新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 転職情報コラム
COLUMN

COLUMN転職情報コラム

PICK UP転職求人情報コラム

高卒

高卒の就職|人事職について解説します

高卒の就職|人事職について解説します 人事職に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「人事職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「人事職の仕事で役立つ資格」や「人事職に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、企業が採用したい応募者の特徴について知りたい方は「高卒の就職について解説しているサイト」、もしくは「高卒の就職対策について解説しているサイト」をご覧ください。     【目次】 高卒の就職|人事職とは? 高卒の就職|人事職の仕事内容とは? 【高卒の就職|人事職の仕事内容1】採用業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容2】教育業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容3】労務業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容4】人事配置業務 高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 【高卒の就職|人事職で役立つ資格1】MOS 【高卒の就職|人事職で役立つ資格2】ビジネス文書検定 高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴1】秘密を守れる人 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴2】情に流されない人 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3】柔軟な対応ができる人 高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|人事職とは? まずは人事職について解説します。人事職とは、企業で働く人材を支える仕事。企業にとって必要な人材を採用し、それぞれが能力を発揮できる環境をつくり出すことが人事職の役割です。一般的に人事職の仕事といえば「新卒採用」や「中途採用」をイメージされることが多いかもしれませんが、業務はそれ以外にもあります。人事職は採用から退職に至るまで「従業員に関する業務」を幅広く行っておりますよ。人事職については、求人情報を見るとよくわかると思いますので、気になる方は「高卒向けに人事職を紹介しているサイト」や「人事職の仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|人事職の仕事内容とは? ここからは、人事職の仕事内容をご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なります。ですので、人事職全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。     【高卒の就職|人事職の仕事内容1】採用業務 人事職の仕事1つ目は『採用業務』です。採用業務とは、新卒や中途採用の正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど、会社の各部署が必要とする人材を把握して採用する仕事です。採用業務では応募者と接するだけでなく、付随する様々な業務に携わります。たとえば、求人情報の出稿や求人票の作成、就職イベントへの参加、会社説明会の企画・実施などですね。採用業務について詳しく知りたい方は「人事職について解説しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人事職の仕事内容2】教育業務 人事職の仕事2つ目は『教育業務』です。人事職は社員の教育や研修に関する業務も行います。たとえば、新入社員や中途採用社員には、少しでも早く会社になじめるように研修を実施。また、在職中の社員に対して、業務に必要な資格取得のサポートをしたり、スキルアップに必要な講習を行ったりします。   【高卒の就職|人事職の仕事内容3】労務業務 人事職の仕事3つ目は『労務業務』です。労務業務は、社員が安心して働くために必要な環境を整え、安全管理などを行う仕事です。細かい業務内容は企業によって異なりますが、一般的には就業規則の作成や入社・退職に関わる一連の手続き、勤怠管理、給与計算などがありますよ。労務業務について詳しく知りたい方は「人事職について解説しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人事職の仕事内容4】人事配置業務 人事職の仕事4つ目は『人事配置業務』です。人事配置業務は、企業が事業目標を達成するために適材適所に人員を配置し、効率良く業務を進めるために行います。具体的には、入社した人材の配属先を決めたり、評価制度にもとづき社員の能力や適性を判断して、人事異動の計画を立てたりって感じですね。     高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 人事職の仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|人事職で役立つ資格1】MOS 人事職で役立つ資格1つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。なので、パソコン操作に不安を抱えている方におすすめの資格となっております。なお、パソコンスキルの重要性については「人事業務に役立つ情報メディア」でも述べておりますよ。   【高卒の就職|人事職で役立つ資格2】ビジネス文書検定 人事職で役立つ資格2つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。人事職は、求人情報の出稿や求人票の作成だけでなく、様々な書類を作成することになります。ですので、ビジネス文書の作成に不安のある方は、この検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 人事職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、人事職に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴1】秘密を守れる人 人事職に向いている人の特徴1つ目は『秘密を守れる人』です。人事の業務はありとあらゆる機密情報を扱います。また、人事は全社員のマイナンバーや給与額、人事評価などを簡単に調べられます。そのため、人事の仕事において、口が堅く秘密を守れることはもっとも重要な要素です。人事職では、業務に関係ないパーソナルな情報を調べたり、漏らしたりすることは、絶対に行ってはいけませんよ。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴2】情に流されない人 人事職に向いている人の特徴2つ目は『情に流されない人』です。人事評価などの場合、人事は会社側の立場になることが多いです。社員の気持ちを理解することも大切ですが、情に流されると正しい判断はできません。ですので、人事職では情に流されないことも大切な要素になります。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3】柔軟な対応ができる人 人事職に向いている人の特徴3つ目は『柔軟な対応ができる人』です。人事の業務は幅広く、即時対応を求められることも多いです。問い合わせがあれば作業を中断して対応し終わると作業途中の業務に戻る、その繰り返しになることもあります。人事職では、頻繁に柔軟な対応が求められますよ。     高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒で人事職に就くことは非常にハードルが高いといわれております。なぜなら、企業によっては学歴フィルターが存在するからです。学歴フィルターとは、企業が採用を行う際に「学歴というフィルター」をかけて就活している人を選別する傾向のことです。学歴フィルターを採用している企業は昔から多くあり、今でも採用の際に学歴フィルターを使っている企業は少なくありません。学歴フィルターを採用している企業では、優れた人材であったとしても中身を見てもらえず、学歴だけで判断がなされます。     高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒者向けの求人を多数掲載しているサイトなら「学歴不問の求人」が豊富にあります。そのため、効率的に人事職の求人探しができます。高卒で就職を成功させたい方は「高卒向けの求人サイト」を使いましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|人事職とは? 高卒の就職|人事職の仕事内容とは? 高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • 人事

2022.07.06

高卒

高卒の就職|ホールスタッフについて解説します

ホールスタッフに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「ホールスタッフの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「ホールスタッフの仕事で役立つ資格」や「ホールスタッフに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ まとめ     高卒の就職|ホールスタッフとは? まずはホールスタッフの仕事についてご説明します。ホールスタッフとは、居酒屋やファミリーレストラン、喫茶店といった飲食店で接客をする仕事。業態や店舗によって少し業務内容は異なりますが、一般的には「お客様の案内」「注文をうかがう」「料理の提供」などを行います。飲食店のホールスタッフは調理スタッフとは違い、お客さまと直に接することになるため「正しい言葉遣い」や「清潔感のある身だしなみ」が要求されますよ。なお、ホールスタッフについて詳しく知りたい方は「ホールスタッフ(レストラン)職業詳細」をご覧ください。       高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 飲食店は慢性的な人手不足であることから、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。昨年はコロナウイルスの影響により求人数が減りましたが、今ではアフターコロナを見越して、多くの企業で「人手不足対策」へのかじ取りを始めております。そのため、現在は未経験者を歓迎する求人がたくさんあります。未経験歓迎の求人にご興味のある方は「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」や「学生向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? ここからは、ホールスタッフの仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く店舗の規模や体制によって異なります。ですので、ホールスタッフ全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する ホールスタッフの仕事1つ目は『お客様に席を案内する』です。まずは、来店したお客様を席に案内します。お客様を席に案内した後は、お客様がメニュー表を見てどれを注文するか決めるのを待ちながら、他の業務をこなしますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう ホールスタッフの仕事2つ目は『注文をうかがう』です。注文が決まると、ベルを押したり声をかけられたりするので、お客様のところへ行って注文を聞きます。そして、それを厨房にいる調理スタッフに伝えます。なお、店舗によっては専用の端末を使って伝えるところもありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 ホールスタッフの仕事3つ目は『料理の提供・説明』です。調理スタッフが注文されたメニューを作り終えたら、今度は客席に運びます。この時、料理について質問されることがありますので、各メニューの食材、味付けなどは覚えておく必要がありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち ホールスタッフの仕事4つ目は『レジ打ち』です。ホール業務にある程度慣れてくると、レジ打ちを任される場合があります。レジ打ちはお客様をお待たせしないスピードと、操作ミスや現金の数え間違いをしない正確さが求められます。近年は無人レジも増えてきておりますが、いまだにホールスタッフが行っている店舗も数多くありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け ホールスタッフの仕事5つ目は『片付け』です。お客様が帰られたら、食器類を片付け、テーブルの上を綺麗に拭いて、椅子やメニュー表などを元の位置に戻します。なお、床の汚れや醤油など調味料の残量をチェックし、次のお客様を迎えられる状態にするまでがホールスタッフの役割ですよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 ホールスタッフの仕事6つ目は『雑務』です。雑務に関しては「備品の発注」や「スタッフのシフト管理」「店内のレイアウト」など、店舗によってバラバラです。雑務はホールスタッフの仕事ではないように思いますが、一生懸命取り組むと必ず感謝されます。ですから「これもホールスタッフの仕事なの?」と疑問に思わず、頑張って取り組みましょう。       高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ ホールスタッフの仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格1つ目は『レストランサービス技能検定』です。レストランサービス技能検定とは、レストランなどで「お客様に満足感を得てもらうために最低限必要とされる」接客の技能を認定する国家資格。ウェイター、ウェイトレス、ホテルマンなど、西洋料理を提供する者の技術、地位向上のために設けられたものになります。レストランサービス技能検定を取得していると、テーブルマナー、公衆衛生・安全管理などの飲食店にまつわるサービススキルを証明できますよ。なお、レストランサービス技能検定については「高卒も飲食業界に転職できる?求人の選び方や有利になる資格を徹底検証!」でもおすすめしております。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格2つ目は『接客サービスマナー検定』です。接客サービスマナー検定は、接客サービス業で必要とされる接客・接遇の能力をトータルで判定する検定試験。取得することによって立ち居振る舞いや高度な接客サービスを習得でき、お客様に満足していただけるサービスの提供につなげることができます。近年は、ホールスタッフへの就職にも役立つ検定として、学生の受検者も増えていますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ目は『サービス接遇検定』です。サービス接遇検定とは、サービスを提供する「ホテルの従業員」や品物を販売する「ショップの従業員」など、あらゆる業界のサービス接遇業務全般に活かせる資格。敬語やマナーといった接客業の基礎的な内容から、顧客心理の理解を深めるような専門的な内容まで学べます。なお、サービス接遇検定は、1級~3級までありますよ。     高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ ホールスタッフは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、ホールスタッフに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 ホールスタッフに向いている人の特徴1つ目は『接客が好きな人』です。ホールスタッフの主な仕事は接客です。そのため「人と話すことが好きな方」や「接客が好きな方」に向いている仕事だといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 ホールスタッフに向いている人の特徴2つ目は『食に関心がある人』です。食に関心があるからこそ、お客様に料理の良さを伝えたり、おすすめの食べ方を提案したりできます。たとえ料理ができなかったとしても、食に関心があることは重要です(食べることが好きでもOKです)。食に関心がある人は、ホールスタッフに向いているといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 ホールスタッフに向いている人の特徴3つ目は『丁寧な応対ができる人』です。ホールスタッフは店舗のイメージを左右する存在です。ホールスタッフの対応が店舗のイメージを決めると言っても過言ではありません。そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。丁寧な応対ができる人はホールスタッフに向いていると言えるでしょう。       高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。ホールスタッフへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 以上になります。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • ホールスタッフ

2022.07.06

高卒

高卒の就職|秘書って何をするの?

高卒の就職|秘書って何をするの? 秘書に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「秘書の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「秘書を目指す方におすすめの資格」や「秘書に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、秘書の平均年収について知りたい方は「秘書の平均年収は?高年収の秘書の特徴・年収アップを目指す方法」をご覧ください。 【目次】 高卒の就職|秘書とは? 高卒の就職|秘書の仕事内容 【高卒の就職|秘書の仕事内容1】スケジュール管理 【高卒の就職|秘書の仕事内容2】来客・電話・メール対応 【高卒の就職|秘書の仕事内容3】文書の作成・管理 【高卒の就職|秘書の仕事内容4】身の回りの環境整備 【高卒の就職|秘書の仕事内容5】各種手配業務 高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ 【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格1】秘書技能検定 【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格2】MOS 【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3】ビジネス文書検定 高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴1】サポートすることが好きな人 【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴2】秘密を守れる 【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3】細かい気遣いができる人 高卒の就職|秘書を目指す方へ まとめ     高卒の就職|秘書とは? まずは秘書についてご説明します。秘書とは、企業の「経営陣」や「管理職」の総合的なサポートを行う仕事。忙しい担当上司が業務に専念できるよう様々な調整や準備を行います。秘書の仕事は、華やかなイメージを持たれることが多いですが、実際には「上司のスケジュール管理」や「会議準備」など、地道な事務作業が仕事の大半を占めています。なお、秘書には、企業の経営幹部を補佐する「企業秘書」、医療機関の経営者や医師などを補佐する「医療秘書」、弁護士や司法書士などを補佐する「法律秘書」など、たくさんの種類がありますよ。秘書の種類については、実際に求人情報を見るとわかると思いますので、気になる方は「高卒向けに秘書を紹介しているサイト」や「秘書の仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|秘書の仕事内容 ここでは、秘書の主な仕事内容をご紹介します。細かい点は働く会社の規模や体制、業種によって異なります。ですので、秘書全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|秘書の仕事内容1】スケジュール管理 秘書の仕事1つ目は『スケジュール管理』です。秘書は上司のスケジュールを管理します。いかに効率よく仕事をしてもらえるスケジュール組みをするかがポイントですよ。    【高卒の就職|秘書の仕事内容2】来客・電話・メール対応 秘書の仕事2つ目は『来客・電話・メール対応』です。上司に来客があった際は、秘書が応接室に案内をしたり、必要な書類を用意したりします。また、上司が不在の際に電話があったら、代わりに対応するのも秘書の仕事です。   【高卒の就職|秘書の仕事内容3】文書の作成・管理 秘書の仕事3つ目は『文書の作成・管理』です。上司の業務に関連する社内文書や社外文書の作成、管理も秘書が行います。なお、作成する書類の種類は様々ですよ。   【高卒の就職|秘書の仕事内容4】身の回りの環境整備 秘書の仕事4つ目は『身の回りの環境整備』です。上司が快適に、効率よく仕事ができるように「身の回りの環境」を整えることも秘書の大切な仕事です。会議室・応接室の予約、執務室の清掃、備品の調達・管理など、総務や庶務の管轄である仕事も、上司の業務効率化を図るため、秘書が行うことがあります。実際に「高卒向けに秘書の仕事を紹介しているサイト」を見ると、身の回りのお世話が仕事内容に含まれておりますよ。   【高卒の就職|秘書の仕事内容5】各種手配業務 秘書の仕事5つ目は『各種手配業務』です。上司が出張する際の「新幹線」や「飛行機」の予約、そして「会食時のレストラン予約」といった手配も秘書が行います。     高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ 秘書に必要な資格はありませんが、基本的な「ビジネスマナー」や最低限の「パソコンスキル」は必要です。そのため、高卒で秘書を目指す方には「ビジネスマナー」や「パソコンスキル」の証明ができる資格の取得をおすすめします。以下、秘書を目指す方におすすめの資格です。   【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格1】秘書技能検定 秘書を目指す方におすすめの資格1つ目は『秘書技能検定』です。秘書技能検定は、公益財団法人 実務技能検定協会が実施する民間資格。秘書のスキルについて、知識を問われる試験となっております。なお、この資格は秘書のことだけでなく、一般常識やビジネスマナーなど、社会で必要とされる問題も出題されます。ですから、秘書として活躍することはもちろん、ビジネスマナーを身につけているという評価を得られるため、転職の際に役立ちますよ。なお、秘書技能検定について詳しく知りたい方は「秘書検定は就職に有利なのか?試験の特徴や取得メリットを紹介」をご覧ください。   【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格2】MOS 秘書を目指す方におすすめの資格2つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。なので、パソコン操作に不安を抱えている方におすすめの資格となっております。   【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3】ビジネス文書検定 秘書を目指す方におすすめの資格3つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。秘書に転職すると、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。       高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ 続きましては、秘書に向いている人の特徴を3つご紹介します。以下の特徴がある方は、秘書の適性があるでしょう。   【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴1】サポートすることが好きな人 秘書に向いている人の特徴1つ目は『サポートすることが好きな人』です。秘書は、上司を陰で支える「縁の下の力持ち」とも言うべき存在。自分自身が前に出て働く仕事ではありません。あくまでも上司を支える存在として、サポート役に徹する必要があります。そのため、サポートすることに意義を見いだせる人は、秘書としての適性があると言えるでしょう。「高卒向けに秘書の仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。     【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴2】秘密を守れる 秘書に向いている人の特徴2つ目は『秘密を守れる』です。秘書がサポートする上司は、企業の経営者や役員など、責任のある立場の人です。そのため、外部に漏らしてはいけない情報を知ることもあり、秘書にとって「秘密を守れる力」は大切です。秘書は、重要な情報を知ってしまった場合でも、自分の胸の内に秘めておくことができる人でないと務まらない仕事だと言えるでしょう。   【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3】細かい気遣いができる人 秘書に向いている人の特徴3つ目は『細かい気遣いができる人』です。秘書の仕事は、どうすれば上司が快適に働けるのかを、自然と考えられることが重要。そのため、普段から他人に対して細かい気遣いができる人は適性があると言えるでしょう。     高卒の就職|秘書を目指す方へ 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。秘書への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|秘書とは? 高卒の就職|秘書の仕事内容 高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ 高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|秘書を目指す方へ 以上になります。  

