名は正式名称で書く   これも一見すると当たり前のことですが、意外にしっかりと書かない人が多いです。とりわけ、飲食店勤務の方。店舗名と会社名は違うので、そこはしっかりと明記してください。会社名と店舗名、両方とも記載してあげると親切でわかりやすいですね。   フリーター向けに就職の履歴書について解説しているサイトでも同様のことを仰っております。動画で履歴書の書き方を解説してくれておりますので非常にわかりやすいですよ。     フリーターから就職するなら履歴書でポテンシャルを見せる! 企業がフリーターを採用する場合、即戦力として考えません。ですので、いかに自分のポテンシャルをアピールするかが大切です。これは面接時ではなく履歴書のときからですよ。   では、どうすれば、フリーターから就職する時の履歴書でポテンシャルをアピールできるのでしょうか? いくつか例をあげてみると、資格、コンクールなどの受賞歴、語学力、学歴、などが挙げられるでしょう。これらの項目で採用担当者にアピールできれば、きっとあなたに会いたいと思うはず。そう、履歴書だけでポテンシャルがある人材だとアピールできるのです。しかしながら、フリーターのみなさんは、これらの要素でアピールできるものがない人が大半でしょう。   なにを隠そう僕がそうでした。笑   ですので、僕は、志望動機でエピソードを語るように心がけました。 具体的には前職が飲食店だったので、バイト先でホールリーダーを担当し、後輩の指導をしていた。そして、店舗の利益向上のため、商品開発会議に参加し、毎週、現場の声を届け、橋渡しの役に徹し新メニューの開発に尽力していた、などです。 このエピソードより上記の記載がなくても『主体性がある』『行動力がある』『発想力がある』 『協調性がある』人材だと認識され、書類通過率が格段にアップしました。   フリーター向けに就職の履歴書について紹介しているサイトでもポテンシャル採用について詳しくご紹介しております。 たかがポテンシャル。されどポテンシャル。ですが侮ってはいけませんよ。       フリーターから就職するなら履歴書は脚色しよう 経歴詐称はいけませんが、脚色はO Kです。 つまり、僕が言いたいことは、嘘を書くのではなく、応募先に合わせ、志望動機・学歴・職歴をうまくカスタマイズすると言うこと。(嘘を絶対にいけませんよ)   例えば、僕の場合をご紹介します。 僕は飲食店勤務から不動産会社の事務職に転職しました。もちろん、飲食と不動産は衣食住で語ることができますが、取り扱ってる商品が全く違います。 しかし、これも考えよう。どこにフォーカスを当てるかで十分アピールできます。 具体的には、飲食店では在庫管理のためパソコンを使った業務をやったり、商品開発チームと新メニューの考案したり、毎日の売り上げを計算したりと多岐にわたって店舗運営業務に携わっていました。 ですので、あえて、ホールでの接客業務を書かず、パソコンを使った作業を中心にエピソードを書いたのです。すると、応募先から店舗の売上管理をしていたのだから、数字に強い印象を与えることができます。それだけで、相手は会ってみたいと思うんですよ。 不思議ですよね。 履歴書ってこういう感じで、どこにフォーカスを当てるかが超大事です。だから、フリーターから就職しようと検討されているみなさんも、履歴書に書く項目がないと卑屈にならず、どこをピックアップするか、どこを『輝かせるか!』を考えてくださいね。   フリーターから就職する際の履歴書について紹介しているサイトでは、「サンプル付き」で履歴書の書き方テクニックをご紹介してます。       フリーターから就職するときの履歴書で採用担当が見る3つのポイント            では、続きましては、採用担当者目線でフリーターが就職するとき、履歴書のどこに気をつけるべきかを見ていきましょう。   1  履歴書の文字は丁寧に書いているか   字が綺麗である必要はないです。これは個人の技術の問題なので急に綺麗な字を書けと言われても難しいでしょう。自分の文字が汚いと自覚している人はパソコンで書くとこをオススメします。 で、話を戻しますと、丁寧に字を書いているかどうかということです。例えば、殴り書きのようになっていては相手が不快になるはず。これではせっかく書いたのに、意味がありませんし、相手には伝わりません。履歴書を書くときは、採用担当者の気持ちを考え、心を込めて書きましょう。そう、恋人へのラブレターのように。笑   2  記載内容に読み応えはあるか 空欄が多いなんてもってのほか。自ら落としてくれと言っているようなものです。絶対にすべての項目を埋めるようにしてください。空欄があるだけで、マイナス評価を与えてしまいます。加えて、内容にも気をつけるべき。埋めればいいってものではありません。 単に「興味があったから」「面白そう」「自分の適性に合っていると思う」など1行だけで済まされていると「この方は誰かに言われて応募してきているのでは?」と疑われてしまいます。ですから、履歴書に記載する内容には注意してくださいね。なぜこの仕事を選んだのか。そういった部分まで踏み込んで書くようにしてください。   3  履歴書に誤字や脱字はないか   履歴書に誤字や脱字があると入社した後も同じミスをすると思われ、書類選考ではじかれます。だって自分を紹介する大切な履歴書に誤字脱字があるわけですからね。当然、取引先への大事な文書にも同様のミスをすると思われます。もったいないですね。 「この人は注意力散漫だ「ミスが多い人なのかも」という印象を与えないため人も、履歴書を書いたら終わりにするのではなく、誤字脱字がないか確認してください。 履歴書は第一印象。身だしなみですよ。   就職の履歴書について紹介しているサイトでも採用担当者目線の記事をご紹介しております。みんな考えることは同じですね。     まとめ   フリーターのみなさま、いかがだったでしょうか? なかには、これまでの転職活動を振り返ってみて、反省された方もいるでしょう。 しかし、過ぎたことを考えても仕方ありません。   では、最後にフリーターから就職するときの履歴書の書き方をもう一度まとめますと。   履歴書で気をつける基本的なこと3つ 履歴書でポテンシャルを見せる! 履歴書は脚色しよう! 採用担当が見るポイント   以上です。   2021年、コロナウイルスの影響もあって有効求人倍率は軒並み下がっております。 とりわけ、フリーターのみなさんにとっては、厳しい現実だと思います。 ですが、僕は昨年、世の中が混乱している時期でも、なんとかフリーターから正社員へ転職することができました。もしかしたら運が良かったのかもしれません。 ですがこれだけは自信を持って言えます。それは自分にポテンシャルがあると信じて疑わなかったこと。そして、それを履歴書で見せるとこができたこと。 これがフリーターを卒業できた一番の要素ではないかと思います。   あたなのポテンシャルを知っているのはあなた自身。 そして、それを書けるのもあなたしかいません。   応援しています!    

  • フリーター
  • バイト
  • 就職
  • 履歴書
  • 職歴
  • 書き方
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する