20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.05.20
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.03.29

高卒でも稼げる仕事とは?高収入を得る方法、業界・業種をご紹介

学生の高校新卒
【目次】

高卒者が直面する最大の悩みの一つは、自身の学歴をハンディと感じ、高収入を得ることが難しいという先入観です。

 

しかし、現代の就職市場は、学歴よりも実力や経験を重視する傾向にあります。

 

実際、多くの高卒者が特定のスキルや経験を活かし、大卒者と変わらない、あるいはそれ以上の収入を得ています。

 

この記事では、高卒者でも十分に高収入を得ることができる職種や、そのための具体的な方法を紹介します。

学歴にとらわれず、自分の可能性を広げるための第一歩を、この記事とともに踏み出しましょう。

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

この記事の執筆者はこちら

飯田将広

詳しいプロフィール

高校卒業後、某大手靴販売店にて靴・アパレルの販売を経験。 3年間働き、アメリカへ語学留学。2年目に現地のカレッジに入学し、経営学とマーケティングを専攻。 1年後に興味のあったスペイン語を学びに、南米コロンビアに10ヶ月間留学。 帰国後、エージェントからの紹介で2017年3月に不動産ベンチャーに入社。 投資用のアパート、マンションの買取再販の営業やいくつかの新規事業の立ち上げに携わり、2018年の5月より開始した人材紹介事業が軌道に乗り、法人化するタイミングで転籍。 その後、大阪支社の責任者として大阪へ赴任して支社の立ち上げに従事し、2020年7月末で退職。 2020年8月に株式会社Revengersを設立。これまで約3000人以上の方のキャリア相談に乗る。

 

高卒の平均年収について

高卒者の平均年収は、多くの人が気になるトピックの一つです。ここでは、高卒者の実際の年収データや、大卒者との違いについて詳しく解説します。

 

高卒者の年収データの実態

高卒者の年収は、業種や経験年数、地域などによって大きく変動します。しかし、一般的な傾向としては、どのようなデータが示されているのでしょうか。

 

高卒の初任給

高卒者の初任給は、業種や企業によって異なりますが、全国平均で約200,000円~250,000円程度とされています。特に大手企業や需要の高い職種では、初任給が高く設定されている場合もあります。

 

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(初任給)」によると、初任給の平均額は高卒者で16万7,400円でした。

ただし、高卒者と大卒者では年齢にも差があります。大卒者が初任給をもらう年齢と同じ年齢の高卒者がもらう収入を比較したところ、初任給ほど大きな差とならないケースもあり、一概に比較はできない点に注意が必要です。

出典:「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」(厚生労働省)


 

高卒の平均年収

高卒者の平均年収は、経験年数や業種によって変わりますが、全国平均で約300万円~450万円程度とされています。特定の資格を持つことで、この平均を上回る年収を得ることも可能です。

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、平均月収は高卒者で29万5,000円でした。

年収に換算すると、高卒者は354万円です。

なお、この値は全年齢平均であり、40代後半~50代となるとさらに年収差が大きくなる傾向です。そのため、生涯賃金では高卒者と大卒者の差が大きくなってしまうことがあります。

出典:「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」(厚生労働省)



 

高卒者と大卒者の年収の違い

高卒者と大卒者の年収には、一般的に差が存在します。しかし、その差はどれほどのものなのでしょうか。

 

大卒の初任給

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(初任給)」によると、初任給の平均額は高卒者で16万7,400円、大卒者で21万200円でした。

大卒者の初任給は、高卒者と比較して一般的に高めに設定されております。

 

大卒の平均年収

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、平均月収は高卒者で29万5,000円、大卒者は39万1,900円でした。

大卒者の平均年収は、経験年数や業種によって変わりますが、専門的な知識やスキルを要する職種では、さらに高い年収を得ることが期待できます。

 

出典:「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」(厚生労働省)


 

高卒でも稼げる仕事の特徴!学歴関係なく働ける仕事

高卒者でも十分に高収入を得ることができる仕事は数多く存在します。そのような仕事に共通する特徴や、学歴を気にせずに働ける職種について詳しく見ていきましょう。

 

売上に直結する仕事

売上に直結する仕事は、成果を上げれば上げるほど収入が増える特徴があります。営業職や不動産業界など、実績や成果に応じて報酬が支払われる仕事は、高卒者でも高収入を得るチャンスが広がります。

