新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒の転職!面接の服装について徹底解説
2022.02.12

高卒の転職!面接の服装について徹底解説

フリーター
  • 転職
  • 就職
  • 失敗
  • 面接
  • 高卒
  • 服装
  • オススメ
  • おすすめ

高卒が正社員に転職する場合、面接には何を着ていけばいいの?

このような悩みを抱えている高卒の方はいませんか?

「アルバイトと正社員では面接の服装が違うの?」「高卒は服装を厳しくチェックされるの?」など、高卒で正社員への転職を考えている方は、面接の服装に悩み、頭を抱えているのではないでしょうか?

今回はそんな高卒の方に向けて『面接の服装』について解説していきたいと思います。この記事では、「服装選びのポイント」や「服装選びの注意点」など、詳しく丁寧に説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

 

【目次】
高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること
高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK
高卒の転職!服装自由と言われた場合は?
高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき
高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編)
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること1】スーツの色
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること2】スーツの柄
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること3】シャツの色
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること4】シャツの種類
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること5】ネクタイ
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること6】靴の色
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること7】靴下の色
【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること8】ベルトの種類
高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ
【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント1】カバン
【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント2】時計
【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント3】アクセサリー
【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント4】スカート丈
【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント5】ストッキングの種類
まとめ

 

 

高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ

高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ

はじめに、面接で服装を選ぶ際のポイントを3つお伝えします。このポイントを意識するだけで、とても印象のいい服装になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス

1つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『全身のバランス』です。というのも、面接官は1つ1つのアイテムに目を光らせているわけではありません。全体を見ております。そのため、いくら綺麗なスーツを着ていても、靴だけカジュアルだったりするとNG。バランスが悪くなり、そこだけ目につきます。以上のことから、転職面接で服装を選ぶ際は、悪目立ちする箇所がないように意識しましょう。

 

 

【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感

2つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『清潔感』です。清潔感は相手に好印象を与えるために必要不可欠。高卒でも清潔感があれば第一印象がよくなります。ですので、転職面接では清潔感のある服装を心がけましょう。具体的には、スーツにシワがないか、シャツのボタンが取れていないかなどを事前に確認。また、女性の場合はネイルが剥がれていないかもチェックしておきましょう。高卒向けに転職面接の服装について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。

 

【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること

3つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『TPOに合わせた服装にすること』です。というのも、面接はビジネスパーソン同士の場。面接官は「TPOを理解しているか」を厳しくチェックします。なので、ビジネスにふさわしくない服装をしていると、社会人としてのTPOを判断できない、という印象をもたれてしまいます。以上のことから、面接に臨む際はTPOを踏まえた服装を心がけましょう。

 

 

 

高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK

高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK

高卒が正社員の面接に臨む場合、スーツを着用すればOK。どの業界・職種でもスーツを着て面接官の印象が悪くなることはありません。なので、面接の服装に迷った場合は「スーツを着用する」と考えましょう。ただし例外が一つ。それはアパレル関係の職種です。アパレルは面接の服装でファッションセンスを見られる可能性があります。そのため、応募先企業に相応しい服装をするといいでしょう。ちなみに、服装に応募先企業のブランドを少しだけ取り入れてみると、面接官との会話が弾み好印象を与えられます。覚えておいてくださいね。高卒の転職について紹介しているサイトでも、面接の服装はスーツだと言っておりますよ。

 

 

 

 

高卒の転職!服装自由と言われた場合は?

高卒の転職!服装自由と言われた場合は?

応募先企業によっては「服装自由」や「私服でご来社ください」と言われることがあります。この場合はどうすればいいのでしょうか?結論を言うと、この場合も基本的にはスーツの着用をおすすめします。というのも、面接はあくまでビジネスの1シーン。会話を楽しむ場ではありません。なので、スーツを着用するほうが無難だと言えるでしょう。高卒は大卒に比べて厳しくチェックされる傾向があるので、注意してくださいね。

 

 

 

高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき

面接ではスーツを着用すればOKだと言いました。しかしスーツなら何でもいいというわけではありません。なかでも、新卒時の定番だったリクルートスーツは避けたほうがいいと言われています。なぜなら、リクルートスーツは学生が就活の時に着るものです。そのためどうしても「学生の就職活動の定番」という印象がぬぐえず、頼りない印象を与えてしまう。ですので、転職の面接でリクルートスールの着用は避けるべきでしょう。高卒の転職について紹介しているサイトでも、面接の服装について同様のことを言っておりますよ。

