新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒の就職|ホールスタッフについて解説します
2022.07.06

高卒の就職|ホールスタッフについて解説します

高卒
  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • ホールスタッフ

ホールスタッフに興味があるけど…。
仕事内容がわからない。

このような疑問にお答えします。

この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「ホールスタッフの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「ホールスタッフの仕事で役立つ資格」や「ホールスタッフに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


【目次】
高卒の就職|ホールスタッフとは?
高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です
高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは?
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務
高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定
【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定
高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ
【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人
【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人
【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人
高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ
まとめ

 

 

高卒の就職|ホールスタッフとは?

高卒の就職|ホールスタッフとは?

まずはホールスタッフの仕事についてご説明します。ホールスタッフとは、居酒屋やファミリーレストラン、喫茶店といった飲食店で接客をする仕事。業態や店舗によって少し業務内容は異なりますが、一般的には「お客様の案内」「注文をうかがう」「料理の提供」などを行います。飲食店のホールスタッフは調理スタッフとは違い、お客さまと直に接することになるため「正しい言葉遣い」や「清潔感のある身だしなみ」が要求されますよ。なお、ホールスタッフについて詳しく知りたい方は「ホールスタッフ(レストラン)職業詳細」をご覧ください。

 

 

 

高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です

高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です

飲食店は慢性的な人手不足であることから、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。昨年はコロナウイルスの影響により求人数が減りましたが、今ではアフターコロナを見越して、多くの企業で「人手不足対策」へのかじ取りを始めております。そのため、現在は未経験者を歓迎する求人がたくさんあります。未経験歓迎の求人にご興味のある方は「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」や「学生向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは?

高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは?

ここからは、ホールスタッフの仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く店舗の規模や体制によって異なります。ですので、ホールスタッフ全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する

ホールスタッフの仕事1つ目は『お客様に席を案内する』です。まずは、来店したお客様を席に案内します。お客様を席に案内した後は、お客様がメニュー表を見てどれを注文するか決めるのを待ちながら、他の業務をこなしますよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう

ホールスタッフの仕事2つ目は『注文をうかがう』です。注文が決まると、ベルを押したり声をかけられたりするので、お客様のところへ行って注文を聞きます。そして、それを厨房にいる調理スタッフに伝えます。なお、店舗によっては専用の端末を使って伝えるところもありますよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明

ホールスタッフの仕事3つ目は『料理の提供・説明』です。調理スタッフが注文されたメニューを作り終えたら、今度は客席に運びます。この時、料理について質問されることがありますので、各メニューの食材、味付けなどは覚えておく必要がありますよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち

ホールスタッフの仕事4つ目は『レジ打ち』です。ホール業務にある程度慣れてくると、レジ打ちを任される場合があります。レジ打ちはお客様をお待たせしないスピードと、操作ミスや現金の数え間違いをしない正確さが求められます。近年は無人レジも増えてきておりますが、いまだにホールスタッフが行っている店舗も数多くありますよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け

ホールスタッフの仕事5つ目は『片付け』です。お客様が帰られたら、食器類を片付け、テーブルの上を綺麗に拭いて、椅子やメニュー表などを元の位置に戻します。なお、床の汚れや醤油など調味料の残量をチェックし、次のお客様を迎えられる状態にするまでがホールスタッフの役割ですよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務

ホールスタッフの仕事6つ目は『雑務』です。雑務に関しては「備品の発注」や「スタッフのシフト管理」「店内のレイアウト」など、店舗によってバラバラです。雑務はホールスタッフの仕事ではないように思いますが、一生懸命取り組むと必ず感謝されます。ですから「これもホールスタッフの仕事なの?」と疑問に思わず、頑張って取り組みましょう。

 

 

 

高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ

高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ

ホールスタッフの仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定

ホールスタッフの仕事で役立つ資格1つ目は『レストランサービス技能検定』です。レストランサービス技能検定とは、レストランなどで「お客様に満足感を得てもらうために最低限必要とされる」接客の技能を認定する国家資格。ウェイター、ウェイトレス、ホテルマンなど、西洋料理を提供する者の技術、地位向上のために設けられたものになります。レストランサービス技能検定を取得していると、テーブルマナー、公衆衛生・安全管理などの飲食店にまつわるサービススキルを証明できますよ。なお、レストランサービス技能検定については「高卒も飲食業界に転職できる?求人の選び方や有利になる資格を徹底検証!」でもおすすめしております。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定

