20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.05.20
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.03.29

第二新卒には高卒も含まれる?転職活動の成功のカギとおすすめの業界を解説

学生の高校新卒

高校卒業後は進学だけでなく働きに出るという選択肢もあります。大学進学とは違った魅力のある生き方ですが、ふと「この先転職出来るのだろうか」という不安に駆られる人も少なくありません。

新卒以外の区分として「第二新卒」というものがありますが、高卒者は自分が第二新卒に該当するのか迷ってしまいがちです。

 

本記事では第二新卒の定義を確認したうえで、高卒の第二新卒者が転職を成功させるポイントを解説します。

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

この記事の執筆者はこちら

飯田将広

詳しいプロフィール

高校卒業後、某大手靴販売店にて靴・アパレルの販売を経験。 3年間働き、アメリカへ語学留学。2年目に現地のカレッジに入学し、経営学とマーケティングを専攻。 1年後に興味のあったスペイン語を学びに、南米コロンビアに10ヶ月間留学。 帰国後、エージェントからの紹介で2017年3月に不動産ベンチャーに入社。 投資用のアパート、マンションの買取再販の営業やいくつかの新規事業の立ち上げに携わり、2018年の5月より開始した人材紹介事業が軌道に乗り、法人化するタイミングで転籍。 その後、大阪支社の責任者として大阪へ赴任して支社の立ち上げに従事し、2020年7月末で退職。 2020年8月に株式会社Revengersを設立。これまで約3000人以上の方のキャリア相談に乗る。

 

第二新卒の定義について

第二新卒という言葉を耳にすることが増えてきましたが、具体的にどのような状況の人を指すのか、そして高卒者もその範疇に入るのか疑問に思う方も多いでしょう。ここでは、第二新卒の基本的な定義や、高卒者が第二新卒に該当するのか、さらには高卒で第二新卒になる人の割合について詳しく解説します。

 

第二新卒の基本的な定義とは

第二新卒とは、一般的に新卒で入社した企業を短期間で退職し、再び新卒としての立場で転職活動を行う人を指します。主に、初めての就職先での経験が1年から3年程度の若手社員が該当します。

 

高卒も第二新卒に該当するのか?

はい、該当します。第二新卒の定義は学歴によって変わるものではなく、新卒で入社した会社を短期間で退職した後、再び転職市場に出る人を指すため、高卒者もその範疇に入ります。

 

高卒で第二新卒になる人の割合

高卒者の中で第二新卒として転職活動を行う人の割合は、大卒者に比べてやや少ない傾向にあります。しかし、近年では多様なキャリアの形成が求められる中、高卒者でも初めての職場での経験を活かして再挑戦を決意する人が増えてきています。

 

高卒の第二新卒のメリット

高卒の第二新卒者には、企業が注目するいくつかのメリットがあります。これらのメリットを理解することで、転職活動時に自分の強みとしてアピールするポイントを見つけることができます。

 

育成コストがあまりかからない

高卒の第二新卒者は、新卒時に一度ビジネスの基礎を学んでいるため、再度の研修や教育のコストが低く抑えられるというメリットがあります。これは、企業側から見れば人材育成のコスト削減に繋がります。

 

仕事への意欲が高い

一度退職し、再び転職市場に出るという経験を持つ高卒の第二新卒者は、新たな職場での成功への意欲が非常に高いと言われています。これは、前職での経験を活かし、次のステップへと進むための強いモチベーションとして作用しています。

 

第二新卒のデメリット

一方で、第二新卒者には企業が懸念するデメリットも存在します。これらの点を理解し、転職活動時にどのように対処すればよいかを考えることが重要です。

 

すぐ辞めてしまうケースがある

第二新卒者は一度退職の経験があるため、新たな職場でもすぐに辞めてしまうのではないかという懸念が企業側には存在します。このような懸念を払拭するためには、転職の理由や今後のキャリアビジョンをしっかりと伝えることが必要です。

 

即戦力性に欠けることがある

第二新卒者は、前職での経験が短期間であるため、即戦力として活躍するのが難しい場合があります。しかし、これは初めての職場での経験を活かし、短期間での成長をアピールすることで克服することができます。


 

高卒の第二新卒の転職活動の流れ

転職活動は計画的に進めることで、スムーズに次の職場を見つけることができます。特に、高卒の第二新卒者は前職の経験を活かしつつ、新たなキャリアを築くためのステップを踏む必要があります。以下に、高卒の第二新卒者が転職活動を進める際の基本的な流れを解説します。

 

自己分析: まずは自分の強みや弱み、これまでの経験やスキルを整理しましょう。これにより、どのような職種や業界に適性があるのか、また自分が求める条件を明確にすることができます。