 

 

 

高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編)

高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編)

では、ここからは高卒が面接でスーツを着る際に注意することを8つご紹介します。順番に解説していきますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 


【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること1】スーツの色

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの1つ目は『スーツの色』です。スーツの色の黒・紺・暗めのグレーがベター。派手な色のスーツを選ばないように注意しましょう。間違った色のスーツを着ていくと、それだけで印象が悪くなりますよ。

 


【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること2】スーツの柄

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの2つ目は『スーツの柄』です。スーツの柄は無地、あるいは目立たない程度のストライプがベター。チェック柄や幅の広いストライプはNGです。スーツを選ぶ際は色だけでなく、柄にも気を配ってくださいね。

 


【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること3】シャツの色

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの3つ目は『シャツの色』です。シャツ(ブラウス)の色は、男性の場合は白や青のシャツがベター。スーツの色と同様に派手な色は避けるべきでしょう。女性の場合は、白か淡いパステルカラーがベスト。できるだけ、透け感が少ないものをおすすめします。ちなみに、第1ボタンを外したときに胸元が開きすぎないものを選ぶとカッチリした印象に見えますよ。

 

【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること4】シャツの種類

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの4つ目は『シャツの種類』です。シャツの種類は、レギュラーカラーシャツ、ワイドカラーシャツがベター。くれぐれも「ボタンダウンカラーシャツ」は選ばないように注意しましょう。ボタンダウンは、ポロ競技で使われていたウエアを参考に作られたカジュアルなスタイルのシャツ。そのため、カジュアルな印象を与えてしまいますよ。

 

【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること5】ネクタイ

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの5つ目は『ネクタイ』です。ネクタイの色は青やえんじがベター。なるべく派手な色は避けましょう。ただし例外があります。それは、応募先企業の「コーポレートカラー」をネクタイに取り入れる場合です。この方法でネクタイを選ぶなら、派手な色でもいいと思います。尚、柄は「ソリッド(無地)」か「小紋柄」を選ぶとシンプルでいいと思いますよ。

 

【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること6】靴の色

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの6つ目は『靴の色』です。靴の色は黒、または焦げ茶の革靴がベスト。キャメルなどの明るい系の色は避けるべきでしょう。ちなみに、女性の場合は黒のパンプスがベスト。スーツとのバランスを考えると、ヒールの高さは5~7cmくらいを選ぶといいでしょう。そうすると、スーツに合ってきれいに見えますよ。

 


【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること7】靴下の色

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの7つ目は『靴下の色』です。靴下の色は黒、または濃紺の無地がベスト。派手な色や柄を選ばないように注意しましょう。靴下はズボンに隠れていると思っても、案外見えるものですよ。

 

【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること8】ベルトの種類

高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの8つ目は『ベルトの種類』です。ベルトの種類はスーツに合う表革がベスト。くれぐれも金具の大きなもの、装飾がついているタイプは選ばないでくださいね。こちらも靴下同様、面接官に見られるポイントなので注意してください。

 

 

高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ

高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ

では、最後に高卒が面接の服装で見落としがちなポイントを5つご紹介します。面接官は細かい点までチェックしておりますので、注意してくださいね。

 

【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント1】カバン

高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの1つ目は『カバン』です。カバンは黒、濃紺、ブラウンでA4サイズが入る大きさがベスト。サイズが小さいと、書類を折り曲げないといけないので、おすすめしません。尚、スーツに合わせる前提でデザインされたものであれば、リュックやトートバッグでもOKですよ。高卒向けに転職面接の解説をしているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント2】時計

高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの2つ目は『時計』です。時計をつける際は金属製、もしくは黒の革製で地味なものがベスト。文字盤が大きいタイプやブランドものは派手に見えるのでおすすめしません。ちなみに、Apple watchなどのスマートウォッチもNG。スーツには合いませんので、身につけないほうがいいでしょう。高卒向けに転職面接の解説をしているサイトでも、同じことを言っております。

 

【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント3】アクセサリー

高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの3つ目は『アクセサリー』です。アクセサリーは、結婚指輪以外すベてNG。ピアス、ネックレス、ファッション用の指輪などは印象が悪くなるので絶対に外しましょう。

 