ホールスタッフの仕事で役立つ資格2つ目は『接客サービスマナー検定』です。接客サービスマナー検定は、接客サービス業で必要とされる接客・接遇の能力をトータルで判定する検定試験。取得することによって立ち居振る舞いや高度な接客サービスを習得でき、お客様に満足していただけるサービスの提供につなげることができます。近年は、ホールスタッフへの就職にも役立つ検定として、学生の受検者も増えていますよ。

 

【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定

ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ目は『サービス接遇検定』です。サービス接遇検定とは、サービスを提供する「ホテルの従業員」や品物を販売する「ショップの従業員」など、あらゆる業界のサービス接遇業務全般に活かせる資格。敬語やマナーといった接客業の基礎的な内容から、顧客心理の理解を深めるような専門的な内容まで学べます。なお、サービス接遇検定は、1級~3級までありますよ。

 

 

高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ

ホールスタッフは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、ホールスタッフに向いている人の特徴を3つご紹介します。

 

【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人

ホールスタッフに向いている人の特徴1つ目は『接客が好きな人』です。ホールスタッフの主な仕事は接客です。そのため「人と話すことが好きな方」や「接客が好きな方」に向いている仕事だといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人

ホールスタッフに向いている人の特徴2つ目は『食に関心がある人』です。食に関心があるからこそ、お客様に料理の良さを伝えたり、おすすめの食べ方を提案したりできます。たとえ料理ができなかったとしても、食に関心があることは重要です(食べることが好きでもOKです)。食に関心がある人は、ホールスタッフに向いているといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人

ホールスタッフに向いている人の特徴3つ目は『丁寧な応対ができる人』です。ホールスタッフは店舗のイメージを左右する存在です。ホールスタッフの対応が店舗のイメージを決めると言っても過言ではありません。そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。丁寧な応対ができる人はホールスタッフに向いていると言えるでしょう。

 

 

 

高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ

高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ

就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。ホールスタッフへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒の就職|ホールスタッフとは?
高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です
高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは?
高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ
高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ
高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ

