新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒就職のメリットとデメリットをご紹介します
2022.03.18

高卒就職のメリットとデメリットをご紹介します

高卒
  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • メリット
  • デメリット
  • おすすめ
  • 資格
  • できない

高卒で就職するメリットって…。あるの?

このような疑問にお答えします。
    
この記事では、高卒就職を考えている方に向けて『高卒で就職するメリット』をご紹介していきます。記事の後半では『高卒で就職するデメリット』もお伝えしておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、高卒と大卒の違いについて知りたい方は「高卒就職と大学進学のメリットとデメリットを紹介しているサイト」をご覧ください。


【目次】
高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に
高卒就職のメリット7つ
【高卒就職のメリット1】好きなことに使えるお金が増える
【高卒就職のメリット2】早く社会人経験を積める
【高卒就職のメリット3】手厚い教育を受けられる
【高卒就職のメリット4】早くキャリアアップできる
【高卒就職のメリット5】スキルアップしやすい
【高卒就職のメリット6】早くビジネスマナーが身につく
【高卒就職のメリット7】進学費用が掛からない
高卒就職のデメリット7つ
【高卒就職のデメリット1】応募できる求人に限りがある
【高卒就職のデメリット2】一部の資格が取得できない
【高卒就職のデメリット3】生涯賃金が低くなるかも
【高卒就職のデメリット4】高卒がコンプレックスになるかも
【高卒就職のデメリット5】自由時間が減る
【高卒就職のデメリット6】企業によってはキャリアアップしにくい
【高卒就職のデメリット7】転職が難航するかも
まとめ

 

 

高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に

高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に

文部科学省が実施した令和3年度「高等学校(全日制・定時制)卒業後の状況調査」によれば、高等学校卒業者に占める就職率の割合は15.7%。つまり「6人に1人」は、高卒で就職していることになります(大学中退も含めるとさらに多いです)。ひと昔前は、高校卒業後は大学進学が当たり前でした。しかし今では違います。なぜなら、現在は「学歴を重視する企業」が減ってきているからです。なので、多くの方が大学進学を選ばず、高卒で就職しております。高卒で就職しようか迷っている方は、高等学校卒業者の「6人に1人」は就職を選んでいる事実を知り、今後の進路を考えるといいでしょう。なお、高卒就職で後悔しやすい人の特徴については「高卒就職で後悔しないポイントを紹介している記事」に記載しております。気になる方は、ぜひご覧くださいね。

 

 

高卒就職のメリット7つ

それでは、まずは「高卒就職のメリット」からご紹介します。高卒就職にはこれだけのメリットがありますよ!

 

【高卒就職のメリット1】好きなことに使えるお金が増える

高卒就職のメリット1つ目は『好きなことに使えるお金が増える』です。高卒で就職すると大学に進学するよりもお金に余裕が出ます。ですから、今まで以上に「好きなこと」にお金を使えます。なお、好きなことにお金を使うことは一般的に悪いイメージがありますが、一概には言えません。なぜなら、お金は使うことによって金融リテラシーがアップするからです。また、お金を使うからこそ、身につくことだってあります。ですので、好きなことに使えるお金が増えることはメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【高卒就職のメリット2】早く社会人経験を積める

高卒就職のメリット2つ目は『早く社会人経験を積める』です。高卒で就職した場合、10代で社会人デビューをすることになります。つまり、大学に進学した同級生よりも早く社会人経験を積めるのです。社会人は大学生とは比べものにならないくらい多くのことを学べます。ですから、早く社会人経験を積めることは高卒就職のメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っておりますよ。

 

【高卒就職のメリット3】手厚い教育を受けられる

【高卒就職のメリット3】手厚い教育を受けられる

高卒就職のメリット3つ目は『手厚い教育を受けられる』です。一般的に、高卒就職すると手厚い教育を受けられます。なぜなら、高卒者はまだ10代。採用する側から見ると子供です。なので、丁寧に教育してくれますよ(もちろん企業によりますが…)。なお、高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【高卒就職のメリット4】早くキャリアアップできる

高卒就職のメリット4つ目は『早くキャリアアップできる』です。高卒で就職した場合、同い年の大卒者が就職する頃には「社会人5年目」。つまり、同級生よりも4年分リードしていることになります。技術職などの場合、4年分の実績が評価され、昇給・昇進している可能性も十分に考えられます。ですので、職種によっては高卒で就職するほうが「早くキャリアアップできる」と言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っておりますよ。