情報収集: 転職サイトやエージェントを利用して、求人情報を収集します。また、業界の動向や企業の評判なども調査することで、効果的な転職活動が可能となります。

履歴書・職務経歴書の作成: 高卒の第二新卒者としての経験やスキルをアピールするための書類を作成します。具体的な実績や成果を明記することで、企業側に自分の価値を伝えることができます。

応募・面接: 応募先を絞り込み、面接を受けるステップです。面接では、自分の経験や志望動機をしっかりと伝えることが重要です。

内定・転職: 内定をもらった後は、前職との契約解除や新しい職場での入社手続きなどを進めます。

この流れを基に、転職活動を計画的に進めることで、高卒の第二新卒者としても次のキャリアステップを確実に築くことができます。


 

高卒の第二新卒の転職を成功させる5つのカギ

転職を成功させるためには、ただ求人情報を見て応募するだけでは不十分です。特に高卒の第二新卒者として、競争の激しい転職市場で成功するためには、以下の5つのポイントをしっかりと押さえる必要があります。

 

1.自己分析を深める

自分の得意なこと、興味を持っていること、これまでの経験を活かせる職種や業界は何かを明確にすることで、目的意識を持った転職活動ができます。また、自己分析を行うことで、面接時に自分の魅力をしっかりと伝えることができます。

 

2.丁寧な業界・企業研究

希望する業界や企業の動向、文化、求められるスキルなどをしっかりと研究することで、自分に合った企業を見つけることができます。また、具体的な業界知識や企業情報を持っていることは、面接時のアピールポイントとなります。

 

3.退職理由はネガティブにならないように注意する

前職の退職理由を問われることは多いですが、ネガティブな言い回しや批判的な内容は避けるようにしましょう。前向きな理由や、新たな挑戦を求める姿勢を強調することで、好印象を持ってもらえます。

 

4.重要度が高い「志望動機」は入念な準備を

志望動機は、転職活動の中でも特に重要なポイントです。自分がその企業でどのような活躍をしたいのか、どのような価値をもたらすことができるのかを具体的に伝えることで、企業側の信頼を得ることができます。

 

5.面接対策をする

面接は転職活動の最終関門です。自己PRや志望動機、業界知識など、必要な情報をしっかりと準備し、自分の魅力を最大限に伝えることが求められます。

 

これらの5つのカギをしっかりと掴むことで、高卒の第二新卒者としても転職を成功させることができます。


 

高卒第二新卒におすすめの業界・職種

高卒の第二新卒者が転職を考える際、どの業界や職種が自分に合っているのか、また、どこにチャンスがあるのかを知ることは非常に重要です。以下に、高卒の第二新卒者におすすめの業界と職種、そしてその魅力や求められるスキルについて詳しく解説します。

 

IT業界の魅力と求められるスキル

IT業界は、現代のビジネスシーンで欠かせない存在となっており、その成長は続いています。エンジニアとしての技術力はもちろん、コミュニケーション能力や問題解決能力も求められます。高卒の第二新卒者は、前職での経験を活かしつつ、ITスキルを磨くことで大きなチャンスを掴むことができます。

 

保険業界でのキャリアアップの可能性

保険業界は、人々の生活を守る役割を持つため、安定性があります。営業職としてのコミュニケーション能力や顧客対応力が求められる一方、専門的な知識も必要とされます。高卒の第二新卒者は、人との関わりを大切にしながら、専門知識を身につけることでキャリアアップを目指すことができます。

 

不動産業界でのチャンスと挑戦

不動産業界は、土地や建物といった大きな資産を扱うため、信頼性や誠実さが求められる業界です。営業職や物件管理など、多岐にわたる職種が存在します。高卒の第二新卒者は、前職での経験を活かしつつ、不動産の専門知識を学ぶことで、多くのチャンスに挑戦することができます。

 

これらの業界や職種は、高卒の第二新卒者が新たなキャリアを築く上での一つの選択肢となるでしょう。


 

高卒第二新卒が転職で直面する課題

高卒の第二新卒者が転職活動を行う際、多くの課題や懸念が浮かび上がります。これらの課題を理解し、適切に対処することで、よりスムーズな転職活動が可能となります。

 

転職で不利になりやすい理由

高卒の第二新卒者は、学歴や経験年数などの面で大卒者と比較されることが多く、一見不利に思える場面もあります。特に、学歴を重視する企業や、経験年数を基準とする求人がある中での転職活動は難しさを感じることもあるでしょう。

 

忍耐力やスキルの誤解を解消する方法

一度退職した経験があるため、忍耐力がないと見られることがある高卒の第二新卒者。しかし、実際には新しい環境での挑戦を求める前向きな姿勢や、前職での経験を活かしたスキルがあります。これらのポイントをアピールし、誤解を解消することが重要です。

 

転職活動は容易ではありませんが、自分の強みや経験をしっかりと伝えることで、多くの企業が求める人材としての価値を高めることができます。


 

高卒第二新卒の強みとは?

