新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 良い求人の探し方とは?高卒の転職によくある不安を解決!
2022.07.06

良い求人の探し方とは?高卒の転職によくある不安を解決!

高卒
  • 転職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • ポイント
  • 理由
  • 探し方

転職したいけど…。求人の探し方がわからない。
どうすれば良い求人が見つかるの?

このように悩む方も多いのではないでしょうか。

転職活動が初めての方は、良い求人の見分けがつかないため迷ってしまいますよね。
この記事では、そんな方の悩みを解決するために「良い求人の探し方」をご紹介していきたいと思います。後半部分では「良い求人の探し方のコツ」も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【目次】
高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方とは?
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由1】どの求人も同じようなことが書いてあるから
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由2】同じ求人でもサイトによって条件が違うから
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由3】求人を見るだけでは内部情報がよくわからないから
高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のポイント
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方1】徹底的に情報収集する
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方2】希望条件に合っているのかを確認する
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方3】口コミの評価を確認する
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方4】募集期間を確認する
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方5】同業他社と条件を比べてみる
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方6】高卒向けの求人サイトを使う
【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方7】転職エージェントを活用する
高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のコツは大企業にこだわらないこと
高卒の転職成功のカギは良い求人の探し方にあり!リベンジャーズに相談しましょう
まとめ

 

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方とは?

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方とは?

数多くある求人の中から良い求人を見つけることは、なぜ難しいのでしょうか?

ここでは、求人探しが難しい理由について解説していきます。まずは「良い求人探しが難しい理由」を把握しましょう。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由1】どの求人も同じようなことが書いてあるから

良い求人を見つけることが難しい理由1つ目は『どの求人も同じようなことが書いてあるから』です。転職サイトに掲載されている求人は、良くも悪くも同じようなことが書いてあります。「風通しのよい職場です」「頑張った分だけ評価するシステムをご用意しています」など、聞こえのいい言葉ばかり。どの企業も応募を促進するために「素敵な言葉」をたくさん使います。そのため、パッと見では良い求人とそうでない求人の区別がつきません。転職サイトから良い求人を見つけることは大変困難だと言えるでしょう。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由2】同じ求人でもサイトによって条件が違うから

良い求人を見つけることが難しい理由2つ目は『同じ求人でもサイトによって条件が違うから』です。転職活動を行う上で、求人票を見る機会は多くなります。この求人票は労働条件を記載しているものであり、雇用契約書ではありません(あくまでも目安です)。そのため、同じ求人でも転職サイトによっては少し条件が異なる場合があります。転職サイトに虚偽の記載をすることはないと思いますが「給与」や「休日」など、詳しい契約条件は面接でしっかりと確認しましょう。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人を見分けられない理由3】求人を見るだけでは内部情報がよくわからないから

良い求人を見つけることが難しい理由3つ目は『求人を見るだけでは内部情報がよくわからないから』です。求人サイトを見るだけでは情報が足りません。企業の労働条件や待遇などはわかっても、リアルな社内の様子や空気についてまで知ることは不可能です。求人だけでは内部情報がよくわからないため、良い求人を見つけることは非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のポイント

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のポイント

ここからは、求人探しを成功させるためのポイントについて解説していきます。ぜひこの内容を参考にして転職活動を行ってくださいね。なお、一般的な求人票の見方については「高卒の就職情報集めにおすすめの方法!ポイントや注意点も徹底解説」でご紹介しております。ご興味のある方はご覧ください。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方1】徹底的に情報収集する

求人探しを成功させるためのポイント1つ目は『徹底的に情報収集する』です。良い求人に出会うためには「求人検索」や「企業研究」などの情報収集が必須。「求人票の情報だけ見てなんとなく応募した」では情報収集が足りず後悔することになるかもしれません。転職活動を行う際は求人情報を見るだけでなく「企業紹介ページ(経営理念や沿革)」「企業採用サイト」「社員インタビュー記事」「会社四季報」「会社のSNSやスタッフブログ」にも目を通しましょう。そうすることで、社風や職場の雰囲気、人間関係などを感じ取ることができますよ。なお、情報収集の大切さについては「高卒におすすめの仕事探しのコツ4選」や「高卒の正社員求人情報!公開時期やWebサイト上で探す方法をご紹介します」でも伝えております。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方2】希望条件に合っているのかを確認する

