新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • フリーターが就職の志望動機で面接官をうならせる方法!
2021.05.10

フリーターが就職の志望動機で面接官をうならせる方法!

フリーター
  • フリーター
  • 転職
  • 就職
  • 履歴書
  • 職歴
  • 面接
  • 高卒
  • エージェント

フリーターの就職活動において志望動機は超重要!

それなのに就職の志望動機をどう書いていいかわからない…。

 

このような悩みを抱えているフリーターの方はいませんか?

 

「親に言われて就職活動をした」「なんとなく就職活動している」「フリーターの時より給料が上がるから」など、漠然とした理由でフリーターから就職したいと考えている方は、志望動機が曖昧で頭を抱えていることと思います。

 

今回はそんな方に向けて、フリーターが就職するときにオススメの志望動機をご紹介したいと思います。また本記事では、面接官目線で志望動機の『どの様なポイントを見ているのか』『書いてはいけない事はどんなことなのか』なども併せて解説していきますので最後までお付き合いください。

 

まずは志望動機を伝えるときの注意点から!

 

 

フリーターから就職するときは志望動機の伝え方に気をつけよう

正社員ならまだしもフリーターって言葉の響きがよくないので面接官は慎重になります。

だからこそ「志望動機の伝え方」には内容と同じくらい気をつけましょう!

では、ざっくりと3つの注意点をご紹介しますね。

 

1 就職の志望動機は真実を語ろう

 

『嘘をつくこと』と『大袈裟にいうこと』は別物。

ここでいう真実とはもちろん嘘をつくことです。

え、嘘をつかないに決まってるじゃん……。と思ったあなた!

要注意です。履歴書は問題なく書けても「面接で嘘の発言をしてしまう」なんてことはよくあります。というのも、フリーターから正社員への就職をするとなれば当然気持ちが昂まる。すると「大袈裟に言ったつもりが虚偽の発言をしていた」なんてこともあるんですね。話を盛ることはいいけど、嘘は絶対にやめてください。運よく就職が成功してもあとでバレてしまい信用を失いかねませんので。

 

2 就職の志望動機は前向きに答えよう

 

フリーターのみなさま、志望動機はポジティブにお願いします。

上述した通り真実を語ることは大切ですが、ネガティブすぎる話は避けましょう!

就職の志望動機でネガディブをことを言われると嫌ですよね。物事には二面性があり、フォーカスの当て方で「良い面」と「悪い面」が見えるもの。つまり、フリーターのみなさまの考え方次第で、就職の志望動機をポジティブに伝えることはいくらでもできるんです。

フリーターの就職志望動機について紹介しているサイトでも前向きに伝えることが大切だと紹介していますよ!

 

 

 

3 就職の志望動機は具体的に伝えよう

 

フリーターのみなさんが、いくら立派な志望動機を考えても具体的でなければ意味がありません。就職の志望動機では抽象的な発言を避けるようにしましょう。

例えば、『御社のミッションに共感した』『企業理念に心を打たれた』『SDGsに取り組む企業だから』では具体性がありませんよね。つまり、どの面接でも答えられるような就職の志望動機では曖昧に聞こえてしまいやる気をアピールできません。ミッションの「どのような点に共感」したのか、企業理念の「どこに胸を打たれたのか」ということをしっかり伝えましょう。

尚、志望動機の書き方についてはフリーターの就職志望動機について解説しているサイトでご紹介しています。フリーターのみなさんが困らないよう例文がついていますよ。

 

 

 

フリーターが就職の志望動機で必ず伝えるべき内容3つ

1 フリーターをしていた理由

 

就職の志望動機ではフリーターをしていた理由を必ず聞かれます。

面接官は、フリーターであることよりも「なぜフリーターをしていたのか?」を気にしています。なぜなら、面接官はそこから働く意欲を読み取ろうとしているんですね。

これは先ほどの伝え方でご紹介した、前向きな&具体的な理由であればフリーター経験を好評価してくれる場合もありますので伝え方を工夫してください。

 

2 フリーターから正社員を目指した理由

 

フリーターが就職活動するうえで避けては通れない項目ですね。

『なぜ正社員になろうと思ったのか?』採用担当は必ず気にします。

ここでは、待遇や給料が良いといった理由もいいですが、仕事へのやる気をアピールするとよりいいでしょう。フリーターから就職した志望動機にあなたの「向上心」が見えると最高です。きっと、面接官をうならせることができるでしょう。

フリーターの就職志望動機について解説しているサイトでも、面接官のうならせ方をいつくかご紹介しております。

 

 

 

3 フリーターのみなさんが会社を選んだ理由

 