  • 就職
  • 特徴
  • 高卒
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • 秘書

2022.07.06

転職求人情報コラム一覧

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|介護士について解説します

介護士に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「介護士の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「介護士を目指す方におすすめの資格」や「介護士に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|介護士とは? まずは「介護士」についてご説明します。介護士とは、介護のお仕事に就いている人を指す総称。「介護士」という資格があるわけではなく、介護の仕事に従事している方であれば誰でも名乗ることができます。そのため、一般的に介護士と言えば、介護施設で介護のお仕事に従事している人や訪問介護サービスにおいて「身体介護」や「生活援助」などを行うホームヘルパー、または訪問介護員を指すことが多いですよ(介護職員、介護スタッフなどと呼ばれることもあります)。なお、介護業界について知りたい方は「高卒で介護業界に就職した方の記事」をご覧ください。     高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒からでも介護士になることは可能です。介護の仕事では、基本的に学歴は必須項目ではないことがほとんどです。なので、学歴を理由にして諦める必要はありません。介護士にご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募してみましょう。なお、高卒から介護士を目指す方法については「高卒から介護士になるには?介護福祉士の目指し方とおすすめルートを紹介」、もしくは「高卒向けに介護の仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 総務省が発表した「高齢者の人口の統計」によると65歳以上の高齢者は3640万人となり、過去最多となっております(2021年9月15日時点)。また総人口に占める割合は29.1%。こちらも過去最高です。このように、我が国では年々「高齢化率」が上昇し続けております。そのため、これから介護ニーズがさらに高まり、介護士の活躍する機会が増えると考えられるでしょう。なお現在、介護業界は慢性的な人手不足のため、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。そのため、未経験者を歓迎する求人が豊富です。実際に「高卒向けに介護士の求人を紹介しているサイト」では未経験者歓迎の求人がたくさんありますよ。       高卒の就職|介護士の仕事内容について ここからは、介護士の仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く施設の形態や性格によって違いがあります。ですので、介護士のメインの仕事「三大介助」について解説しますね。 ※三大介助とは食事介助・入浴介助・排泄介助という3つの介助を指します。三大介助は、身体介護の基本と位置づけられており、体の不自由な高齢者が生活を送るうえで必要不可欠な介護となっております。詳しくは下記をご覧ください。   【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 介護士の仕事1つ目は『食事介助』です。食事介助とは、文字通り食事の介助をすること。主に「食事の準備」や「調理・配膳・下膳・後片付け」「食後の口腔ケア」が食事介助の仕事内容になります。食事介助では全面的な摂食介助のみならず「一部介助」や「見守り介助」など、一人ひとりの摂食能力に合わせた補助を行います。なお、その方の状態に合わせて、美味しく楽しく食事が続けられるように助言やサポートを行うことも食事介助の一部とされております。   【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 介護士の仕事2つ目は『排泄介助』です。排泄介助とは、文字通り排泄の介助をすること。主に「トイレへの移動」や「衣服の着脱」「排泄の手伝い」「おむつの交換」「排泄物の確認」「後始末」などが排泄介助の仕事内容になります。排泄介助では、人としての尊厳を損なわないように注意をすることが重要です。そのため、介助が必要ない方の場合は「便器への移動後にその場から離れる」「排泄物のにおいや量に関して話さない」など、要介護者さまが快適に過ごせるように工夫する必要があるでしょう。   【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 介護士の仕事3つ目は『入浴介助』です。入浴介助とは、文字通り入浴の介助をすること。主に「入浴の準備」や「衣類の着脱」「身体・洗髪の洗浄」「身体の清服」などが入浴介助の仕事内容になります。入浴介助は、介護士さんが全身の状態を観察できるため、健康状態の把握にとっても役立ちますよ。     高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 介護士として働くのに、特別な資格は必要ありません。しかし、資格がないと介護士としての技術を使う、専門的なお仕事ができない場合があります。ですから、将来にわたって介護士として活躍したいと考えるならば、自身のキャリアや能力に応じた資格を取得しましょう。以下、介護の仕事に関連する「代表的な資格」です。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 介護士を目指す方におすすめの資格1つ目は『介護職員初任者研修』です。介護職員初任者研修とは、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正後からスタートした資格。介護の仕事に全く従事したことがない方でも理解が出来る「講義」と、実際に身体を動かす「実技演習」により介護業務に必要な基礎知識・技術などを身につけることができます。介護職員初任者研修は、数ある介護資格の中で最も取得しやすいと言われております。ですので、これから介護の仕事を始める人におすすめの資格だといえるでしょう。「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」や「介護士の仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 介護士を目指す方におすすめの資格2つ目は『介護福祉士実務者研修』です。介護福祉士実務者研修は、質の高い介護サービスを安定的に提供していくことを目標に、基本的な介護提供能力の修得を目的とした資格。介護士として働くうえで必要な「介護過程の展開」や「認知症等」について学ぶことができます。そのため、実務者研修課程を修了することで、介護に関する専門的な知識と実践的な技術を習得でき、より質の高い介護サービスを提供できるようになりますよ。介護福祉士実務者研修について詳しく知りたい方は「高卒者向けに介護職の志望動機例を紹介!やる気があれば学歴は関係ない」をご覧ください。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 介護士を目指す方におすすめの資格3つ目は『介護福祉士』です。介護福祉士とは、介護に係る一定の知識や技能を習得していることを証明する資格。介護の世界には資格がたくさんありますが、介護福祉の専門職である「介護福祉士」が唯一の国家資格になります。ですから、介護福祉士の資格を取得していると大いに活躍できますよ。介護福祉士の資格について詳しく知りたい方は「高卒で介護福祉士を目指す方法は?」、もしくは「高卒で介護福祉士になるには?最短で資格を取る方法や学歴による待遇の差も解説」や「介護福祉士は高卒でも取れるのか」をご覧ください。       高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 介護士は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、介護士に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 介護士に向いている人の特徴1つ目は『体力に自信がある人』です。介護士は力仕事が多く、夜勤などの不定期なシフト勤務になることも多々あります。そのため、体力に自信がある人でないと続きません。体力に自信があり、健康な人は介護士に向いているといえるでしょう。「高卒から介護職を目指している人へ!知っておきたい介護職の特徴!」でも同様のことを述べております。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 介護士に向いている人の特徴2つ目は『観察力がある人』です。介護士は、介助を行いながら利用者の「体調」や「精神状態」の変化に気づき、適切な対応をする必要があります。そのため、わずかな変化も見逃さない観察力が求められます。観察力がある人は介護士に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 介護士に向いている人の特徴3つ目は『コミュニケーション能力が高い人』です。介護現場では、利用者さまとのコミュニケーションが非常に重要。話しやすいスタッフだと認識されることで、信頼関係の構築にも繋がります。介護サービスを利用する高齢者の中には、介護士との会話を楽しみにしている方も多くいますので、コミュニケーション能力が高い人は活躍できますよ。コミュニケーション能力が高い人は、介護士に向いているといえるでしょう。     高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。介護士への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 未経験
  • 職種
  • 資格
  • 介護士

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|施工管理について解説します

施工管理に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「施工管理の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「施工管理に向いている人の特徴」や「施工管理で高収入を得る方法」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|施工管理とは? 高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 高卒の就職|施工管理の仕事内容について 【高卒の就職|施工管理の仕事内容1】原価管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容2】工程管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容3】品質管理 【高卒の就職|施工管理の仕事内容4】安全管理 高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴1】コミュニケーション力が高い人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴2】臨機応変に対応できる人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴3】リーダーシップがある人 【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4】リスク管理ができる人 高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ     高卒の就職|施工管理とは? まずは「施工管理」についてご説明します。施工管理とは、建設工事の現場監督として工事全体の管理をする仕事。工事スケジュールの延期や予算オーバー、事故などが発生しないように工事全体をまとめて進捗させる業務を担います。施工管理は工事全体の流れを理解する必要があるため、まずは現場で実務経験を積むことが重要です。また、建設工事では土木や電気、配管など様々な業者とのやり取りが発生するため、各分野についての専門的な知識も求められます。施工管理について詳しく知りたい方は「施工管理の仕事内容を職種別にどこよりもわかりやすく徹底解説!」をご覧ください。     高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 施工管理は学歴不問の求人が多いため、高卒からでも目指せます(施工管理になるために学歴は絶対条件ではありません)。近年、建設業界は若者離れが問題となっており、働き手の高齢化が進んでおります。なので、多くの企業が積極的に若年層の採用を強化しておりますよ。施工管理職にご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募してみましょう。実際に「施工管理の求人を紹介しているサイト」を見ると、学歴不問の求人がたくさんありますよ。     高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 施工管理は未経験でもできる仕事です。施工に関する専門知識は、就職後に身につければ問題ありません。近年、多くの企業が「数年間の実務経験を通じて人材を育てる」という制度を確立しており、未経験者を受け入れる体制を整えておりますよ。施工管理は未経験から挑戦しやすい仕事だといえるでしょう。「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」や「文系出身でも施工管理職に就くことは可能?必要な学歴や実態について解説」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 施工管理の資格は学歴によって取得に必要な「実務経験の年数」が違いますので、注意しましょう。たとえば「2級建築施工管理技士技術検定」の第一次検定は“17歳以上”であれば誰でも受検可能です。しかし、第二次検定を受けるには、指定学科以外の大卒なら1年6カ月以上、高卒なら4年6カ月以上の実務経験が必要になります。施工管理の資格について詳しく知りたい方は「施工管理に学歴は必要?大卒と高卒の年収の差は?」、もしくは「施工管理の資格について解説しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|施工管理の仕事内容について ここからは、施工管理の仕事内容をご紹介します。細かい点は働く会社の規模や体制によって異なります。ですので、施工管理の業務のうち特に重要な4つを紹介しますね。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容1】原価管理 施工管理の仕事1つ目は『原価管理』です。原価管理とは、人件費や材料費といった工事にかかる原価を計算し、予算内に収める管理活動のことです。建設工事は、予算を超えると企業収益の減少につながるため、原価管理は非常に重要な業務ですよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容2】工程管理 施工管理の仕事2つ目は『工程管理』です。工程管理とは、工期までに建物を完成させるためのスケジュール管理のこと。設計図どおりの建設が予算内で安全に施工できるように、工法を計画し、作業員の配置や重機手配の予定を立てます。なお、施工開始後はスケジュールに沿って円滑に工事が進むように管理しますよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容3】品質管理 施工管理の仕事3つ目は『品質管理』です。品質管理とは、成果物が設計図・仕様書どおりの品質を達成できるよう管理すること。材料の寸法や強度などの指標が、設計図・仕様書で規定された品質を満たすように材料や仕上げの程度などを決め、施行します。なお、完成した建物の「強度」や「仕上げ」が規定を満たしているかの確認も重要な業務になりますよ。   【高卒の就職|施工管理の仕事内容4】安全管理 施工管理の仕事4つ目は『安全管理』です。安全管理とは文字通り、建設現場において安全な作業環境を整えること。工事現場において作業員は、常に身体的な危険に晒されています。そのため、建築物の品質を確保するだけでなく、作業員の安全確保も施工管理の重要な業務ですよ。     高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 施工管理は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、施工管理に向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴1】コミュニケーション力が高い人 施工管理に向いている人の特徴1つ目は『コミュニケーション力が高い人』です。施工管理の仕事は、職人や他の会社との連携が必要不可欠。年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていきます。そのため、高いコミュニケーション力が必要になりますよ。コミュニケーション力が高い人は施工管理職に向いているといえるでしょう。「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴2】臨機応変に対応できる人 施工管理に向いている人の特徴2つ目は『臨機応変に対応できる人』です。施工管理の仕事は突発的なトラブルに対応することがほとんど。常に臨機応変な対応を求められます。ですので、臨機応変に対応できる人は施工管理職に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴3】リーダーシップがある人 施工管理に向いている人の特徴3つ目は『リーダーシップがある人』です。施工管理は建物完成に向けてそこに関わる人間を引っ張っていく仕事。プロジェクト全体に目を行き届かせ、職人や協力会社と連携をとり、まとめていく力が必要です。そのため、リーダーシップがある人は大いに活躍できると思いますよ。「施工管理の志望動機|5つの例文とポイント・NG例を紹介」でも同様のことを述べております。   【高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4】リスク管理ができる人 施工管理に向いている人の特徴4つ目は『リスク管理ができる人』です。施工管理はリスク管理能力が重要。リスク管理が甘いと、事故が起きる可能性が高くなります。なので「現場に危険個所はないか」「現場作業員の安全管理は徹底されているか」など、常に気を配っておく必要があります。このようなことから、リスク管理ができる人は施工管理職に向いているといえるでしょう。     高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 施工管理で高収入を得たい方は大手企業に就職するといいでしょう。大手企業であれば施工の規模が大きいため、高収入が期待できますよ。ぜひ応募してみましょう。なお、高卒で大手企業に就職することは非常に難しいとは思いますが、不可能ではありません。上述したように、近年は若年層の採用を強化しておりますので、意欲や熱意があれば内定を獲得できるかもしれませんよ。「高卒で施工管理職になるための情報をご紹介!資格や向いている人も解説」や「高卒向けに施工管理の紹介をしているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。施工管理への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|施工管理とは? 高卒の就職|施工管理は学歴不問の求人が多いです 高卒の就職|施工管理は未経験でも心配いりません 高卒の就職|施工管理の資格は学歴によって取得年数が異なります 高卒の就職|施工管理の仕事内容について 高卒の就職|施工管理に向いている人の特徴4つ 高卒の就職|施工管理で高収入を得るためには? 高卒の就職|施工管理を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 施工管理