【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント4】スカート丈

高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの4つ目は『スカート丈』です。スカートの長さは、立っているときにひざが隠れる長さが目安。スカート丈が短くても長くてもだらしない印象になるので、注意しましょう。女性はスカートの長さまで見られていますよ。

 


【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント5】ストッキングの種類

高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの5つ目は『ストッキングの種類』です。
ストッキングは基本的に「ナチュラルストッキング」。スーツでもビジネスカジュアルでも、ナチュラルが無難でしょう。最近は秋冬なら黒タイツを気にしない企業が増えてはいますが、あまりおすすめしません。というのも、タイツはカジュアル度の強いアイテムなので、スーツに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。以上のことから、秋冬でもストッキングはナチュラルにしましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感
【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること
高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK
高卒の転職!服装自由と言われた場合は?
高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき
高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編)
高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ
 

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

05/

10

2021

フリーター

フリーターから転職するとき面接ではどんな服装をすればいいの?

フリーターから転職するには面接での第一印象が超大事!   それなのに、面接でどんな服装をすれば印象が良くなるか、わからない…。   このような悩みを抱えているフリーターの方はいませんか?   「フリーター歴が長く正社員転職の面接を受けたことがない」「フリーターと正社員では、面接の服装が違うの?」「服装自由の場合、フリーターでは私服だったけど…」など、転職の面接で着るべき服装は意外に迷うもの。きっと、多くのフリーターがどんな服装をすればよいかわからず、頭を抱えた経験があると思います。   今回はそんなフリーターの方に向けて「転職の面接でオススメの服装」をご紹介していきたいと思います。フリーターから正社員転職をしたい方はぜひ最後までお付き合いください。   それでは、いってみましょう!     フリーターが転職の面接で服装に迷ったらスーツを着よう フリーターから転職する場合、面接の服装は基本的にスーツスタイルでいいでしょう。 アパレル業界への転職でない限り何も問題ありません。ですので、フリーターからの転職で服装に迷った場合はスーツを着るようにしてください。 と言っても、ただスーツを着ればいいというわけではない。 ここからは男女別に服装のどこに気をつけるべきかを解説していきます。フリーターから正社員転職を目指す方は全項目を見ておくと面接で役立ちますので、お見逃しなく。   尚、フリータが転職の面接で着るべき服装を紹介しているサイトでは、フリーターが面接に着ていくべき服装をイラスト付きで解説してくれています。フリーター必見の記事なので面接前にぜひご覧ください。         女性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント まずはフリーター女性の服装について説明していきます。   1 スーツ   転職の面接では派手な服装を控え、黒か紺などの落ち着いた色のビジネススーツがおすすめです。また、スカートの場合は、長さがひざ丈ぐらいのもの。パンツの場合は裾が広がっていない、太すぎないものを選ぶといいでしょう。   2 インナー   転職の面接では基本的に白色。胸元が強調される服装は不快感を与えかねないので、なるべくシンプルなデザインの白ブラウスにしましょう。 また、フリーターが面接に臨む際、しわや汚れにも注意してくださいね。面接官はフリーターのみなさんが気を抜いてないか、細かい点まで見ていますよ。   3 ストッキング 転職の面接でストッキングを選ぶ場合、ベージュを選びましょう。 特にフリーターが気をつけることは、ストッキングの伝染。「面接前に気がつく」なんてことのないようにしてください。転職の面接には予備のストッキングを持っていきましょう。   4 靴 転職の面接では黒色のパンプスを履くのが一般的。ヒールの高さは3~5センチが好ましいです。フリーターからの転職で面接に臨む場合、全体がスッキリするよう足元はシンプルなもの選ぶといいでしょう。   5 鞄 転職の面接で派手なバッグは厳禁。フリーターからの転職で面接に臨む場合は、黒でシンプルなデザインにしましょう。また、フリーターのみなさんに注意したいのは持ち物の数。沢山詰め込みすぎてバックが膨らまないようにしてくださいね。かっこ悪いですよ。   6 髪型 転職の面接では黒髪にすることをオススメします。しかし、フリーターの女性は男性と違い 髪色の許容範囲が広い。そのため、多少明るくても問題ないでしょう。ただし長さには気をつけてください。髪が肩にかかってしまうなら後ろで一つ縛りにしておきましょう。   7 化粧 転職の面接ではナチュラルなメイクを心がけましょう。 フリーター時代と違って正社員ではメイクに関しても厳しく見られます。なので、フリーター時代よりメイクに心を配り、転職の面接に臨むようにしてくださいね。   8 アクセサリー   転職の面接では腕時計と結婚指輪以外は外すようにしましょう。 また、ネイルや香水もNGです。フリーター時代と違って、アクセサリーには厳しい会社が多いので、うっかりミスがないよう注意してくださいね。