『なぜこの会社を選んだのですか?』

これはフリーターに限らず誰でも就職活動のときに聞かれる質問です。ここでは上述した前向き&具体的な理由を述べるようにしましょう。

「御社のミッションに共感したから」といった抽象度の高い理由では、就職の志望動機としては弱く、面接官に悪印象を与えてしまいます。「御社のミッションの〇〇の部分に共感しました。なぜなら〜」というように、具体的に答えられるよう準備しておきましょう。

 

以上の内容はフリーターが就職するときの志望動機で必須の内容となりますので、必ず書いてくださいね。

フリーターの就職について紹介しているサイトには自己PRのサンプル集がありますので、何かヒントがあるかもしれませんよ。

 

 

 

フリーターが就職の志望動機で高い評価を受けるポイント3つ

1 フリーターのみなさんが3年後にどんな風になっていたいか

 

フリーターから就職しようと志望動機を考え、なんとか成功を掴み取る。これは大変なことです。しかし採用されたら終わりではありません。ですので、フリーターが就職の志望動機を語るとき、3年後にはどんな風に仕事がしたいかを伝えるようにしましょう。

フリーターから正社員になり3年も経てば、後輩の指導や、社内のあらゆる仕事を1人で推進していくことが求められます。

ここでは「〇〇の仕事を一通りこなせるようになりたい」「チームのリーダーになりたい」などという風に、具体的で志が高い目標を掲げると印象が良くなるでしょう。

 

2 就職の志望動機は自分の言葉で書かれているか

 

就職の志望動機が自分の言葉で書かれていることはとても重要です。オリジナリティがあればあるほど、独自性が強調され非常に採用されやすくなります。

例えば、フリーターをしながら資格の勉強をしている場合。

「飲食店のホールスタッフとして勤務しているなかで、売り上げの計算を行うようになり、簿記の勉強を始めました。そのおかげで簿記2級まで取得し、今後は経理のスキルをより高めたいと考えるようになったのです」など、フリーターだからこそ語れるストーリーを盛り込んであげるといいでしょう。

 

3 就職の志望動機に具体例や事実はあるのか

 

上述したストーリーと重なるのですが、就職の志望動機が具体的であるほど印象が良くなります。翻って、曖昧で具体性のない就職の志望動機は書類選考すら通らないケースが多いです。なぜなら、それはどこかでコピペした使い回しである感が否めないから。いくら立派なことを書いていてもコピペした就職の志望動機なんて論外ですよね。この記事を読んでいるフリーターのみなさんは、そのようなことはないと思いますが、くれぐれも就職の志望動機をコピペしないでくださいね。就職の志望動機を具体的に語るポイントとしては、『どんな職場なのか』『どんな仕事を担当していたのか』『人数規模』などを盛り込むといいでしょう。

 

フリーター向けにオススメの就職志望動機を紹介しているサイトでは、面接まで考慮した志望動機をご紹介しておりますので、一度ご覧になってください。
 

 

 

 

フリーターが就職の志望動機を語るとき面接官はどこを見ているの?

フリーターのみなさまは、就職の志望動機でどこが重要なのか気になりませんか?

つまり、面接官がどこを気にしているのか…。これがわかれば、就職の志望動機で書くべきポイントが知れていいですよね。ということで、面接官が就職の志望動機のどこを重視しているのかを見ていきます。

 

1  就職の志望動機に前向きさはあるか

 

フリーターのみなさんに面接官がスキルを期待することはないでしょう。多くの場合、即戦力とは考えません。それゆえ重視するポイントは、前向きに仕事をする意欲があるかどうか。つまり「やる気があるのか」という部分を見たいのです。

フリーターが就職の志望動機を語るときは受け身の姿勢ではなく、前向きに仕事をしていくという姿勢を示すといいでしょう。

 

2  フリーターから就職を成功させてもすぐ辞めるのではないか

 

残念ながらフリーターのみなさんは、あまり信用されていません。

面接官はフリーターに対して「すぐ辞めるんじゃないか?」と不安に感じております。なぜならフリーターという雇用形態が離職しやすく、いまだにその感覚でいるのではと思ってしまうんですね。ですので、そのためにもフリーターのみなさんは就職の志望動機を固め、

すぐに辞めると思われないよう、努力することが大切です。就職において志望動機とは定着率を示す指標になるのだと考えるようにしてください。

 

3  フリーターから就職を成功させた途端にやる気をなくすのではないか

 

就職の志望動機が曖昧な人ほどこの傾向が強いように感じます。フリーターから正社員に就職することが目標になり、入社した途端にやる気をなくす。つまり運よく入社してもそこ後は成長しないということです。面接官はフリーターのみなさまに主体的に仕事に取り組み、成長してほしいと考えております。つまり、フリーターから就職を成功させた後の伸び率に期待しているのです。なので、就職の志望動機では、向上心があり入社後も成長が期待できる人材であることをアピールするといいでしょう。

フリーターの就職事情について紹介しているサイトでも面接官目線の志望動機がご紹介されていますよ。
 

 

 

 

まとめ

 

では、最後にまとめますと、

 

1 フリーターから就職するときは志望動機の伝え方に気をつけよう

2 フリーターが就職の志望動機で必ず伝えるべき内容3つ

3 フリーターが就職の志望動機で高い評価を受けるポイント3つ

4   フリーターが就職の志望動機を語るとき面接官はどこを見ているの?