高卒者の転職先として営業職をおすすめする理由とは?メリットについて解説

 

手に職をつけられる仕事

「手に職」を持つことは、安定した収入を得るための鍵となります。例えば、技術職や職人、専門的なスキルを要する仕事は、経験やスキルが評価されやすく、学歴よりも実力が重視される傾向にあります。

 

学歴や経歴よりも結果が求められる仕事

多くの高収入を得られる仕事では、学歴や経歴よりも実際の成果や結果が重視されます。営業職や不動産業界など、成果報酬が主体の職種では、高卒者でも実力を発揮すれば高収入を得ることが可能です。

 

肉体労働がメイン

一部の高収入を得られる仕事では、肉体労働が中心となります。建設業や運送業など、体力を要する仕事は、高卒者でも経験や技術を活かして高収入を得ることができます。

 

昼夜関係なく働く仕事

夜勤やシフト制の仕事は、昼間の通常の業務よりも高い給与が支払われることが多いです。医療業界や製造業など、24時間体制での業務が求められる職種では、高卒者でも高収入を得るチャンスが広がります。

 

高収入の条件とは?

学歴に関わらず、「とにかく稼げる仕事をしたい」「給料のいい仕事に就職・転職をしたい」という方はたくさんいらっしゃると思います。

多くの方が「高卒でも稼げる仕事なんてあるんだろうか」と疑問に感じているのではないでしょうか?

ところで現代社会には給料のいい仕事や企業が存在していますが、一方で給料が低い仕事やあまり高く設定されていない企業もありますよね。これはなぜなのでしょうか?

稼げる仕事を自分で判断できるようにするためにも、ぜひここで「高収入を稼げる理由」を知っておきましょう。

高収入の仕事の特徴は「3K」と「代わりがいない」

高収入の仕事には共通する特徴が存在します。「3K」に当てはまっていること、そして「代わりがいない」ことです。

(1)3K
└キツイ仕事
└危険な仕事
└汚い仕事
(2)他の人が代わりにできない仕事

上記の最初の3つの要素「キツイ仕事」「危険な仕事」「汚い仕事」3Kと呼ばれ、昔から人がやりたがらない仕事の特徴として挙げられている有名なものです。

ほとんどの人がやりたがらない仕事ということは仕事の需要があるにも関わらず供給がないわけで、つまりは人材不足に陥っています。

こで雇用主サイドは人材の確保を行うために給与の賃金を上げ、結果高い年収を与えられるのです。

また、最後の項目「他の人が代わりにできない仕事」とは自分が辞めた後に他の人ではフォローができない、しにくいなどの、自分にしかできない仕事を指します。

例えば営業職の場合なら、周りの人の2、3倍の量の営業周りをひたすら続け目を見張るほどの契約を取ってくるようなスーパールーキーであれば、他の人はなかなか真似しにくいですよね。

つまり、高い給料が発生する仕事とは「人がやりたがらない、または他の人にはできない仕事」ということになります。したがって学歴に関係なく、頑張り次第で高卒でも稼げる仕事はあるのです。

高収入を稼ぐ方法

上記で売り上げ高収入を得られる仕事ではなぜ高い給与が得られるのかを確認していきましたが、ここから高収入を得るための選択肢が発生してきます。

高収入を稼ぐにはこの2択

高い年収を得ようとする場合、「キツイ(リスクの高い)仕事を選ぶ」か「自分の実力をUPさせる」かの2択ということになります。

やはり給料のいい仕事を探して楽をして高収入を得る、などという考えはこの現代社会では通用しないと考えておきましょう。

そのような仕事を見つけることのできる人はまずいないでしょうし、あっても大変なリスクが伴います。

例えば小学生の将来の夢ランキングで上位を占めているYouTuberなどは一見楽な仕事に見えるかもしれませんが、発信するコンテンツを生み出すことや動画の編集に消費する体力や精神力は計り知れないようです。

ライバルも無数に存在し、出し抜きにくい仕事です。

他にもお笑い芸人や俳優・女優など芸能界で働くことも給料のいい仕事かつ楽に見えるかもしれませんが、売れるまでの下積み時代ではとんでもない極貧を強いられることも少なくなく、生活はしにくいです。

特に男性のみ、女性のみなどの性別の制約がない業界であることはメリットですが、売れる保証がない中でのそんな生活は精神的にも非常に辛いものがあるでしょう。

こういった仕事と並んで、給料のいい仕事として例えばとび職系(ガテン系)などもケガをしてしまうリスクと戦う必要があるため、人がなかなかやりたがらない危険な仕事に該当します。