特に爪の長さには気をつけましょう。 フリーターが転職の面接で気をつけるポイントを紹介しているサイトでも、フリーターが転職の面接に臨むときは「ネイルに気を配ろう」とご紹介しております。         男性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント さて、ここからはフリーター男性向けに服装の説明をしていきます。   1 スーツ   転職の面接ではビジネススーツを着ましょう。生地は無地か目立たない程度のストライプ。色に関しては、黒か紺色あたりを選ぶと面接官に落ち着いた印象を与えることができるでしょう。注意点としては服装の乱れ。しわや汚れがないか事前に確認してくださいね。 フリーター男性はスーツに見慣れてないので、クリーニングに出すことをオススメします。   転職時の面接でオススメの服装について紹介しているサイトでもシワや汚れについて注意していますよ。フリーターのみなさん、気をつけてくださいね。   2 シャツ 転職の面接では、無地で白色のワイシャツを選びましょう。 と言っても白なら問題ないわけではありません。大切なことはサイズです。大きすぎると『だらしない服装』に見えますので気をつけてくださいね。フリーターの男性はワイシャツを着る機会が少ないと思いますので、自分で選ばずお店の人と相談して決めると間違いないでしょう。   3 ネクタイ 転職の面接ではネイビーなどの落ち着いた色であればOK。それよりもフリータのみなさんが気をつけることは、結び方です。フリーター時代はネクタイの着用がないはず。ですので、フリーターのみなさんは面接前に練習するとこをオススメします。ネクタイが緩んでいると服装全体が台無しですよ。   4 靴下 転職の面接では黒色か紺または白を選ぶといいでしょう。もちろん多少なら柄が入っていても問題なし。長さは、椅子に座った時に素足が見えないよう、ふくらはぎ位までの靴下がオススメです。フリーター時代とは違って靴下まで細かく見られますので服装チェックの際、忘れないようにしてくださいね。   5 鞄 転職の面接では黒・紺などの、落ち着いた色がオススメです。できれば服装がカッチリ見えるようにビジネスバックを選ぶといいでしょう。フリーターのみなさんはこの機会にビジネスバッグ購入するのはいかがですか? フリーターなのにビジネスバッグを持っていると面接官の印象が良くなると思いますよ。     6 髪型 転職の面接では、耳や眉毛が隠れない程度の黒髪・短髪がオススメです。 フリーターでは髪型自由の職場が多いですが正社員になればそうはいかない。髪型に関しては服装以上に厳しい職場が多いですよ。   7 髭・眉毛 転職の面接で無精ひげはNG。前日の夜か当日の朝にシェービングしておきましょう。 また、フリーター時代と違って眉毛も服装同様に見られるポイントです。細くなりすぎないように注意してくださいね。   8 アクセサリー 転職の面接でアクセサリーや香水はNG。服装と合うシンプルなデザインの腕時計、または結婚指輪であればつけても問題ないでしょう。   さて、これまでフリーターが面接時に気をつける服装についてご紹介してきました。 ざっくりとした解説になりましたが、基本的にフリーターから転職する場合、上記を守れば問題ありません。しかし、フリーターのみなさんが本当に困るのは『服装自由』『オフィスカジュアル』など、面接でスーツの着用が義務化されてない場合ではないでしょうか?   次の項目で解説しますね。   フリーターから転職するときの面接で服装自由の場合は? フリーターが転職の面接で必ず困ること。それがこの『服装自由問題』だと思います。服装自由と言われても、正社員経験がないフリーターにとっては全く想像がつかない。あれやこれやと悩んでいるうちに時間だけが過ぎていく、なんて経験もあるのではないでしょうか。 しかし、もうご安心ください。僕が責任を持って解説します。   まず、面接の服装で心がけることは「清潔感」。これはどの職種でも例外はありません。そう考えると、上記の説明通り、「服装自由」「オフィスカジュアル」でも、清潔感がアピールできるスーツを着用するべきでしょう。そうすれば、服装で失敗することはありません。 加えて、フリーターから正社員転職を目指す場合は、意欲があるとポジティブな印象を与える効果がある。つまり、フリーターにとって「服装自由」という項目は、服装で意欲をアピールできるチャンス! ですからフリーターのみなさんは、転職の面接にあえてスーツを着ていくべきでしょう。フリーターから転職する場合の面接について紹介しているサイトでも服装に関して同様のことを言っていますよ!       フリーターが転職の面接で失敗する服装とは? フリーターが面接で服装に迷った場合はスーツを着よう! と散々説明してきました。しかし25歳以上のフリーターが転職する場合はスーツでも注意点がある。それはリクルートスーツです。一見するとビジネススーツと同じように見えますが、面接官はスーツの違いを見抜きます。それゆえ、25歳以上のフリーターの方が転職時の面接でリクルートスーツを着用していると「20代後半でビジネススーツを持っていないのか」と面接官に思われてしまう。そうなると、フリーターから転職したい意欲をいくら伝えても転職活動を本気で行っていないと解釈され最悪の状況に…。なんてこともあるので、フリーターでビジネススーツを持ってない方は購入するようにしてください。フリーターだからこそ、服装に気を配り、転職の面接で本気度を見せるようにしましょうね。 リクルートスーツとビジネススーツの違いは、転職の面接対策について紹介しているサイトを見ればわかります。       まとめ   では、これまでご紹介した内容をまとめますと   1 フリーターが転職の面接で服装に迷ったらスーツを着よう 2 女性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント 3 男性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント 4 フリーターから転職するときの面接で服装自由の場合は? 5 フリーターが転職の面接で失敗する服装とは?   以上です。   フリーターのみなさま、最後まで読んでくださりありがとうございました。 この記事がフリーターのみなさんとってお役に立てることを願っております。     応援しています。  