 

以上になります。

 

フリーターのみなさま、いかがだったでしょうか?

これまでの志望動機を振り返ってみて、思い当たる点があったのではないでしょうか。

「ほとんど当てはまっていた…」なんて方がいても落ち込まないでくださいね。

冒頭でもご紹介した通り、就職における志望動機とは二面性があるもの。つまり、フリーターのみなさまの考え方次第で『ポジディブ』にも『ネガティブ』にもなるのです!

 

応援しています!

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

07/

30

2021

フリーター

脱フリーター!諦めるのはまだ早い!就職におすすめの業界・職種をご紹介★

  フリーターが就職しやすいおすすめ業界の特徴3つ フリーターが就職しやすい業界の特徴としては以下の3点があげられます。 ・資格、経験が不問 ・人手不足で困っている ・人材育成、フォローしっかりしている   フリーターが就職しやすいおすすめの業界・職種ってあるの? 先に述べたフリーターが就職しやすい業界の特徴を踏まえたうえで、 具体的にどのような仕事が就職におすすめかをお話ししていきたいと思います。 おすすめの仕事を下記「肉体労働編」・「事務編」・「営業・販売編」「IT関連編」の 3カテゴリーに分けてご紹介します。 ご自身の特性や状況も踏まえたうえで、是非参考にしてみてください。   (3つのカテゴリー) ↓   ↓   ↓ ◉肉体労働編 ◉事務編 ◉営業・販売編 ◉IT関連編   【肉体労働編】 ・介護職 ・建築業 ・トラック、宅配業のドライバー ・宅配員 ・工場、倉庫での軽作業や力仕事 ・新聞配達 ・警備員 ・清掃、ビルメンテナンス 上記にあげたお仕事はアルバイト・日雇いの求人でも目にすることが多いかとおもいますが、 正社員の求人でも実は掲載されているフリーターにもおすすめの仕事です。 アルバイトには社会保険などの福利厚生がありませんが、正社員だと待遇面が大きく違ってきます。 ただお金を必要最低限一定稼ぐとう目先の目的だけではなく、 将来的に自分またご家族を守るためにも手にして損はない必要な環境となることでしょう。 高齢化社会で人手不足が顕著にあらわれている職種が上記におすすめにもあげた「介護職」です。 資格が必要で難しく感じるかもしれませんが、資格としてのハードルは決して高いものではありません。 興味がある方はぜひチェックしてみてください。 肉体労働編としてあげたように、若いうちは力仕事をなんなくこなせたとしても、 個人差はあるとういえ、年を重ねるごとに中々体力的に厳しいと感じられることでしょう。 フリーターが正社員としてのキャリアをつけるために1つチャレンジするには就職するハードルは低めである業界・職種ではあるので、 1つの選択肢・通過地点として考えるのもいいかもしれません。   【事務編】 ・データ入力、集計業務、経理事務 ・コールセンター 「事務職」は、営業職や対面での接客業ではないので、コミュニケーションのハードルは低めの仕事です。 データを扱う事務であれば、エクセルやワード、パワーポイントなどの実務経験があると有利である求人もあるので 一般事務経験のない方は自己啓発として事前にご自身で資格をとったり、自己学習してみることもおすすめです。 コールセンターなどの電話対応業務のお仕事に抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、 コミュニケーションが苦手な人であっても、マニュアルのあるコールセンターの仕事は以外とできたという人もいるようです。 電話業務でも営業要素のある成果報酬型のお仕事もあるので、向いている方には結構な収入に繋がるケースも少なくないようです。 今後のキャリアアップにも繋がる話の引き出しにもなる経験ができることでしょう。   【営業・販売編】 ・営業職 ・接客業、販売職   「営業職」は働く業界問わず、社会人としてのマナーは勿論のこと、ビジネス上のメールや電話応対やコミュニケーションの基礎を 築いていくことができる職種です。 営業職の経験があれば、仮に今後転職をしたとして未経験の業界・業種に携わること、また職種を変えるなど 仕事の環境が変わったとしても、営業職での経験値をおおいに活かすことができるのも魅力的です。また営業職や販売職は歩合制で頑張った分だけインセンティブを収入として得ることができるので モチベーションの維持にも繋がるという特徴があります。 「接客業」や「販売職」は直接モノ・サービスを販売する仕事であり、人柄重視の採用をする傾向にあるため未経験でも比較的 就職するハードルが低めの業界・職種ではあります。 