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|総合職と一般職の違いについて解説します

総合職に興味があるけど…。 一般職との違いがわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「総合職と一般職の違い」をご説明していきます。後半部分では「総合職に求められる学歴」や「総合職と一般職で迷った際の考え方」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|総合職とは? 高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 【高卒の就職|総合職の分類1】事務系総合職 【高卒の就職|総合職の分類2】技術系総合職 高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? 高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 【高卒の就職|総合職と一般職の違い1】仕事内容 【高卒の就職|総合職と一般職の違い2】基本給 【高卒の就職|総合職と一般職の違い3】研修制度 【高卒の就職|総合職と一般職の違い4】異動や転勤の有無 【高卒の就職|総合職と一般職の違い5】キャリアアップ 【高卒の就職|総合職と一般職の違い6】採用選考の時期 【高卒の就職|総合職と一般職の違い7】責任 高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|総合職とは? まずは総合職についてご説明します。総合職とは、会社の売り上げに直結する業務を担い、将来の管理職・幹部候補として期待されるポジションのことをいいます。総合職は一つの業務を長く担当することもありますが、基本的には「ジョブローテーション」で異動があります。そのため、異動や転勤が定期的に発生するのが特徴ですよ。     高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 総合職は大きく分けて「事務系総合職」と「技術系総合職」の2つに分類されます。詳しくは下記をご覧ください。   【高卒の就職|総合職の分類1】事務系総合職 事務系総合職とは、人事や総務、経理のほか企画や営業などを担当する文系の総合職のことです。幅広い分野の仕事があり、企業が円滑に機能するために必要な業務を担当します。事務系総合職について詳しく知りたい方は「高卒向けに事務系総合職の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|総合職の分類2】技術系総合職 技術系総合職とは、研究、開発、設計、生産、品質管理など、製品やサービスに関わる一連の部門の仕事を指しています。具体的な職種にはシステムエンジニアやプログラマーなどが挙げられますよ。     高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? コース別採用が行われている背景には、厚生労働省によって制定された「男女雇用機会均等法」があります。1986年に「男女雇用機会均等法」が制定されるまで、多くの会社では男性と女性で区別された募集や採用が一般的でした。しかしながら「男女という性差ではなく、能力や成果で評価するべき」という考え方によって、総合職と一般職のコース別採用がスタートしました。コース別採用が始まった当初は、プライベート時間の確保のしやすさから、「一般職は女性」「総合職は男性」という考え方が多かったようですが、現在は総合職で働く女性も一般職で働く男性も多くいますよ。なお、就職活動の男女差について知りたい方は「高卒向けに総合職や一般職を紹介しているサイト」をご覧ください。   <高卒の就職|一般職とは?> 一般職とは、総合職がスムーズに業務を遂行できるよう、サポートするポジションのことをいいます。配属部署によって仕事内容は変わりますが、基本的には事務仕事を担います。一般職は異動が少なく、同じ部署で長く務めるので、特定の分野の「知識」や「スキル」を高められるのが特徴ですよ。     高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 総合職と一般職では、様々な違いがあります。詳しい違いについては下記をご覧ください。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い1】仕事内容 総合職と一般職の違い1つ目は『仕事内容』です。将来の幹部候補である総合職は、様々な部署で幅広い業務を経験します。一方、一般職は資料作成や顧客対応、備品管理などといった総合職のサポート業務が主な仕事であり、異動はありません。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い2】基本給 総合職と一般職の違い2つ目は『基本給』です。基本給は業務範囲や将来性などの違いから、一般職よりも総合職の方が高く設定されています。実際の「求人募集」でも、総合職と一般職とで給料を分けて記載している企業が少なくありません。なお、総合職は仕事の成果や能力に応じ、明確な評価基準が設けられています。そのため、昇給に必要な条件が分かりやすく、会社から求められたことに対し相応の結果を出せば、自ずと昇給できることが多いのですよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い3】研修制度 総合職と一般職の違い3つ目は『研修制度』です。総合職は、担当部署が多岐にわたります。そのため、各業務に必要な知識を身に付けられるよう、研修制度が充実していることが特徴です。もちろん一般職も、働くうえで必要とされる研修は受けられますよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い4】異動や転勤の有無 総合職と一般職の違い4つ目は『異動や転勤の有無』です。一般的に総合職では、一定期間ごとに部署の異動や転勤を求められます。近年は「地域限定総合職」といって、勤務地を限定した「転勤の可能性の少ない総合職」を設けている企業もあるようですが、注意が必要です。地域限定総合職は「転勤がある総合職」と比べると、会社から任される「仕事内容」や「給与額」に違いが生じます。地域限定総合職を希望する方は、労働条件についてしっかりと確認しておきましょう。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い5】キャリアアップ 総合職と一般職の違い5つ目は『キャリアアップ』です。総合職は企業の中核となる業務を担当することが多いため、一般職よりも早いキャリアアップが目指せるでしょう。なお、企業のなかには、個人の能力を判断するための階級制度を設け、階級ごとに試験を実施し、その結果を「昇進」の目安としているところもありますよ。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い6】採用選考の時期 総合職と一般職の違い6つ目は『採用選考の時期』です。一般職に比べて総合職は、選考時期が早めに実施されることが多いようです。ただし、選考日程は全企業一律ではないため、志望する企業の募集要項はしっかりと確認しておきましょう。なお、総合職と一般職の採用の流れについては「総合職と一般職の試験情報を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|総合職と一般職の違い7】責任 総合職と一般職の違い7つ目は『責任』です。一般職に比べて総合職は、責任の重い仕事を任される傾向にあります。総合職は、会社の中核を担うことを期待されているので、その分任される仕事の責任も重くなりますよ。     高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 総合職に求められる学歴は「大卒以上」の場合がほとんどです。大企業や人気企業などは、大卒者の中でも一定のレベル以上を採用の条件にしている場合が少なくありません。そのため、高卒で総合職を目指すことは非常に困難です。高卒で総合職を目指す方は、就職活動が難航することを覚悟しておきましょう。「大学に行かないとなれない職業はある?進学・就職を決定するまとめ」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 総合職の採用は長期的なキャリア形成を前提としているため、若い人材が求められています。ですので「高卒だから…」との理由で諦める必要はありません。高卒でも採用される可能性は十分にあります。企業の中には「若くてポテンシャルのある人材」を求めているところもありますので、思い切って応募してみましょう。「高卒で正社員(総合職)は目指せるか?」や「高卒者でも大企業に就職できるのか?実際の就職数を大卒者と比較!」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 総合職と一般職で迷った際は「仕事に求める大切なもの」を明確化し、その大切なものに優先順位をつけることが有効です。たとえば「たくさん稼ぎたい!」という思いを最優先したいのであれば総合職を選択したほうがいいでしょう。一方で「プライベートの時間をなるべく確保したい!」という場合は、一般職を選択したほうが理想の生活を送れる可能性が高くなるでしょう。     高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。総合職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。「高卒向けに総合職や一般職を紹介しているサイト」でも就職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|総合職とは? 高卒の就職|総合職は大きく分けて2つに分類されます 高卒の就職|総合職と一般職でコース別採用するのはなぜ? 高卒の就職|総合職と一般職の違いについて 高卒の就職|総合職に求められる学歴は? 高卒の就職|総合職では若い人材が求められています 高卒の就職|総合職と一般職で迷ったら? 高卒の就職|総合職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 学歴
  • 総合職

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|Webマーケティングについて解説します

Webマーケティングに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「Webマーケティングの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「Webマーケティングで役立つ資格」や「Webマーケティングに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|Webマーケティングとは? 高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です 高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策1】集客施策 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策2】コンバージョン率や回遊率を高める施策 【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策3】アクセス解析 高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格1】Web検定 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格2】マーケティング・ビジネス実務検定 【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3】ネットマーケティング検定 高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴1】ロジカルに考えられる人 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴2】心理学が好きな人 【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3】計算が得意な人 高卒の就職|Webマーケティングを目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ       高卒の就職|Webマーケティングとは? まずは「Webマーケティング」について解説します。Webマーケティングとは、Webを利用してマーケティングを行う仕事。主にWebサイトやWebサービスを用いて行われ、集客力や販売力のアップなどを目指します。Webマーケティングは、他のマーケティング職以上に事実をデータとして認識しやすく、明確な情報を基に分析や検証を行えます。ですので、仕事の成果を非常に実感しやすく、そこにやりがいを感じる人が多い職種ですよ。     高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 結論を申し上げます、Webマーケティングに学歴は関係ありません。数字で評価されるWebマーケティング業界では、学歴よりもスキルや実績が重要視されます。学歴があるからといってWebマーケティングの評価に繋がることはありません。ですから、高卒でWebマーケティングに興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募しましょう。「Webマーケティングに学歴は一切関係なし!高卒でも就職可能です」や「Webマーケティングに学歴は関係ない?体験談を交えて解説」でも同様のことを述べておりますよ。     高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です Webマーケティング業界は比較的新しい分野であり、常に人材不足の状態が続いています。『マーケティング人材に関する調査』によると、9割以上のマーケターが自社の人材不足を感じていることがわかっています。そのため現在では、多くの企業で未経験者への教育体制を整え、積極的に採用を行っております。実際に「高卒向けにWebマーケティングの求人を紹介しているサイト」では、多くの企業で未経験者を募集しておりますよ。     高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について ここからは、Webマーケティングの代表的な施策を3つご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なりますので、参考程度にご覧くださいね。なお、高卒でWebマーケティング職に就く方法について知りたい方は「高卒向けにWebマーケティングの仕事内容を紹介しているサイト」や「Webマーケティングは高卒でもできる!その根拠は?」をご覧ください。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策1】集客施策 Webマーケティングの代表的な施策1つ目は『集客施策』です。集客施策では、決められた集客の予算内で目標の成果ポイントを達成するために、計画・運用・改善を行います。登録や購入の件数だけでなく「クリック単価」や「登録単価」などの費用対効果も意識する必要があります。なお、集客の代表的な施策としてはSEOとWeb広告の2つがあります。   <高卒の就職|SEO(検索エンジン最適化)とは?> SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahooの検索結果で自社サイトが上位に表示されるようにし、アクセス数を増やして、より多くの人に閲覧してもらう施策です。   <高卒の就職|Web広告とは?> Web広告とは、Web上のメディアやメールに掲載する広告のこと。インターネット広告、デジタル広告、オンライン広告と呼ばれることもあります。Web広告は「誰に?」「何を見ている時に」「どんな広告を?」といった細かなターゲティングができる広告です。なので、広告を見てほしいターゲットに自社の広告を確実に届けることができます。なお、Web広告には「リスティング広告」「アフィリエイト広告」「ディスプレイ広告」などたくさんの種類がありますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策2】コンバージョン率や回遊率を高める施策 Webマーケティングの代表的な施策2つ目は『コンバージョン率や回遊率を高める施策』です。コンバージョン率や回遊率を高める施策とは、集客施策でユーザーを集めた後、購入や登録などの成果につなげるための施策。「Webサイトに流入した人がどこで離脱しているのか」「どうやって成果につなげるか」などを分析し、回遊率やコンバージョン率を高めるために検証・実行・改善のPDCAを回します。 ※PDCA とは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善を促す技法です。   【高卒の就職|Webマーケティングの代表的な施策3】アクセス解析 Webマーケティングの代表的な施策3つ目は『アクセス解析』です。アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしたユーザーの情報・行動を取得して分析すること。具体的には、Googleアナリティクスなどのツールを用いて、Webサイトを訪れたユーザーの属性や行動データを分析し、施策の選定・実行・効果検証を行います。アクセス解析について詳しく知りたい方は「高卒向けにWebマーケティングの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 Webマーケティングは資格がなくても大丈夫。仕事をする上で問題はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。「Webマーケティングは学歴不要!必須スキル獲得方法を紹介」でも資格取得をおすすめしておりますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格1】Web検定 Webマーケティングで役立つ資格1つ目は『Web検定』です。Web検定は、Webに関わる基本的なリテラシーを身につけるための資格。検定内容は、必須知識をまとめたWebリテラシーをベースとし、それら上位の各専門知識であるWebデザイン、Webディレクション、Webプロデュースの専門3分野で構成されています。そのため、この検定に合格するとWebに関わる基本的なリテラシーを証明できますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格2】マーケティング・ビジネス実務検定 Webマーケティングで役立つ資格2つ目は『マーケティング・ビジネス実務検定』です。マーケティングビジネス実務検定とは、マーケティング実務の知識を総合的に判定するための検定試験。仕事ですぐに役立つ「マーケティング実務知識」や時事情報、実務時例を習得できます。マーケティング・ビジネス実務検定を取得すると業種・業界を問わない「マーケティングの知識」を身につけることができるため、実務に活かすことができますよ!   【高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3】ネットマーケティング検定 Webマーケティングで役立つ資格3つ目は『ネットマーケティング検定』です。ネットマーケティング検定とは、インターネットマーケティング全般の「基本知識」や「方法論の知識」を認定する唯一の検定試験。検定に向けた勉強をすることで、ネットでの市場リサーチ、SEO対策など、Webマーケティングを行うための知識やスキルを習得できます。Webマーケティングの基礎知識を学びたい方は、ぜひネットマーケティング検定を受けるといいでしょう。     高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ Webマーケティングは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、Webマーケティングに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴1】ロジカルに考えられる人 Webマーケティングに向いている人の特徴1つ目は『ロジカルに考えられる人』です。Webマーケティングの仕事は、PDCAをロジカルに分析し、改善施策を考え続ける能力が求められます。そのため、ロジカルに考えられる人は向いているといえるでしょう。なお、ロジカルに考えられる人はWebディレクターとしても活躍できると思いますよ。Webディレクターについては「高卒向けにWebディレクターの紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴2】心理学が好きな人 Webマーケティングに向いている人の特徴2つ目は『心理学が好きな人』です。Webマーケティングの仕事は、消費者の行動心理やプロセスを読み解き、施策を講じることです。そのため、心理学が好きな人はWebマーケティングに向いています。心理学を学ぶと消費者の行動心理が深く理解できるようになりますので、より効果的な計画を立てられるようになりますよ。   【高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3】計算が得意な人 Webマーケティングに向いている人の特徴3つ目は『計算が得意な人』です。Webマーケティングの仕事は、エンゲージメント率の計算、利益率の計算、売上の計算など、さまざまな計算式を用いる必要があります。そのため、計算が得意な人はWebマーケティングに向いていますよ。「高卒向けにWebマーケティングの仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|Webマーケティングを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。Webマーケティングへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|Webマーケティングとは? 高卒の就職|Webマーケティングに学歴は関係あるの? 高卒の就職|Webマーケティング業界は人手不足の状態です 高卒の就職|Webマーケティングの仕事内容について 高卒の就職|Webマーケティングで役立つ資格3選 高卒の就職|Webマーケティングに向いている人の特徴3つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • Webマーケティング