 

【高卒就職のメリット5】スキルアップしやすい

高卒就職のメリット5つ目は『キャリアアップしやすい』です。上述した通り、高卒で就職した場合、同い年の大卒者が就職する頃には「社会人5年目」。つまり、同級生に比べて4年も早くスキルを身につけることができます。ですので、高卒就職するとスキルアップがしやすいと言えるでしょう。

 

【高卒就職のメリット6】早くビジネスマナーが身につく

【高卒就職のメリット6】早くビジネスマナーが身につく

高卒就職のメリット6つ目は『早くビジネスマナーが身につく』です。高卒で就職した場合、10代で社会人デビューをすることになります。そのため、否が応でも「挨拶」「言葉遣い」「考え方」などのビジネスマナーが身につきますよ。なお、高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っております。

 

【高卒就職のメリット7】進学費用が掛からない

高卒就職のメリット7つ目は『進学費用が掛からない』です。当然のことですが、高卒で就職すると「大学」や「専門学校」への進学費用が掛かりません。高卒就職を考える人の中には、ご家庭に金銭的な余裕がなく、自分で学費をまかなう方もいると思います。ですから、進学費用が掛からないことも高卒就職のメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

 

高卒就職のデメリット7つ

続きましては「高卒就職のデメリット」をご紹介します。

 

【高卒就職のデメリット1】応募できる求人に限りがある

高卒就職のデメリット1つ目は『応募できる求人に限りがある』です。求人の中には、大卒以上でないと応募できない場合があります。ですので、明確な目標がある方は「高卒でも応募できるのか」を事前に調べておきましょう。そうしないと、いざ就職するときになってから困りますよ。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【高卒就職のデメリット2】一部の資格が取得できない

高卒就職のデメリット2つ目は『一部の資格が取得できない』です。資格の中には、大卒以上ではいと取得できないものがあります。ですので、将来的に目指している職種がある方は「その仕事に資格は必要なのか」「高卒でも取得できるのか」をあらかじめ調べておくことをおすすめします。

 

【高卒就職のデメリット3】生涯賃金が低くなるかも

【高卒就職のデメリット3】生涯賃金が低くなるかも

高卒就職のデメリット3つ目は『生涯賃金が低くなるかも』です。厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると「高卒者の賃金」は「大卒者」よりも低いことが読み取れます。もちろん、給料は個人差がありますので一概には言えません。学歴を重視しない技術職では「大卒者」より「高卒者」のほうが高収入の場合もあります。しかしながら、そのようなケースは稀です。一般的には、上記のデータが示している通り、高卒者の生涯賃金は大卒者よりも低いと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【高卒就職のデメリット4】高卒がコンプレックスになるかも

高卒就職のデメリット4つ目は『高卒がコンプレックスになるかも』です。近年は学歴を重視する企業が減りました。しかしながら、いまだに学歴を重視する企業はあります。そういった企業では、高卒者に対して見下した態度を取る人も少なからず存在し、嫌な思いをするかもしれません。ですので、場合によっては高卒がコンプレックスになる可能性もあると言えるでしょう。

 

【高卒就職のデメリット5】自由時間が減る

高卒就職のデメリット5つ目は『自由時間が減る』です。高卒で就職すると、基本的に土日以外は仕事。そのため、自由時間を確保することが困難です。大学生は学生のため「自由時間」を確保しやすいですが、社会人となればそうはいきません。高卒で就職すると「自由時間が減る」ことを覚悟しておきましょう。

 

【高卒就職のデメリット6】企業によってはキャリアアップしにくい

【高卒就職のデメリット6】企業によってはキャリアアップしにくい

高卒就職のデメリット6つ目は『企業によってはキャリアアップしにくい』です。学歴を重視する企業では高卒よりも大卒が有利。後から入社した大卒者が、先に役職に就くことも珍しくありません。ですから、企業によってはキャリアアップしにくいと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも、同じことを言っております。

 

【高卒就職のデメリット7】転職が難航するかも

高卒就職のデメリット7つ目は『転職が難航するかも』です。上述した通り、高卒者には応募できる求人が限定されたり、資格が取得できなかったりします。そのため、転職が難航するかもしれません。高卒就職を考えている方は「転職が難航する可能性があること」を覚えておきましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に
高卒就職のメリット7つ
高卒就職のデメリット7つ