  • 失敗
  • オススメ
  • 対策

08/

17

2021

フリーター

高卒の転職!面接の自己紹介について解説

面接官を前にすると…。 うまく自己紹介できない…。 このような悩みを抱えている人はいませんか? 「面接官を前にすると頭が真っ白になる…」「緊張して言葉に詰まる…」「どこまで伝えればいいかわからない…」など、高卒で転職活動をしている方の中には、自己紹介がうまくできず、面接で失敗した方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな高卒の方に向けて『面接の自己紹介』について解説していきます。自己紹介は面接の掴みの部分。これがスムーズにいけば、面接官に与える印象がよくなり、採用にグンと近づきます。この記事では「自己紹介のポイント」や「自己紹介で伝えるべきこと」など詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!   【目次】 高卒の転職!面接においての自己紹介とは? 高卒の転職!面接においての自己紹介と自己PRの違いとは 高卒の転職!面接においての自己紹介は簡潔に言うこと 高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3つ 【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと1】名前 【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと2】略歴 【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3】締めの言葉 高卒の転職!面接の自己紹介を魅力的にするためのポイント3つ 【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント1】感謝を伝えること 【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント2】話し方や表情を意識する 【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント3】応募先に合わせること 高卒の転職!面接の自己紹介の例文 【高卒の転職面接の自己紹介例文1】派遣スタッフ <自己紹介例文> 【高卒の転職面接の自己紹介例文2】接客業のアルバイト <自己紹介例文> 【高卒の転職面接の自己紹介例文3】マーケティング職 <自己紹介例文> 高卒の転職!面接で自己紹介する前に練習をしよう まとめ     高卒の転職!面接においての自己紹介とは? 本題に入る前に、まずは「面接における自己紹介とは何か?」ということから解説していきます。面接における自己紹介とは、「今から面接を受けるのはこんな人物です」と説明すること。氏名や趣味・特技などを完結にまとめたものを指します。面接官は自己紹介を通して、応募者の第一印象、コミュニケーション能力、職務経験の概略をチェック。その経験が自社で生かせるものなのかを見極めているのです。       高卒の転職!面接においての自己紹介と自己PRの違いとは 面接における自己紹介と自己PRは別物。自己PRが自分を売り込む言葉であるのに対して、自己紹介はシンプルに自分の紹介になります。なので「自己紹介をしてください」と言われたのに「自己PRをしてしまった」ということがないよう、気をつけてくださいね。厳しい面接官だとそこもチェックされますよ。尚、自己PRについては、高卒向けに詳しく解説しているサイトがありますので、そちらをご覧ください。転職面接の役に立つと思いますよ。       高卒の転職!面接においての自己紹介は簡潔に言うこと 自己紹介で押さえておくこと。それは簡潔に話すということです。自己紹介はダラダラと長くするものではありません。というのも、詳しいあなたのパーソナリティは、面接の中で掘り下げていくからです。気になることは後で面接官が聞いてくれますので、自己紹介は簡潔に話しましょう。ちなみに、理想は「30秒〜1分程度」に収まるように自己紹介することです。高卒向けに転職面接の自己紹介を解説しているサイトでも、同じことを言っております。         高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3つ では、ここからは自己紹介で伝えるべき内容をご紹介します。上述した通り、この内容を1分程度にまとめて伝えましょう。     【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと1】名前 高卒の転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの1つ目は『名前』です。名前はフルネームでしっかりと伝えましょう。     【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと2】略歴 高卒の転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの2つ目は『略歴』です。略歴とは会社名・職種・勤務年数などのこと。履歴書と内容が重複しますが、応募者の多い企業は、面接官が一人一人の履歴書をじっくり見ている時間がありません。ですので、気にせず同じ内容を簡潔に伝えましょう。     【高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3】締めの言葉 高卒の転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの3つ目は『締めの言葉』です。締めの言葉とは、意気込みを語ること。どうして今回の仕事・会社に関心を持ったのかということです。これを伝えると、その後の自己PRがしやすくなりますので、必ず言いましょう。   以上が自己紹介の内容です。その他のことは、面接の自己紹介について詳しく解説してあるサイトがありますので、そちらをご覧ください。         高卒の転職!面接の自己紹介を魅力的にするためのポイント3つ 続きましては、自己紹介を魅力的にするためのポイントを3つご紹介します。