20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.05.20
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.03.29

【フリーターの面接対策】フリーターから正社員に就職するとき転職理由を聞かれたら?

フリーター
  • フリーター
  • 転職
  • 就職
  • 履歴書
  • 職歴
  • やり方

フリーターを卒業して正社員になりたい!

それなのに転職理由が自分でもよくわからず、うまく説明できない…。

 

このような悩みを抱えている方はいませんか?

 

「フリーターは不安定だから…」「フリーターは世間体が悪いから…」「フリーターは給料が安いから…」など、フリーターの中には、なんとなく正社員という肩書きに憧れ、漠然と転職活動をする人がいると思います。

 

今回はそんな方に向けて、フリーターから正社員に就職するときに役立つ転職理由をうまく伝えるための極意を伝授したいと思います。

 

と言っても内容はシンプル。少し準備をするだけです。

つまり『よく聞かれる質問』と『答え方』を事前に把握しておくということです。

 

本記事では、前半で『質問&回答例』、後半に『面接対策』をご紹介していきますので、

フリーターから正社員に就職しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

では、さっそくいってみましょう!

 

 

フリーターから就職するときによく聞かれる質問3選!

1 どうしてフリーターをしていたのですか?

 

こちらは必ず聞かれる質問です。

ですので、もしあなたがフリーターから正社員への就職を考えているなら、まずはこの質問に答えられるようにしてください。

この回答が具体的であるほど、あなたがフリーターであった理由が明確になり、今後の転職活動は有利に進みますよ。
大事なのは正直に理由を伝えること。そのうえで、プラスアルファとして、これからまじめに働く姿勢を伝えるといいですね。

フリーターのみなさんの中には「叶えたい夢があったから…」「親の介護をするため…」「就職活動に失敗して…」など、言いにくい理由によりフリーターをしていた方もいると思いますが、できる限り嘘をつかず、ありのままを伝えてください。

採用担当者は今後あなたの上司になる存在。であれば、面接時から自己開示をしておくと信頼関係が築け、入社してからグッと距離が近づきます。

 

それでは、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

新卒時は自分の将来像がわからずフリーターになりました。ですが、正社員になった友人やアルバイト先の社員の方と関わるなかで、「責任ある仕事を任せられるからこそスキルが上がり市場価値の高い人材になれる」と感じるようになったのです。

 

とかですかね。


ちなみにこの回答は向上心が透けて見えるのでオススメです!

 

 

2 どうしてフリーターから正社員に就職しようと思ったのですか?

 

こちらは、かなりドキッとする質問ですね。

なんか胸の内を探られているというか、試されているというか…。嫌な感じがします。

 

ですが、ご心配なく。

こちらは、正社員として働く決意を確認する質問です。


冒頭でもお伝えした通り、企業はなんとなく正社員になりたい! との理由で就職活動する方を採用できません。だからこそ、この質問を投げかけ本気度を確かめているんですね。

きっと自分が採用担当でも同じ質問をするでしょう。

 

では、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

フリーターをしていた職場では正社員の方がとても楽しく働いておりました。そんな姿を見ていると、責任ある仕事を通じて得られる喜びは、フリーターでは経験できないやりがいと達成感があるのだと感じたのです。

 

などですかね。

 

この質問に対しては、なるべくフリーターの立場で感じたことを入れてあげると真実味が出て、説得力が増すと思いますよ。

 

3 今までに経験したアルバイトはなんですか?

 

この質問はあなたのスキルを知るためのものです。

採用担当者としては、フリーターのみなさんが何ができるかを知る必要がある。その場合、あなたのアルバイト経験を聞くことで、仕事に活かせるスキルが備わっているか見極めようとするのです。

もちろん、この質問に対しては単に経歴を話すのではなく、経験から得た能力をどう活カスのかまで伝えるのが大事ですよ。

具体的なスキルとしては『コミュニケーション能力』『ビジネスマナー』『創意工夫する能力』がご紹介できると思います。後は、応募先に合わせて必要とされるスキルを語るようにしてください。

 

それでは、この質問に対する回答例を一つ。

 

【回答例】

イベント関連の仕事にアルバイトスタッフとして従事しておりました。〇〇などのイベントではイレギュラーが頻繁に発生し、臨機応変な対応が求められました。そのため、マニュアル通りの作業だけでなく、状況に応じて対応する作業には自信があります。

 

などですかね。

 

フリーターの就職理由について紹介しているサイトでも、フリーターから就職するときによく聞かれる質問をご紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

転職理由を事前に準備するだけで、心に余裕ができますよ。

 

 


 

フリーターが就職活動でフリーターをしていた理由を聞かれたら?

続いては、フリーターをしていた理由を聞かれた場合の答え方をご紹介します。

これも必ず聞かれる質問ですので、代表的なパターンを3つご紹介しますね。

 

 

1 時間にとらわれたくなかったケース

 

フリーターの醍醐味と言えば、なんといっても時間に縛られないこと。

もちろんシフト制なので勤務中は時間に拘束されるのですが、出勤日に関しては意のままです。他にやりたいことがある人には都合の良い働き方ですね。

と、メリットを述べましたが、一方デメリットもあります。

それは、「なぜ時間にとらわれたくなかったのか」を具体的に説明できないと採用担当者にマイナスイメージしか与えないということです。
ですので、この理由でフリーターをしていた人は「何を目指していたのか」「時間をどのようなことに使っていたのか」などを伝えるようにしてください。

 