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|販売職への転職について解説します

この記事では、「販売職ってなんとなくわかるけど、実際どんなことをするの?」「デメリットもしっかり知っておきたい。」「キャリアプランが知りたい」という疑問にお答えします。 高卒で就職したもののうまくいっていない、販売職に興味が出てきたという方はぜひご覧ください。 【目次】 高卒の転職|販売職にはどんな勤め先があるか? 高卒の転職|販売職の仕事内容とは? 【高卒の転職|販売職の仕事内容1】接客 【高卒の転職|販売職の仕事内容2】バイヤー・マーチャンダイザー(MD) 【高卒の転職|販売職の仕事内容3】レジ打ち 【高卒の転職|販売職の仕事内容4】在庫管理 【高卒の転職|販売職の仕事内容5】品出し 【高卒の転職|販売職の仕事内容6】店舗を運営 【高卒の転職|販売職の仕事内容7】店舗管理 高卒の転職|販売職のメリット・デメリット 【高卒の転職|販売職のメリット1】販売のノウハウが習得できる 【高卒の転職|販売職のメリット2】客と直にコミュニケーションが取れる 【高卒の転職|販売職のメリット3】販売職からキャリアアップを目指すことで広い視野を持てる 【高卒の転職|販売職のデメリット1】休みがとりづらい・不定期 【高卒の転職|販売職のデメリット2】年収が低い 【高卒の転職|販売職のデメリット3】直にクレームを受ける 高卒の転職|販売職のキャリアプラン4つ 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン1】店長・副店長 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン2】スペシャリスト 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン3】スーパーバイザー 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン4】本社勤務 まとめ   高卒の転職|販売職にはどんな勤め先があるか? 販売職は、主に店舗を訪れた人を接客しながら商品を売る職種です。 資格がなくても働ける職場、未経験を歓迎している職場も多いので、高卒でも比較的受かりやすい職種と言えます。また、パート・アルバイト・派遣/契約社員での採用も多く見られます。 また、非正規雇用から正社員登用、正社員の販売員から本社の仕事に移る等、その他の職種と同様にキャリアプランを立てられる職種です。 販売職の職場としては、コンビニや書店、アパレル、百貨店、スーパーといった店舗等が挙げられます。以下に販売職の仕事内容を詳しく紹介していきます。 なお、高卒をはじめ、大学中退、高校中退、中卒、フリーター、第二新卒といった様々な状況からの転職を希望している方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の転職|販売職の仕事内容とは? 販売職の具体的な仕事内容について紹介していきます。 【高卒の転職|販売職の仕事内容1】接客 レジ打ちも接客に含む場合もありますが、純粋な接客は、例えば探し物をしている人に声をかけたり、デパート等であれば売り場を案内したりして、客が気持ちよく買い物できるようコミュニケーションを取る仕事となります。結果として店舗の売り上げに繋げるということも大事です。 【高卒の転職|販売職の仕事内容2】レジ打ち コンビニやスーパー等のように商品バーコードのスキャンをして、会計を行う業務です。無人のレジ、セルフレジ等も出てきていますが、そこでトラブルが起こった際に駆けつけるのもレジ打ちの業務です。企業によってはレジの使い方が複雑なところもあるので、そういった場合は使い方を習得するまでに時間がかかるかもしれません。 【高卒の転職|販売職の仕事内容3】バイヤー・マーチャンダイザー(MD) 売れそうな商品を見定め、仕入れる仕事です。チェーンのコンビニやスーパーでは、店舗ではなく本部に務めることになるでしょう。 