20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.05.20
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.03.29

CA(客室乗務員)から転職!転職のタイミングや活かせるスキル、おすすめの職種を紹介

航空系のCA
【目次】

CA(客室乗務員)の職業は、華やかさやステータス、国内外への出張などの魅力がありますが、一方で体力的な負担やシフト制の働き方、人間関係など、転職を考えるきっかけになる要素も少なくありません。そこで本記事では、CAから異業種へ転職する際のタイミングや、CAとしての経験を活かすためのスキルの見つけ方、さらにはおすすめの転職先などを詳しくご紹介します。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 

この記事の執筆者はこちら

飯田将広

詳しいプロフィール

高校卒業後、某大手靴販売店にて靴・アパレルの販売を経験。 3年間働き、アメリカへ語学留学。2年目に現地のカレッジに入学し、経営学とマーケティングを専攻。 1年後に興味のあったスペイン語を学びに、南米コロンビアに10ヶ月間留学。 帰国後、エージェントからの紹介で2017年3月に不動産ベンチャーに入社。 投資用のアパート、マンションの買取再販の営業やいくつかの新規事業の立ち上げに携わり、2018年の5月より開始した人材紹介事業が軌道に乗り、法人化するタイミングで転籍。 その後、大阪支社の責任者として大阪へ赴任して支社の立ち上げに従事し、2020年7月末で退職。 2020年8月に株式会社Revengersを設立。これまで約3000人以上の方のキャリア相談に乗る。



 

CA(客室乗務員)から異業種に転職する人は多いのか

CAは、飛行機内で乗客の安全と快適を確保する重要な役割を担っています。一方で、勤務時間の不規則性や体力的な負担、家庭との両立の困難さから、他業種への転職を考えるCAは少なくありません。では、実際にどの程度のCAが他業種に転職しているのでしょうか?

CAから異業種への転職は決して珍しくない

具体的な統計データはないものの、転職サイトやエージェントの経験から見て、CAから異業種への転職は決して珍しくありません。特に体力的な負担や生活リズムの不規則性から、自分のライフスタイルや価値観に合わなくなったと感じるCAが転職を決断するケースが多いと言えます。

 CA(客室乗務員)から転職するタイミングや年齢

客室乗務員の職は体力を要するものであり、勤務形態も非常に特殊です。そのため、転職を考えるタイミングや年齢には個々の体力や生活状況が大きく影響します。

20代後半〜30代前半が最も有利

転職市場で一般的に求められる年齢層は20代後半から30代前半とされています。この年齢層は新しい環境への適応力があり、また学習意欲も高いため、新たな業界や職種への転職において有利とされます。加えて、体力的な負担を考慮し、長く働き続けるための新たなキャリアを築く余裕を持つためにも、20代後半から30代前半が転職に適したタイミングと言えるでしょう。

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 

 

合わせてグランドスタッフからの転職について知りたい方はこちらの記事をお読みください。

 

 CA(客室乗務員)から転職するときに評価されるスキル・経験

客室乗務員としての経験は、他の職種に移る際に非常に高く評価されます。特に、対人スキルやサービス精神、異文化理解の深さなどは、多くの職種で求められる資質であり、CAからの転職者にとって大きな強みとなります。


 

コミュニケーション力

客室乗務員は、様々な国籍や年齢層の乗客と円滑にコミュニケーションを取るスキルが求められます。これらは、多種多様な人々と効果的にコミュニケーションを取り、問題解決につなげる能力として、様々な業種で評価されます。

ホスピタリティ

航空業界における最高のサービスを提供するため、CAはホスピタリティに優れていることが求められます。この高いサービス精神は、接客業や販売、マーケティングなどの職種において大いに役立ちます。

視野の広さ

CAは世界中を飛び回り、多様な文化や価値観に触れる機会があります。その経験から得られる広い視野は、国際的なビジネスや多様な顧客と接する職種で高く評価されます。

ガッツ・体力のタフさ

飛行時間の長さ、時差の影響、厳しいサービススタンダード等、客室乗務員の仕事は体力的に非常に厳しいものです。そのため、高い体力と精神的なタフさを持っているという点も、求職者にとっての大きな強みとなります。