ところで高い年収を狙える営業職などでは上記にも例を挙げた通り、他の人には代わりができない、しにくいような仕事を目指すことができます。

それ相応の努力は必要ですが営業職は未経験の高卒者でも募集されている求人が多く、その分給与に反映されると考えればモチベーションにも繋がるでしょう。

他にもIT業界のエンジニアなどでも高収入を狙うことができます。これも人材不足などが原因で未経験の高卒者を募集しているため、努力次第で這い上がることが可能です。

高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選

 

高卒でも稼げる仕事の具体的な職種

 

ここでは、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:3主な産業別にみた初任給を参考に、高卒者の稼げる職業を紹介します。

【産業別】高卒者の初任給平均
・建設業 17万6,100円
・製造業 16万6,300円
・情報通信業 17万1,000円
・運輸業、郵便業 16万6,800円
・卸売業、小売業 16万8,400円
・金融業、保険業 15万8,500円
・学術研究、専門・技術サービス業 16万7,400円
・宿泊業、飲食サービス業 16万7,800円
・教育、学習支援業 16万8,100円
・医療、福祉 16万5,400円
・サービス業(その他) 16万7,200円 

 

令和元年度の時点では、初任給が一番高いのは建設業、続いて情報通信業、卸売業・小売業という結果です

 

前年比増減比率においても、建設業が2.2%増、情報通信業が3.9%増、卸売業・小売業が2.0%と、この3つの業界は増加傾向にあります。

 

参照元:厚生労働省

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

高卒でも稼げる仕事の具体的な職種

高卒者でも十分に高収入を得ることができる職種は数多く存在します。以下では、特に注目されている職種や、高卒者におすすめの仕事を詳しく紹介します。

 

ITエンジニア

ITエンジニアは、現代のデジタル社会において非常に需要が高い職種です。プログラミングスキルやシステム構築の知識を持っていれば、学歴を問わず高収入を得ることが可能です。また、フリーランスとして独立する道も広がっています。

 

不動産営業

不動産業界は、物件の売買や賃貸を仲介することで高い報酬を得ることができる分野です。人とのコミュニケーション能力や交渉力が求められますが、成果を上げれば高収入も夢ではありません。

 

保険の営業

保険の営業は、顧客に保険商品を提案・販売する仕事です。契約を成立させるたびに報酬が発生するため、努力次第で高収入を得ることができます。

 

土木作業員

建設現場での作業を担当する土木作業員は、肉体労働が中心ですが、経験やスキルに応じて高い給与が支払われます。また、資格を取得することでさらに収入を上げることが可能です。

 

運送ドライバー

運送ドライバーは、荷物や商品の配送を行う仕事です。運転のスキルや地理に関する知識が求められますが、経験を積むことで安定した収入を得ることができます。

 

工場の作業員

工場の作業員は、製造ラインでの作業や機械の操作を行う職種です。特定の技術や経験が求められる場合もありますが、多くの工場では研修を通じて技術を習得することができます。経験を積むことで、リーダーやマネージャーとしてのキャリアアップも期待できます。

 

公務員

公務員は、地方自治体や国の機関での職を指します。高卒者でも受験することができる職種が多く、安定した収入と福利厚生が魅力です。また、公務員としての経験を活かして、民間企業への転職も視野に入れることができます。

 

介護職

介護職は、高齢者や障害者のサポートを行う仕事です。人とのコミュニケーションが得意な方や、人を助けることにやりがいを感じる方におすすめです。資格を取得することで、さらに収入を上げることも可能です。

 

工場の夜勤

工場の夜勤は、昼間とは異なる時間帯に作業を行う職種です。夜間手当などの特別な手当が支給されるため、高収入を得ることができます。体力や健康を維持することが求められる職種ですが、しっかりと休息を取ることで長く働くことができます。

 

農業

農業は、作物の栽培や畜産を行う仕事です。独立して自分の農場を持つことも可能で、農業技術や経営ノウハウを身につけることで、高収入を得ることができます。

 

宿泊関連

宿泊関連の仕事は、ホテルや旅館での接客やサービスを行う職種です。特に観光地や都市部の大手ホテルでは、高収入を得ることができます。また、外国語のスキルを活かして、外国人観光客の対応を行うことも期待されます。