求人探しを成功させるためのポイント2つ目は『希望条件に合っているのかを確認する』です。誰しも仕事をする上で譲れない条件があると思います。そのため、事前に「妥協できない条件」や「避けたい条件」を整理しておき、求人情報と照らし合わせて求人を見ましょう。特に「給与」や「福利厚生」に関するトラブルは多いです。入社してから求人広告の内容と実際の労働条件が異なることに気づくことも少なくありません。転職する際は、求人情報を隈なくチェックしておきましょう。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方3】口コミの評価を確認する

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方3】口コミの評価を確認する

求人探しを成功させるためのポイント3つ目は『口コミの評価を確認する』です。転職に関する「Webサイト」や「雑誌」などに掲載されている口コミは大いに役立ちます。評価の悪い口コミが多い会社は、ブラック企業の可能性がありますので注意しましょう(もちろん一概には言えませんが…)。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方4】募集期間を確認する

求人探しを成功させるためのポイント4つ目は『募集期間を確認する』です。離職率が高かったり、大量に退職者が出ることを想定していたりする場合、求人情報を長期間(もしくは頻繁に)出しています。このような会社は労働環境が悪い可能性があります。求人探しをする際は企業情報だけでなく、募集期間も確認しましょう。長期的に求人情報が出ている企業にはくれぐれも注意してくださいね。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方5】同業他社と条件を比べてみる

求人探しを成功させるためのポイント5つ目は『同業他社と条件を比べてみる』です。同業他社と比較して好条件すぎる会社は、入社後に極端なノルマや時間外労働を強いられる可能性があります。そのため、求人探しをする際は必ず同業他社と比較して検討しましょう。「高卒者の就職先の探し方や選び方は?おすすめの業界・職種一覧をご紹介!」でも同様のことを伝えておりますよ。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方6】高卒向けの求人サイトを使う

求人探しを成功させるためのポイント6つ目は『高卒向けの求人サイトを使う』です。高卒者向けの求人を多数掲載しているサイトなら効率的に仕事探しができます。ですので、自分に合った求人が見つかりやすいです。高卒で転職を考えている方は、高卒向けの求人サイトを使いましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。高卒向けの求人サイトを使うことについては「高卒者に向けて仕事の探し方を紹介しているサイト」や「高卒が自分で企業を探す自力就活におすすめサイトは?」でも伝えております。

 

【高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方7】転職エージェントを活用する

求人探しを成功させるためのポイント7つ目は『転職エージェントを活用する』です。転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。ほとんどの場合は無料でサービスを利用できます。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、人事担当者のみならず、現場の担当者やトップともパイプを持っていることが多いため、リアルな社内の様子や空気について聞くことができます。転職エージェントを活用すれば、求人サイトを見るだけでは知りえなかった情報を教えてもらうことができますよ。なお、転職エージェントの活用については「高卒の転職や再就職は難しい?おすすめ業種と大手の中途採用求人の見つけ方」でもおすすめしておりますよ。

 

 

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のコツは大企業にこだわらないこと

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のコツは大企業にこだわらないこと

会社の規模や知名度だけで仕事を探すと、転職活動がうまくいかない可能性があります。大企業の安定性やネームバリューへ憧れを抱くのは悪いことではありませんが、規模が大きいからといって働きやすい会社とは限りません。求人探しをする際は大企業や有名な会社にこだわらないようにしましょう。なお、大企業や有名な会社は、応募者を絞り込む目的で学歴フィルターを設ける場合が多いです。そのため「高卒だから…」との理由で落とされてしまう可能性があります。「どうしてもこの企業がいい!」という強い意志がない限りは、企業規模や知名度にこだわらないで求人を探しましょう。「高卒におすすめしたい正社員就職できる職種を紹介!」でも同様のことを述べておりますよ。

 

 

高卒の転職成功のカギは良い求人の探し方にあり!リベンジャーズに相談しましょう

高卒の転職成功のカギは良い求人の探し方にあり!リベンジャーズに相談しましょう

リベンジャーズでは、通常の求人サイトでも掲載される一般求人に加え、一般には公開されていない「非公開求人」を数多くご用意しております。求人の中には「学歴不問」「未経験者歓迎」など、高卒でも応募できる企業が豊富にございます。リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに転職のサポートをしておりますので、転職活動を通じて 「人生を変えたい!」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。お手数をおかけしますが、無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方とは?
高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のポイント
高卒で転職できるか不安な方必見|良い求人の探し方のコツは大企業にこだわらないこと
高卒の転職成功のカギは良い求人の探し方にあり!リベンジャーズに相談しましょう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

03/

18

2022

高卒

高卒就職でもらえる給料!手取りでいくら?