土日・祝でも勤務をせざるえない業界・職種ではあることが大半なので、正社員でもシフト制を設けているところが多いです。 なにがなんでも固定で平日勤務を希望する方だと、厳しい業界・職種になるかもしれません。 ただし営業時間があらかじめ決まっているため、残業が比較的少なくワークライフバランスがとりやすい環境であるともいえます。   【IT関連編】 ・エンジニア ・プログラマー ・マーケッター ・Webデザイン ・ライター インターネットの普及により、急速に「IT関連業界」は人手不足にある状況です。 アルバイト・正社員問わず、未経験者でも積極採用を行っている企業が比較的多い業界にあります。 ITと聞くだけで苦手意識を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、イメージの通り専門知識・スキルは確かに必要です。 ただし業界として育成・フォローが整ってい傾向にあるので、今の時代を生き抜くためにはチャンスとも言えるでしょう。 中でも、プログラマーやエンジニアはスキルをつけるスクールが無料で開講されているケースもあり、 そのまま就職活動のサポートをしてくれるところもあります。やる気のある方は是非参加を検討してみてはいかがでしょうか。 いずれの職種であっても、経験者を優遇する旨の記載のある求人には積極的に応募せず、未経験者の積極採用や育成フローが整っていそうな 求人に応募することをおすすめします。   フリーターにおすすめの業界・職種への就職にあたり、気をつけておきたいこと   【フリーターの就職が難しくおすすめしない業界・職種とは?】 フリーターの就職におすすめの業界・業種を先にご紹介しましたが、 対しておすすめではない業界・職種をこちらではあえてお伝えしておこうと思います。 フリーターの就職が難しくおすすめしない業界・職種は大きく下記2つです。 ・専門性が高い事務職 ・クリエイティブ職 おすすめしない業界・職種としてはあげましたがフリーターの就職先として諦めるべきとの意図では決してありません。 本気で上記の業界・職種に就職したい人にはあらかじめ知識やスキルを身につける準備期間が必要だと考えてください。 ◉専門性が高い事務職 専門性が高い事務職とは一般的に法務事務・貿易事務・経理事務などがあげられます。 専門性に特化した事務なので、事務職とはいえど即戦力として誰もが就職できる業界・職種ではなく 求人サイトでも経験者が優遇されたり、一定の経験値や資格を保有している前提での採用がほとんどなのが現実です。   ◉クリエイティブ職 クリエイティブ職とひとくくりに言えど、一般的にデザイナー・メイク・美容師・フォトグラファー・動画クリエイターなど様々であり、 フリーターが就職するにあたりおすすめの業界としてご紹介したIT業界でも必要とされる職種も含まれます。 必ずしも雇用される働き方ではなく、フリーで仕事をされている人も多い職種にはなりますが、 就職活動時には必ずと言っていいほど、ポートフォリオ(自分の作品)の提示を求められるため、 業界・職種未経験で作品として自分をアピールすることができない状況は就職活動のスタート地点にも立てないことになります。   上記のような業界・職種に就職したい方は、経験値を得るために同じ業界・職種でアルバイトをしたり、自己学習や スクールに通ったりと計画性と目的意識をもってまずは準備することが大切です。   【就職のしやすさだけで選択してしまう危険性とは?】 フリーターが1日でも早く正社員んとして就職することも大切なことですが、 正社員として就職することだけが目的になってしまうと就職できても後々の働く環境ややりがいなどに フラストレーションを感じてしまい続かないなんてこともあります。 特にフリーターが就職しやすい環境の特徴の1つとしては冒頭にもあげた 「人手不足で困っている」環境に就職した場合に、後々精神的また肉体的負担をかかえる可能性が高いです。 目先のことだけを考えた就職ではなく、将来的に自分がありたい姿をイメージしながら、 目的意識をもって計画的に就職活動をすることも大切です。 現在同じフリーターという立ち位置であっても、フリーターである背景は十人十色であることだとおもいます。 何がなんでも今の状況を脱してフリーターを卒業し、正社員として社会的地位を築きたい人、 就職したい業界・職種があって、目標に向かって時間をかけても準備をしてから正社員としての就職を目指したい人、 こちらの記事を参考に、まずは一歩踏み出すきっかけとなれば幸いです。          