以上になります。

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

02/

10

2022

高卒

高卒の就職!面接に履いていくべき靴とは

来週、面接があるけど…。 どんな靴で行けばいいのかわからない。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「面接にはどんな靴で行ってもいいの?」「スニーカーで行っても大丈夫?」など、高卒で就職活動をしている人の中には、面接用の靴選びで迷い、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて『面接に履いていくべき靴』をご紹介したいと思います。この記事では、履いていくべき靴とあわせて「面接に最適な靴のポイント」や「面接前に確認するべき靴のポイント」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職!面接官は靴もチェックしております 高卒の就職!面接に履いていくべき靴は服装次第 高卒の就職!面接に私服で行く場合の靴はスニーカーでもOK 高卒の就職!面接にスーツで行く場合の靴は「革靴」か「パンプス」にしよう 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(革靴編) 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント1】革靴のデザイン 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント2】革靴の色 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント3】素材 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント4】かかとのすり減り 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(パンプス編) 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント1】パンプスのデザイン 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント2】パンプスの色 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント3】素材 【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント4】パンプスのヒール 高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント3つ 【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント1】履き慣れている靴なのか 【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント2】靴下と靴の色のバランス 【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント3】清潔感はあるのか 高卒の就職!面接当日に雨が降った場合の靴は? まとめ       高卒の就職!面接官は靴もチェックしております 「オシャレは足元から」という言葉があるように「靴」はとても重要。面接官は必ずチェックしております。ですから、靴が汚れていたり、靴紐が絡まっていたりすると印象が悪い。それだけで面接官の心象を損ねるかもしれません。面接に臨む際は足元にも意識を向け「汚れはないか」「靴ひもは解けていないか」など細かくチェックしましょう。就職面接用の靴について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。       高卒の就職!面接に履いていくべき靴は服装次第 原則として、面接に履いていくべき靴に指定はありません。しかし、だからと言って派手な靴を履いていくのはNG。靴を選ぶ際は服装に合わせることが一般的な考え方になります。ということで、服装別に履いていくべき靴をご紹介します。     高卒の就職!面接に私服で行く場合の靴はスニーカーでもOK 就職面接に私服で臨む場合の靴はスニーカでもOK。特に決まりはありません。ただし、ミュールやサンダルはNG。それに装飾が沢山あるものや、原色のスニーカーも避けましょう。派手な靴を履くと足元が悪目立ちします。なお、面接に私服で行くのはファッションセンスを問われる「アパレル業界」や「クリエイティブ要素の強い業界」に限ります。それ以外の場合は「服装自由」と言われてもスーツ、もしくはオフィスカジュアルで臨みましょう。服装に関しては、面接の服装について解説している記事がございます。面接の服装について詳しく記載しておりますので、ぜひご覧くださいね。       高卒の就職!面接にスーツで行く場合の靴は「革靴」か「パンプス」にしよう 面接にスーツで臨む場合の靴は、男性であれば革靴。女性であればパンプスが基本です。最近は、派手はデザインの靴も増えておりますが、就職面接に不適切なのでやめておきましょう。面接官は足元までちゃんと見ておりますよ。注意してくださいね。就職面接用の靴について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。       高卒の就職!面接に最適な靴のポイント 続きましては、面接に最適な靴のポイントを解説していきます。革靴とパンプスに分けて、ご説明していきますね。     高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(革靴編)   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント1】革靴のデザイン 革靴のデザインは紐付きで装飾の少ないものが最適。面接では内羽根のストレートチップが推奨されております。しかし「Uチップ」や「プレーントゥ」でも問題ありません。なので、就職面接のために新しい靴を買わなくても大丈夫ですよ。なお、ヒモなしの革靴やウイングチップはカジュアルな印象を与えるので避けましょう。 ・Uチップ     つま先にU字型のステッチが入った靴 ・プレーントゥ   つま先に装飾のない靴 ・ウイングチップ  つま先に翼のような形のステッチが入った靴 革靴のデザインに関しては、面接用に靴の解説をしているサイトに詳しく書いております。ぜひご覧くださいね。     【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント2】革靴の色 革靴の色は「黒」か「こげ茶色」の革靴が基本。この二つであれば、靴の色で失敗することはありません。なお、黒かこげ茶色で迷った場合はカバンの色に近いものを選ぶといいでしょう。カバンの色と合わせることでコーディネートに統一感が生まれ、洗練された印象になりますよ。   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント3】素材 革靴の素材に関しては特に指定がありません。ただし、光沢のある素材(エナメル)はやめておきましょう。足元に光沢があると悪目立ちしますよ。就職面接用の靴について解説しているサイトでも、同じことを言っております。     【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント4】かかとのすり減り 革靴のかかとはすり減ってないものが基本。かかとがすり減っていると、デザインや色に問題がなくても見た目が悪いです。なので、就職面接に臨む際は注意しましょう。       高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(パンプス編)   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント1】パンプスのデザイン パンプスのデザインはプレーンパンプスが最適。リボンやコサージュのついたパンプスはNGです。同じパンプスでも派手な装飾があると印象が悪くなります。なお、プレーンでパンプスあればストラップ付きでも問題ありません。しかし、足首を固定するアンクルストラップは派手な印象があるため面接では避けましょう。   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント2】パンプスの色 パンプスの色は黒が基本。黒色のパンプスであればどんなスーツにも合います。なので、パンプスの色に迷った場合は黒色を選びましょう。なお、やむを得ず黒以外のパンプスを選ぶ際は「紺色」や「ベージュ」「グレー」などの控えめな色にしましょう。   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント3】素材 パンプスの素材は本革や合成皮革が最適。毛羽立ったスウェード素材や光沢のあるエナメル素材はカジュアルな印象になってしまうため避けましょう。なお、落ち着いた色やデザインであれば、布素材のパンプスでも大丈夫ですよ。   【高卒の就職!面接に最適な靴のポイント4】パンプスのヒール パンプスのヒールは太めで安定感のあるものがおすすめ。高さは3~5センチが適切とされております。なお、ピンヒールやウェッジソールはファッション性が高いため、面接での着用はNG。されどヒールですが、それだけで印象が悪くなってしまいますので気をつけましょう。     高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント3つ 続きましては、面接前に確認するべき靴のポイントを3つご紹介します。   【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント1】履き慣れている靴なのか 高卒が就職面接の前に確認すべき靴のポイント1つ目は『履き慣れている靴なのか』です。面接用に新しい靴を購入した場合は注意が必要です。なぜなら、面接会場に到着するまでに靴擦れをおこす可能性があるからです。靴擦れをおこすと足元に気が散ってしまい「面接に集中できない」ということも考えられますので、注意しましょう。面接用に靴を購入した場合は、事前に履き慣らしておくことをおすすめします。   【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント2】靴下と靴の色のバランス 高卒が就職面接の前に確認すべき靴のポイント2つ目は『靴下と靴の色のバランス』です。靴下と靴のバランスが悪いと目立ちます。ですので、基本的には靴の色と靴下の色を合わせえるようにしてください。なお、ビジネスの場で白い靴下はマナー違反とされていますので、注意しましょう。   【高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント3】清潔感はあるのか 高卒が就職面接の前に確認すべき靴のポイント3つ目は『清潔感はあるのか』です。革靴やパンプスはこまめに手入れしないと、汚れが目立ちます。暗い玄関では綺麗に見えても、面接会場では「汚れや傷が目立つ」なんてこともあり得ます。ですから、面接前にブラシで汚れを取ったり、ホコリを落としたりして綺麗にしましょう。就職面接用の靴について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。     高卒の就職!面接当日に雨が降った場合の靴は? 面接当日が雨だった場合、靴が濡れてしまうかもしれません。ですので、水濡れを防ぐために、あらかじめ防水スプレーを振っておきましょう。なお、防水スプレーは時間が経つと効果が薄れてしまいますので、家を出る直前に振ってくださいね。   まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職!面接官は靴もチェックしております 高卒の就職!面接に履いていくべき靴は服装次第 高卒の就職!面接に私服で行く場合の靴はスニーカーでもOK 高卒の就職!面接にスーツで行く場合の靴は「革靴」か「パンプス」にしよう 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(革靴編) 高卒の就職!面接に最適な靴のポイント(パンプス編) 高卒の就職!面接前に確認するべき靴のポイント3つ 高卒の就職!面接当日に雨が降った場合の靴は? 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 面接
  • 高卒
  • 服装
  • 業界
  • 男性