 

施工管理

施工管理は、建設現場での作業の進捗や品質を管理する仕事です。建築や土木の知識が求められますが、経験を積むことで高収入を得ることができます。

 

衛生管理者

衛生管理者は、食品工場やレストランなどでの衛生状態を管理する職種です。食品衛生法や関連する法律の知識が求められますが、資格を取得することで、高収入を得ることができます。


 

高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選

 

高卒の就職|事務職について解説します

 

高卒の転職|コンサルティング業界について解説します


 

高卒でも稼げる仕事の就職・転職方法

高卒者でも高収入を得るためには、適切な就職・転職方法を知ることが重要です。以下では、求人情報の探し方や転職エージェントの活用方法、書類選考や面接の対策について詳しく解説します。

 

有効な求人情報の探し方

高収入を得るための求人情報は、一般的な求人サイトだけでなく、業界専門の求人サイトや紹介会社を利用することで見つけることができます。また、知人や友人の紹介も非常に有効な方法となります。

 

転職エージェントの活用方法

転職エージェントは、あなたの経験やスキルを活かせる求人を紹介してくれるサービスです。専任のコンサルタントがキャリアの相談に乗ってくれるため、自分に合った仕事を見つけるサポートを受けることができます。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

書類選考と面接対策

書類選考では、自分の経験やスキルを明確に伝えることが重要です。また、面接では、自分の強みや過去の実績を具体的にアピールすることで、採用担当者に良い印象を与えることができます。

 

高校中退した人が就職面接でよく聞かれる質問12選

 

高卒でも稼げる仕事の将来性とキャリアパス

高卒者でも高収入を得る仕事を選ぶ際、その職種の将来性やキャリアパスは非常に重要な要素となります。以下では、各職種の市場動向や将来性、キャリアアップのためのステップについて詳しく解説します。

 

各職種の市場動向と将来性

現代の労働市場は、技術の進化や経済の変動により、常に変化しています。ITエンジニアや医療関連の職種は、今後も需要が高まると予想されます。一方で、自動化やAI技術の進化により、一部の職種は将来的に需要が減少する可能性も考えられます。

 

キャリアアップのためのステップ

高収入を継続的に得るためには、キャリアアップが不可欠です。定期的なスキルアップや資格取得、ネットワーキング活動を積極的に行うことで、より高いポジションや収入を目指すことができます。


 

実際の体験談

高卒者でも高収入を得る仕事に就いた人々の体験談は、多くの人にとって大きな参考となります。以下では、高収入を得ている高卒者の声や、転職を成功させた高卒者のストーリーを紹介します。

 

高収入を得ている高卒者の声

「大学に進学せずに働き始めた私ですが、今はITエンジニアとして年収800万円を超えています。学歴よりもスキルや経験を重視する企業は多いので、自分の強みを伸ばすことが大切だと感じています。」

 

転職を成功させた高卒者のストーリー

「以前は製造業で働いていましたが、転職を機に不動産営業に挑戦しました。最初は大変でしたが、経験を積むうちに成果も出るようになり、現在は年収600万円を達成しています。転職はリスクもありますが、新しいチャレンジが自分を成長させてくれると実感しています。」

 

高卒で就職が成功した人の事例

 

高卒でも稼げるためのおすすめ資格

高卒者でも高収入を得るための一つの方法として、資格取得が挙げられます。以下では、高卒者におすすめの資格や、それぞれの資格がもたらすメリットについて詳しく解説します。

 

普通自動車免許

普通自動車免許は、多くの職種で必須とされる資格の一つです。特に、運送ドライバーや営業職など、車を使用する仕事では、この免許があることで幅広い業務に対応することができます。

 

MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)は、Microsoft Officeのスキルを証明する資格です。事務職や営業職など、PCを使用する多くの職種で、この資格を持っていることが高く評価されます。

 

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基本的な知識を証明する資格です。IT業界だけでなく、多くの企業でITの知識が求められる現代において、この資格を持っていることは大きなアドバンテージとなります。

 

TOIEC

TOIECは、英語のビジネスコミュニケーション能力を証明する資格です。グローバルに展開する企業や、外資系企業での就職・転職を考えている方には、特におすすめの資格となります。

高卒でも取れる国家資格を紹介!資格取得で高収入・キャリアアップ!