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|人材コーディネーターについて解説します

人材コーディネーターに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「人材コーディネーターの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「人材コーディネーターに必要なスキル」や「人材コーディネーターに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|人材コーディネーターとは? まずは「人材コーディネーター」についてご説明します。人材コーディネーターとは、人材派遣会社や人材紹介会社で働き「求職者」と「採用企業」をマッチングさせる仕事です。具体的には、営業が人材を求めている企業から案件を受注したのち、その企業とマッチする人材を“自社に登録に来た人の中”から選び、クライアント企業に派遣します。近年は様々な業界で人手不足が起きているので、幅広く活躍できる仕事ですよ。     高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 結論を申し上げますと、人材コーディネーターに学歴は関係ありません。大手の人材派遣会社では大卒を中心に採用していることもありますが、多くの企業では「高卒以上」が応募条件となっています。高卒だからといって諦める必要はありません。人材コーディネーターに興味のある方は「私には無理かも…」と思わず、勇気を出して応募してみましょう。実際に「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」では、多くの企業で高卒者を募集しておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? ここからは、人材コーディネーターの仕事内容をご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なります。ですので、人材コーディネーター全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 人材コーディネーターの仕事1つ目は『派遣スタッフとの登録面談』です。人材派遣業は、営業が案件を受注しても実際にスタッフを派遣しない限り報酬は発生しません。そのため、まずは派遣スタッフとして登録してくれる人の登録面談をします。スタッフの性格や適性などをしっかりと見極めるための登録面談は、人材コーディネーターにとって非常に重要な業務ですよ。派遣スタッフとの登録面談について詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 人材コーディネーターの仕事2つ目は『企業とのマッチング』です。企業とのマッチングとは、クライアントから提示された求人に対して、派遣する人材を当てはめていく仕事です。クライアントが求めるスキルや期間などに適した人材を選ぶ。また、登録者に対してはクライアントの仕事内容を説明します。このマッチングがうまくいかないと、派遣した後にトラブルになったり定着率が悪くなったりしますので、非常に重要な業務ですよ。企業とのマッチングについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 人材コーディネーターの仕事3つ目は『登録スタッフのフォロー』です。人材コーディネーターの仕事は、登録者を派遣して終わりではありません。登録者がクライアントのもとで働く期間中、様々なフォローをする必要があります。登録者から企業側に伝えてほしいことや、逆に企業から登録者への苦情なども人材コーディネーターが間に入って話をすることもありますよ。登録スタッフのフォローについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」、もしくは「人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 人材コーディネーターには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。以下、人材コーディネーターに必要とされる代表的なスキルです。参考程度にご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 人材コーディネーターに必要なスキル1つ目は『コミュニケーション能力』です。人材コーディネーターは、登録者とクライアントの間に入る存在。どちらの要望も聞き、マッチングさせなくてはなりません。そのため、高度なコミュニケーション能力が求められます。相手と同じ目線に立ったうえで意思疎通を図り、適切なアドバイスができれば、人材コーディネーターとして活躍できると思いますよ。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 人材コーディネーターに必要なスキル2つ目は『営業力』です。人材コーディネーターは求職者の対応だけでなく、クライアント企業を探し「登録者の派遣先にしてもらう」という営業活動をする場合があります。そのため、最低限の営業力は必要です。営業力については「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」でも述べておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 人材コーディネーターに必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 人材コーディネーターで役立つ資格1つ目は『キャリアコンサルタント』です。キャリアコンサルタントとは、厚生労働大臣の登録を受けた“登録試験機関”が実施する国家資格試験。登録制の名称独占資格であるため、キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を名乗れません。キャリアコンサルタントを取得すると、転職希望者の人生にコミットするプロフェッショナルとして、相応の能力を持っていることが証明できます。ですので、人材コーディネーターとして働く上で非常に役立ちますよ。キャリアコンサルタントについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 人材コーディネーターで役立つ資格2つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。人材コーディネーターは、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 人材コーディネーターは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、人材コーディネーターに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 人材コーディネーターに向いている人の特徴1つ目は『人をサポートすることが好きな人』です。人材コーディネーターは転職希望者に対して様々なサポート業務を行う仕事です。そのため、人のために力を発揮することに喜びを感じられる人は、人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 人材コーディネーターに向いている人の特徴2つ目は『聞き上手な人』です。登録者の多くは、不安や悩みを抱えて訪れます。そのため、まずは相手の話に耳を傾けることが大切です。聞き上手な人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ目は『情報収集能力がある人』です。転職希望者の適正職種や求人を探すうえで、情報収集能力は不可欠です。近年は制度の新設や法改正の動きも活発化しているため、最新の情報をいち早くキャッチアップし、正しい理解をした上で、業務に活かしていくことが求められます。情報収集能力がある人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。人材コーディネーターへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 仕事
  • 資格
  • 人材コーディネーター

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|イベント企画職について解説します

イベント企画職に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「イベント企画職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「イベント企画職を目指す方におすすめの資格」や「イベント企画職に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。なお、イベント企画職の志望動機については「イベント企画職の志望動機の書き方と例文」に詳しく記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。 【目次】 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ     高卒の就職|イベント企画職とは? まずは「イベント企画職」についてご説明します。イベント企画職とは、イベントを企画し、準備、管理などを請け負う仕事。イベントの種類は音楽、スポーツ、ブライダルなど多岐にわたり、イベントに関するパンフレットの製作や宣伝など幅広い業務を担当します。イベント開催時は大勢のスタッフが連携して動くため、臨機応変に行動する力やコミュニケーション力などが重視されますよ。     高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 結論を申し上げますと「イベント企画職」に学歴は関係ありません。高卒でもイベント企画職に就くことは可能です。イベントの仕事は、現場での作業が非常に多いため、比較的若くて体力のある人材が重宝されます。ですので、意欲と体力さえあれば採用してもらえますよ。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? ここからは、イベント企画職の仕事内容をご紹介します。細かい点は組織の業務区分、企業規模によって異なります。ですので、イベント企画職全般に共通する「仕事内容」だけをご紹介しますね。なお「イベント企画職の求人」や「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」を見ると、仕事のイメージがつかめると思いますので、ご興味のある方はご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 イベント企画職の仕事1つ目は『イベントの企画』です。まずはイベントの開催目的を深く理解し、市場調査や分析をもとに、より効果的で魅力的なプランを立案します。最適なプランをクライアントに提案後、必要であれば修正などを行い、クライアントと相談しながら内容を固めていきますよ。なお、イベントの開催資金が足りない場合には、スポンサーや協賛企業などを募るのもイベント企画職の重要な仕事です。イベントの企画について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 イベント企画職の仕事2つ目は『プログラムやコンテンツの制作』です。イベント当日に向けて、イベントのプログラムや各コンテンツを制作します。コンテンツ制作はイベントの肝となる部分なので、非常に重要な業務ですよ。なお、コンテンツの制作が終わったら、イベント当日までの広告やPR業務も行いますよ。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 イベント企画職の仕事3つ目は『イベントの運営』です。イベント当日は、総合責任者として全体を取り仕切ります。スタッフをまとめ、円滑に進行させるのもイベント企画職の重要な役割ですよ。イベントの運営について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」や「イベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ イベント企画職に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。なお、イベント制作会社に就職する方法が気になる方は「イベント制作会社への就職方法を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格1つ目は『イベント検定』です。イベント検定とは、イベントの管理や調整などを行う人材を育成するために用意された資格。イベントの企画・制作・運営に必要な基礎知識を体系的に学ぶことができます。イベント検定の受検には「日本イベント産業振興協会」が認定する講座を修了している必要がありますので、あらかじめご確認くださいね。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格2つ目は『スポーツイベント検定』です。スポーツイベント検定とは、スポーツイベントを通じた自己実現や社会貢献ができる人材育成を目的にした検定。試験では、スポーツイベントの概論や基本構造など、スポーツとイベントのつながりをより専門的に問われます。ですので、この検定に合格すると「スポーツイベントに関する知識」があることを証明できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格3つ目は『ユニバーサルイベント検定』です。ユニバーサルイベント検定とは「国際的なイベント」や「障がい者イベント」に関することを学ぶ検定(イベントにおける“ユニバーサル”とは、高齢者も若い人も、障がいがある人もない人も、どのような国籍や年齢、性別であっても全員が快適に来場し参加できることを指します)。ユニバーサルイベント検定では、誰もが楽しめるイベントにするための基礎知識や対応方法を習得できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ目は『イベント業務管理士』です。イベント業務管理士とは、イベントの企画・制作・運営に必要な職務能力を評価するための資格。イベントの概論や企画、制作と運営、マネジメントまで幅広い知識が問われます。なお、イベント業務管理士の受験には、実務経験3年以上の条件があるため、就職後に取得するといいでしょう。     高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ イベント企画職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、イベント企画職に向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 イベント企画職に向いている人の特徴1つ目は『リーダーシップがある人』です。イベント企画職は、そこに関わる人間を引っ張っていく仕事。イベント全体に目を行き届かせ、音響、照明、美術などのスタッフと連携をとり、まとめていく力が必要です。そのため、リーダーシップがある人は大いに活躍できると思います。リーダーシップがある人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 イベント企画職に向いている人の特徴2つ目は『トレンドを敏感に追える人』です。イベントは時代の動きと関わりが深く、トレンドや時代の流れを読む感性やセンスが必要とされます。そのため、トレンドを敏感に追える人はイベント企画職に向いています。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 イベント企画職に向いている人の特徴3つ目は『臨機応変に対応できる人』です。イベントの仕事は計画的に進まないことが日常茶飯事。頻繁にトラブルが発生します。そのため、臨機応変に対応できる人はイベント企画職に向いていますよ。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 イベント企画職に向いている人の特徴4つ目は『コミュニケーション力が高い人』です。イベントは、様々なスタッフとの連携が欠かせません。年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていく必要があります。そのため、高いコミュニケーション力が求められます。コミュニケーション力が高い人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。イベント企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • イベント企画