これを意識するだけで、面接官に与える印象が大きく変わります。ぜひ実践してみてくださいね。     【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント1】感謝を伝えること 高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント1つ目は『感謝を伝えること』です。というのも、面接は企業が忙しい時間を割いて行っているもの。なので、まずはそこに対する感謝の気持ちを述べましょう。たったひと言ですが、「本日はお時間をいただきありがとうございます」と冒頭に加えるだけで、とても印象がよくなりますよ。尚、高卒向けに転職面接の自己紹介を解説しているサイトでも、同じことを言っております。     【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント2】話し方や表情を意識する 高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント2つ目は『話し方や表情を意識する』です。というのも、面接担当者は話す内容だけでなく、話し方や表情も見ています。話し方ははっきり、ゆっくりと。表情は口角を軽く上げ、明るい表情を意識しましょう。そうするだけで、素敵な自己紹介になりますよ。転職面接の自己紹介について語っているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。高卒の方の参考になると思いますので、ぜひご覧ください。   【高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント3】応募先に合わせること 高卒の転職面接で自己紹介を魅力的にするためのポイント3つ目は『応募先に合わせること』です。応募先に合わせるとは、応募先企業とマッチしているスキル・職歴を全面に押し出すということ。例えば、前職が飲食店勤務。応募先が営業職だった場合は、調理のことを語るより「接客」に重点を置いて自己紹介するって感じですね。自己紹介で一番重要なのは応募先に採用したいと思わせること。そのためにも、事前に企業研究をしっかり行い、どんな人材を求めているか、どんなスキルが必要なのかを把握しておきましょう。         高卒の転職!面接の自己紹介の例文 ここでは、自己紹介の例文をご紹介します。高卒の方は前職がアルバイト(もしくは派遣スタッフ)の場合も考えられますので、どちらのパターンも用意しております。ぜひ参考にしてくださいね。   【高卒の転職面接の自己紹介例文1】派遣スタッフ 1つ目にご紹介する自己紹介の例文は『派遣スタッフ』をしていた場合のもの。以下、例文です。   <自己紹介例文> 〇〇太郎と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は前職で派遣スタッフとして、さまざまな店舗に勤務して参りました。派遣は正職員ではありませんが、多様な職場を経験することで、どんな現場にも対応できる適応力を身に着けることができたと感じております。このような経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。     【高卒の転職面接の自己紹介例文2】接客業のアルバイト 2つ目にご紹介する自己紹介の例文は『接客業のアルバイト』をしていた場合のもの。以下、例文です。   <自己紹介例文> 〇〇太郎と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は前職で接客業のアルバイトを1年間継続して参りました。接客業では、新規のお客様といかに円滑な会話をすすめ、商品を購入していただくかが重要となります。私は、初対面の方とでも会話がはずむよう、相手の気持ちを汲み取り、無理のないコミュニケーションをとるように心がけておりました。今後は接客業で培いましたコミュニケーション力を活かして、御社に貢献していきたい所存です。どうぞよろしくお願いいたします。     【高卒の転職面接の自己紹介例文3】マーケティング職 3つ目にご紹介する自己紹介の例文は『マーケティング職』をしていた場合のもの。以下、例文です。   <自己紹介例文> 〇〇太郎と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は前職で飲料メーカーのマーケティング職としてキャンペーンの企画に携わっておりました。「◯◯キャンペーン」では前年比120%の応募数を獲得し、社内表彰を受賞した経験がございます。今後は、自社のマーケティングだけでなく、幅広い業種のマーケティングに挑戦していきたいと思い、多様な企業をクライアントとして持つ御社に応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。       高卒の転職!面接で自己紹介する前に練習をしよう 最後に大事なことを述べて終わりにします。それは転職の面接に行く前には必ず「自己紹介の練習をしよう」ということです。何度もお伝えしていますが、自己紹介は面接の冒頭で行うもの。最初に自分のことをアピールできる大事な部分です。なので、事前に練習をしてしっかりとアピールできるようにしておきましょう。自己紹介の良し悪しが面接の結果を左右するといっても過言ではありませんよ。       まとめ   では、これまでの内容とまとめると 高卒の転職!面接においての自己紹介とは? 高卒の転職!面接においての自己紹介と自己PRの違いとは 高卒の転職!面接においての自己紹介は簡潔に言うこと 高卒の転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3つ 高卒の転職!面接の自己紹介を魅力的にするためのポイント3つ 高卒の転職!面接の自己紹介の例文 高卒の転職!面接で自己紹介する前に練習をしよう   以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 失敗
  • 面接
  • 高卒
  • 自己紹介
  • 伝え方
  • 対策
  • おすすめ
  • 職種