環境適応能力

客室乗務員は、毎日さまざまな環境に適応し、乗客への対応やフライトの運用に必要な調整を行います。乗客とクルーの安全を確保するためには、変わりゆく状況に臨機応変に対応する能力が求められます。この環境適応能力は、どの業界でも非常に有用で、組織の変化や新しい業務に対応する上で役立つスキルと言えます。

時間管理能力

フライトスケジュールは厳格で、遅れることは許されません。そのため、客室乗務員は時間を厳しく管理する能力が必要です。また、フライトの準備、乗客へのサービス、安全確認など、同時に多くの業務をこなす必要があります。このような経験から鍛えられた時間管理能力は、スケジュール管理が重要な多くの業界で活かすことができます。

マルチタスク能力

客室乗務員は、飛行中にさまざまな業務を同時にこなす必要があります。乗客のニーズに応えながら、安全対策を確認し、機内の秩序を保つため、一度に多くの仕事を行うマルチタスキング能力が求められます。このスキルは、忙しいビジネス環境で非常に価値ある能力となります。

質の高い接遇能力

航空業界では、乗客に対する質の高い接遇が強く求められます。客室乗務員は乗客に対する細やかな配慮や、きめ細かなサービスを提供することが求められます。この経験は、人々と接するすべての職業で役立ちますし、特に接客、サービス業界での求人では高く評価されるスキルです。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 

CA(客室乗務員)から転職するのにおすすめの業界・職種

CAの経験を活かせる転職先は多数あります。接客スキルやコミュニケーション能力を高く評価する職種が特におすすめです。また、CAの経験は、非常に厳しい研修を経て身に付けた専門性や技術を持っている証でもあり、多くの企業がその能力を求めています。以下、特におすすめの業界・職種をいくつかご紹介します。


 

受付・コンシェルジュ(企業受付・総合受付・マンションコンシェルジュ)

企業受付やマンションのコンシェルジュなど、一対一での接客スキルが求められる職種にはCAからの転職者が多く見られます。CAとして培ったホスピタリティを活かし、訪問者一人ひとりに心地良い空間を提供する仕事は、CAの経験を存分に発揮できます。また、企業の顔として最初に出会う人間として、企業イメージを左右する重要なポジションです。

接客(セールス)職

CAは日々多くの乗客と接する仕事で、その中で人々とのコミュニケーションを大切にしてきた経験が、接客職やセールス職に生かされます。商品説明からアフターフォローまで、顧客との関係を築き、信頼を獲得するスキルはCAの持ち味であり、営業やセールスの領域でも大いに役立つでしょう。

ホテルフロント

ホテルフロントもCAのスキルが活かせる職種の一つです。訪れるゲストへの接客対応、問い合わせ対応、予約管理など、ホスピタリティを重視した対応が求められる業務に、CAが積み上げてきた経験は大きな強みとなります。また、外国人ゲストの多いホテルでは、英語力も重要となるため、英語を活かしたい方にも適しています。

マーケティング職

マーケティング職は、顧客ニーズを理解し、製品やサービスの企画・販売戦略を立てる職種です。CAが得ている顧客との接点やその反応を直接見る経験は、マーケティングにおける顧客理解に繋がります。さらに、多様な人々と接する経験から生まれる広い視野や柔軟な思考は、新しいマーケティング戦略を考え出す際にも役立つでしょう。

外資系企業の秘書・アシスタント

外資系企業では、ビジネスにおけるコミュニケーション能力や語学力、マルチタスクに対応できる能力が重要視されます。CAとして培ったこれらのスキルは、秘書やアシスタントの職種でも大いに活かすことができます。特に英語力は重要なスキルの一つで、日常的に英語を使った業務に就きたい方にはおすすめの職種です。

高級カーディーラーの営業

高級カーディーラーの営業職では、CAが身につけているホスピタリティや品格、高いコミュニケーション力が求められます。顧客一人ひとりに丁寧に対応し、長期的な信頼関係を築くことが重要なこの業界で、CAの経験は大きな武器となります。また、自動車知識を深めることで専門性も身につけることができます。