高卒で就職したら…。 いくらもらえるの? このような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか? 高卒の給料は一般的に低め。学歴重視の企業では、その傾向がより強くなります。しかし企業や職種によっては、高卒の場合でも高い給料を得られます。なので、一概に低いとは言えないでしょう。 この記事では、高卒の「平均的な手取り」について解説していきます。記事の後半では「大卒との差」や「高卒が手取りを増やす方法」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? 高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します 高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法1】資格を取得する 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法2】職種を変える 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法3】キャリアアップする 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法4】副業をする 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5】就職エージェントを活用する まとめ     高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? はじめに「給与」「給料」「手取り」の違いについて解説します。それぞれの違いについて理解しておくと、自分の収入を把握する際に役立ちますよ!   <給与とは?> 給与とは、会社から従業員に対して支払われる労働の対価すべて。基本給はもちろん、時間外手当などの各種手当や賞与も含まれます。給与の中には現物支給も含まれますので、自社製品を支給された場合も給与と見なされますよ。     <給料とは?> 給料とは、企業から支払われる金額から残業代や各種手当などを引いたもの。つまり、会社から受け取る「給与」のうち、賞与や手当といった名目を除いた金銭を「給料」といいます。まあ、簡単に言うと「給料」は「基本給」の言い換え表現ですね。     <手取りとは?> 「手取り」とは、実際に受け取る金額。多くの場合、指定した銀行口座に振り込まれます。手取りは「給与」と似ていますが、厳密には違います。なぜなら、手取りは「給与」から所得税や住民税、社会保険料などを控除した金額だからです。まあ、簡単に言うと「手取り」は「給与」から「税金や保険料が差し引かれた金額」ですね。     高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します ここからは、学歴別に手取りの平均額をご紹介します。なお、手取りは初任給をもとに計算しております。ですので、参考程度にご覧ください。(企業や職種によっては、スキルアップに伴い給与が大幅に上がるからです) なお、高卒と大卒の生涯賃金差について知りたい方は、高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトをご覧ください。     高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、高卒の初任給平均額は16万7,400円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ13万円〜14万円程度になります。ですから、高卒の手取り平均額は「13万円〜14万円程度」だと言えるでしょう。なお、高卒の世代別の平均給料を知りたい方は、高卒向けに就職後の平均給料を紹介しているサイトをご覧ください。     高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、専門・短大卒の初任給平均額は18万3,900円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ15万円〜16万円程度になります。ですから、専門・短大卒の手取り平均額は「15万円〜16万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、大卒の初任給平均額は21万200円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ18万円〜19万円程度になります。ですから、大卒の手取り平均額は「18万円〜19万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、大学院卒の初任給平均額は23万8,900円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ20万円〜21万円程度になります。ですから、大学院卒の手取り平均額は「20万円〜21万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:2企業規模別にみた初任給」によれば、大企業の高卒初任給平均額は168,500円。中企業の高卒初任給平均額は166,100円。小企業の高卒初任給平均額は168,600円となっております。ですので、企業規模別に見ると、高卒の手取りに大差はないと言えます。しかし、一般的には大企業のほうが昇給しやすいと言われているため、将来的には手取りが増えやすいと思いますよ。(もちろん、小企業でも職種によっては大幅な昇給があり得ます)       高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況 付表3 都道府県、性、学歴別初任給及び都道府県間格差」によれば、東京都の高卒初任給平均額は178,100円。沖縄県の高卒初任給平均額は145,200円となっております。ですので、東京は沖縄に比べて3万円ほど手取りが多いと言えるでしょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、沖縄県と比較しておりますよ。     高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 最後に、高卒が手取りを増やす方法を5つご紹介します。収入をアップさせたい方は、ぜひこの方法を参考にしてくださいね。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法1】資格を取得する 1つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『資格を取得する』です。高卒でも資格を取得することで高い収入を得られる可能性があります。なぜなら、資格を持っていると「業務内容の幅」が広がるため、収入も高くなるのです。特に独占業務がある資格に関しては、その傾向が強いと言えるでしょう。手取りを増やしたいと考えている方は、ぜひ資格の取得をご検討ください。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法2】職種を変える 2つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『職種を変える』です。給料の多くは、個人のスキルではなく、職種によって決まります。どれだけ能力があっても、職種の選択を間違えると収入は上がりません。ですから、手取りを増やしたいなら給料の高い職種に転職しましょう。なお、高卒でも高収入を狙える職種には「プログラマー」「営業職」「システムエンジニア」などがあります。プログラマーに関しては、高卒向けに就職後の平均給料を紹介しているサイトでも、おすすめしておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法3】キャリアアップする 3つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『キャリアアップする』です。手取りを増やす最もオーソドックスな方法が、今の職場で「キャリアアップ」することです。なぜなら、課長や部長といった役職者になっていくと「基本給」が上がります。さらに「役職手当」もつきますので、手取り額が増えるのです。高卒が役職につくことは簡単なことではありませんが、近年は学歴フィルターを撤廃する企業が増えているため、十分に狙えますよ。頑張ってくださいね。高卒向けに給料アップの方法を紹介しているサイトでも、同じことを言っております。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法4】副業をする 4つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『副業をする』です。近年、副業を解禁する企業が増加。そのため、現在は多くの人が副業に取り組んでおります。副業は本業がおろそかになってしまうリスクもありますが、確実に手取りが増えます。ですから、どうしても手取りを増やしたい方は、本業に支障がない程度に副業を始めてみるといいでしょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5】就職エージェントを活用する 5つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『就職エージェントを活用する』です。高卒で高収入の会社に入りたい方には、就職エージェントの活用をおすすめします。 なぜなら、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するからです。就職エージェントを活用すれば「平均給与の高い企業」や「競争率が低い企業」を紹介してくれるかもしれません。手取りを増やしたいと考えている方は、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、就職エージェントをおすすめしております。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? 高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します 高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • おすすめ
  • 給料
  • 手取り