10/

01

2022

高卒

高卒でも転職できる?転職成功の秘策やおすすめの職種を紹介します

転職したいけど…。高卒だから不安。 大丈夫かな…。 このような悩みを解決します。 この記事では『高卒者の転職』について解説していきます。後半部分では「高卒者におすすめの職種」を紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒でも転職できる? 高卒でも転職できる!転職成功の秘策8選 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策1】人手不足の業界を狙う 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策2】高卒向けの求人サイトを利用する 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策3】若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策4】資格を取得する 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策5】徹底的に企業研究を行う 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策6】よくある質問を把握しておく 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策7】転職エージェントを活用する 【高卒でも転職できる!転職成功の秘策8】実力主義の職種を選ぶ 高卒でも転職できる!おすすめの職種8選 【高卒でも転職できる!おすすめの職種1】営業職 【高卒でも転職できる!おすすめの職種2】プログラマー 【高卒でも転職できる!おすすめの職種3】土木作業員 【高卒でも転職できる!おすすめの職種4】販売職 【高卒でも転職できる!おすすめの職種5】長距離ドライバー 【高卒でも転職できる!おすすめの職種6】Webデザイナー 【高卒でも転職できる!おすすめの職種7】Webライター 【高卒でも転職できる!おすすめの職種8】エステティシャン まとめ   高卒でも転職できる? 結論を申し上げますと、高卒者でも転職できます。高卒者の転職は決して難しいものではありません。近年は「学歴を問わない企業」や「未経験者を歓迎する求人」が増加傾向にあるため、高卒者にも大いにチャンスがあります。転職をご検討の方は「高卒だから無理かも…」と諦めず、自信をもって応募しましょう。     高卒でも転職できる!転職成功の秘策8選 ここからは、高卒が転職を成功させるための秘策を8つご紹介していきます。ぜひこの内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。なお、大企業への転職をご検討の方は「高卒で転職できる大企業を紹介しているサイト」、もしくは「【高卒でもホワイト企業に転職できるのか】方法や業界別平均年収もご紹介」をご覧ください。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策1】人手不足の業界を狙う 高卒が転職を成功させるための秘策1つ目は『人手不足の業界を狙う』です。人手不足の業界は積極的に採用を行っているため「高卒者」でも採用してもらえ可能性が高い。「誠実さ」と「意欲」をアピールすれば、きっと内定を獲得できると思いますよ。転職を成功させたい方は、人手不足の業界を狙いましょう。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策2】高卒向けの求人サイトを利用する 高卒が転職を成功させるための秘策2つ目は『高卒向けの求人サイトを利用する』です。高卒者向けの求人を多数掲載しているサイトなら「学歴不問の求人」が豊富にあります。そのため、効率的に仕事探しができます。高卒転職を成功させたい方は「高卒向けの求人サイト」を使いましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談くださいね。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策3】若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ 高卒が転職を成功させるための秘策3つ目は『若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ』です。「若手積極採用!」「当社の将来を担う人材を募集!」などの記載がある企業は、求人情報欄に「大卒以上」などの記載があっても、面接を行ってくれる可能性があります。ですので、気になる企業があれば積極的に応募しましょう。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策4】資格を取得する 高卒が転職を成功させるための秘策4つ目は『資格を取得する』です。応募先で必要となる資格を取得しておくと転職に有利。スキルの証明になるため、書類通過率が上がります。やりたい仕事が決まっている場合は必要な資格を取得しておきましょう。なお、高卒におすすめの資格に関しては「高卒でも転職はできる?大卒との収入格差や就職成功のコツを公開」をご覧ください。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策5】徹底的に企業研究を行う 高卒が転職を成功させるための秘策5つ目は『徹底的に企業研究を行う』です。企業研究は転職を成功させる上で重要。なぜなら企業研究を行うと、企業が求める人物像がわかり、「志望動機」や「自己PR」の作成に役立つからです。転職を成功させたい方は徹底して企業研究を行いましょう。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策6】よくある質問を把握しておく 高卒が転職を成功させるための秘策6つ目は『よくある質問を把握しておく』です。転職するときは面接対策が重要。なかでも、よく聞かれる質問に対して、しっかりと対策しておくことが大事です。よくある質問を把握しておくと、面接での「パフォーマンス」が向上しますので、必ずチェックしておきましょう。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策7】転職エージェントを活用する 高卒が転職を成功させるための秘策7つ目は『転職エージェントを活用する』です。転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。ほとんどの場合は無料でサービスを利用できます。転職エージェントを活用すると、企業ごとに「どんな応募書類にすればいいのか」アドバイスをくれます。そのため、書類審査に通りやすい書類を作成することができます。また、事前に面接対策を行ってくれますので、面接のポイントを押さえた準備ができますよ。高卒転職を成功させたい方は転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントについて詳しく知りたい方は「高卒向け転職エージェント12選!活用のコツも紹介」、もしくは「20代高卒におすすめの転職エージェント13選」をご覧ください。   【高卒でも転職できる!転職成功の秘策8】実力主義の職種を選ぶ 高卒が転職を成功させるための秘策8つ目は『実力主義の職種を選ぶ』です。実力主義の職種は学歴を重視しません。人柄やスキルに重きをおきます。したがって、学歴を理由にして不採用になることはありませんよ。高卒転職を成功させたい方は実力主義の職種を選びましょう。なお、実力主義の職種については、次の項目でご紹介しますね。     高卒でも転職できる!おすすめの職種8選 続きましては、高卒におすすめの職種を8つご紹介します。これらの職種は上記で取り上げた「実力主義」に当てはまる職種。基本的に学歴を問われることはありません。ですので、自信をもって応募してくださいね。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種1】営業職 高卒におすすめの職種1つ目は『営業職』です。営業職とは、自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事。学歴やスキルより、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く、高卒でも転職がしやすい職種となっております。営業職は努力次第で高収入を得ることも十分に可能。なので、収入をあげたい方にぴったりの職種だといえるでしょう。「高卒が転職できる業界4選・仕事6選まとめ|高卒転職の3つのコツとは?」や「高卒でも転職できる業界や職種を紹介しているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種2】プログラマー 高卒におすすめの職種2つ目は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る仕事。未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえる職種です。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって努力した分だけ評価されます。なお、現在IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、高卒・未経験でもポテンシャルさえあれば転職できますよ。「高卒でも転職できる業界や職種を紹介しているサイト」でも同様のことを述べています。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種3】土木作業員 高卒におすすめの職種3つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う職種。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は技術職のため、学歴よりも実力を重視します。ですから、高卒でも問題なく転職できますよ。「高卒の転職は厳しい?おすすめの仕事は?内定のコツや求人の探し方も紹介!」でも同様のことを述べております。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種4】販売職 高卒におすすめの職種4つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う職種。コミュニケーション力さえあれば「学歴」を問われることはありません。販売職はアパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があり、なかには歩合制を導入している企業もあります。ですから、高卒でも努力次第で高収入を狙えるでしょう。「高卒でも転職できる?成功率を極限まで上げるノウハウ集!」や「高卒でも転職できる業界や職種を紹介しているサイト」でも同様のことを述べております。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種5】長距離ドライバー 高卒におすすめの職種5つ目は『長距離ドライバー』です。長距離ドライバーとは、文字通り遠い場所(一般的に片道300km以上)まで荷物を運ぶ仕事。 場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。長距離ドライバーは運転免許さえあれば、学歴や経験は不要。やる気さえあれば、未経験でも転職できますよ。「高卒は転職できない!?転職しやすい職種と成功させるための秘訣を紹介!」でも同様のことを述べております。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種6】Webデザイナー 高卒におすすめの職種6つ目は『Webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う職種。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。Webデザイナーはプログラマーと同じく、職歴や学歴よりも実力を重視します。ですので、実力さえつければ高卒でも高収入を狙えますよ。高収入を狙える職種に就きたい高卒者はWebデザイナーを選ぶといいでしょう。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種7】Webライター 高卒におすすめの職種7つ目は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、職歴や学歴は問われません。ですので、高卒者でも問題なく転職できます。Webライターは近年、Web記事の他に「Kindle(キンドル)編集」「メルマガ執筆代行」など仕事の幅が広がっております。ですので、幅広いジャンルの記事作成に携わることができますよ。   【高卒でも転職できる!おすすめの職種8】エステティシャン 高卒におすすめの職種8つ目は『エステティシャン』です。エステティシャンは「フェイシャルエステ」「痩身」「脱毛」など、全身の美容に関わる職種。ボディ専門など特定の分野に特化して技術を身につける人もいれば、幅広く学んで仕事をこなす人もいます。エステティシャンは勤務先によって歩合制を導入しているところもあります。ですので、スキルさえ身につければ高卒者でも十分に稼げますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒でも転職できる? 高卒でも転職できる!転職成功の秘策8選 高卒でも転職できる!おすすめの職種8選 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 高卒
  • 対策
  • おすすめ
  • 職種
  • 資格
  • 成功
  • できる

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|コンサルティング業界について解説します

コンサルティング業界に興味があるけれど…。 よくわからない。高卒でも転職できるの? このような疑問にお答えします。 この記事では、転職を考えている高卒に向けて『コンサルティング業界』をご紹介していきます。後半部分では「コンサルティング業務で役立つ資格」や「コンサルティング業界に向いている人の特徴」を紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の転職|コンサルティング業界について解説する前に 高卒の転職|コンサルティング業界とは? 高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指すことは可能? 高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指す道は険しい 高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格5選 【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格1】中小企業診断士 【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格2】日商簿記 【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格3】税理士 【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格4】ビジネス文書検定 【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格5】ITストラテジスト試験 高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴5つ 【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴1】数字に強い人 【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴2】分析力がある人 【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴4】体力がある人 【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴5】プレゼンが得意な人 高卒の転職|コンサルティング業界を目指す方へ まとめ   高卒の転職|コンサルティング業界について解説する前に はじめに「業界」について解説します。業界とは、企業を「産業」や「商業」で分類したもの。つまり「同じ仕事をしている人や企業」ということになります。たとえば、日本を代表する自動車の会社・トヨタ自動車株式会社は「自動車メーカー」。5大総合商社の一つ、三井物産は「商社業界」というグループになります。このように、業界によって取り扱う商品やサービスは様々。メーカーが製造した商品を商社が仕入れ、小売が販売するなど各業界は密接な関わりを持っています。     高卒の転職|コンサルティング業界とは? コンサルティング業界は、経営・戦略・会計など、企業の課題を解決するために、専門的なコンサルティング(相談・指導・企画・立案)を行っている業界。専門的な知識やノウハウを持った「コンサルタント」が企業から相談を受け、企画・立案を行い、経営戦略、事業開発、業務開発などをサポートし、企業の成長へと導く仕事を行っています。 ※コンサルタントとは、コンサルティングを商品として提供する職業。一方、コンサルティングとは、企業の経営課題に対して解決策を考え、課題解決・改善を手伝ったり、助言をしたりする仕事。つまり、コンサルティングが業務内容を指し、コンサルタントは「コンサルティングを行う人」を指すということです。     高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指すことは可能? コンサルタントに特別な資格や学歴は必要ありません。そのため、高卒でもコンサルタントへの転職は可能です。近年は応募要件を「大卒以上」ではなく、「高卒可」としているコンサルティング企業も増えています。ですので、しっかりと求人を選んでいけば、高卒からコンサルタントを目指すことは可能ですよ。コンサルタントにご興味のある方は「高卒向けにコンサルティング企業を紹介しているサイト」や「コンサルティング企業を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指す道は険しい 高卒でもコンサルタントを目指すことは可能です。しかし、コンサルタントは幅広い知識が必要な仕事であることから、大卒が一般的。また、コンサルタントは求められる能力も高く、給与水準も高いため人気の職業となっており、高学歴の方が集まる傾向にあります。そのため、高卒からコンサルタントへの転職は困難を極めるといえるでしょう。高卒からコンサルティング業界への転職事例について知りたい方は「高卒のネックを乗り越えて、コンサルティング会社のマネージャーへ」をご覧ください。     高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格5選 コンサルタントに必要な資格はありません。しかしコンサルティング業務を行う上で役立つ資格はあります。ですので、コンサルティング業務に携わりたい方は、以下の資格を取得するといいでしょう。なお、資格の取得については「高卒向けに転職エージェントを紹介しているサイト」でもおすすめしていますよ。   【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格1】中小企業診断士 コンサルティング業務で役立つ資格1つ目は『中小企業診断士』です。中小企業診断士とは、経営コンサルタントとしての唯一の国家資格。企業をさまざまな角度から診断し、適切なアドバイスができる人を認定する資格です。最近では、日本版のMBA(経営学修士)とも言われています。中小企業診断士試験には受験資格がありません。ですので、高卒でも受験可能ですよ。   【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格2】日商簿記 コンサルティング業務で役立つ資格2つ目は『日商簿記』です。日商簿記検定は、日本商工会議所・各地商工会議所が実施する検定の中で、簿記に関する知識・技能を検定する資格。「原価計算初級」「簿記初級」「1級」「2級」「3級」に分かれております。日商簿記は公的資格になりますが、お金の動きを把握する力(会計スキル)を証明できます。そのため、コンサルティング業務に役立ちますよ。   【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格3】税理士 コンサルティング業務で役立つ資格3つ目は『税理士』です。税理士とは税務の専門家で、税理士法に基づく国家資格。顧客や顧問先の依頼に応じて、税務書類を作成し、税務上の指導や助言を行うことができます。税理士試験の合格者は、会社の税務担当者になるという道もありますが、税理に関する知識を強みとして企業のコンサルティングを行う人材を目指すというのも有力な選択肢です。「コンサルティング企業の解説をしているサイト」でも同様のことを述べていますよ。   【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格4】ビジネス文書検定 コンサルティング業務で役立つ資格4つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。コンサルティング会社に転職すると、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。   【高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格5】ITストラテジスト試験 コンサルティング業務で役立つ資格5つ目は『ITストラテジスト試験』です。ITストラテジストは、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が認定する国家資格。IPAの資格の中でも特にIT戦略の専門家であることを認定する資格になっています。近年、コンサルティングにおいてIT化は欠かせない要素であり、ITスキル人材の需要は非常に大きなものとなっています。ですので、IT系の資格を取得すると大いにアピールできますよ。     高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴5つ コンサルティング業界は、どのような人に向いているのでしょうか。ここでは、コンサルに向いている人の特徴を5つご紹介しますね。なお、コンサルティング企業の面接対策について知りたい方は「工業高校から外資系コンサルに受かった僕が発見した「面接で受かる人」と「アピールがマイナスになる人」の決定的な差」をご覧ください。   【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴1】数字に強い人 数字に強い人とは、数字の意味が分かり数字を使ってものを考えられる人のことを指します。コンサルタントは、数字に強くなくては務まりがたい職業。いわゆる「計数感覚」。つまり、企業活動と数字の関係性を理解できる力が求められます。ですので、数字に強い人 は向いているといえるでしょう。「高卒向けにコンサルティング企業の紹介をしているサイト」でも同様のことを述べています。   【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴2】分析力がある人 コンサルタントは、戦略を練る前にクライアントが現状どんな課題を抱えているか、様々なデータを調査したり、分析したりして洗い出す必要があります。そのため、分析力が高い人は向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 コンサルティング業務は、人間対人間が基本。スムーズな意思疎通が出来るよう、目の前の相手に興味を持って、円滑なコミュニケーションを取る必要があります。そのため、コミュニケーション能力が高い人は向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴4】体力がある人 コンサルティング業界は激務であることが多いです。特に入社して間もない頃は、コンサルタントの求める情報を収集・分析し、分かりやすく資料にまとめることが求められますので、 膨大な仕事量になります。そのため、残業は日常茶飯事です。このようなことから、コンサルティング業界は、体力がある人に向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴5】プレゼンが得意な人 コンサルティングにおいて戦略は重要です。しかし分析結果をもとに、いくら良い戦略が出来たとしても、クライアントに伝える能力がなければ案件の獲得はできません。ですので、コンサルタントにはプレゼン力が必要です。プレゼンが得意な人はコンサルタントに向いているといえるでしょう。     高卒の転職|コンサルティング業界を目指す方へ 転職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から転職する際はサポート役として「転職エージェント」をつけるといいでしょう。転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。コンサルティング業界への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、おすすめの転職エージェントについては「高卒向け転職エージェント12選!活用のコツも紹介」や「高卒専用・無料転職支援サービス」、もしくは「高卒におすすめの転職エージェントランキング10選」をご覧ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|コンサルティング業界について解説する前に 高卒の転職|コンサルティング業界とは? 高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指すことは可能? 高卒の転職|コンサルティング業界に転職してコンサルタントを目指す道は険しい 高卒の転職|コンサルティング業務で役立つ資格5選 高卒の転職|コンサルティング業界に向いている人の特徴5つ 高卒の転職|コンサルティング業界を目指す方へ 以上になります。