英会話スクールの講師

CAとして培った英語力は、英会話スクールの講師になるための大きな資産です。多国籍な人々とのコミュニケーション経験も、異文化理解や対人スキルを高めるとともに、実践的な英語教授法に生かせます。さらに、CAという経験を生徒たちへの刺激やモチベーションに変えることも可能です。

貿易関係の仕事

CAの仕事では、さまざまな国籍の乗客との交流や、国際的な業務運営の経験を積むことができます。これらの経験は、国際的なビジネスを行う貿易業界で活かすことができます。言語能力、異文化理解、コミュニケーション力を生かし、国際的なビジネススキルをさらに磨くことが可能です。

SNS運用/インフルエンサーマーケティング運用

SNS運用やインフルエンサーマーケティングは、現代のマーケティングにおいて重要な役割を果たしています。CAの中には、多くの人々と接する中で自然とコミュニケーションスキルや人々を引きつける魅力を身につけた人も多いでしょう。その経験を活かして、企業のSNS運用やインフルエンサーマーケティングの役割を担うことが可能です。

研修/マナー講師

CAはプロフェッショナルなマナーや接客スキルを身につけています。その経験と知識を生かして、企業の研修講師やマナー講師として活動することも一つの選択肢です。人々に知識を教え、成長をサポートする仕事は、CAが得意とするコミュニケーション力やホスピタリティが大いに活かされます

一般事務/オフィスワーク/企業受付

CAとして培った時間管理能力やマルチタスク能力、コミュニケーション力は、一般事務やオフィスワーク、企業の受付など、事務職全般に活かすことができます。特に、多様な顧客と円滑なコミュニケーションをとる能力は、企業受付や顧客対応の仕事に大いに生かすことができます。

美容カウンセラー

美容に関する知識や技術を学ぶことで、美容カウンセラーやエステティシャンなどの職業へ転職することも可能です。CAとしての美意識や身だしなみ、接客スキルを活かして、顧客の美と健康をサポートする仕事を選ぶのも良い選択です。

ヨガ/スポーツインストラクター

体力やバイタリティを保つために行っていたトレーニングや、自身の健康維持に役立てていたヨガの経験を活かし、ヨガインストラクターやスポーツインストラクターとして活動することも考えられます。健康志向が高まる社会で、体力やバイタリティを維持し続けるための知識や技術を人々に教えることは、社会貢献性が高くやりがいのある仕事です。

不動産営業

CAとしての接客スキルやコミュニケーション力、さらには語学力を活かして不動産営業に転職することも考えられます。顧客との長期的な関係構築や、細やかなニーズのヒアリングが求められる不動産業界では、CAとして培ったスキルが大いに活かされます。

CA(客室乗務員)におすすめセカンドキャリアについて

CAとして培った豊富なスキルと経験は、さまざまな業種で活かすことができます。どの業界や職種に転職するかは、あなたの興味や価値観、ライフスタイルに大きく左右されます。自分自身の求める生活スタイル、キャリアビジョンをしっかりと見つめ直すことから、適切な転職先を見つける第一歩となります。転職の動機や目的を明確にした上で、自分がどの業界や職種で活躍したいのか、どのような働き方をしたいのかを考えることが大切です。

また、新たな職種に挑戦する際には、CAとして得た各種スキルをどのように活かすことができるのか、それが新たな職場でどのように評価されるのかを具体的に考え、それを転職活動や面接で適切にアピールすることも重要です。CAとしての経験は多岐にわたる業界・職種で高く評価されるため、自身の強みとして積極的にアピールしていきましょう。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

合わせて「客室乗務員(CA)」のセカンドキャリアについて詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

 

CA(客室乗務員)から転職なら転職エージェントの利用がおすすめ

転職を考える際、特に異業種への転職を考える場合には、転職エージェントの利用が非常に有益です。エージェントはあなたの経験やスキルを理解し、それに適した求人情報を提供してくれます。また、就職市場の動向や求人企業の内情に精通しているため、有利な条件で転職を成功させるためのアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントを利用すべき理由