 

 

高卒から稼げる仕事に就職するためのポイント

高卒者でも高収入を得る仕事に就くためには、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。以下では、成功するための具体的なアドバイスやポイントを紹介します。

 

年齢が若い10代のうちに希望している業界に入社する

10代のうちに希望する業界や企業に入社することで、早い段階から経験を積むことができます。これにより、キャリアを積むスピードが早まり、将来的に高収入を得るチャンスが増えます。

 

周りの就職者よりも知識や情報を集めておく

就職活動を始める前から、業界の動向や求人情報を集めることで、競争力を高めることができます。また、情報収集を通じて、自分の希望や適性を見つける手助けとなります。

 

面接対策・履歴書作成を完璧にしておく

面接や履歴書は、自分をアピールする大切な機会です。事前に十分な準備をして、自分の強みや経験をしっかりと伝えることが重要です。

 

仕事に役立つ資格を取得しておく

特定の資格を持っていることで、就職・転職の際にアドバンテージとなることが多いです。また、資格を取得する過程で得られる知識やスキルも、仕事の幅を広げる手助けとなります。

 

面接の受け答えにハキハキと答える

面接では、自分の意志や考えをしっかりと伝えることが求められます。ハキハキとした受け答えを心掛けることで、良い印象を与えることができます。

 

【2023年最新版/例文付き】高卒の志望動機の書き方を徹底解説

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

高卒でも就職できる給料が高い仕事に関する質問

高卒者が高収入を得る仕事に就職する際には、多くの疑問や不安が生まれることでしょう。以下では、よくある質問とその回答を紹介します。

 

Q.高卒でも稼げる仕事の最新情報はどこで知ることができる?

A.最新の求人情報や業界の動向は、専門の求人サイトや転職エージェント、業界誌などを通じて知ることができます。また、業界のセミナーや勉強会に参加することで、最新の情報やトレンドをキャッチすることができます。

 

Q.高卒からの就職を成功させる3つのポイントは?

A.1.早い段階で希望する業界や企業に入社し、経験を積むこと。2.業界の動向や求人情報を常にチェックし、情報収集を怠らないこと。3.面接や履歴書の準備をしっかりと行い、自分の強みや経験をしっかりとアピールすること。

 

Q.高卒でも稼げる仕事の面接でのよくある質問と答え方は?

A.「あなたの強みは何ですか?」や「この業界を選んだ理由は?」などの基本的な質問が多くされます。答える際には、具体的な経験や実績をもとに、自分の意欲や適性を伝えることが重要です。

 

Q.高卒でも給料が高い仕事に就ける?

A.はい、給料が高い仕事には、学歴や経歴よりも実際の成果や結果が重視される職種が多いです。そのため、高卒者でも実力を発揮すれば、高収入を得ることが可能です。

 

Q.高卒の方が高収入を得るには?

A.高収入を得るためには、自分のスキルや経験を高めることが重要です。定期的な研修や資格取得、業務の幅を広げることで、より高い給与を交渉する材料とすることができます。

 

Q.高卒の給料は地域によって差がある?

A.はい、都市部や経済が発展している地域では、給料が高くなる傾向があります。一方、地方では生活費が低いため、給料が低めに設定されることもあります。

 

Q.高卒でも国家資格の取得はできる?

A.はい、多くの国家資格は、学歴を問わず取得することができます。資格取得を目指す際には、試験の内容や取得に必要な条件をしっかりと確認することが重要です。

 

高卒が稼げる仕事に就くために知ってほしい5つのこと

 

なぜ学歴が重要視されるのか?

就職するときに多くの企業で正社員入社を検討する際にポイントとなるのが「学歴」です。

一般的に高学歴であるほど「給料のいい仕事や会社」「福利厚生や手当てがしっかりしている会社」「月給が高い企業」「賞与の額が高い企業」に入社できるとされています。

中卒者や高卒者では見つけにくい高い年収を得られる仕事も、高学歴であれば可能性があるというイメージもあるでしょう。

しかし、この学歴について「なぜ学歴があれば良い会社に入れるのか」についてきちんと理解している人は少ないのです。この違いを理解すれば、高卒であったとしても「学歴に負けない高給取り」になることは可能となります。

高卒と大卒では「一般的な教養の幅」「論理的思考能力」が違う

まず、高卒と大卒では「一般的な教養の幅」「論理的思考能力」が違うといわれています。高卒では見つけることのできない要素も大卒なら見つけることができるなどの違いです。