08/

31

2021

フリーター

高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介

最終学歴が高卒だから…。 転職できそうにない。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「高卒は求人数が少ない…」「高卒だと書類選考で落とされる…」「高卒は転職市場で価値がない…」など、高卒の方のなかには、学歴がネックとなり、転職を諦めている人もいるのではないでしょうか。 今回はそんな高卒の方に向けて『おすすめ業界』をご紹介していきたいと思います。この記事ではおすすめの業界と併せて「おすすめしない業界」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!         【目次】 高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の転職!おすすめの業界9選 【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 高卒の転職!おすすめしない業界3選 【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 まとめ         高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の方に「おすすめの業界」をご紹介する前に、まずは「業界」について解説します。転職活動における業界とは、企業を「産業」や「商業」で分類したもの。つまり「同じ仕事をしている人や企業」ということになります。業界によって取り扱う商品やサービスは様々。メーカーが製造した商品を商社が仕入れ、小売が販売するなど各業界は密接な関わりを持っておりますよ。         高卒の転職!おすすめの業界9選 では、ここからは高卒に「おすすめの業界」を9つご紹介します。高卒の方は、ぜひこの内容を参考にして転職活動を行ってくださいね。       【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 1つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『IT業界』です。IT業界は、エンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど、特定のスキルを身につける専門職が多い業界。技術力さえあれば、学歴がなくても出世できます。実際にI T業界には、高卒で管理職になっている人がたくさんいるそうですよ。近年はIT業界の人材不足が深刻化しており、未経験者を歓迎している企業が多く見られます。なので、ぜひ応募してみてくださいね。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、I T業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 2つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『介護・福祉業界』です。介護・福祉業界では、高齢者や障がい者など、生活のサポートが必要な人に対して多様なサービスを提供しております。介護・福祉業界は近年、人手不足に悩まされており、業界全体で採用枠を広げております。そのため、未経験者を歓迎している求人が多く、高卒・未経験でも転職しやすい業界だと言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、介護・福祉業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 3つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『土木・建設業界』です。土木・建設は、住宅やビルなどの建築、道路・ダムなどの建設を担う業界です。近年は業界全体で高齢化が進み、団塊世代の定年退職などで就業者が減っております。そのため、若い働き手を求める傾向にあり、学歴に関係なく人材の確保を行っています。ですので、高卒でも臆することなく、チャレンジできる業界だと言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、土木・建設業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 4つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『サービス業界』です。サービス業界は宿泊や飲食サービス、医療、情報通信など、様々な種類がある業界。サービス業界は、それぞれの分野によって多少の違いはあるものの、市場は拡大を続けています。また、学歴問わず人材獲得に積極的な企業が多い。なので、高卒でも転職しやすい業界ですよ。   【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 5つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『メーカー業界』です。メーカー業界とは、テレビや衣服、自動車など、あらゆる製品の製造を担う業界。別名、製造業とも呼ばれております。メーカー業界は機械化が進み、人的コストが格段に減りました。しかし、まだまだ人の目視や人の手による点検が必要とされている現場があります。そのため、人手不足が問題となっており、高卒でも応募できる求人がたくさんあります。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、メーカー業界(製造業)をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 6つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『飲食業界』です。