2 家計の補助などを得たかったケース

 

フリーターのみなさんの中には、家族の扶養に入るため、その選択をされている方もいると思います。確かに所得税や住民税、国民年金、健康保険料などの負担額を減らすために、家族の扶養に入るって選択肢もありますよね。ただし、その事実をありのまま伝えると印象が悪くなる。ですので、このケースでは他の言葉に言い換えるようにしましょう。

 

例えば「体の不自由な両親の介護があったので、なるべく自宅にいる時間を増やしたいと思っていました。そのため、今まではアルバイトという選択をしたのです。しかし、このままでは両親共々、生活が立ち行かなくなる。そう危機感を覚え就職活動を始めました」

みたいな感じですね。この例は極端な理由なので胸を張ってオススメできませんが、やむを得ない理由を絡めてあげると、深刻さが増していいと思います。

 

3 正社員の求人がなかったケース

 

最近はこのケースが多いですね。有名な大学を出たけどフリーターをしているみたいな感じです。これは夢追い人と違い、単純にやりたいと思える仕事の求人がなく、そのままフリーターになってしまったパターン。
このケースでは、素直にやりたいと思える仕事がなかったことを伝えるようにしましょう。加えて、なぜ今回就職しようと思ったのかを具体例を織り交ぜながら話せると説得力が増しますよ。

 

フリーターの就職理由を説明しているサイトでも同様のことを紹介しておりますのでご覧になって見てください。
 

 

 

 

 

フリーターから就職するときに面接で注意すること3つ

ここからはフリーターから正社員に就職するときに面接で気をつけることをご紹介します。

フリーターのみなさんは結構やりがちなことなので、気をつけてくださいね。

転職理由をうまく伝えることも大事ですが、他にも注意するポイントがありますので。

 

1 身だしなみ

 

基本的に私服はNGです! Tシャツ・スニーカーは絶対にやめてください。

フリーターの面接ですと、アルバイトやパート、派遣社員といった雇用形態で勤務していたという方が多く、『私服O K』な職場が多いのですが、正社員を目指すと話は変わります。

服装自由と書いていても、スーツにネクタイで面接に臨んでください。それだけで、あなたの熱意が伝わるでしょう。

 

フリーターの就職について紹介しているサイトでも注意していますよ!

 

 

2 正しい敬語を身につける

 

フリーターの方は特に気をつけてください。というのも、フリーターから就職する方のほとんどが商談やビジネスメールのやり取りなどを経験しておらず、正しい敬語を使えない。

ですので、フリーターから就職する際は、改めて、敬語、尊敬語、丁寧語の違いについて復習してください。アルバイト経験が長いと「バイト敬語」と呼ばれる間違った敬語を使っている場合があるので、ご注意を!!

 

3 企業研究

 

フリーターのみなさまに忠告です!

応募先のコーポレートサイトは隅々まで読んでおいてください。大袈裟に言うと、すべて暗記するくらいの勢いで取り組むといいでしょう。

というのも、採用担当者に好印象を持ってもらうためには、自己分析をしたうえで自分の強みやキャラクターが企業にメリットをもたらし、フィットすると思ってもらう必要があります。そのためにはまず、企業がどのような人材を求めており、どのようなビジネスモデルを構築しているのかを理解しておく必要があるのです。

企業研究は絶対に怠らないようにしてくださいね。

 

 

フリーターから就職するときの面接では「逆質問」でアピール!

フリーターのみなさま、これまで面接を受けたときに「何か質問はありますか?」と聞かれたことはありませんか?

 

もしかして…こちらの質問に「何もありません」と答えてないですよね。

 

絶対にダメですよ!!

 

なぜなら、このような質問は「逆質問」と呼ばれており、やる気をアピールできる最高の

チャンスなのです。

それに最近では「質問力」という言葉が登場し、この力でその人のビジネススキルを

測られるとも言われております。

つまり、質問の質が高く、核心をついているほど採用担当者は好印象を持ち、フリーターから正社員に就職できる確率がグンッと高くなります。

なので、面接前には最低三つは質問事項を考えておきましょう。もちろん頭の回転が早く、即興での会話が得意は人は採用担当者との会話を引用して質問してもいいですよ。

 

ま、これをするにはお笑い芸人ばりのトークスキルが必要になりますけどね。笑

フリーターの就職理由と面接について紹介しているサイトでも「逆質問」についてご紹介してますのでご覧ください!

 

 

 

まとめ

 

フリーターのみなさま、いかがだったでしょうか。

 

この記事を読み、自分の転職理由が明確になりましたか?

一回読んだだけではピンと来なくても心配しないでくださいね。

何度も考えているうちに『はっきりとした転職理由が見つかる!』なんてこともありますからね。

 

では、最後にご紹介した内容をまとめると、

 

よく聞かれる質問3選!

フリーターをしていた理由への答え方!

面接で注意すること3つ!

面接では「逆質問」でアピール!

 

以上になります。

 

この記事がフリーターから正社員への就職を目指す人にとって、よき参考書になれば幸いです。

 

すべての項目を実践しようとすれば難しく感じるかもしれませんが、こちらに書かれていることは準備でカバーできる項目ばかり。

つまり、就職への道はあなたのやる気でいかようにもなるのです!

 

過去にとらわれず、前を向いて頑張りましょう。

 

僕も数年前はフリーターでした。しかし本気で卒業したいと思い、今こうして正社員として勤めることができています。

 

あなたの希望が叶うことを心から願っております。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する