高卒の第二新卒者が持つ強みは、一見目立たないかもしれませんが、実は多くの企業が求める価値があります。ここでは、高卒の第二新卒者が持つ強みと、それを最大限に活かす方法について詳しく解説します。

 

社会人としての経験の価値

高卒の第二新卒者は、一度社会に出て働いた経験があります。この経験は、新卒者にはない実務経験や人間関係の構築能力としての価値があります。これをアピールポイントとして伝えることで、企業側に自分の価値を理解してもらうことができます。

 

若さと適応能力を活かす方法

高卒の第二新卒者は、まだ若く、新しい環境や技術に適応する能力が高いと言われています。この適応能力を活かし、柔軟に業務に取り組む姿勢を見せることで、企業側からの評価を高めることができます。

 

伸びしろをアピールするポイント

高卒の第二新卒者は、これからの成長のポテンシャルが高いと言われています。自分のこれまでの経験や学びを元に、今後どのように成長していきたいか、どのようなキャリアを築いていきたいかを明確に伝えることで、企業側に伸びしろをアピールすることができます。

 

これらの強みを理解し、転職活動時にしっかりとアピールすることで、高卒の第二新卒者としての価値を最大限に発揮することができます。


 

転職活動での失敗を避けるための注意点

転職活動は、自分のキャリアを大きく左右する重要なステップです。特に高卒の第二新卒者として、多くの競争相手との中で自分の価値をしっかりと伝える必要があります。ここでは、転職活動中に陥りがちな失敗を避けるための注意点について詳しく解説します。

 

焦らず計画的に: 転職活動は焦って行うものではありません。自分のキャリアや希望をしっかりと整理し、計画的に活動を進めることが成功のカギとなります。

情報収集を怠らない: 転職市場の動向や、希望する業界・企業の情報をしっかりと収集することで、的確な転職活動が可能となります。

自分の価値を過小評価しない: 高卒の第二新卒者としての経験やスキルは、多くの企業が求める価値があります。自分の強みや経験をしっかりとアピールし、自分の価値を過小評価しないようにしましょう。

面接対策を怠らない: 面接は転職活動の最終関門です。自己PRや志望動機、業界知識など、必要な情報をしっかりと準備し、自分の魅力を最大限に伝えることが求められます。

これらの注意点を押さえることで、高卒の第二新卒者としての転職活動を成功に導くことができます。


 

転職サポート!おすすめの求人サイト・エージェント

転職活動を進める上で、求人情報を効率的に収集する手段として、求人サイトや転職エージェントの利用は欠かせません。特に高卒の第二新卒者として、自分に合った求人情報を見つけるためのサポートが必要です。ここでは、高卒の第二新卒者におすすめの求人サイトや転職エージェントについて詳しく解説します。

 

大手の求人サイト: 多くの求人情報が掲載されている大手の求人サイトは、幅広い業界や職種の情報を収集するのに適しています。また、サイト内の転職ガイドやコラムなども参考にすることができます。

専門性の高い求人サイト: ITやクリエイティブ、医療など、特定の業界や職種に特化した求人サイトも存在します。自分の希望する業界や職種に特化した情報を収集することができます。

転職エージェントの利用: 転職エージェントは、一対一でのサポートを受けることができるため、自分に合った求人情報の紹介や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれます。

これらのサービスを活用することで、高卒の第二新卒者としての転職活動をより効果的に進めることができます。


 

よくある質問

転職活動を進める中で、高卒の第二新卒者が抱える疑問や不安は多いものです。ここでは、転職活動中によくある質問と、それに対する答えを紹介します。

 

第二新卒の経験年数はどれくらいがベスト?

第二新卒としての経験年数に「ベスト」とされるものは一概にはありません。しかし、一般的には、新卒入社後、3~5年以内に転職を考える方が多いです。この期間内であれば、前職での経験を活かしつつ、新しい環境での挑戦も期待できます。

 

高卒の第二新卒は大卒と比べて不利?

学歴を重視する企業もあるため、一部の求人では大卒者が有利とされる場面もあります。しかし、実務経験やスキル、人間性など、多くの企業が重視するポイントは存在します。高卒の第二新卒者として、自分の強みや経験をしっかりとアピールすることで、多くのチャンスを掴むことができます。

 

転職エージェントを利用するメリットは?

転職エージェントを利用するメリットは多岐にわたります。一対一でのサポートを受けられるため、自分に合った求人情報の紹介や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてもらえます。また、非公開求人など、一般には公開されていない情報へのアクセスも可能となります。

 

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する