  • 転職
  • 高卒
  • エージェント
  • 未経験
  • 職種
  • 業界
  • 資格
  • コンサルティング

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|エステティシャンについて解説します

エステティシャンって…。どんな仕事? 高卒でも転職できる? このような疑問にお答えします。 この記事では、転職を考えている高卒に向けて『エステティシャンの仕事内容』をご紹介していきます。後半部分では「エステティシャンに向いている人の特徴」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の転職|エステティシャンとは? 高卒の転職|エステティシャンは学歴を問われません 高卒の転職|エステティシャンは資格がなくても働けます 高卒の転職|エステティシャンの仕事内容 【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容1】カウンセリング 【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容2】施術 【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容3】販売 【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容4】店舗業務 高卒の転職|エステティシャンの施術内容 【高卒の転職|エステティシャンの施術内容1】脱毛 【高卒の転職|エステティシャンの施術内容2】フェイシャル 【高卒の転職|エステティシャンの施術内容3】ボディケア 高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴 【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴1】接客が好きな人 【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴2】美に対する関心が高い人 【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴3】聞き上手な人 【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴4】体力に自信がある人 高卒の転職|エステティシャンを目指す方へ まとめ     高卒の転職|エステティシャンとは? エステティシャンとは、エステティック業をおこなう技術者のこと。具体的には「ボディケア」「フェイシャルエステ」「脱毛」などの施術を行い、外見の悩みを解決し、見た目をより美しくする職種です。エステサロンにご来店される方の中には、見た目の美しさだけではなく、癒しを求めている人もいます。ですので、エステティシャンにはリラックスできる雰囲気づくりも必要になりますよ。 ※エステティック業とは「手技又は化粧品・機器等を用いて、人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導又は施術を行う事業所をいう」と定義されております(参照:総務省の「日本標準産業分類」)。     高卒の転職|エステティシャンは学歴を問われません エステティシャンに学歴は関係ありません。高卒でもエステティシャンに転職可能です。エステティシャンにご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、自信をもって応募しましょう。「高卒だからと諦めないで!憧れのエステティシャンになるには」でも同様のことを述べていますよ。     高卒の転職|エステティシャンは資格がなくても働けます エステティシャンは、お客様の見た目を美しくする専門職。そのため、入社時に「資格」を求められるイメージがありますが、実際には不要です。なぜなら、エステティシャンが行う施術に国家資格は必要ないからです(取得しておきたい民間資格はありますが必須ではありません)。また、基本的にエステサロンでは、しっかりとした研修を行っております。ですので「未経験」や「無資格」でもエステティシャンとして働けますよ。「高卒でもエステティシャンになれる!ヤル気が成功の秘訣!」でも同様のことを述べています。     高卒の転職|エステティシャンの仕事内容 ここからは、エステティシャンの仕事内容をご紹介します。細かい点は、エステサロンによって異なります。ですので、エステティシャンに共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容1】カウンセリング エステティシャンの仕事1つ目は『カウンセリング』です。カウンセリングとは、お客様の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助。具体的には、お客様に「どんな仕事をしているのか」「どのような生活スタイルを送っているのか」など、施術に関して必要な情報をヒアリングします。そして、この情報を基に「どのような施術をすればいいのか」を提案します。なお、カウンセリングに関しては「高卒向けにエステティシャンの求人を紹介しているサイト」、もしくは「エステティシャンの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容2】施術 エステティシャンの仕事2つ目は『施術』です。エステティシャンの施術は多岐に渡ります。代表的なものとして「脱毛」「フェイシャルケア」「ボディケア」がありますよ。施術の詳細については、後半部分で解説しますね。   【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容3】販売 エステティシャンの仕事3つ目は『販売』です。エステティシャンは施術後に、ホームケア化粧品の提案や販売を行います。ホームケア化粧品の販売には、商品知識が必要です。そのため、研修の際にしっかりと教えてくれますよ。販売について詳しく知りたい方は「高卒向けにエステティシャンの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の転職|エステティシャンの仕事内容4】店舗業務 エステティシャンの仕事4つ目は『店舗業務』です。エステティシャンの仕事は施術だけではありません。店舗業務もあります。具体的には「受付」や「会計」「予約管理」「掃除」などですね。また、最近では店舗のホームページやSNSを更新することもあります。ですので、SNSの活用が上手いと立派なアピールポイントになりますよ。未経験からエステティシャンを目指す方は、積極的にアピールしましょう。     高卒の転職|エステティシャンの施術内容 続きましては、エステティシャンの施術内容を3つご紹介します。エステティシャンの施術内容はエステサロンの持つ特徴によって異なりますので、代表的なものだけをご紹介しますね。なお、エステティシャンの平均給与について知りたい方は「エステティシャンの給料ってどれ位?」をご覧ください。   【高卒の転職|エステティシャンの施術内容1】脱毛 エステティシャンの施術1つ目は『脱毛』です。脱毛の種類は2つ。からだの一部を集中的に行う「部分脱毛」と「全身脱毛」に分かれます。エステティシャンが行う脱毛は「美容脱毛」と呼ばれ、光やワックスを使いますよ(レーザー脱毛やニードル脱毛は「医療脱毛」と呼ばれ、エステティシャンは行うことができません)。   【高卒の転職|エステティシャンの施術内容2】フェイシャル エステティシャンの施術2つ目は『フェイシャル』です。フェイシャルとは、頭部を含む首から上に対する施術。手技や機器などを使用して美白や保湿、しわやたるみの改善、リラクゼーションなどを目的としたケアを行います。   【高卒の転職|エステティシャンの施術内容3】ボディケア エステティシャンの施術3つ目は『ボディケア』です。ボディケアとは、全身に対する施術。手技や機器によって、皮膚の美化や痩身を目的としたケアを行います。なお、痩身はボディケアの中で「痩せること」を第一の目的とした施術ですよ。     高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴 エステティシャンは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、エステティシャンに向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴1】接客が好きな人 エステティシャンに向いている人の特徴1つ目は『接客が好きな人』です。エステティシャンは毎日さまざまな人と接する接客業。忙しい日だと数十人のお客様を施術します。そのため「接客が好き」「人と話すことが好き」という方でないと辛くなります。エステティシャンは接客が好きな人に向いている仕事だといえるでしょう。   【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴2】美に対する関心が高い人 エステティシャンに向いている人の特徴2つ目は『美に対する関心が高い人』です。エステティシャンの仕事は、美容に興味がある方にピッタリ。美容への関心が高ければ、技術力がどんどん向上します。また、エステティックサロンに来るお客様は、美容に対してこだわりを持っている方が多いため、会話が弾みます。美に対する関心が高い人は、エステティシャンに向いているといえるでしょう。なお、美に対する関心の高さを活かした「志望動機」について知りたい方は「エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切!新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!」をご覧ください。   【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴3】聞き上手な人 エステティシャンに向いている人の特徴3つ目は『聞き上手な人』です。エステティシャンはカウンセリングをしながらお客様の悩みを上手く聞き出し、改善に導きます。つまり、まずはお客様から話を引き出さなくてはいけないのです。コミュニケーション能力が高く、聞き上手な人は、エステティシャンに向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴4】体力に自信がある人 エステティシャンに向いている人の特徴4つ目は『体力に自信がある人』です。エステティシャンの仕事は肉体労働。基本的に立ちっぱなしで、かなり力を使います。そのため、体力がなければ長年勤務することは難しいです。エステティシャンは体力に自信がある人に向いているといえるでしょう。「高卒からエステティシャンを目指すには?」でも同様のことを述べていますよ。     高卒の転職|エステティシャンを目指す方へ 転職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から転職する際はサポート役として「転職エージェント」をつけるといいでしょう。転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。エステティシャンへの転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|エステティシャンとは? 高卒の転職|エステティシャンは学歴を問われません 高卒の転職|エステティシャンは資格がなくても働けます 高卒の転職|エステティシャンの仕事内容 高卒の転職|エステティシャンの施術内容 高卒の転職|エステティシャンに向いている人の特徴 高卒の転職|エステティシャンを目指す方へ 以上になります。

  • 転職
  • 高卒
  • エージェント
  • 求人
  • 未経験
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • エステティシャン

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|簿記を活かせる仕事とは?

簿記の知識があると転職に有利って聞いたけど…。本当? どのような仕事に活かせるの? このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で転職を考えている方に向けて『簿記を活かせる仕事』をご紹介していきます。ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の転職|簿記とは? 高卒の転職|簿記の知識はどうやって証明するの? 高卒の転職|簿記2級が最もおすすめです 高卒の転職|簿記2級を取得すると資格手当はつくの? 高卒の転職|簿記の知識は様々な場面で役立ちます 高卒の転職|簿記を活かせる仕事9選 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事1】経理事務 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事2】医療事務 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事3】貿易事務 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事4】人事事務 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事5】総務事務 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事6】税理士補助 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事7】経営コンサルタント 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事8】販売職 【高卒の転職|簿記を活かせる仕事9】日商簿記検定の制作スタッフ まとめ   高卒の転職|簿記とは? はじめに「簿記」について解説します。簿記とは、企業のお金の出入りや取引を記録し、一定の期間ごとに決算を行い、報告書にまとめる作業のこと。簡単にいうと「お金やものの出入りを記録するための方法」ですね。簿記というと「借方」「貸方」などの用語が使われるため、「難しそう…」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、基本とコツを押さえれば、スムーズに理解することができますよ!簿記にご興味のある方は「私には無理かも…」と諦めず、自信をもって学習しましょう。     高卒の転職|簿記の知識はどうやって証明するの? 簿記の知識を証明する一番の方法は『日商簿記検定』を受けることです。日商簿記検定とは、日本商工会議所・各地商工会議所が実施する検定の中で、簿記に関する知識・技能を検定する資格。「原価計算初級」「簿記初級」「1級」「2級」「3級」の5つに分かれております。日商簿記は公的資格になりますが、お金の動きを把握する力を証明できます。ですので、転職の際にとっても役立ちますよ。日商簿記検定について知りたい方は「高卒の転職と簿記|2級は有利?3級でOK?経理に転職するための簿記との付き合い方」をご覧ください。     高卒の転職|簿記2級が最もおすすめです 簿記2級は、高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる能力を習得できます。そのため、簿記2級を取得すると、経理のプロフェッショナルとして活躍できます。最近の経理の求人を見ると、多くの企業が採用条件に「簿記2級以上の方歓迎」「簿記2級程度の知識または経験者」という文言を記載していますよ。簿記2級歓迎の求人にご興味のある方は「簿記2級関連の求人情報」や「簿記2級関連の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の転職|簿記2級を取得すると資格手当はつくの? 簿記2級保有者には資格手当がつきます。ただし、会社の規模や方針によって金額には差があるようです。なので、資格手当を重視する方は事前に調べることをおすすめします。企業によっては資格手当がないところもありますので、ご注意ください。資格手当にご興味のある方は「簿記2級関連の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。なお、簿記2級取得後の年収については「簿記2級取得後、私の年収はどのくらいになる?」に記載していますよ。     高卒の転職|簿記の知識は様々な場面で役立ちます 簿記の知識が役立つのは、経理だけではありません。簿記の知識は、経理以外の様々な用途で使えます。たとえば「取引先の経営成績に不安はないか確認できる」「簿記をベースにした計算でコスト意識が養える」など、直接経理に携わらない一般の人においても、簿記の知識は役に立ちます。また、簿記を理解し決算書が読めるようになれば、新聞の経済欄や経済ニュースが理解できるようになります。ですので、ビジネスパーソンとしてスキルアップしたい方には、簿記の習得を強くおすすめします。「簿記2級を取得しよう!学歴関係なく転職に有利な資格です!」や「高卒でも会計事務所に転職できる?」でも同様のことを述べていますよ。       高卒の転職|簿記を活かせる仕事9選 それでは、簿記を活かせる仕事をご紹介していきます。ぜひ転職活動の参考にしてくださいね。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事1】経理事務 簿記を活かせる仕事1つ目は『経理事務』です。経理事務とは、企業のお金を管理したり、入出金の流れを記録したりする仕事。主に日次業務として、その日の現金や預金の動き、残高の確認などを行います。また、企業の社員が消耗品の購入費用や交通費などを建て替えた場合の対応なども、経理事務の仕事になります。経理事務は、事務職の中でも特に「数字を扱うスキル」が求められますので、簿記の知識が大いに役立ちますよ。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事2】医療事務 簿記を活かせる仕事2つ目は『医療事務』です。医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関の事務処理を行う仕事。パソコンに向かって黙々と作業するだけでなく、受付や会計、電話対応、医療費の計算、保険者に診療報酬を請求する等の業務があります。そのため、簿記の知識があると、仕事をする上で非常に役立ちますよ。「簿記2級で経理・会計事務所に転職できる?未経験から経理職へ転職する方法を解説」でも同様のことを述べています。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事3】貿易事務 簿記を活かせる仕事3つ目は『貿易事務』です。貿易事務とは、貿易に関わる企業で働く事務職のこと(メーカーや商社など)。輸出業務では、輸出通関書類の作成や通関の手配。輸入業務では、商品の納入管理、関税納付や消費税納付などを行います。そのため、簿記の知識があると、仕事をする上で非常に役立ちます。なお、貿易事務は他の事務職と比べて非常に専門性が高い仕事。ときには海外とのやりとりがあるため、書類を英文で作成したり、英語のコミュニケーションが必要になることもありますよ。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事4】人事事務 簿記を活かせる仕事4つ目は『人事事務』です。人事事務とは、人事部が担当する作業を「書類作成」や「手続き業務」などを通してサポートする仕事。採用、労務管理、退職などの手続きをしたり、従業員の給与を管理することが主な業務内容です。そのため、簿記の知識があると、仕事をする上で大いに役立ちますよ。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事5】総務事務 簿記を活かせる仕事5つ目は『総務事務』です。総務事務は、会社の運営に必要なものを準備・管理する仕事。具体的には、文房具やコピー用紙、デスク、パソコンといった、備品・設備の管理などを行います。また、ときには社内外で開催されるイベントの運営や、社員や取引先に冠婚葬祭があったときの対応も、総務事務が担当します。総務事務は幅広い業務に関する知識と、様々な分野での専門的な知識の両方が期待されます。そのため、簿記の知識があると非常に役立ちますよ。「簿記2級を持っていると転職で有利?おすすめの転職先」でも同様のことを述べています。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事6】税理士補助 簿記を活かせる仕事6つ目は『税理士補助』です。税理士補助とは、名前の通り「税理士の補助」を行う仕事。税理士のサポート役として「税務署へ提出する書類の作成」や「税務申告書作成補助」などを担当します。税理士補助は、多種多様な会社の会計業務に携わることができます。なので、経理や会計業務が好きな人には非常にやりがいのある仕事ですよ。税理士補助について詳しく知りたい方は「高卒でも会計事務所に転職できる?」をご覧ください。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事7】経営コンサルタント 簿記を活かせる仕事7つ目は『経営コンサルタント』です。経営コンサルタントとは、企業の経営課題に対して解決策を考え、課題解決・改善を手伝ったり、助言をしたりする仕事。企業経営に関連する幅広い知識・知見が求められることに加え、顧客企業の業界や社会的なトレンド等の知識も必要です。また、現在の経営状態を数字で確認する力も求められます。そのため、簿記の知識を大いに生かせる仕事ですよ。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事8】販売職 簿記を活かせる仕事8つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う仕事。アパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があります。販売職は簿記と無関係のように思えますが、そんなことはありません。販売員として商品の仕入れ計画を策定する際、商品原価の知識や利益の仕組みを理解しておくことは非常に大切。商品原価を適切に把握することで、仕入れ値を抑え、損益リスクの軽減につなげられます。そのため、簿記の知識があると、仕事をする上で非常に役立ちますよ。   【高卒の転職|簿記を活かせる仕事9】日商簿記検定の制作スタッフ 簿記を活かせる仕事9つ目は『日商簿記検定の制作スタッフ』です。日商簿記検定の制作スタッフとは、その名の通り「日商簿記検定」に関連したものを制作する仕事。たとえば、日商簿記検定受験のために必要となるテキスト・答案練習問題の制作、教材の校正などですね。日商簿記検定講師の制作スタッフは、簿記の知識をそのまま活かすことができますので、非常におすすめです。日商簿記検定は人気のある資格ですから、制作スタッフの求人は沢山ありますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|簿記とは? 高卒の転職|簿記の知識はどうやって証明するの? 高卒の転職|簿記2級が最もおすすめです 高卒の転職|簿記2級を取得すると資格手当はつくの? 高卒の転職|簿記の知識は様々な場面で役立ちます 高卒の転職|簿記を活かせる仕事9選 以上になります。

  • 転職
  • 高卒
  • 質問
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 給料
  • 簿記