一般的な教養とは、古今東西さまざまな分野に関して幅広い知識を持っていることです。知識の幅が広い分だけ、多角的に物事を捉えられるため一面的な見方をしなくなる傾向にあります。

また、論理的思考能力とは「物事を順序立てて理解する」ことです。給料のいい仕事に就いて働いていく上では、「何のためにその仕事をするのか」「今は何をするべきなのか」を正確に理解しながら進めていく必要があります。

特に、高学歴といわれるような難関大学を卒業した人とそうでない人ではこの論理的思考能力に差が現れます。大企業は大きくこの2つの能力が備わっていることを条件として、入社希望者を絞り込んでいるのです。

もっとも「そんなことをいわれてもどうしたらいいのか分からない」という人も多いでしょう。

たしかに、これらの能力があれば仕事をするうえで有利ですが、簡単にできることなら全員そういった要素を克服して仕事を見つけることができているでしょう。

しかし、実際に社会に出て高給取りになるために大切なのは「本人の努力」です。

どれだけの能力があろうとも「お金を稼ぐ」という意欲がなければ、どれだけ求人があっても給料のいい仕事に就職して高給取りになることはできません。

また、努力すればその分だけ(月給だけでなく賞与も含めた)給料として報われる仕事もたくさんあります。

もちろん仕事の内容は他業種に比べて厳しくはなりますが、その分だけやりがいも感じられるでしょう。

ちなみに、同じ高卒の方でも応募先の仕事で役立つ資格を取得しておくことでよりアピールポイントを増やすことができます。

下記の動画では高卒におすすめの資格6選」をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

 

高卒者が高収入を目指すなら都心へ行くべし

高卒者として高収入を稼げる職種に就職/転職をしたいと考えている方は全国にいらっしゃることと思いますが、その場合は可能な限り都心で働くことが最も効率的です。

「最低賃金ランキング2018年」によると、最も最低時給が高いのは東京都で985円です。以下、東京都を初めとしたランキングを引用します。

1位 東京都→985円
2位 神奈川県→983円
3位 大阪府→936円
4位 埼玉県・愛知県→898円
5位 千葉県→895円

ここでは時給額についてが記載されていますが、正社員雇用の収入(年収)についてもも同じことが言えます。同じだけの業務量・ストレスでも、働く地域が違うだけで一気に収入(年収)が変わるのです。

せっかく働くのであればより高い収入を得たいのがやはりホンネですよね。家庭の事情などで問題がなければ、ぜひより賃金の高い地域での就職・転職を目指してみることをおすすめします。

ぜひより給料のいい仕事に就職、転職をして年収UPを目指しましょう。

稼げるようになるために、「向上心」を持ち続けよう

社会的には「高卒は給料のいい会社に入れない」と思われがちですが、実際に社会で働き始めれば「学歴の差」よりも「向上心の差」が重要なポイントになります。

どん欲に「お金をたくさん稼ぎたい」と思い「どうすれば会社に貢献できるか」「客が喜んでくれるか」を考えて行動できれば、高給取りへと近づいていくでしょう。大切なのは「いつまでも成長しつづけたい」という「向上心」です。

低学歴での成功者もいる

さて、高卒は社会でしいたげられているのではないか、なにかと不利な立場なのではないか、年収を得にくいのではないかと考えてらっしゃる方も少なくないかもしれませんが、現代にはなんと中卒で大きな成功を成し遂げている方がいらっしゃいます。

例えば皆さんご存知、あの有名カレーチェーン店・「ココイチ」を夫婦で創業した、極貧生活から220億円の資産家へ上りつめた宗次徳二氏が挙げられます。

宗次氏は幼少期を孤児院で過ごし、3歳で養父母に引き取られるも養父のギャンブルへの依存が原因となり生活は困窮、中学校を卒業するまではなんと電気のない生活を送っていたそうです。

しかし、宗次氏はそんな中でも自分を育ててくれた養父母や周りのひとたちのおかげで無事大人となることができ、会社を立ち上げて理想の人生を送ることができたと語っています。