消費者のニーズを調査した上でタイミングを逃すことなく仕入れる必要があるため、常にマーケット調査や、最新情報に対するアンテナを張っておくことが求められます。食品を扱う店では、原材料の仕入れ先を確保するために、生産者と交渉することも必要となるでしょう。 一方のマーチャンダイザー(MD)は、バイヤーが仕入れた商品の販売戦略を練る仕事です。具体的には、マーケティング分析やマーケット調査をしながら商品構成や販売促進といった面での計画を立てていきます。 【高卒の転職|販売職の仕事内容4】在庫管理 商品の売れ行きや、食品の場合は賞味期限等から仕入れる数量を想定し、ストックが切れることなく、かつ倉庫で保存できない状態を発生させないようにする仕事です。 商品を求めてやってきた人がいるにもかかわらず品切れになっていたら、その商品はない可能性があると判断され、その人は今後店に来てくれなくなる可能性があります。そういった販売機会の損失を起こさないようにすること、売れ残って廃棄となってしまうことを防ぐ必要があります。 【高卒の転職|販売職の仕事内容5】品出し 店のバックヤードから売り場に品物を出し、棚等に並べていく仕事です。人間の心理的・身体的にどの位置が目につきやすい、手を伸ばしやすいといった理論や傾向もあり、それらを覚えていくと単純作業とはならなくなるでしょう。 【高卒の転職|販売職の仕事内容6】店舗を運営 店長の仕事です。 一般スタッフに比べると給料が高いですが、店やスタッフの管理はもちろん、シフト作成、商品管理、教育、トラブル・クレーム対応、本部会議への参加等、やることは多いです。休日であっても急な欠勤が出たために出勤したり、トラブルが発生した際は駆けつけたりといった突発的な仕事が発生することもあるでしょう。 なお、チェーン店舗であるか、フランチャイズ契約であるかでも、店長の業務内容や責任範囲は異なってくるので注意が必要です。 【高卒の転職|販売職の仕事内容7】店舗管理 チェーン展開している店に見られる仕事で、各店舗を回って店舗のチェックや、店長やスタッフと面談の機会等を設けて課題や問題を見つけ、解決策を一緒に考え、アドバイスを行います。本部と店舗の間を仲介する立場となるので、広い視点を持つこと、一方の立場に偏らないバランス感覚が求められます。 飲食店経験がある方、販売職への転職をご希望の方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の転職|販売職のメリット・デメリット 販売職は高卒であっても受かりやすい職種ですが、勝手な良いイメージだけで就職してしまっては、早期退職となるリスクもあります。そのため、メリット・デメリットを双方3つずつ紹介しておきます。メリット・デメリットを見ていくと、自ずと販売職の向き不向きも見えてきます。   【高卒の転職|販売職のメリット1】販売のノウハウが習得できる 仕事内容でも紹介したように、レジ打ちや接客はもちろん、品出しや在庫管理についても学べ、これらは汎用的に役立つスキルとなります。もちろん転職前提で販売職に就く必要はないですが、例えば接客はその他のサービス業やコールセンター、営業、クライアントとの打ち合わせ等、様々な仕事で生かせます。 【高卒の転職|販売職のメリット2】客と直にコミュニケーションが取れる 本部勤務となるとオフィス内での業務がメインとなるので機会は減りますが、店で働いていると客とのコミュニケーションが必須となるので、人と接する仕事が好きという人にとっては大きなメリットです。良くも悪くも、感謝の言葉や意見を直接聞けるのも販売職のメリットです。 【高卒の転職|販売職のメリット3】販売職からキャリアアップを目指すことで広い視野を持てる 詳細は次の「販売職のキャリアプラン5つ」で紹介しますが、販売職にもキャリアアップできるプランが複数存在します。初めから本部勤務として転職してしまうと、なかなか現場の状況は把握しづらいものです。しかし販売職から初めて着実にキャリアを重ねていくことで、現場の視点も持った管理者・経営層として、現場にも信頼される人物となれる可能性があります。 