08/

22

2021

フリーター

高卒の転職!おすすめの職種を一挙紹介

転職したいけど…。 高卒だから転職は難しいと思う。 このような悩みを抱えている高卒の方はいませんか? 「高卒はできることが限られている…」「高卒だと書類選考すら通過しない…」など、高卒で転職を考えている人のなかには、学歴がネックとなり、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな高卒の方に向けて『おすすめ職種』をご紹介していきたいと思います。この記事を読めば、高卒におすすめの職種がわかり、転職活動に意欲が出ると思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!     【目次】 高卒の転職!おすすめの職種を紹介する前に 高卒が転職しやすい職種の特徴3つ 【高卒が転職しやすい職種の特徴1】実力主義で活躍できる 【高卒が転職しやすい職種の特徴2】人材不足 【高卒が転職しやすい職種の特徴3】若い人材を積極的に採用している 高卒の転職!おすすめの職種9選 【高卒の転職!おすすめの職種1】販売職 【高卒の転職!おすすめの職種2】事務職 【高卒の転職!おすすめの職種3】営業職 【高卒の転職!おすすめの職種4】介護職 【高卒の転職!おすすめの職種5】プログラマー 【高卒の転職!おすすめの職種6】公務員 【高卒の転職!おすすめの職種7】飲食の店舗スタッフ 【高卒の転職!おすすめの職種8】施工管理職 【高卒の転職!おすすめの職種9】長距離ドライバー まとめ     高卒の転職!おすすめの職種を紹介する前に 高卒の方に向けて「おすすめの職種」をご紹介する前に、先にお伝えしたいことがあります。 それは、「高卒でも転職できる職種はたくさんある」ということです。というのも、近年は働き方改革が進み、多様な雇用形態が増加。その影響もあってか、大企業でも「学歴不問」という求人が増えました。そのため、高卒でも転職に成功し活躍をしている人はたくさんいます。ですので、高卒だから転職できないと悲観せず、前向きに取り組んでいきましょう。       高卒が転職しやすい職種の特徴3つ 続きましては、高卒が転職しやすい職種の特徴をご紹介します。ぜひこの内容を転職活動にお役立てくださいね。   【高卒が転職しやすい職種の特徴1】実力主義で活躍できる 1つ目のご紹介する高卒が転職しやすい職種の特徴は『実力主義で活躍できる』です。求人のなかには、学歴よりも実力を重視している職種があります。たとえば、「エンジニア」「デザイナー」などですね。これらは、学歴よりも専門的な技術が必要。そのため、実力さえあれば高卒でも容易に転職できますよ。     【高卒が転職しやすい職種の特徴2】人材不足 2つ目のご紹介する高卒が転職しやすい職種の特徴は『人材不足』です。人手不足の問題を抱えている職種であれば学歴は問われません。積極的に採用を行なっているため、高卒でも転職できる可能性は十分にあります。なので、高卒の方は人材が不足している職種を狙うといいでしょう。     【高卒が転職しやすい職種の特徴3】若い人材を積極的に採用している 3つ目のご紹介する高卒が転職しやすい職種の特徴は『若い人材を積極的に採用している』です。働き手の高齢化が進んでいる業界や体力が必要な職種では、若い人材に対するニーズが増加。このような求人ではスキルや学歴を問うことはありません。そのため、高卒者が仕事を探す時は、若い人材を重視している職種を選ぶとよいでしょう。尚、30歳以上は若い人材に入らないため、この条件に当てはまりません。お気をつけください。       高卒の転職!おすすめの職種9選 ここからは、高卒におすすめの職種を9つご紹介します。これらの職種は上記で取り上げた特徴に当てはまる職種。なので、基本的に学歴を問われることはありません。思い切って応募してくださいね。     【高卒の転職!おすすめの職種1】販売職 1つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う仕事。特別な資格やスキルがなくても転職できるので、非常におすすめです。販売職はアパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があります。そのため、求人数が多いのも特徴のひとつだと言えるでしょう。ぜひ応募してみてください。   【高卒の転職!おすすめの職種2】事務職 2つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『事務職』です。事務職とは、書類の作成・処理、ファイリングなどの整理、電話応対・来客応対、その他データ入力などの業務全般を担う仕事。基本的に資格が不必要な場合が多いため、未経験で学歴に強みがなくても転職可能となっております。事務職は扱う内容によって様々な種類が存在しますよ。尚、この仕事は女性に人気がある職種。なので、男性は職場で女性に囲まれることを覚悟してから、応募しましょうね。高卒向けに転職しやすい職種を紹介しているサイトでも、事務職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの職種3】営業職 3つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『営業職』です。営業職とは、自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事。学歴やスキルより、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く、高卒でも転職がしやすい職種となっております。営業職は努力次第で高収入を得ることも十分に可能。