今はもう引退されていますが、ココイチの社長時代には毎朝4時に起きて5時前には出社、もちろん社員は誰も出社していません。

一体なぜそんなに早く出社していたのかというと、なんと1000通以上のアンケートをおよそ3時間かけて全てチェックしていたのだそうです。

退社時間は約23時頃、そして年間の休みは15日ほど。業績が伸び続けたことで経営が楽しく感じたからこそ、この努力を続けられたとご本人は語っています。

学歴など関係なく、やる気と努力、そしてまごころが自分の理想を現実に変えるのだということを見事に体現していらっしゃいますね。

高卒が年収1000万を稼ぐための方法

高卒が年収1000万円を稼ぐのは、日本の平均世帯年収から見ても決して楽な道ではないということが分かったのではないでしょうか。

しかし、最初に述べた通り高卒でも次のような方法に取り組めば、年収1000万円を稼ぐことは不可能ではありません。

給料の高い仕事に就職する

高卒が年収を上げる方法として最もメジャーなのが「給料の高い仕事に就職する」というものです。

日本には数多くの職種が存在し、また同じ職種でも業界が違えば仕事内容も給料のベースも変わります。

基本的に職種や業界によってある程度平均年収が決まってきます。

難易度の高い仕事や、経験者が少ないような職種・業界では、学歴に関係なく年収が高くなることも考えられますので、次の見出しで高年収を狙うのにおすすめの仕事を8つ紹介します。

サラリーマンをしながら副業をする

最近では副業で稼ぐことも注目されてきていますが、高卒で年収1000万円を目指すのであればぜひチャレンジしたいところです。

サラリーマンをしながら副業をするのはメリットは2点あります。

1点目は「サラリーマンの昇給スパンよりも早いスピードで収入を増やせる可能性がある」という点です。

多くの企業では昇給制度が設けられていますが、年1,2回しか昇給タイミングはありません。

加えて、昇給する額も数千円程度のため、同じ仕事を続けていても「稼げるようになった」と実感を持つのは難しいでしょう。

一方、副業であれば月に数万円を稼ぐことも可能ですので、サラリーマンの昇給スピードよりも早く収入を増やすことができます。

また2点目として、副業の収入が安定してきたら独立をし、さらに収入を増やすこともできるのも魅力的です。

サラリーマンとしての収入を安定的に稼ぎ、副業でプラスアルファを稼いでいくと、年収1000万円も夢ではありません。後ほど高卒でもできるおすすめの副業も紹介します。

資格を取得する

収入を高めるには資格取得もおすすめの方法です。

資格取得と言ってもなんでもいいということではなく、平均年収が高い職種になるために必要な資格を取得することが大切です。

難易度が高いと言われている資格でも、受験資格に学歴を設けていないものもありますので、高卒でも難関資格に挑戦する権利はあります。

一方、ほとんどの場合は資格取得したからといってすぐに就職に繋がるということではないので、資格取得の勉強を始めてから稼げるようになるまでには時間がかかるといった点に注意が必要です。

株やFXなどの投資で勝つ

株やFXなどの金融資産を使った稼ぎも考えられますが、以下の2点から高卒にはあまりおすすめはできません。

1点目は「稼ぎが安定せず運にも左右される」といった理由です。

FXはほぼ運で稼ぎが決まる投機なので実質的にギャンブルと変わりありませんし、株は市場予測や企業分析などで一定勝率を高められる可能性はありますが、あまり現実的ではありません。

株の運用は既に数万人の単位でプロのファンドトレーダーが参入していますので、知識や経験で高卒が勝てることはほとんどありません。

そうしたトレードのプロと安定して勝ち続けるのはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

2点目は「投資は軍資金の額が重要」といった理由です。

例えあなたが天才的な市場分析の能力を持っていて、どの株が上がるかを絶対的中させられたとしても、投資の世界では投資資金がものを言います。

高卒の場合の平均年収は低く、月で投資できる金額はあって数万円ですので、そこから年収1000万円を稼ぐほどの利益を得るには相当の年月が必要となってしまいます。

以上の2点から、株やFXといった資産運用で短期的に年収1000万円を目指すのはおすすめできませんので、他の3つの方法で収入を増やす検討をしていきましょう。

高卒で稼げる仕事に就くために

高卒で稼げる仕事に就きたい方は、学歴主義ではなく実力主義の職種を選ぶことが大切です。まずは、学歴が問われない仕事のなかから自分に合いそうなものを検討してみてください。学歴不問の求人を探してみると、意外と高卒でも応募できるものがたくさん存在します。世の中には、しっかりと仕事で稼いでいる高卒の人はいます。「自分は高卒だから」とマイナスに捉えてしまうのではなく、間向きに就職活動をしましょう。

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する