【高卒の転職|販売職のデメリット1】休みがとりづらい・不定期 アルバイト・パートと違い、正社員の販売職になると自分の都合だけで休みを取れなくなることも珍しくありません。また多くの業種で土日祝が多忙になるので、周りが休みの時に自分は勤務という状況も当然のように発生します。 ただし中には土日祝のいずれかを定休とする店もあるので、どうしても販売職に転職したい場合は諦めずに探してみましょう。 【高卒の転職|販売職のデメリット2】年収が低い 販売職は、どうしてもサービス残業のような状況が発生してしまうという現状もあり、時給に換算すると金額はその他の職種に比べて低くなる傾向にあります。実際に平均年収のデータを調べてみても300万円台前半となっており、2022年時点の全体の平均年収が400万円台前半であることを考えると、100万円程の差が出ます。 そのため販売職は金銭面ではなく、仕事へのやりがいを求める人に向いている職種と言えるでしょう。 【高卒の転職|販売職のデメリット3】直にクレームを受ける 販売職には接客が付き物です。「客と直にコミュニケーションが取れる」という点をメリットとして挙げましたが、同時にクレームに直面する場面があることも事実です。そのためストレスを抱え込んでしまう、処理しきれないという人は難しい職種かもしれません。 しかし経験の積み重ねによって対処方法を覚えて解消できたる人もいる、職場によってはクレームが発生すること自体稀なところもあるので、初めから過度に恐れる必要はないと言えます。 一度就職に失敗したので転職してやり直したいという方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の転職|販売職のキャリアプラン4つ 今後も見越した上で安心して販売職を目指したいという人はぜひチェックしておいてください。 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン1】店長・副店長 初めから店長・副店長として採用を行う求人もありますが、販売員からのキャリアパスとして多いのが店長・副店長です。なお、副店長に関しては必ずいるとは限りません。チェーン店の場合は、店舗間の移動が頻繁に発生することもあるので、事前に確認しておきましょう。 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン2】スペシャリスト 販売員からのキャリアアップ先は管理系の業務だけとは限りません。販売のスペシャリスト(専門家)への道を選択することもできます。ただしスペシャリストの配置については企業によって大きく異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン3】スーパーバイザー 現場から離れ、「販売職の仕事内容8」で紹介したような店舗管理を行うポジションです。主に店長からのキャリアアップ先となることが多いです。企業によっては店長兼任となる場合もありますが、現場に出ることは少なく管理業務がメインとなり、本部と現場の方向性が一致するよう立ち回ることが求められます。 【高卒の転職|販売職のキャリアプラン4】本社勤務 現場を離れ、オフィス内での業務がメインとなります。一般企業と同じく本社には様々な職種があり、その部門の一社員として働くこととなります。管理職や事務職、マーケティング、MD、バイヤー等が本社勤務に該当します。 正社員としてのキャリアを積んでいきたいという方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。 まとめ 最後に、高卒から販売職への転職についてまとめます。   ・高卒、資格無し、未経験からでも転職しやすい。 ・仕事内容は接客から店舗管理まで多岐に渡る。 ・接客やコミュニケーションが好きな人、販売のノウハウを身につけたいと思っている人に向いている。 ・キャリアプランは充実している。 卒業後フリーターをしていて正社員経験がない、短期離職があるという方も、ぜひ以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」へ登録してカウンセリングを利用してみてください。