未公開求人へのアクセス: 転職エージェントは、ウェブサイト上では公開されていない、未公開の求人情報にもアクセスできます。これは、独自のネットワークを持つエージェントだけが提供できるサービスです。

丁寧なカウンセリング: 転職エージェントは、あなたの経歴や志望動機を丁寧にヒアリングし、それに適した求人を紹介してくれます。また、自己PRや面接対策など、転職活動全般についてのアドバイスも提供します

時間の節約: 転職活動は非常に時間を消費しますが、転職エージェントを利用すれば、適切な求人情報の検索や書類作成のサポートなどを通じて時間を節約することができます

交渉力: 転職エージェントは、年収や待遇など、雇用条件の交渉も代行してくれます。経験豊富なエージェントのサポートにより、自己では交渉しきれない条件でも有利にまとめることができます。

 

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 

 

刺さる自己PRを書くために!CA(客室乗務員)が職務経歴書に記載すべき強み

客室乗務員としての経験は、他の職種では得られないユニークな強みとスキルを持つことを意味します。以下では、特にアピールできるスキルや経験についてご紹介します。これらのポイントを自己PRや職務経歴書にうまく織り込むことで、あなたの魅力を伝え、転職成功に繋げることが可能です。

接客スキル

客室乗務員は、多くの人々との接触を通じて、高度な接客スキルを身につけます。乗客とのコミュニケーションはもちろん、予期せぬ状況への対応、要望に対する柔軟な対応、などは高度な接客スキルが必要となります。これらの経験は、顧客と接する全ての業種で大いに役立つと言えるでしょう。

体力やバイタリティ

客室乗務員の仕事は体力を必要とします。長時間立ち働くこと、重い荷物を運ぶこと、時差ぼけに対応することなど、これらをこなす体力やバイタリティは大きな強みです。また、これらの経験は、厳しい状況下でも業務を遂行できるタフさや耐久性を示しています。これらは特に、フィジカルな要素が含まれる職種や、厳しい業務環境下での仕事において高く評価されます。

視野の広さ

客室乗務員の仕事では、様々な国や地域を訪れ、多様な文化に触れる機会があります。これにより、一般的なビジネスパーソンよりも広い視野を持つことが可能です。この視野の広さは、特にグローバルに事業を展開している企業や、異文化間コミュニケーションが必要な職種で価値が認識されます。この経験をPRする際には、具体的なエピソードを交えながら、どのように視野を広げることができたのか、そしてそれがどのようにビジネスに活かせるのかを述べることが重要です。

【選考対策】志望動機の書き方

志望動機を書く際には、自分がその職種・企業を選んだ具体的な理由を述べることが重要です。また、過去の経験と将来のキャリアビジョンを結びつけることで、より説得力のある志望動機を書くことができます。例えば、客室乗務員としての経験を活かして、新しい業界でどのように貢献できるのか、そのビジョンを描くことが大切です。

【選考対策】自己PRの書き方

自己PRは、自分の強みや経験をアピールするための場です。具体的な事例や実績を用いて、自分がどのような能力を持っているのか、どのような成果を上げたのかを述べます。客室乗務員としての経験を振り返り、その中で特に自信を持ってアピールできるポイントは何か考えてみましょう。また、そのスキルが新しい職場でどのように活かせるのかを具体的に述べることで、転職先企業に自分の価値を理解してもらうことができます。

【選考対策】志望動機の書き方

志望動機を書く際は、あなたがその企業や職種をどうして希望したのかを具体的に伝えることが大切です。具体性は、あなたが企業や職種についてしっかりと理解し、自分自身のキャリアビジョンと照らし合わせて選んだことを示します。そして、客室乗務員の経験やそこで得たスキルが新たな職種にどのように活かせるのかも説明することが重要です。企業は、自分たちのニーズを満たし、組織に貢献できる人材を求めています。あなたがどうしてその人材であると考えるのか、具体的に伝えましょう。