10/

07

2021

高卒

高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント

就職を成功させたい。 だけど面接が苦手。どうしよう…。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「面接になると必ず緊張してしまう…」「面接官の質問にうまく答えられない…」「面接に行く前から気が重い…」など、高卒で就職を考えている人の中には、面接に苦手意識を持ち、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて『面接で気をつけるべきポイント』をご紹介していきたいと思います。この記事を読めば、気をつけるべきポイントがわかり、面接に対する恐怖心がやわらぐと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!           【目次】 高卒の就職!面接で気をつけるべきポイントを語る前に 高卒の就職!面接でもっとも気をつけるべきポイントは第一印象 高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7つ 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント1】清潔感 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント2】大きな声でハキハキと話す 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント3】入社意欲をしっかりとアピールする 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント4】言葉遣い 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント5】自己紹介は簡潔にする 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント6】キャリアプランを伝える 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7】逆質問をすること 高卒の就職!面接成功のポイントはサポート役を探すこと まとめ           高卒の就職!面接で気をつけるべきポイントを語る前に   面接で気をつけるべきポイントを語る前に、面接の目的についてご紹介します。面接の目的とは、ひと言でいうと「自社にマッチした優秀な人材を採用すること」。企業は面接を通して、求職者の適性や性格、意欲や意思などを確認。その結果、「募集する業務に対しての資質はあるか?」「会社の風土にマッチした人材なのか?」「企業理念に共感しているのか?」などを見極めようとしております。なので、面接は非常に重要。就職を成功させるか否かは、面接にかかっているといっても過言ではありません。高卒就職を成功させたい方は、このことを踏まえ、面接に臨むようにしてくださいね。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、同じことをいっておりますよ。           高卒の就職!面接でもっとも気をつけるべきポイントは第一印象   皆さんは『メラビアンの法則』という言葉を聞いたことはありますか?メラビアンの法則とはアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱した法則で『人の第一印象は瞬間的に判断される』というもの。この法則によると人の第一印象は『外見55%』『話し方38%』『話の内容7%』で判断されるということです。つまり、人の第一印象は9割以上が「外見」や「話し方」で判断されるということ。なので、就職面接では「外見」と「話し方」を意識するだけで第一印象がUP。それだけで面接官に好印象を与えることができるのです。       高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7つ     では、ここからは面接で気をつけるべきポイントを7つお伝えしていきます。このポイントに気をつければ、面接官に好印象を与えることができますよ。       【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント1】清潔感 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの1つ目は『清潔感』です。上述した通り、面接では第一印象が命。それには清潔感が欠かせません。むしろ清潔感があるだけで第一印象はとてもよくなります。なので、面接に臨む際は『清潔感』を出すように心がけましょう。清潔感を出す方法は、服装と髪型に気をつけること。具体的には「スーツにシワがないか」「髪を短く切ってあるか」「メイクは崩れてないか」などですね。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、同様のことをいっております。       【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント2】大きな声でハキハキと話す   高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの2つ目は『大きな声でハキハキと話す』です。「メラビアンの法則」でお伝えした通り、第一印象は「話す内容」より「話し方」で判断されます。なので、小さな声で「ボソボソ話す」と相手に与える印象が悪い。最悪の場合、それだけで暗い印象を与えかねません。面接官は皆さんの話し方もチェックしておりますので、大きな声でハキハキと話しましょう。もちろん笑顔も忘れないように。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、同じことをいっておりますよ。       【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント3】入社意欲をしっかりとアピールする 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの3つ目は『入社意欲をしっかりとアピールする』です。