03/

13

2022

高卒

高卒からの就職は厳しい?現実と成功のコツを解説

就職したいけど…。 高卒だから無理かも。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 確かに高卒の就職は大変。大卒よりも苦労すると思います。しかし不可能ではありません。高卒でも就職できる企業はたくさんあります。ですから、自分に自信を持って果敢にチャレンジしましょう。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「高卒就職の現実』と「成功のコツ」をご紹介します。高卒就職の現実をわかりやすく解説しておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。 【目次】 高卒就職の現実!就活に成功する人はたくさんいます 高卒就職の現実!求人数が多いから就活を成功させやすい 高卒就職の現実!就活成功を夢見て多くの人がチャレンジしております 高卒就職の現実!就活を成功させるコツ 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ1】資格を取得しておく 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ2】人手不足の業界を狙う 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ3】応募先企業のセミナーや勉強会に参加する 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ4】若さやポテンシャルの高さをアピールする 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ5】実力主義の職種を選ぶ 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ6】履歴書を丁寧に書く 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ7】身だしなみを整える 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ8】よくある質問を把握しておく 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ9】逆質問でアピールする 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ10】言葉遣いに気をつける 高卒就職の現実!就活を成功させるためにエージェントを活用しましょう まとめ     高卒就職の現実!就活に成功する人はたくさんいます 文部科学省が令和3年に発表いたしました「高等学校卒業予定者の就職内定状況」によると、高校生の就職内定率は75.1%。高卒で就職活動をしている人のうち、半分以上の方が成功しております。つまり、高卒からの就職はハードルが高いように感じますが、実際は「それほど難しくない!」ということです。高卒からの就職に不安を抱いている方は、自信を持って就職活動に励みましょう。なお、高卒女性で就職に不安を抱いている方は「高卒女性の就職事情について解説している記事」をご覧ください。この記事を読めば、高卒女性でも就職できることがわかり安心できると思いますよ。     高卒就職の現実!求人数が多いから就活を成功させやすい 厚生労働省が令和3年に発表いたしました「高校新卒者の求人数」は前年同期と比べ0.3%減の約36万9000人。高卒の求職者数は同9.2%減の約13万8000人となっております。一見すると求人数・求職者数ともに減少しているため、就職が難しいように感じます。しかし実際は、そんなことありません。数字を見ればわかる通り、高卒の求職者1人につき約3社の求人があります。ですから、高卒の人でも就職しやすい状況だと言えるでしょう。なお、令和3年10月地点の求人倍率は2.66倍。前年同期と比べ0.23ポイントも上昇しておりますよ。     高卒就職の現実!就活成功を夢見て多くの人がチャレンジしております 文部科学省が令和3年に発表いたしました「高等学校卒業予定者の就職内定状況」によると、卒業予定者約100万1千人のうち、就職希望者は約14万8千人。高校卒業予定者のうち「約15%」の人が高卒からの就職にチャレンジしております。ですので、高卒からの就職は珍しいことではありません。近年は学歴を偏重する企業も減ってきておりますので、最終学歴を気にしないようにしましょう。なお、就職希望者「14万8千人」のうち11万人もの方が就職に成功しておりますよ。       高卒就職の現実!就活を成功させるコツ ここからは、高卒が「就職活動を成功させるコツ」をご紹介していきます。自分に自信のない方は、この内容を参考にして就職活動に励んでくださいね。 【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ1】資格を取得しておく 1番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『資格を取得しておく』です。応募先企業で必要となる資格を取得しておくと就職に有利。スキルの証明になるため、内定獲得率が上がります。ですから、やりたい仕事が決まっている場合は必要な資格を取得しておきましょう。なお「こちらの記事」でやりたい仕事の見つけ方をご紹介しております。やりたい仕事のない方はぜひご覧ください。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ2】人手不足の業界を狙う 2番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『人手不足の業界を狙う』です。人手不足の業界は積極的に採用を行います。ですから、高卒でも問題ありません。「誠実さ」と「意欲」があれば内定を獲得できると思いますよ。高卒からの就職を考えている方は人手不足の業界を狙いましょう。なお、人手不足でおすすめの業界はIT業界です。IT業界については「高卒でIT業界に転職した方の事例」がございますので、こちらをご覧ください。