なので、収入をあげたい高卒の方にぴったりの職種だと言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい職種を紹介しているサイトでも、営業職をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの職種4】介護職 4つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『介護職』です。介護職とは、高齢者が安心して生活できるように、身の回りの世話や相談援助等の介護サービスを提供する仕事。主に介護保険施設や老人ホーム、通所介護事業所などで求人が出ております。介護職は人材不足のため、学歴やスキルに関係なく転職できる職種となっております。なかには資格が必要な業務もありますが、転職後に取得すれば問題ない。ですから、思い切って応募してみてくださいね。高卒向けに転職しやすい職種を紹介しているサイトでも、介護職をおすすめしておりますよ。   【高卒の転職!おすすめの職種5】プログラマー 5つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る仕事。未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえる職種です。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって学歴を気にする人はIT業界にはおらず、努力した分だけ評価される業界です。尚、現在、IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、高卒・未経験でもポテンシャルさえあれば転職できますよ。高卒向けに転職しやすい職種を紹介しているサイトでも、プログラマーをおすすめしておりますよ。   【高卒の転職!おすすめの職種6】公務員 6つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『公務員』です。公務員とは国や地方自治体に勤務し、社会の土台作りをする仕事。公務員の職種は、各省庁の職員、裁判官や自衛官、教員、消防士など様々です。公務員と聞くと「大卒」のイメージが強いですが、実は高卒でも職種を絞れば大丈夫。公務員試験に合格できれば高卒でも転職できます。ちなみに、高卒が目指せる職種は、市役所の窓口や経理に人事などを担当する行政事務、学校の運営や教員の福利厚生に関する事務担当する学校事務などがありますよ。   【高卒の転職!おすすめの職種7】飲食の店舗スタッフ 7つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『飲食の店舗スタッフ』です。飲食の店舗スタッフとは文字通り、飲食店で働く仕事。「ホールでのお客様接客対応」「キッチンでの調理業務対応」「予約管理」などが主な業務になります。飲食の店舗スタッフは、現在、コロナの影響で求人数が減っております。しかし基本的には飲食関係の求人は人手不足。そのため、来年あたりから求人数が増えると思いますよ。     【高卒の転職!おすすめの職種8】施工管理職 8つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『施工管理職』です。施工管理職とは、建設工事現場の監督として工事の全体に関する管理を行う仕事。ビルや大規模なマンションの建設現場、そして公共事業などで必要とされます。施工管理と聞くと、学歴や経験が必要だと感じるかもしれませんが、基本的に図面通りに建物や設備を作る仕事。ルールを少しずつ覚えていけば大丈夫なので、高卒・未経験の方も転職が可能です。尚、施工管理職に必要な資格は転職後に実務経験を積みながら取得すればいいでしょう。   【高卒の転職!おすすめの職種9】長距離ドライバー 9つ目のご紹介する高卒におすすめの職種は『長距離ドライバー』です。長距離ドライバーとは、文字通り遠い場所(一般的に片道300km以上)まで、トラックで荷物を運ぶ仕事。  場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。長距離ドライバーは運転免許さえあれば、学歴や経験は不要。やる気さえあれば、未経験でも転職できます。近年はネット通販を利用する人が増え、ドライバーが不足。そのため、求人数が年々増えており転職しやすい職種と言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい職種を紹介しているサイトでも、長距離ドライバーをおすすめしておりますよ。         まとめ   では、これまでの内容をまとめると   高卒の転職!おすすめの職種を紹介する前に 高卒が転職しやすい職種の特徴3つ 【高卒が転職しやすい職種の特徴1】実力主義で活躍できる 【高卒が転職しやすい職種の特徴2】人材不足 【高卒が転職しやすい職種の特徴3】若い人材を積極的に採用している 高卒の転職!おすすめの職種9選 【高卒の転職!おすすめの職種1】販売職 【高卒の転職!おすすめの職種2】事務職 【高卒の転職!おすすめの職種3】営業職 【高卒の転職!おすすめの職種4】介護職 【高卒の転職!おすすめの職種5】プログラマー 【高卒の転職!おすすめの職種6】公務員 【高卒の転職!おすすめの職種7】飲食の店舗スタッフ 【高卒の転職!おすすめの職種8】施工管理職 【高卒の転職!おすすめの職種9】長距離ドライバー   以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 転職
  • 職歴
  • 特徴
  • 高卒
  • 求人
  • 未経験
  • おすすめ
  • 職種