面接官は内定を出した後に辞退されることを恐れております。なぜなら、内定を辞退されれば新たに採用を行わなければならない。つまり「採用コスト」がかかるということです。面接官はこれを避けるため、面接終了間際に入社意欲を確認することがあります。例えば「内定を出したらご入社いただけますか?」って感じです。この時、皆さんが「一度、考えさせていただきます」といった曖昧な回答をしてしまうと「自社が第一志望ではない」と判断されてしまうかもしれません。なので、曖昧な回答はしないようにしてください。ポイントは、たとえ第一志望でないとしても、入社したい意思を明るく伝えることですよ。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、同じことをいっております。       【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント4】言葉遣い 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの4つ目は『言葉遣い』です。面接官は応募者の「言葉遣い」を非常に見ております。なぜなら、ビジネスパーソンとして一人前になるためには、正しい敬語を使えることが必須。きちんとした敬語を使えると、相手は聞き心地がよく、言っている内容を理解しやすくなります。ですから、就職面接に臨まれる際は、正しい敬語が伝えるように訓練しておきましょう。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、同様のことをいっております。       【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント5】自己紹介は簡潔にする 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの5つ目は『自己紹介は簡潔にする』です。というのも、面接のスタートは自己紹介から。その後「志望動機」や「質問」に進みます。つまり自己紹介が長いと、その後の時間がなくなり、質疑応答を急いでしなければいけない(面接は1人に使える時間が決まっています)。さらに、自己紹介が長いと、論理的に話すことができないと思われてしまうかもしれません。ですので、就職面接で自己紹介をするときはダラダラと話さず「1分〜3分程度」で済ませましょう。尚、自己紹介のポイントは、はじめに感謝を伝えること。「今日はこのような貴重な時間をいただきましてありがとうございます」と言うだけでとても印象が良くなりますよ。     【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント6】キャリアプランを伝える 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの6つ目は『キャリアプランを伝える』です。キャリアプランとは、自分の将来の理想像を明確にし、理想の実現を目指して構築された「具体的な行動計画」のこと。まあ、簡単に言うと「将来どのような仕事や働き方をしたいか」を計画するってことです。キャリアプランは基本的に面接の質問で聞かれます。なので、必ず用意しておいてください。キャリアプランを言えれば、面接官に「入社後のことをしっかりと考えている」と感心してもらえますよ。     【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7】逆質問をすること 高卒就職を成功させたい人が面接で気をつけるべきポイントの7つ目は『逆質問をすること』です。逆質問とは、あなたが面接官にする質問のこと。多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。逆質問は他の質問と比べて自由度が高い。なので、うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。ですから、面接では必ず逆質問をしましょう。くれぐれも何もありません、とは言わないでくださいね。逆質問で入社意欲を伝えれば、きっと面接官に良い印象を与えられます。高卒で就職活動する方に向けて、面接対策を紹介しているサイトでも、逆質問の大切さを語っておりますよ。         高卒の就職!面接成功のポイントはサポート役を探すこと   最後に、高卒就職を成功させるために大事なことをお伝えします。それは「一人で面接を突破しようと考えない」ということです。というのも、人間は誰しも自分のことはよくわからないもの。どれだけ優秀な人でも自分を客観視することは難しい。ですから、高卒転職を成功させたい方は、知人に協力してもらう。あるいは、就職エージェントを活用するといいでしょう。就職エージェントを使えば、「履歴書」「職務経歴書」の添削をしてくれます。それに、面接の練習相手にもなってくれますよ。       まとめ     では、これまでの内容をまとめると   高卒の就職!面接で気をつけるべきポイントを語る前に 高卒の就職!面接でもっとも気をつけるべきポイントは第一印象 高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7つ 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント1】清潔感 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント2】大きな声でハキハキと話す 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント3】入社意欲をしっかりとアピールする 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント4】言葉遣い 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント5】自己紹介は簡潔にする 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント6】キャリアプランを伝える 【高卒の就職!面接で気をつけるべきポイント7】逆質問をすること 高卒の就職!面接成功のポイントはサポート役を探すこと 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 特徴
  • 面接
  • 高卒
  • ポイント