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ3】応募先企業のセミナーや勉強会に参加する 3番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『応募先企業のセミナーや勉強会に参加する』です。応募先企業のセミナーや勉強会に参加すると、企業が求めている「人物像」や「必要なスキル」がわかります。加えて、勉強会で知り合った方と面接会場で会うことだってあり得ます。ですから、時間のある方は応募先企業の勉強会やセミナーに参加するといいでしょう。それだけで他の方より一歩リードできますよ。なお、高卒向けに「就職活動を成功させるコツを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ4】若さやポテンシャルの高さをアピールする 4番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『若さやポテンシャルの高さをアピールする』です。若さやポテンシャルの高さをアピールするのも、高卒が就職活動を成功させるポイント。なぜなら、企業は若い人材に対して「体力がある」「柔軟性がある」などの魅力を感じるからです。社会人経験のない高卒は、若さとポテンシャルを前面に押し出し、積極的にアピールしましょう。高卒就職について解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。     【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ5】実力主義の職種を選ぶ 5番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『実力主義の職種を選ぶ』です。実力主義の職種は学歴を重視しません。人柄やスキルに重きをおきます。ですので、高卒就職を考えている方は実力主義の職種を選びましょう。高卒向けに就職の現実を紹介しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。なお、実力主義の職種には「エンジニア」「デザイナー」「美容師」「料理人」などが挙げられます。     【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ6】履歴書を丁寧に書く 6番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『履歴書を丁寧に書く』です。就職活動において、履歴書は厳しくチェックされます。ですから、単なる書類だと思わず「年号は統一する」「誤字脱字には注意する」など丁寧に仕上げましょう。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ7】身だしなみを整える 7番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『身だしなみを整える』です。就職活動において身だしなみは重要。特に高卒の方は厳しい目で見られます。身だしなみが整っていることは、社会人として当たり前です。なので「髪の毛の乱れ」「洋服のシワ」「靴の汚れ」などがないように注意しましょう。なお、面接で気をつけるポイントについては「こちらの記事」で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ8】よくある質問を把握しておく 8番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『よくある質問を把握しておく』です。就職の面接には、いくつか定番の質問がございます。たとえば「キャリアプランはありますか?」「学校生活で最も頑張ったことを教えてください」などです。この手の質問はその場で考えるのではなく、事前に考えておきましょう。定番の質問を把握しておくと精神的負担が減りますので、面接がとてもラクになりますよ。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ9】逆質問でアピールする 9番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『逆質問でアピールする』です。逆質問とは、あなたが面接官にする質問のこと。多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。なので、うまく答えれば自分をアピールできる絶好のチャンス。その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。高卒からの就職を目指す方は逆質問でアピールして内定を掴み取りましょう。   【高卒就職の現実!就活を成功させるコツ10】言葉遣いに気をつける 10番目にご紹介する高卒が就職活動を成功させるコツは『言葉遣いに気をつける』です。就職面接では話す内容だけでなく、言葉遣いまで細かくチェックされます。なぜなら、ビジネスパーソンとしてスムーズに仕事をしていくためには、綺麗な「言葉遣い」が必須。たとえ営業職でなくとも必ず求められます。高卒からの就職を成功させたい方は言葉遣いに気をつけましょう。     高卒就職の現実!就活を成功させるためにエージェントを活用しましょう 高卒からの就職に不安を抱えている方は「就職エージェント」を活用しましょう。就職エージェントは、あなたの就職活動をサポートしてくれる心強い味方。求人紹介や選考対策に加え、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。高卒からの就職に不安を抱えている方は、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。高卒就職について解説しているサイトでも、エージェントの活用をおすすめしておりますよ。   まとめ では、これまでの内容とまとめると 高卒就職の現実!就活に成功する人はたくさんいます 高卒就職の現実!求人数が多いから就活を成功させやすい 高卒就職の現実!就活成功を夢見て多くの人がチャレンジしております 高卒就職の現実!就活を成功させるコツ 高卒就職の現実!就活を成功させるためにエージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 履歴書
  • 失敗
  • 服装
  • スキル
  • 求人
  • 未経験
  • 成功
  • 現実