  • 高校新卒
  • アパレル店員
  • 靴屋
  • 転職
  • 就職
  • 高卒
  • 職種
  • 仕事
  • 学歴

10/

01

2022

高卒

高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選

学歴や資格がなくても…。 活躍できる職種ってあるの? このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒の方に向けて『資格なしでも活躍できる職種』をご紹介していきたいと思います。高卒で無資格の方は、ぜひこの内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。      【目次】 高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ まとめ     高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職    1番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『営業職』です。営業職は自社の商品やサービスを提案して企業の売上に貢献する職種。高卒・資格なしでも、高いコミュニケーション力さえあれば問題ありません。なぜなら、営業職に必要な能力は商材を適切に売り込む営業力だからです。なので、営業力のある方なら、高卒・資格なしでも即戦力として活躍できますよ。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、営業職への転職をおすすめしております。       【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     2番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る職種。学歴や資格の有無よりも実力を重視する世界です。なので、高卒・資格なしでも心配いりません。実力をつければ活躍できますよ。なお現在、IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、20代であれば採用してもらえる可能性が高いですよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     3番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う職種。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。webデザイナーはプログラマーと同じく、学歴や資格の有無よりも実力を重視します。ですので、実力をつければ、高卒・資格なしでも活躍できますよ。高卒の女性に向けて職種を紹介しているサイトでも、webデザイナーへの転職をおすすめしております。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     4番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『美容部員』です。美容部員とは、百貨店やドラッグストアのコスメカウンターなどで化粧品を売る職種。女性であれば一度はお世話になったことがあると思います。美容部員は「化粧品に対する知識」と「コミュニケーション力」さえあれば大丈夫。高卒・資格なしでも大いに活躍できます。なお、より美容の知識を深めたい方は『日本化粧品検定』の資格を取得してみるといいでしょう。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     5番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『飲食の店舗スタッフ』です。飲食の店舗スタッフとは、飲食店で働く職種。「ホールでのお客様接客対応」「キッチンでの調理業務対応」「予約管理」などが主な業務になります。飲食の店舗スタッフは、学歴・資格の有無は関係なし。仕事に対する意欲さえあれば、どんどん出世できます。ですから、高卒・資格なしでも活躍できる職種だと言えるでしょう。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、飲食の店舗スタッフへの転職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     6番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『事務職』です。事務職は、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などを担う職種。基本的なパソコンスキル、書類作成能力が求められます。しかし、学歴や資格の有無は問われません。ですので、スキルさえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、事務職への転職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 7番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『システムエンジニア』です。システムエンジニアとは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わる職種。パソコン作業より「顧客との打ち合わせ」や「全体のスケジュール管理」など、営業的な仕事が中心になります。そのため、高いコミュニケーション力さえあれば大丈夫。高卒・資格なしでも十分に活躍できます。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 8番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『エステティシャン』です。エステティシャンは「フェイシャルエステ」「痩身」「脱毛」など、全身の美容に関わる職種。ボディ専門など特定の分野に特化して技術を身につける人もいれば、幅広く学んで仕事をこなす人もいます。エステティシャンはスキルさえあれば「学歴」や「資格の有無」を問われません。ですので、高卒・資格なしでも問題なく活躍できますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 9番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『コールセンター』です。コールセンターとは、電話やチャットなどでお客様からの問合せを受けたり、注文に対応したりする職種。基本的な「コミュニケーション力」と「ヒアリング力」さえあれば、学歴や資格の有無は問われません。ですから、高卒・資格なしでも活躍できますよ。高卒に向けて職種を紹介しているサイトでも、コールセンターへの転職をおすすめしております。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 10番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『清掃員』です。清掃員とは、マンションや商業施設、さらにはホテルや病院などを清掃する職種。勤務先によって、清掃現場は多種多様です。清掃員の仕事は担当現場を綺麗にすること。なので、学歴や資格は問われません。掃除好きな方であれば活躍できますよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 11番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお、Webライターは雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイト上の文章を書きます。ですから、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティング力が必要になりますよ。   【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 12番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『介護職』です。介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をします。介護職は、たくさんの資格がありますが、実際には「資格がなくても行える仕事」がほとんど。ですので、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお現在、介護職は慢性的に人手が不足しております。そのため、無資格者や未経験者を積極的に募集しておりますよ。     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 13番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『型枠大工』です。型枠大工とは、コンクリート(躯体)製の建物を造るときの枠(わく)を作る職種。具体的には、コンクリートを流し込む為の枠を作成し、組立て解体するまでの一連の作業工事を行います。型枠大工は技術職のため、学歴や資格は不要。スキルさえあれば、高卒・資格なしでも十分に活躍できます。なお、高卒・資格なしの人に向けて職種を紹介しているサイトでも、建築系の仕事をおすすめしておりますよ。       【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ 14番目にご紹介する高卒・資格なしでも活躍できる職種は『アパレルスタッフ』です。レルスタッフは洋服を販売する職種。ファッションに関する知識に加え、コミュニケーション能力や社交性の高さが求められます。つまり、学歴や資格の有無は問われません。アパレルスタッフは高卒・資格なしでも活躍できる職種だと言えるでしょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14選 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種1】営業職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種2】プログラマー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種3】webデザイナー     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種4】美容部員     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種5】飲食の店舗スタッフ     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種6】事務職     【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種7】システムエンジニア 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種8】エステティシャン 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種9】コールセンター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種10】清掃員 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種11】Webライター 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種12】介護職 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種13】型枠大工 【高卒の転職におすすめ!資格なしでも活躍できる職種14】アパレルスタッフ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 なお、高卒の転職|高卒・資格なしの女性が転職できる職種とは?もあわせてご覧ください。

  • 転職
  • 高卒
  • スキル
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • 資格なし
  • 資格

02/

12

2022

高卒

高卒からの転職に成功した方の体験談をインタビューしてみました!