飲食業界とは、食品を調達、加工、調理し、飲食品を顧客に提供するサービスをおこなう業界。全国規模でチェーン店を展開しているような大企業から個人経営の店舗まで、幅広い種類の企業があるのが飲食業界の特徴です。飲食業界は現在、コロナの影響で多大なダメージを負っており、求人数が減少。倒産する会社も相次いでいます。しかし基本的に飲食業界は人手不足の状態。そのため、コロナが収束すれば求人が増えると思います。尚、飲食業界は学歴・スキルを問われませんので、高卒でも安心してチャレンジできますよ。   【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 7つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『公務員』です。公務員とは国や地方自治体に勤務し、社会の土台作りをする仕事。一見すると「大卒」しか採用していないイメージですが、条件を満たせば高卒の場合でも公務員を目指せます。なので、安定した仕事で国や地域に貢献したいと考えている高卒の方は、公務員試験に挑戦するといいでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、公務員をおすすめしておりますよ。   【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 8つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『運輸・輸送業界』です。運輸・輸送業界は、文字の通り「人・モノを運ぶ」業界。「陸」「海」「空」など、運輸経路は様々です。近年は インターネットの普及により、オンラインショッピングをはじめとする通信販売が爆発的に増加。そのため、深刻な人手不足に悩まされております。特に陸上運送を担うドライバーは不足しており、最近では業務委託でドライバーを雇うほどです。以上のことから、運輸・輸送業界は求人数が多く、高卒でも採用される可能性が高いですよ。尚、学歴は問われませんが運転免許は必要になりますので、ご注意ください。   【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 9つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『美容業界』です。美容業界とは、文字通り美容に関する業界。コスメ関連を除くと大きく「美容室・理容室」「エステサロン・リラクゼーションサロン」「ネイルサロン・まつげエクステサロン」の3つが活躍の場所となります。美容業界は、I T業界と同様に技術力がモノを言う世界。なので、高卒でも意欲と熱意さえあれば、簡単に転職できますよ。         高卒の転職!おすすめしない業界3選 最後に、高卒の方に「おすすめしない業界」を3つご紹介します。ぜひ、転職活動にお役立てください。     【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 1つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『金融業界』です。金融業界とは、事業として金融(お金を持っている人が、お金が必要な人に対して融通)を行う、金融機関や企業などが属する業界のこと。金融業界は学歴が重視される世界。出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」が完全に存在します。なので、高卒の方が金融業界に転職するのは非常に難しい。それに運よく転職できたとしても、周りは高学歴のエリートばかりなので、肩身の狭い思いをするかもしれません。以上のことから、金融業界は高卒におすすめしない業界となっております。     【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 2つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『医療業界』です。医療業界とは文字通り医療に関わる仕事。医師や看護師、それから彼らをサポートする医療事務や医療秘書。さらに、病気を治すために必要な薬剤を作る製薬業界や、MRIやペースメーカーなどの医療機器を開発する医療機器業界も医療業界に含まれます。医療業界は専門性が非常に高いため、高卒の方が転職しても業務についていけません。残念ですが、医療業界への転職は諦めましょう。   【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 3つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『コンサルティング業界』です。コンサルティング業界では、経営・戦略・会計・組織など、企業の課題を解決するために、専門的なコンサルティング(相談・指導・企画・立案)を行っております。コンサルティング業界は金融業界と同様に学歴を重視する傾向が強い。そのため、運よく転職できたとしても周りは高学歴のエリートばかりです。なので、転職はおすすめしません。もちろん、高卒でも優秀な人はいますので、自信のある方は応募してみるといいでしょう。       まとめ   では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の転職!おすすめの業界9選 【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 高卒の転職!おすすめしない業界3選 【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 失敗
  • 高卒
  • 未経験
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する