【選考対策】自己PRの書き方

自己PRでは、あなたが何を得意とし、どのような経験や成果を持っているのかをアピールします。客室乗務員としての経験を例に挙げ、それがどのように自分の強みにつながっているのかを語ることが有効です。また、その経験が新たな職種でどのように役立つと考えるのかを述べることで、あなたの将来のパフォーマンスを予測する材料を提供します。自己PRを書く際は、自分の経験を具体的なエピソードと共に説明し、それがどのように新たな職種に活かせるのかを考えてみてください。

CA(客室乗務員)から転職する人に多い転職理由と志望動機

客室乗務員の仕事は非常にやりがいのある一方で、厳しい環境下での労働や体力的な負担が大きいと感じる方も多くいます。また、生活リズムが不規則なため、プライベートとの両立や長期的な健康面の懸念から転職を考える方もいらっしゃいます。ここでは、特に多く見られる転職理由とその志望動機について詳しく見ていきましょう。

より長く働ける仕事に転職したい

客室乗務員は体力が必要な職業であるため、年齢とともに続けていくのが困難になる場合があります。そのため、体力をそれほど必要としない、しかし自分の得意なスキルや経験を活かせる仕事を求めて転職を考える方が多いです。自分のキャリアを長期的に計画し、より長く働き続けられる環境を選ぶことが、この転職理由の背後にある主な動機となります。

結婚・出産後も働き続けたい

客室乗務員の仕事はシフト制で、遅い時間や休日に働くことも多く、家庭との両立が難しい職業です。結婚や出産を機に、家庭と仕事を両立しやすい環境を求めて転職を考える方もいます。また、子育てと並行して働き続けるためには、柔軟な時間管理や勤務時間の選択が可能な職場が望まれます。このような背景から、結婚・出産後も働き続けたいという志望動機を持つ方は少なくありません。

年収や待遇を改善したい

一部の客室乗務員は、長時間の労働と高いストレスに比べて、給与や待遇が十分でないと感じる場合があります。特に、シフト制の勤務であるために、労働時間が長くなると割合的に給与が低くなる傾向にあります。また、福利厚生や職場環境についても改善の余地を感じることがあります。これらの理由から、待遇改善を目指して転職を考える方が多くいます。

体力的に限界が見えた

客室乗務員の職務は体力的に非常に厳しいものです。特に、遅い時間や深夜に働くこともあるため、体調管理が難しいと感じる方もいます。また、定期的に海外へ行くため、時差ボケなどからくる体調不良に悩まされることもあります。これらの理由から、体力的な限界を感じ、自身の健康を守るために転職を考える方がいます。

女社会の人間関係

客室乗務員の仕事は、多くの場合、同性の同僚と一緒に働くことが多く、人間関係のトラブルが起きやすいと言われています。特に、女性同士の人間関係は複雑で、ストレスを感じやすい環境であると感じる方もいます。そのため、人間関係のストレスを避けるため、または新しい人間関係を築きたいという理由で転職を考える方もいます。

CA(客室乗務員)から転職ならテイクオフ

テイクオフは、特にCA(客室乗務員)に特化した転職エージェントであり、業界に精通したカウンセラーがあなたを全面的にサポートします。

テイクオフの特徴や魅力

テイクオフはCAに特化したサービスを提供しているため、CAとしての経験やスキルを理解し、それに適した求人を提供します。

経験豊富なカウンセラー: テイクオフのカウンセラーは、CAの経験を活かしたキャリアデザインに豊富な経験と知識を持っています。そのため、CAから他の業種への転職について具体的なアドバイスを提供できます。

豊富な求人情報: テイクオフは、CAが転職を成功させるための豊富な求人情報を持っています。これにより、あなたの興味や経験に適した職種や業界を見つけやすくなります。

テイクオフでは、書類作成のサポートから面接対策、入社後のフォローまで、転職活動全般にわたって徹底的にサポートします。これにより、転職活動をスムーズに進めることができます。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 CA(客室乗務員)から転職するときのよくある質問

CA(客室乗務員)として働く中で転職を考えることは、一歩を踏み出すのに大きな決断が必要となります。それは新たなキャリアへの道のりが自分に合っているかどうか、そしてそのプロセスがスムーズに進むかどうかについての不確実性から来ます。以下に、CAから転職を考える際のよくある質問とそれに対する答えを示します。

CA(客室乗務員)からの転職は難しい?