今回はリベンジャーズを使って転職に成功した方の体験談をご紹介! インタビューにご協力いただいたのは関東にお住まいのHさんです。 Hさんがどのように転職活動をしたのか、転職時のポイントや後悔していることなどを聞いてきました。 4月に高校を卒業する高卒の方や、現在就職先・転職先を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね!   【高卒からの転職】今の職場に転職しようと思ったきっかけとは? 初めまして、リベンジャーズ運営事務局のKです。 本日はよろしくお願いします! ーーー Hです、よろしくお願いします! ーーー それでは早速始めたいと思います。 Hさんが転職活動を始められたのはいつ頃でしたか? ーーー 昨年の9月〜10月あたりでしたね。 10月にはもう今の職場が決まっていて、実際に働き始めたのは12月ごろでした。 ーーー なるほど、かなりとんとん拍子で転職先が決まっていたんですね! 元々はどんな職場で働かれていたんでしょうか? ーーー それまでは歯科助手として歯医者でアルバイトをしていました。 ちなみに自分は高校を卒業するタイミングで就職活動をしていたのですが、その頃からなぜか歯医者で働きたいと思って探していました。(笑 歯科に関する知識が全くない状態で入ったのですが、その職場がかなりストイックな環境でして…毎日仕事終わりに勉強会をするなどハードな職場だったのが転職するきっかけでしたね…。 友達で歯医者で働いている子も何人かいるのですが、どこもかなり大変な環境らしいです。 ーーー そうだったんですね。 歯医者は人気な就職先のイメージがあるだけに意外でした。。 ーーー 面接した次の日から仕事が始まったのですが、その時点で気づくべきでした。(笑   【高卒からの転職インタビュー】転職活動時はどのように求人を探していた? 歯医者から転職を考えた際に、どのような業界や職種を探されていたんですか? ーーー 最初は正社員で転職するつもりではなくて、家の近くでなんとなく職場を探していました。 待遇面などからそのうち東京方面でも探し始めていくうちに、福利厚生の条件の良さから都内の美容クリニックの受付に応募していました。(笑 ーーー 気づいたら求人に応募されていたんですね。(笑 ということは、今は受付のお仕事をされているんですか? ーー いえ、今は営業をしています。 実はさっき話した受付の求人がリベンジャーズの求人だったんです。 応募した後にすぐ担当のFさんがお電話してきてくださり、自分の将来のことや適性、志向について相談をするうちに営業職の仕事を受けることになったんです。(笑 ーーー そうだったんですね! 営業のお仕事を紹介された時はどう思われましたか? ーーー 今まで営業なんてしたことないし、資格もスキルもなかったからすごく不安でした。(笑   【高卒からの転職インタビュー】転職時に使っていた転職サイトは? そうですよね、よく転職しようとご決心されましたね…! ちなみにリベンジャーズ以外にも転職サービスは利用されてましたか? ーー 元はパートの求人で探していたので、バイトルやIndeedなどにも登録していました。 あとは求人ボックスも、マイナビも…思いつくものは大体全部登録していました。(笑 dodaでも探していたかな? とりあえず希望の転職条件を登録して、通知がきたら見る…といった感じで好条件の仕事を探していたと思います。 周りで仕事を探してる友達もできるだけ多くの求人サイトに登録して、気になる求人があったら応募してみるというタイプの子が多かったので、その影響ですね。 ーーー なるほど、ありがとうございます。 今はどんなお仕事をされているんですか?   【高卒からの転職インタビュー】初めて営業として働いた感想は? キャバクラなどナイトワークの求人を掲載している求人媒体の営業をしています。 ざっくり言うと人材を求めているお客様とコンタクトをとって、うちのサイトに求人を載せませんか?といった提案をする仕事ですね。 ーーー なるほど! 21時くらいまで仕事されているとのことですが、やはり営業となると業務時間もハードなんですか…? ーーー いえ、うちの職場は勤務時間が遅めなんです。 主な顧客となるお店の営業時間が遅いので、それにあわせて業務もお昼から夜に調整しているんです。 ーーー そういうことだったんですね、安心しました! 正社員として初めての営業のお仕事はどうでしたか? ーーー 不安なこともありましたが、やると決めたからには1番になりたいという気持ちが強かったのでへっちゃらでした。(笑 都内の大きなエリアを任されたし、数字(ノルマ)もあるので毎日やりがいもあります。 