05/

10

2021

フリーター

【履歴書の書き方】フリーターが就職するとき履歴書はどう書くといい?

【履歴書の書き方】フリーターが就職するとき履歴書はどう書けばいい?   こんにちは。昨年フリーターから正社員に転職を成功させた、田中と申します。 今回はフリーターから正社員へ就職するとき「履歴書はどう書けばいい?」ということで、『気をつけるべきポイント』と『うまく見せるテクニック』をお伝えしたいと思います。   と言っても難しくは説明しません。カンタンに、わかりやすく、大事なポイントだけを解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。   その前に…。   フリーターのみなさんに質問です。 これまで履歴書の作成で頭を抱えた経験はありませんか?   僕はあります。笑   というか、頻繁に悩んでいました。 「自分にはアピールすることがない…」「正社員としての経験がないから印象が悪い…」「高校しか出てないから学歴が寂しい…」など挙げればキリがないですが、履歴書を書くだけで気が重くなり、塞ぎ込んだ経験があります。 しかしこの記事でお伝えするポイントを意識するだけで、つまずくことなくスラスラと書けるようになりました。   ですので、僕と同じ悩みを抱えているフリーターのみなさん、安心してください。 最後まで読めば必ず採用担当者が唸るような履歴書が書けますからね。   では、さっそく見ていきましょう。   フリーターから就職するとき履歴書で気をつける基本的なこと まずはフリーターの方がやりがちな失敗例を3つご紹介します。 どの項目も基本的なことなので、自分には関係ないと思うでしょうが、フリーターから就職するとき、気持ちが昂ってついやりがちなので他人事と思わないでくださいね。   1  経歴詐称はしない 経歴詐称は犯罪です。バレるかバレないかはではありません。絶対にやめてくださいね。 例えば、前職3ヵ月くらいで辞めてしまったのでなかったことにしたい。そう思っても詐称は絶対にいけません。なぜなら、会社が社会保険や雇用保険の手続きを行う際に被保険者が直前に勤務していた事業所を知りえる機会が多いからです。 とりわけ、よくあるのが、雇用保険被保険者証等の提出を求められるケース。 雇用保険被保険者証には加入時の事業所が記載されているわけですから提出を求められた場合ごまかしようがありません。 もちろん必ずバレるというわけではありませんが、リスクが高いのでやめましょう。 フリーターだからこそ、人柄の魅力でカバーするべき。誠実さを前面に押し出しましょう。   2  高校中退などの理由まで書く   いきなり厳しいことを言って申し訳ないですが、一般的な印象として中退者にはマイナスイメージを抱いている企業が多いのが現状です。 卒業というひとつの達成を成し遂げている者よりは、就職の際、不利になることが多いと肝に銘じておきましょう。ですが、理由を明確にすることでその印象も変えられるはず。 だから、現在フリーターの方で高校・大学を中退してしまった方は必ず備考欄に理由を書くようにしてください。これだけで、書類通過率が格段にアップします。   3  会社名は正式名称で書く   これも一見すると当たり前のことですが、意外にしっかりと書かない人が多いです。とりわけ、飲食店勤務の方。店舗名と会社名は違うので、そこはしっかりと明記してください。会社名と店舗名、両方とも記載してあげると親切でわかりやすいですね。   フリーター向けに就職の履歴書について解説しているサイトでも同様のことを仰っております。動画で履歴書の書き方を解説してくれておりますので非常にわかりやすいですよ。     フリーターから就職するなら履歴書でポテンシャルを見せる! 企業がフリーターを採用する場合、即戦力として考えません。ですので、いかに自分のポテンシャルをアピールするかが大切です。これは面接時ではなく履歴書のときからですよ。   では、どうすれば、フリーターから就職する時の履歴書でポテンシャルをアピールできるのでしょうか? いくつか例をあげてみると、資格、コンクールなどの受賞歴、語学力、学歴、などが挙げられるでしょう。これらの項目で採用担当者にアピールできれば、きっとあなたに会いたいと思うはず。そう、履歴書だけでポテンシャルがある人材だとアピールできるのです。しかしながら、フリーターのみなさんは、これらの要素でアピールできるものがない人が大半でしょう。   なにを隠そう僕がそうでした。笑   ですので、僕は、志望動機でエピソードを語るように心がけました。 具体的には前職が飲食店だったので、バイト先でホールリーダーを担当し、後輩の指導をしていた。そして、店舗の利益向上のため、商品開発会議に参加し、毎週、現場の声を届け、橋渡しの役に徹し新メニューの開発に尽力していた、などです。 このエピソードより上記の記載がなくても『主体性がある』『行動力がある』『発想力がある』 『協調性がある』人材だと認識され、書類通過率が格段にアップしました。   フリーター向けに就職の履歴書について紹介しているサイトでもポテンシャル採用について詳しくご紹介しております。 たかがポテンシャル。されどポテンシャル。