一般的には、CAから他の職種への転職は決して難しくありません。CAとして得られるスキルや経験は、多くの職種で価値が認められています。特に、高度なコミュニケーション力、マルチタスク能力、問題解決能力などは、多くの業界で需要のある能力です。ただし、異業種への転職には適応力や学習意欲が求められるため、新しい職種に対する理解を深め、必要なスキルを身につけることが重要です。

転職の年齢は早めの方がいい?

転職の最適なタイミングは個々によりますが、基本的には早めの方が良いとされています。特に、20代後半から30代前半は、新しい職場でのキャリア形成に適した年齢とされています。しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、自身のキャリアゴールやライフスタイルにより最適なタイミングは変わります。年齢だけでなく、自分自身の準備が整い、新たなチャレンジに対する意欲やモチベーションが高まったときが、転職の最適なタイミングであると言えるでしょう。

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!
航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

CA(客室乗務員)から転職して後悔した人の事例はある?どのような理由?

後悔する人の例は存在しますが、その理由は人それぞれです。一部の人は、CAとしての仕事のペースと多様性を楽しんでいたため、一般的なオフィスワークが単調であると感じることがあります。また、転職後の仕事が思っていた以上にストレスが高い場合や、想定していた職種と異なる職務を任される場合もあります。このような場合、事前の情報収集や自身のキャリアについての深い理解が不足していたことが原因となることが多いです。

事務職へ転職するときのおすすめの資格は?

事務職へ転職を考えている場合、以下のような資格が役立ちます。

ビジネス実務検定(ビジネス能力検定)

簿記検定

情報処理技術者試験

MOS(Microsoft Office Specialist)

TOEIC(特にビジネス英語を扱う事務職の場合)

これらの資格は事務職に必要なビジネススキルを証明するため、転職市場での競争力を上げることができます。

英語を活かした仕事に転職したい場合は?

英語スキルを活かせる仕事としては、次のような職種があります。

外資系企業の社員(営業、マーケティング、人事など)

通訳・翻訳

英語教師(英会話スクール、塾など)

ビジネス英語の講師

ツアーガイド

これらの職種は、英語スキルを必要とするため、CAとして培った英語能力を活かすことができます。ただし、転職先を選ぶ際は、自分のキャリアゴールや働きたい業界を明確にして、自分に最適な職種を選ぶことが重要です。

客室乗務員から転職まとめ

CA(客室乗務員)からの転職は、適切なタイミングと準備があれば十分に成功する可能性があります。そのため、自身が抱えるスキルと経験をどのように活用できるかを理解し、それをアピールすることが重要です。

特に、コミュニケーション力、ホスピタリティ、視野の広さ、ガッツ・体力のタフさ、環境適応能力、時間管理能力、マルチタスク能力、高品質な接客能力は、多くの職種で有用なスキルとして評価されます。

また、CAから転職する際の理由として、より長く働ける仕事への転職や、結婚・出産後も働き続けたいという動機、待遇改善の願望、体力的な限界、難しい人間関係などが挙げられます。

CAから転職する際には、受付・コンシェルジュ、接客(セールス)職、ホテルフロント、マーケティング職、外資系企業の秘書・アシスタント、高級カーディーラーの営業、英会話スクールの講師、貿易関係の仕事、SNS運用/インフルエンサーマーケティング運用、研修/マナー講師などがおすすめの業界・職種です。

転職エージェントの利用もおすすめします。エージェントは求職者のスキルと経験を適切に評価し、求職者が望む職種や業界のポジションを探し出すことができます

最後に、転職を考えているCAが抱える可能性のある質問についても解答しました。

これらの情報は、CAが次のキャリアステップに進むためのガイドラインとして役立つでしょう。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは航空業界で働く方限定の転職支援サービス「テイクオフ」を展開しています!


航空業界経験者のキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

テイクオフで自分に合う求人を見つける

 

 


 

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する