しんどい思いをすることもありますが職場の人間関係が本当に良いので、毎日充実しています。   【高卒からの転職インタビュー】リベンジャーズの転職サービスの感想は? そうだったんですね、とても楽しそうに話されていて嬉しいです。 ぶっちゃけた話、リベンジャーズのサービスはどうでしたか? ーーー 最初は電話がかかってくると思ってなかったのでびっくりしました。 リベンジャーズというサービスも知らなかったので不安でしたが、Fさんと面談を重ねていく中でしっかりと自分のことを考えて仕事を紹介してくれることが分かったので、いつの間にか安心して利用できていました。   最初はパートで求人を探していたのですが、「若いうちに正社員で仕事をした経験が、将来きっと役に立つ時がくる」というFさんの言葉に納得し、正社員の求人にも応募しました。(笑 結果オーライですが、あの時正社員の転職に踏み切って良かったと感じています。 ーーー それは良かったです! その他に印象に残っていることはありますか?   【高卒からの転職インタビュー】転職活動で不安なことは何でも聞くことができた 1つあるのは、内定が決まるまでにLINEでたくさんのことを聞けたことですかね。(笑 「面接にはどんな服装で行けばいいんですか?」みたいな質問にも写真付きで服装の例を送ってくれたりとか、転職する時に不安なことを聞いたらすぐにお返事してくれたところがとても嬉しかったです。 他の転職サービスよりも手厚いフォローで、すごく頼りにしちゃっていました! ーーー ありがとうございます、今後も気になることがあったらいつでも連絡してください! リベンジャーズでは高卒からの転職で役立つ、面接時の服装のポイントについてまとめていますので、気になる方はぜひ見てくださいね!   【高卒からの転職インタビュー】転職活動で失敗したことは? かなり順調に転職できたように思えるのですが、これは失敗したな〜といった後悔はありますか? ーーー んー、面接時に緊張しすぎてしまったかなというのはあります。 自分が緊張しないような方法を見つけておけばよかったというか…。   今の職場に至る前にいくつかの求人で面接を受けていたのですが、落ちてしまったところもあって。 面接時のいろいろなケースを考えて、しっかり準備をしておけば良かったという後悔はあります。 ーー ありがとうございます、真剣に転職を考えていたからこそのご意見ですね。 反対に転職活動時にこれはやっといて良かったな、ということはありますか?   【高卒からの転職インタビュー】転職活動時にやって良かったこととは? 言い方が悪いんですが、とにかく担当のエージェントさん(Fさん)を使い倒したことですね。(笑 さっきの服装もそうなんですが、「こう質問された時はどうすればいいですか?」みたいな細かいこともLINEで全て、自分の疑問や悩みがクリアになるまでとことん質問しまくってました。(笑 内定をいただいた後に会社の方と食事に行ったのですが、その際も電話で服装を聞いたり…とにかく分からないことはすぐに相談したし、それに乗ってくれる方で良かったと思います。 ーーーー ありがとうございます。 最後に高卒の方やフリーターの方など、今転職・就職を考えてる方へアドバイスはありますか?   【高卒からの転職インタビュー】転職や就職を考えている高卒の方へのアドバイスとは? とにかくまずは転職活動に踏み切ることが大事かなと思います。 面接や求人のやり取りをするうちに次第に慣れていくことで、自分の本来の力を出して転職活動にも臨めるはずなので。 そういった行動を繰り返していけばきっと自分が転職(就職)したい職場にも受かると思います! 面倒なことも多いとは思うけど、行動した分だけゴールに近づけます! ーーー ありがとうございます! 今後ともリベンジャーズをよろしくお願いします!       予定時間をはるかにオーバーして転職体験談をお話しくださったHさん。 転職先を探している知り合いの方には、リベンジャーズをおすすめしてくださっているそうです…ありがとうございます…!   リベンジャーズはまだまだ成長中のサービスですが、その分求職者一人ひとりに手厚いフォローができるのが強みです。 高卒やフリーター、第二新卒からの就職・転職でお困りの方は、ぜひ登録してサービスを利用してみてください。 【かんたん60秒】リベンジャーズへの無料登録はこちらから   お電話でのやり取りが苦手な方は、こちらからリベンジャーズの公式LINEを友達追加できます。 ぜひ登録してみてくださいね。

  • 転職
  • 就職
  • 高卒
  • 服装
  • 未経験
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する