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|大手企業に転職したい方におすすめの職種9選

大手企業に転職したいけど…。高卒だから無理かも。 高望みはやめよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、高卒で転職を考えている方に向けて『大手企業に転職できる職種』をご紹介していきます。前半部分では「大手企業に受かるコツ」を紹介しておりますので、あわせてご覧くださいね。 【目次】 高卒の転職|大手企業に転職できる? 高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ1】実力主義の職種 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ2】若い人材の採用に積極的 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ3】人手不足の業界を狙う 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1】プログラマー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2】Webデザイナー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3】Webライター 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4】土木作業員 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5】施工管理 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6】長距離ドライバー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7】介護職 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8】営業職 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9】販売職 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう まとめ   高卒の転職|大手企業に転職できる? 結論を申し上げますと、高卒でも大手企業に転職できます。不可能ではありません。もちろん、大手企業の中には採用条件に「大卒以上」と記載している企業があります。しかし近年は大手企業でも「学歴不問」や「高卒歓迎」と記載している求人が増えています。ですので、高卒者にも大いにチャンスがありますよ。転職をご検討の方は「高卒だから大手企業は無理かも…」と諦めず、自信をもって応募しましょう。「高卒で大企業に就職できる業界7選&職種4選 | 大手に就職する方法も解説」や「高卒の転職や再就職は難しい?おすすめ業種と大手の中途採用求人の見つけ方」でも同様のことを伝えていますよ。     高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 高卒者が大手企業からの内定を獲得するには、職種を選ぶ必要があります。では、どのような職種を選べばいいのでしょうか。職種を決める際は、下記の特徴があるものを選ぶといいでしょう。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ1】実力主義の職種 実力主義の職種は学歴を重視しません。人柄やスキルに重きをおきます。したがって、学歴を理由にして不採用になることはありません。高卒で大手企業への転職を成功させたい方は実力主義の職種を選びましょう。「高卒でも大手企業へ転職可能?転職するメリット5つやポイントを解説」でも同様のことを伝えていますよ。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ2】若い人材の採用に積極的 「若手積極採用!」「当社の将来を担う人材を募集!」などの記載がある場合、学歴を問わないことが多いです。これは大手企業でも同じ。もし採用条件に「大卒以上」などの記載があっても、面接を行ってくれる可能性があります。ですので、気になる企業があれば積極的に応募しましょう。実際に「高卒向けに大手企業の求人を紹介しているサイト」や「大手企業の求人を紹介しているサイト」では多くの大手企業で若手人材を求めていますよ。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ3】人手不足の業界を狙う 人手不足の業界は積極的に採用を行っています。そのため、大企業でも学歴を問わず募集しているケースが多いです。たとえば「建設業界」「IT業界」「医療・福祉業界」は深刻な人手不足に陥っているため、大企業への転職を成功させやすいですよ。大手企業への転職を成功させたい方は、人手不足の業界を狙いましょう。     高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 ここからは、大手企業への転職を目指す方に「おすすめの職種」をご紹介していきます。大手企業への転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1】プログラマー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1つ目は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る仕事。未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえる職種です。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって努力した分だけ評価されます。なお、現在IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、高卒・未経験でもポテンシャルさえあれば転職できますよ。「高卒も大手に転職できる職種11選!大企業で働くメリットや企業内の注意点」でも同様のことを述べています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2】Webデザイナー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2つ目は『Webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う職種。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。Webデザイナーはプログラマーと同じく、職歴や学歴よりも実力を重視します。ですので、実力さえつければ高卒でも高収入を狙えますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3】Webライター 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3つ目は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、職歴や学歴は問われません。ですので、高卒者でも問題なく転職できます。Webライターは近年、Web記事の他に「Kindle(キンドル)編集」「メルマガ執筆代行」など、仕事の幅が広がっております。ですので、幅広いジャンルの記事作成に携わることができますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4】土木作業員 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う職種。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は技術職のため、学歴よりも実力を重視します。ですから、高卒でも問題なく転職できますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5】施工管理 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5つ目は『施工管理』です。施工管理とは、建設工事現場の監督として工事の全体に関する管理を行う仕事。ビルや大規模なマンションの建設現場、そして公共事業などで必要とされます。施工管理と聞くと、学歴が必要だと感じるかもしれませんが、基本的に問われません。建物や設備のルールを少しずつ覚えていけば大丈夫なので、高卒・未経験でも転職可能ですよ。「高卒で大企業に転職する方法を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6】長距離ドライバー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6つ目は『長距離ドライバー』です。長距離ドライバーとは、文字通り遠い場所(一般的に片道300km以上)まで荷物を運ぶ仕事。 場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。長距離ドライバーは運転免許さえあれば、学歴や経験は不要。未経験でも転職できますよ。なお、「高卒で大企業に転職できる?ポイントとコツを解説します」でも長距離ドライバーをおすすめしています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7】介護職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7つ目は『介護職』です。介護職とは、高齢者が安心して生活できるように、身の回りの世話や相談援助等の介護サービスを提供する仕事。主に介護保険施設や老人ホーム、通所介護事業所などで求人が出ております。介護職は人材不足のため、学歴やスキルは基本的に不問。業務のなかには資格が必要な場合もありますが、転職後に取得すれば大丈夫です。なので、自信をもって応募しましょう。なお、介護職の求人についてご興味のある方は「高卒向けに大手企業の求人を紹介しているサイト」や「大手企業の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8】営業職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8つ目は『営業職』です。営業職とは、自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事。学歴やスキルより、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く、高卒でも転職がしやすい職種となっております。営業職は努力次第で高収入を得ることも十分に可能。なので、収入をあげたい方にぴったりの職種だといえるでしょう。なお、「高卒が大手企業に就職しやすい業種とは?ポイントや注意点もご紹介」でも営業職をおすすめしていますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9】販売職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う職種。コミュニケーション力さえあれば「学歴」を問われることはありません。販売職はアパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があり、なかには歩合制を導入している企業もあります。ですから、努力次第で高収入を狙えますよ。なお、「高卒で大手企業へ転職は現実的に難しい?厳しい就職活動に役立つおすすめサービス・エージェント」でも販売職をおすすめしていますので、ぜひご覧ください。     高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう リベンジャーズでは、通常の求人サイトでも掲載される一般求人に加え、一般には公開されていない「非公開求人」や「大手企業の求人」を数多くご用意しております。求人の中には「学歴不問」「未経験者歓迎」など、高卒でも応募できる企業が豊富にあります。リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに転職のサポートをしておりますので、転職活動を通じて 「人生を変えたい!」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方は、こちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|大手企業に転職できる? 高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 高卒
  • 未経験
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • 大手

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|ハイヤードライバーについて解説します

ハイヤードライバーに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。タクシードライバーと何が違うの? このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で転職を考えている方に向けて、ハイヤードライバーをご紹介します。後半部分では「ハイヤードライバーに向いている人の特徴」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の転職|ハイヤードライバーとは? 高卒の転職|そもそもハイヤーって何? 高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違いついて 【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い1】利用方法 【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い2】利用目的 【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い3】車種 【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い4】料金システム 高卒の転職|ハイヤードライバーに学歴は必要? 高卒の転職|ハイヤードライバーへの転職は未経験でも大丈夫? 高卒の転職|ハイヤードライバーに必要な資格について 高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴4つ 【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴1】口が堅い人 【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴2】常に安全運転を心掛けられる人 【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴3】体力に自信がある人 【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴4】おもてなしの心がある人 高卒の転職|ハイヤードライバーを目指す方へ まとめ   高卒の転職|ハイヤードライバーとは? ハイヤードライバーとは、タクシー業界の職種のひとつ。主に高級車を運転し、VIPを送迎する仕事です。ハイヤードライバーは車を運転するだけの仕事なので、簡単そうに思えます。しかし実際は甘くありません。VIPを安全に目的地まで送り届けないといけないため、非常に神経を使います。また、地理にも強くなければいけないため沢山の道を覚えなくてはいけません。このようなことから、ハイヤードライバーは想像以上に大変な職業だといえるでしょう。     高卒の転職|そもそもハイヤーって何? ハイヤーとは、完全予約制の貸し切り送迎車のことです。多くの場合、タクシー会社と企業の間で契約されており、VIPの送迎に利用されています。そのため採用されるドライバーも厳選されております。なお、ハイヤードライバーには運転技術だけでなく、礼儀作法やマナーといった基本的なビジネスマナーが求められますよ。     高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違いついて ハイヤーとタクシーは目的地までお客様を車に乗せるという点では共通しています。しかし厳密にいうと違います。では、何が違うのでしょうか。順番にご説明していきますね。なお、タクシードライバーについて知りたい方は「タクシードライバーの解説をしているサイト」、もしくは「高卒でもタクシードライバーへの転職は可能」をご覧ください。   【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い1】利用方法 ハイヤーとタクシーの違い1つ目は『利用方法』です。ハイヤーは基本的に完全予約制。決められた時間に乗客が指定した場所に迎えに行き、所定の目的地までお届けします。   【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い2】利用目的 ハイヤーとタクシーの違い2つ目は『利用目的』です。タクシーを利用する方は「雨が降ってきた」「終電を逃した」などの理由で利用します。一方ハイヤーの場合は予約制のため、あらかじめ利用目的が決まっています。   【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い3】車種 ハイヤーとタクシーの違い3つ目は『車種』です。タクシーの場合「プリウス」や「クラウン」が使用されることがほとんど。一方ハイヤーでは「レクサス」や「センチュリー」といった高級車が使われます。   【高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違い4】料金システム ハイヤーとタクシーの違い4つ目は『料金システム』です。タクシーは、乗車地点から目的地までの“乗車時間”や“移動距離”に基づいて料金が決まります。一方、ハイヤーの場合は時間貸し扱いのため「営業所を出庫する時間」から「営業所に帰庫する時間」までの時間に基づく料金となります。そのため、ハイヤーの料金システムはタクシーとは異なり、相場としてはタクシーよりも高く設定されていますよ。     高卒の転職|ハイヤードライバーに学歴は必要? ハイヤードライバーに学歴は関係ありません。高卒でも応募できる求人はたくさんあります。なので、学歴を理由にして諦める必要はありませんよ。ハイヤードライバーにご興味にある方は「私には無理かも…」と諦めず、自信をもって応募しましょう。実際に「ハイヤードライバーを募集しているサイト」や「ハイヤードライバーの求人を紹介しているサイト」では、未経験者を募集していますよ。     高卒の転職|ハイヤードライバーへの転職は未経験でも大丈夫? 結論を申し上げますと、ハイヤードライバーへの転職は未経験でも可能です。なぜなら、現在、タクシー業界は未曾有の人材不足。どの企業も1人でも多くの運転手を雇いたいと考えています。そのため、多くの企業が未経験者を積極的に採用しています。実際に「高卒向けにハイヤードライバーの求人を紹介しているサイト」や「ハイヤードライバーの求人を紹介しているサイト」では未経験者向けの求人を豊富に掲載しています。ご興味のある方はぜひご覧くださいね。     高卒の転職|ハイヤードライバーに必要な資格について ハイヤードライバーへの転職は未経験でも可能です。しかし運転免許がないと仕事をスタートできないため不採用になります。ですので、普通自動車免許がない方は、まずは免許を取得しましょう。なお、ハイヤー運転手になるには「普通自動車免許」と「第二種免許」の取得が必須(第二種免許は営利目的で客を運送する際に必要な免許です)。第二種免許は、普通免許獲得から3年以上の経過に加え、試験に合格することにより取得可能です。企業によっては、二種免許の取得サポート制度があるかもしれませんので、転職前にあらかじめ確認しましょう。     高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴4つ ハイヤードライバーは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、ハイヤードライバーに向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴1】口が堅い人 ハイヤードライバーに向いている人の特徴1つ目は『口が堅い人』です。ハイヤーは、企業の経営者や役員などの要人が利用します。そのため、ハイヤードライバーは外部に漏らしてはいけない情報を知ることもあります。このようなことから、ハイヤードライバーにとって「秘密を守る力」は重要だといえるでしょう。なお、ハイヤードライバーは、誰が、いつ予約しているか等も「守るべき守秘義務」に当たりますよ。   【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴2】常に安全運転を心掛けられる人 ハイヤードライバーに向いている人の特徴2つ目は『常に安全運転を心掛けられる人』です。ハイヤードライバーは、お客様の命を預かっている以上、安全で快適な運転を心掛けなくてはなりません。たとえ時間に遅れても安全第一。急いではいけません。常に安全運転を心掛けられる人はハイヤードライバーに向いているといえるでしょう。「高卒向けにハイヤードライバーの求人を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えていますよ。   【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴3】体力に自信がある人 ハイヤードライバーに向いている人の特徴3つ目は『体力に自信がある人』です。運転は想像以上に体力を消耗します。要人を乗せて運転する場合は尚更です。なので、ハイヤードライバーには体力が必要です。体力に自信がある人はハイヤードライバーに向いているといえるでしょう。   【高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴4】おもてなしの心がある人 ハイヤードライバーに向いている人の特徴4つ目は『おもてなしの心がある人』です。ハイヤーの利用客は社会的に地位のある方が多いです。そのため、きちんとした礼儀をするのはもちろん、おもてなしの心を持って接することが大事。「お客様が近づいてきたときにハイヤーのドアを開ける」「約束の時間前には予約場所で待っている」など、様々な心遣いがハイヤードライバーには求められます。「ハイヤードライバーを募集しているサイト」でも同様のことを伝えていますよ。     高卒の転職|ハイヤードライバーを目指す方へ 転職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から転職する際はサポート役として「転職エージェント」をつけるといいでしょう。転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。ハイヤードライバーへの転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|ハイヤードライバーとは? 高卒の転職|そもそもハイヤーって何? 高卒の転職|ハイヤーとタクシーの違いついて 高卒の転職|ハイヤードライバーに学歴は必要? 高卒の転職|ハイヤードライバーへの転職は未経験でも大丈夫? 高卒の転職|ハイヤードライバーに必要な資格について 高卒の転職|ハイヤードライバーに向いている人の特徴4つ 高卒の転職|ハイヤードライバーを目指す方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 特徴
  • 高卒
  • 求人
  • 未経験
  • エージェント
  • 職種
  • 資格
  • ハイヤー