ですが侮ってはいけませんよ。       フリーターから就職するなら履歴書は脚色しよう 経歴詐称はいけませんが、脚色はO Kです。 つまり、僕が言いたいことは、嘘を書くのではなく、応募先に合わせ、志望動機・学歴・職歴をうまくカスタマイズすると言うこと。(嘘を絶対にいけませんよ)   例えば、僕の場合をご紹介します。 僕は飲食店勤務から不動産会社の事務職に転職しました。もちろん、飲食と不動産は衣食住で語ることができますが、取り扱ってる商品が全く違います。 しかし、これも考えよう。どこにフォーカスを当てるかで十分アピールできます。 具体的には、飲食店では在庫管理のためパソコンを使った業務をやったり、商品開発チームと新メニューの考案したり、毎日の売り上げを計算したりと多岐にわたって店舗運営業務に携わっていました。 ですので、あえて、ホールでの接客業務を書かず、パソコンを使った作業を中心にエピソードを書いたのです。すると、応募先から店舗の売上管理をしていたのだから、数字に強い印象を与えることができます。それだけで、相手は会ってみたいと思うんですよ。 不思議ですよね。 履歴書ってこういう感じで、どこにフォーカスを当てるかが超大事です。だから、フリーターから就職しようと検討されているみなさんも、履歴書に書く項目がないと卑屈にならず、どこをピックアップするか、どこを『輝かせるか!』を考えてくださいね。   フリーターから就職する際の履歴書について紹介しているサイトでは、「サンプル付き」で履歴書の書き方テクニックをご紹介してます。       フリーターから就職するときの履歴書で採用担当が見る3つのポイント            では、続きましては、採用担当者目線でフリーターが就職するとき、履歴書のどこに気をつけるべきかを見ていきましょう。   1  履歴書の文字は丁寧に書いているか   字が綺麗である必要はないです。これは個人の技術の問題なので急に綺麗な字を書けと言われても難しいでしょう。自分の文字が汚いと自覚している人はパソコンで書くとこをオススメします。 で、話を戻しますと、丁寧に字を書いているかどうかということです。例えば、殴り書きのようになっていては相手が不快になるはず。これではせっかく書いたのに、意味がありませんし、相手には伝わりません。履歴書を書くときは、採用担当者の気持ちを考え、心を込めて書きましょう。そう、恋人へのラブレターのように。笑   2  記載内容に読み応えはあるか 空欄が多いなんてもってのほか。自ら落としてくれと言っているようなものです。絶対にすべての項目を埋めるようにしてください。空欄があるだけで、マイナス評価を与えてしまいます。加えて、内容にも気をつけるべき。埋めればいいってものではありません。 単に「興味があったから」「面白そう」「自分の適性に合っていると思う」など1行だけで済まされていると「この方は誰かに言われて応募してきているのでは?」と疑われてしまいます。ですから、履歴書に記載する内容には注意してくださいね。なぜこの仕事を選んだのか。そういった部分まで踏み込んで書くようにしてください。   3  履歴書に誤字や脱字はないか   履歴書に誤字や脱字があると入社した後も同じミスをすると思われ、書類選考ではじかれます。だって自分を紹介する大切な履歴書に誤字脱字があるわけですからね。当然、取引先への大事な文書にも同様のミスをすると思われます。もったいないですね。 「この人は注意力散漫だ「ミスが多い人なのかも」という印象を与えないため人も、履歴書を書いたら終わりにするのではなく、誤字脱字がないか確認してください。 履歴書は第一印象。身だしなみですよ。   就職の履歴書について紹介しているサイトでも採用担当者目線の記事をご紹介しております。みんな考えることは同じですね。     まとめ   フリーターのみなさま、いかがだったでしょうか? なかには、これまでの転職活動を振り返ってみて、反省された方もいるでしょう。 しかし、過ぎたことを考えても仕方ありません。   では、最後にフリーターから就職するときの履歴書の書き方をもう一度まとめますと。   履歴書で気をつける基本的なこと3つ 履歴書でポテンシャルを見せる! 履歴書は脚色しよう! 採用担当が見るポイント   以上です。   2021年、コロナウイルスの影響もあって有効求人倍率は軒並み下がっております。 とりわけ、フリーターのみなさんにとっては、厳しい現実だと思います。 ですが、僕は昨年、世の中が混乱している時期でも、なんとかフリーターから正社員へ転職することができました。もしかしたら運が良かったのかもしれません。 ですがこれだけは自信を持って言えます。それは自分にポテンシャルがあると信じて疑わなかったこと。そして、それを履歴書で見せるとこができたこと。 これがフリーターを卒業できた一番の要素ではないかと思います。   あたなのポテンシャルを知っているのはあなた自身。 そして、それを書けるのもあなたしかいません。   応援しています!    

  • フリーター
  • バイト
  • 就職
  • 履歴書
  • 職歴
  • 書き方
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する