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|大学を辞めたいけど就職先があるかと不安な方へ

この記事では、「大学を辞めて働きたい」「中退はとどまった方が良いのか?」「中退となった場合に就ける仕事はあるの?」という疑問にお答えします。 【目次】 高卒の就職|大学を辞めたいと思った時に考えるべきメリット・デメリット 高卒の就職|それでも大学を辞めたい人の就職方法とは? 【高卒の就職|就活は冷静に】 【高卒の就職|面接の準備】 【高卒の就職|ブランク期間】 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種は? 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種1】営業 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種2】ITエンジニア 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種3】接客・販売 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種4】事務 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種5】公務員 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格1】簿記 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格2】基本情報技術者 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格3】MOS(Microsoft Office Specialist) まとめ 高卒の就職|大学を辞めたいと思った時に考えるべきメリット・デメリット やりたいことの不一致による転学、留年や学習意欲の低下、就職や起業、経済面と、大学を辞めたいと思う理由は人それぞれです。 転学や起業であればやりたい方向は決まっているのでこれから進むべき道を迷うことはないと思いますが、就職はもちろん、その他の理由において就職に決めた場合、本当に大学を中退するべきか、働き先はあるのかと不安になる人もいることでしょう。 高校卒業の時点で就職する道を選んだのであれば良いですが、大学を選んで進学したのであれば、基本的に卒業までやり切ることをおすすめします。理由は複数ありますが、一つは、中退という事実があると面接でその理由を説明するのに苦労する可能性があるからです。途中で辞めるということはネガティブに捉われやすいということを覚えておきましょう。 また、奨学金を利用していた場合は、中退後にすぐ支払いが発生するというデメリットもあります。まだ就職してないうちは、家族に迷惑がかかることにもなるでしょう。 就職先が狭まるというのもデメリットの一つです。大学を中退すると最終学歴は「高卒」となります。たとえ4年生の途中で辞めたとしても高卒となるので、応募条件に大卒以上とある場合はエントリー不可になってしまいます。なお高卒が不利な状況は、特に大企業で顕著に表われています。 大学中退での就職はデメリットばかりではなく、メリットもあります。大学を卒業するより早く社会の一員として自立できること、一度挫折した経験が今後の社会生活で活かせること、一つの職を極めたい場合は大卒より時間があること等です。 大学を辞めたいと思った際は、以上のメリット・デメリットを踏まえたうえで冷静に検討することをおすすめします。 なお次の項目では、やむおえず大学中退に踏み切った後の就職活動をどのように進めていけば良いか、また事前に押さえておきたいポイントを紹介します。 以上のメリット・デメリットを考慮したうえでの就職を希望している方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の就職|それでも大学を辞めたい人の就職方法とは? まず初めに押さえておいて欲しいポイントは、大学を中退した場合、就職活動における扱いは「中途採用」と同様になるということです。最終学歴は高卒となるものの、新卒扱いとなる高卒とは違い、大学中退の場合は中途採用となることには注意が必要です。 中途採用が活発化するのはおおよそ1〜3月となるので、中退後はその時期に向けて就活の準備をすることとなります。6月や10月に中途採用を募集する企業もあります。そもそも中途採用は欠員分の補充を目的としている企業が大半で、募集人数が少ない、すでに社会人経験を積んだ人達と同じ土俵に立たなければいけないという難しさがあることも、あらかじめ心得ておきましょう。 【高卒の就職|就活は冷静に】 前述のように大学中退はやや難しい状態での就職となりますが、それでも決して焦って就職先を決めないよう気を付けましょう。焦ると十分な企業研究もせず、内定したことだけに歓喜し、離職率の高いブラック企業に引っかかってしまう可能性もあります。就職できることに変わりはないのでその場は良いかもしれませんが、短期離職になってしまうと、その後の転職に支障をきたしてしまう可能性も出てきてしまいます。 決してその場だけではなく、自分の将来を見越して可能な限り時間をかけて業界・企業研究を行い、これから成長する見込みのある業界・企業や、社会人としての経験が積めると判断できる求人を選びましょう。 【高卒の就職|面接の準備】 もう一つのポイントは、面接では就職に意欲的であることを前面に出して伝える必要があるということです。大学中退は紛れもない事実であり、嘘をついたり隠したりしてはいけません。中退の理由に関しても、変に装飾して自分で思ってもいないことを述べて取り繕うことのないようありのままを伝えましょう。 また、大学を途中で辞めたということで、就職したとしても気が変わって短期離職してしまうのではないかと疑われる可能性もあるので、その疑いを解消できるよう、あらかじめ中退の理由については筋が通った説明ができるようまとめておきましょう。その上で、あくまで志望先でこれから働くことに対して前向きであることを伝える努力をしましょう。 【高卒の就職|ブランク期間】 中退後にすぐに就職せずアルバイトや派遣社員等をなんとなく続けてしまうと、計画性がないとみなされてしまう可能性も出てきます。自分が将来就きたい職業の経験を積むために続けているという明確な意思があれば問題ないですが、そうでない場合は単なるブランク期間と判断されてしまう可能性もあるので、できるだけ早く就活にシフトすることをおすすめします。 