10/

01

2022

高卒

高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選

学歴や資格がなくても…。 活躍できる職種ってあるの? このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒の方に向けて『資格なしでも活躍できる職種』をご紹介していきたいと思います。高卒で無資格の方は、ぜひこの内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。      【目次】 高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ まとめ     高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職    1番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『営業職』です。営業職は自社の商品やサービスを提案して企業の売上に貢献する職種。高卒・資格なしでも、高いコミュニケーション力さえあれば問題ありません。なぜなら、営業職に必要な能力は商材を適切に売り込む営業力だからです。なので、営業力のある方なら、高卒・資格なしでも即戦力として活躍できますよ。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、営業職への転職をおすすめしております。       【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     2番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る職種。学歴や資格の有無よりも実力を重視する世界です。なので、高卒・資格なしでも心配いりません。実力をつければ活躍できますよ。なお現在、IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、20代であれば採用してもらえる可能性が高いですよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     3番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う職種。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。webデザイナーはプログラマーと同じく、学歴や資格の有無よりも実力を重視します。ですので、実力をつければ、高卒・資格なしでも活躍できますよ。高卒の女性に向けて職種を紹介しているサイトでも、webデザイナーへの転職をおすすめしております。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     4番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『美容部員』です。美容部員とは、百貨店やドラッグストアのコスメカウンターなどで化粧品を売る職種。女性であれば一度はお世話になったことがあると思います。美容部員は「化粧品に対する知識」と「コミュニケーション力」さえあれば大丈夫。高卒・資格なしでも大いに活躍できます。なお、より美容の知識を深めたい方は『日本化粧品検定』の資格を取得してみるといいでしょう。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     5番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『飲食の店舗スタッフ』です。飲食の店舗スタッフとは、飲食店で働く職種。「ホールでのお客様接客対応」「キッチンでの調理業務対応」「予約管理」などが主な業務になります。飲食の店舗スタッフは、学歴・資格の有無は関係なし。仕事に対する意欲さえあれば、どんどん出世できます。ですから、高卒・資格なしでも活躍できる職種だと言えるでしょう。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、飲食の店舗スタッフへの転職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     6番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『事務職』です。事務職は、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などを担う職種。基本的なパソコンスキル、書類作成能力が求められます。しかし、学歴や資格の有無は問われません。ですので、スキルさえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、事務職への転職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 7番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『システムエンジニア』です。システムエンジニアとは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わる職種。パソコン作業より「顧客との打ち合わせ」や「全体のスケジュール管理」など、営業的な仕事が中心になります。そのため、高いコミュニケーション力さえあれば大丈夫。高卒・資格なしでも十分に活躍できます。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 8番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『エステティシャン』です。エステティシャンは「フェイシャルエステ」「痩身」「脱毛」など、全身の美容に関わる職種。ボディ専門など特定の分野に特化して技術を身につける人もいれば、幅広く学んで仕事をこなす人もいます。エステティシャンはスキルさえあれば「学歴」や「資格の有無」を問われません。ですので、高卒・資格なしでも問題なく活躍できますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 9番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『コールセンター』です。コールセンターとは、電話やチャットなどでお客様からの問合せを受けたり、注文に対応したりする職種。基本的な「コミュニケーション力」と「ヒアリング力」さえあれば、学歴や資格の有無は問われません。ですから、高卒・資格なしでも活躍できますよ。高卒に向けて職種を紹介しているサイトでも、コールセンターへの転職をおすすめしております。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 10番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『清掃員』です。清掃員とは、マンションや商業施設、さらにはホテルや病院などを清掃する職種。勤務先によって、清掃現場は多種多様です。清掃員の仕事は担当現場を綺麗にすること。なので、学歴や資格は問われません。掃除好きな方であれば活躍できますよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 11番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお、Webライターは雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイト上の文章を書きます。ですから、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティング力が必要になりますよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 12番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『介護職』です。介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をします。介護職は、たくさんの資格がありますが、実際には「資格がなくても行える仕事」がほとんど。ですので、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお現在、介護職は慢性的に人手が不足しております。そのため、無資格者や未経験者を積極的に募集しておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 13番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『型枠大工』です。型枠大工とは、コンクリート(躯体)製の建物を造るときの枠(わく)を作る職種。具体的には、コンクリートを流し込む為の枠を作成し、組立て解体するまでの一連の作業工事を行います。型枠大工は技術職のため、学歴や資格は不要。スキルさえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお、高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、建築系の仕事をおすすめしておりますよ。       【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ 14番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『アパレルスタッフ』です。レルスタッフは洋服を販売する職種。ファッションに関する知識に加え、コミュニケーション能力や社交性の高さが求められます。つまり、学歴や資格の有無は問われません。アパレルスタッフは高卒・資格なしでも活躍できる職種だと言えるでしょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 なお、高卒の転職|高卒・資格なしの女性が転職できる職種とは?もあわせてご覧ください。

  • 転職
  • 高卒
  • スキル
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • 資格なし
  • 資格

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|人事職について解説します

高卒の就職|人事職について解説します 人事職に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「人事職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「人事職の仕事で役立つ資格」や「人事職に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、企業が採用したい応募者の特徴について知りたい方は「高卒の就職について解説しているサイト」、もしくは「高卒の就職対策について解説しているサイト」をご覧ください。     【目次】 高卒の就職|人事職とは? 高卒の就職|人事職の仕事内容とは? 【高卒の就職|人事職の仕事内容1】採用業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容2】教育業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容3】労務業務 【高卒の就職|人事職の仕事内容4】人事配置業務 高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 【高卒の就職|人事職で役立つ資格1】MOS 【高卒の就職|人事職で役立つ資格2】ビジネス文書検定 高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴1】秘密を守れる人 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴2】情に流されない人 【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3】柔軟な対応ができる人 高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|人事職とは? まずは人事職について解説します。人事職とは、企業で働く人材を支える仕事。企業にとって必要な人材を採用し、それぞれが能力を発揮できる環境をつくり出すことが人事職の役割です。一般的に人事職の仕事といえば「新卒採用」や「中途採用」をイメージされることが多いかもしれませんが、業務はそれ以外にもあります。人事職は採用から退職に至るまで「従業員に関する業務」を幅広く行っておりますよ。人事職については、求人情報を見るとよくわかると思いますので、気になる方は「高卒向けに人事職を紹介しているサイト」や「人事職の仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|人事職の仕事内容とは? ここからは、人事職の仕事内容をご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なります。ですので、人事職全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。     【高卒の就職|人事職の仕事内容1】採用業務 人事職の仕事1つ目は『採用業務』です。採用業務とは、新卒や中途採用の正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど、会社の各部署が必要とする人材を把握して採用する仕事です。採用業務では応募者と接するだけでなく、付随する様々な業務に携わります。たとえば、求人情報の出稿や求人票の作成、就職イベントへの参加、会社説明会の企画・実施などですね。採用業務について詳しく知りたい方は「人事職について解説しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人事職の仕事内容2】教育業務 人事職の仕事2つ目は『教育業務』です。人事職は社員の教育や研修に関する業務も行います。たとえば、新入社員や中途採用社員には、少しでも早く会社になじめるように研修を実施。また、在職中の社員に対して、業務に必要な資格取得のサポートをしたり、スキルアップに必要な講習を行ったりします。   【高卒の就職|人事職の仕事内容3】労務業務 人事職の仕事3つ目は『労務業務』です。労務業務は、社員が安心して働くために必要な環境を整え、安全管理などを行う仕事です。細かい業務内容は企業によって異なりますが、一般的には就業規則の作成や入社・退職に関わる一連の手続き、勤怠管理、給与計算などがありますよ。労務業務について詳しく知りたい方は「人事職について解説しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人事職の仕事内容4】人事配置業務 人事職の仕事4つ目は『人事配置業務』です。人事配置業務は、企業が事業目標を達成するために適材適所に人員を配置し、効率良く業務を進めるために行います。具体的には、入社した人材の配属先を決めたり、評価制度にもとづき社員の能力や適性を判断して、人事異動の計画を立てたりって感じですね。     高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 人事職の仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|人事職で役立つ資格1】MOS 人事職で役立つ資格1つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。なので、パソコン操作に不安を抱えている方におすすめの資格となっております。なお、パソコンスキルの重要性については「人事業務に役立つ情報メディア」でも述べておりますよ。   【高卒の就職|人事職で役立つ資格2】ビジネス文書検定 人事職で役立つ資格2つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。人事職は、求人情報の出稿や求人票の作成だけでなく、様々な書類を作成することになります。ですので、ビジネス文書の作成に不安のある方は、この検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 人事職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、人事職に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴1】秘密を守れる人 人事職に向いている人の特徴1つ目は『秘密を守れる人』です。人事の業務はありとあらゆる機密情報を扱います。また、人事は全社員のマイナンバーや給与額、人事評価などを簡単に調べられます。そのため、人事の仕事において、口が堅く秘密を守れることはもっとも重要な要素です。人事職では、業務に関係ないパーソナルな情報を調べたり、漏らしたりすることは、絶対に行ってはいけませんよ。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴2】情に流されない人 人事職に向いている人の特徴2つ目は『情に流されない人』です。人事評価などの場合、人事は会社側の立場になることが多いです。社員の気持ちを理解することも大切ですが、情に流されると正しい判断はできません。ですので、人事職では情に流されないことも大切な要素になります。   【高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3】柔軟な対応ができる人 人事職に向いている人の特徴3つ目は『柔軟な対応ができる人』です。人事の業務は幅広く、即時対応を求められることも多いです。問い合わせがあれば作業を中断して対応し終わると作業途中の業務に戻る、その繰り返しになることもあります。人事職では、頻繁に柔軟な対応が求められますよ。     高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒で人事職に就くことは非常にハードルが高いといわれております。なぜなら、企業によっては学歴フィルターが存在するからです。学歴フィルターとは、企業が採用を行う際に「学歴というフィルター」をかけて就活している人を選別する傾向のことです。学歴フィルターを採用している企業は昔から多くあり、今でも採用の際に学歴フィルターを使っている企業は少なくありません。学歴フィルターを採用している企業では、優れた人材であったとしても中身を見てもらえず、学歴だけで判断がなされます。     高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒者向けの求人を多数掲載しているサイトなら「学歴不問の求人」が豊富にあります。そのため、効率的に人事職の求人探しができます。高卒で就職を成功させたい方は「高卒向けの求人サイト」を使いましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|人事職とは? 高卒の就職|人事職の仕事内容とは? 高卒の就職|人事職で役立つ資格2つ 高卒の就職|人事職に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|人事職には学歴フィルターが存在するかも 高卒の就職|人事職を目指す方は高卒向けの求人サイトを使いましょう 高卒の就職|人事職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • 人事

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|ホールスタッフについて解説します

ホールスタッフに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「ホールスタッフの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「ホールスタッフの仕事で役立つ資格」や「ホールスタッフに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ まとめ     高卒の就職|ホールスタッフとは? まずはホールスタッフの仕事についてご説明します。ホールスタッフとは、居酒屋やファミリーレストラン、喫茶店といった飲食店で接客をする仕事。業態や店舗によって少し業務内容は異なりますが、一般的には「お客様の案内」「注文をうかがう」「料理の提供」などを行います。飲食店のホールスタッフは調理スタッフとは違い、お客さまと直に接することになるため「正しい言葉遣い」や「清潔感のある身だしなみ」が要求されますよ。なお、ホールスタッフについて詳しく知りたい方は「ホールスタッフ(レストラン)職業詳細」をご覧ください。       高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 飲食店は慢性的な人手不足であることから、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。昨年はコロナウイルスの影響により求人数が減りましたが、今ではアフターコロナを見越して、多くの企業で「人手不足対策」へのかじ取りを始めております。そのため、現在は未経験者を歓迎する求人がたくさんあります。未経験歓迎の求人にご興味のある方は「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」や「学生向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? ここからは、ホールスタッフの仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く店舗の規模や体制によって異なります。ですので、ホールスタッフ全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する ホールスタッフの仕事1つ目は『お客様に席を案内する』です。まずは、来店したお客様を席に案内します。お客様を席に案内した後は、お客様がメニュー表を見てどれを注文するか決めるのを待ちながら、他の業務をこなしますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう ホールスタッフの仕事2つ目は『注文をうかがう』です。注文が決まると、ベルを押したり声をかけられたりするので、お客様のところへ行って注文を聞きます。そして、それを厨房にいる調理スタッフに伝えます。なお、店舗によっては専用の端末を使って伝えるところもありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 ホールスタッフの仕事3つ目は『料理の提供・説明』です。調理スタッフが注文されたメニューを作り終えたら、今度は客席に運びます。この時、料理について質問されることがありますので、各メニューの食材、味付けなどは覚えておく必要がありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち ホールスタッフの仕事4つ目は『レジ打ち』です。ホール業務にある程度慣れてくると、レジ打ちを任される場合があります。レジ打ちはお客様をお待たせしないスピードと、操作ミスや現金の数え間違いをしない正確さが求められます。近年は無人レジも増えてきておりますが、いまだにホールスタッフが行っている店舗も数多くありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け ホールスタッフの仕事5つ目は『片付け』です。お客様が帰られたら、食器類を片付け、テーブルの上を綺麗に拭いて、椅子やメニュー表などを元の位置に戻します。なお、床の汚れや醤油など調味料の残量をチェックし、次のお客様を迎えられる状態にするまでがホールスタッフの役割ですよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 ホールスタッフの仕事6つ目は『雑務』です。雑務に関しては「備品の発注」や「スタッフのシフト管理」「店内のレイアウト」など、店舗によってバラバラです。雑務はホールスタッフの仕事ではないように思いますが、一生懸命取り組むと必ず感謝されます。ですから「これもホールスタッフの仕事なの?」と疑問に思わず、頑張って取り組みましょう。       高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ ホールスタッフの仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格1つ目は『レストランサービス技能検定』です。レストランサービス技能検定とは、レストランなどで「お客様に満足感を得てもらうために最低限必要とされる」接客の技能を認定する国家資格。ウェイター、ウェイトレス、ホテルマンなど、西洋料理を提供する者の技術、地位向上のために設けられたものになります。レストランサービス技能検定を取得していると、テーブルマナー、公衆衛生・安全管理などの飲食店にまつわるサービススキルを証明できますよ。なお、レストランサービス技能検定については「高卒も飲食業界に転職できる?求人の選び方や有利になる資格を徹底検証!」でもおすすめしております。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格2つ目は『接客サービスマナー検定』です。接客サービスマナー検定は、接客サービス業で必要とされる接客・接遇の能力をトータルで判定する検定試験。取得することによって立ち居振る舞いや高度な接客サービスを習得でき、お客様に満足していただけるサービスの提供につなげることができます。近年は、ホールスタッフへの就職にも役立つ検定として、学生の受検者も増えていますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ目は『サービス接遇検定』です。サービス接遇検定とは、サービスを提供する「ホテルの従業員」や品物を販売する「ショップの従業員」など、あらゆる業界のサービス接遇業務全般に活かせる資格。敬語やマナーといった接客業の基礎的な内容から、顧客心理の理解を深めるような専門的な内容まで学べます。なお、サービス接遇検定は、1級~3級までありますよ。     高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ ホールスタッフは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、ホールスタッフに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 ホールスタッフに向いている人の特徴1つ目は『接客が好きな人』です。ホールスタッフの主な仕事は接客です。そのため「人と話すことが好きな方」や「接客が好きな方」に向いている仕事だといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 ホールスタッフに向いている人の特徴2つ目は『食に関心がある人』です。食に関心があるからこそ、お客様に料理の良さを伝えたり、おすすめの食べ方を提案したりできます。たとえ料理ができなかったとしても、食に関心があることは重要です(食べることが好きでもOKです)。食に関心がある人は、ホールスタッフに向いているといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 ホールスタッフに向いている人の特徴3つ目は『丁寧な応対ができる人』です。ホールスタッフは店舗のイメージを左右する存在です。ホールスタッフの対応が店舗のイメージを決めると言っても過言ではありません。そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。丁寧な応対ができる人はホールスタッフに向いていると言えるでしょう。       高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。ホールスタッフへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 以上になります。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • ホールスタッフ
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する