この後の項目でも紹介するように、就活を有利に進めるために資格取得を目指すのも一つの手ですが、志望先に全く関連性のないものを取得したとしても効果が薄いどころか、この場合も計画性がないと判断されかねません。焦らず、自分の将来を考えた上で就活に取り組みましょう。 ここまでの内容で中退時の就活について理解したものの、まだ悩みがあるという方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種は? 大学を辞めたいと思った時の就活時におすすめの職種を紹介していきます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種1】営業 学歴や経験が問われない傾向にある職種です。ただし基本給が安く、歩合制でインセンティブをもらうことで平均的な給料に達するような場合もあり、成果主義な面があるため、安定した仕事がしたいという人には向いていないでしょう。大学中退で就職できるだけではなく、不動産関係や保険関係といった一契約において動く金額の多い業界の営業は、高収入を得られる可能性もあります。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種2】ITエンジニア IT業界は受け入れる学歴や経験、年齢に関する採用の範囲が広く、大学中退や高卒でも入りやすい業界です。ITエンジニアというのは実は様々な職種の総称であり、その中にプログラマーやSE(システムエンジニア)、インフラエンジニア 、サポートエンジニアといった具体的な職種があります。未経験で就職・転職をする人が多く、未経験者を対象とした研修も充実しているので、努力次第では、大学中退から一転してIT業界で大活躍ということもあるかもしれません。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種3】接客・販売 サービス残業や超過労働等、悪いイメージが付きがちなサービス業界ですが、働き方は少しずつですが見直されている傾向にあり、高卒や大学中退、業界未経験からの就職・転職はしやすい職種です。将来性がないのではと心配する人もいるかもしれませんが、実際は店長や店舗管理のエリアマネージャー、本社でのマーケティングや開発、独立等、様々なキャリアプランを考えることができます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種4】事務 事務職は業界に関わらず存在する役割であるため、求人はたくさんあります。その一方で女性を中心として人気の職種でもあるため、事務職を目指す場合はアピールできるものが必要となることでしょう。次の項目で紹介する簿記やMOS、秘書検定といった資格や、アルバイト等での事務経験があると有利となりやすいです。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種5】公務員 公務員は大きく、地方公務員と国家公務員の2つに分けられ、国家公務員の方がやや収入が高い傾向にあります。国の仕事となるので大学中退では難しいのではと思っている人もいるかもしれませんが、高卒でも受験が可能であるため、もちろん大学中退でも公務員になれるチャンスはある可能と言えます。ただし自治体ごとに定められた年齢制限があるので、タイミングを逃さないように中退後は調査を忘れず行いましょう。 以上に紹介した職種含め、目指す職種が決まっている方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格 中退後の就活を有利に進めようとしている際におすすめの資格を以下に紹介します。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格1】簿記 簿記試験は様々な種類がありますが、特に日商簿記試験が有名です。1級〜3級までのレベルに分けられていて、3級が一番易しい内容となります。簿記とはお金の流れを帳簿で管理するスキルであり、3級は入門レベルとなりますが、2級以上の試験に合格することで、就職時に有利になる可能性があります。また、もし個人事業をすることになった場合は自分で事務処理を行うこととなるため、そこでも簿記の知識・スキルが役立ちます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格2】基本情報技術者 IT関連の国家試験の一つで、IPAの実施する情報処理技術者試験の中で一番基本となり、初級の資格です。IT業界に入った際に必要となる基礎知識が分野別に出題されます。基本情報技術者の上位レベルに応用情報技術者があり、さらにその上位により専門性を増したプロジェクトマネージャー、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリストといった複数の資格があります。 特にIT業界への就職を検討している場合は、持っていると有利に働く資格と言えます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格3】MOS(Microsoft Office Specialist) Microsoftの提供するExcel、Word、Access等のツールに関する知識やスキルを問われる試験です。この資格を取得すると、Microsoft製品の専門家というよりは、Microsoft製品を使って普段の業務をそつなくこなせる人と判断されることでしょう。事務系の職種に転職する際に役立つ他、業務上で資料作成が頻繁に発生する職種にも有効な資格となります。 資格を取得して中退からの就職を目指している方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。 まとめ 最後に、今回の記事をまとめます。 ・大学中退後の学歴は「高卒」となる ・中退は早く社会の一員として働けるというメリットもある ・面接では、前向きなことを伝えられるよう意識しよう ・大学中退で公務員にはなれる可能性もある ・資格を取得して就職を有利に進めるのも一つの方法 大学を辞めたいと思って中退したものの就職に悩み始めたという方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。

  • 高校新卒
  • 就職
  • 高卒
  • 仕事
  • 探し方
  • 学歴
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する