02/

10

2022

高卒

高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント

自己PRって…。 何をアピールすればいいの?      このような悩みを抱えている方はいませんか? 「自分のアピールポイントがわからない…」「自分にはアピールできることがない…」など、就職面接に臨む人の中には、自己PRの方法がわからず、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか? 今回はそんな方のために『自己PRでアピールするべきポイント』をご紹介していきたいと思います。この記事では、自己PRでアピールするべきポイントとあわせて「面接官が自己PRで見ているポイント」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職!面接における自己PRとは? 高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント5 【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント1】前職での実績 【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント2】スキル 【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント3】柔軟性 【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント4】問題解決力 【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント5】入社した後のこと 高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント5 【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント2】入社意欲 【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント3】説明力 【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント4】企業に合う人材なのか 【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント5】客観的な根拠はあるか 高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント3 【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント1】結論から話す 【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント2】履歴書の内容と合わせる 【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント3】大きな声でハキハキと話す まとめ         高卒の就職!面接における自己PRとは?   はじめに、自己PRについて説明します。自己PRとは「自分の良さ」をアピールするもの。面接官に自分の能力や人柄を伝えて「いかに活躍できるか」を売り込んでいくことです。自己PRでは自分の魅力をアピールするだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールすると印象が良くなりますよ。     高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント5   それでは、自己PRでアピールするべきポイントを5つご紹介していきます。面接に臨む際は、このポイントを意識して自己PRしましょう。     【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント1】前職での実績 就職面接の自己PRでアピールするべきポイントの1つ目は『前職での実績』です。前職での実績を伝えると、あなたの強みをアピールできます。また、入社後に活躍できる根拠にもなります。なので、自己PRでは前職の実績を伝えるといいでしょう。なお、正社員の経験がない方はアルバイト時代の実績でも構いません。自信を持って伝えましょう。高卒の就職面接について解説しているサイトでも同様のことを言っておりますので、ぜひご覧ください。     【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント2】スキル 就職面接の自己PRでアピールするべきポイントの2つ目は『スキル』です。スキルは前職での実績と同様にあなたの強みをアピールできます。ですので「資格」「語学力」「プログラミングスキル」など、アピールできるスキルがある方は積極的に伝えるといいでしょう。スキルがあれば採用される可能性がグンと高くなりますよ。   【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント3】柔軟性 就職面接の自己PRでアピールするべきポイントの3つ目は『柔軟性』です。一般的に企業では、周囲と協力して仕事をします。そのため、あらゆる場面で柔軟性が求められます。なので、新しい考え方への順応性や、対応力などがある方は積極的にアピールするといいでしょう。それだけで好印象を与えることができますよ。     【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント4】問題解決力 就職面接の自己PRでアピールするべきポイントの4つ目は『問題解決力』です。仕事をするうえで問題はつきもの。必ず何かしらのトラブルが発生します。ですので、問題解決力は重要。その能力があるだけで非常に重宝されますよ。過去に大きな問題に直面し、解決した経験をお持ちの方はアピールするといいでしょう。     【高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント5】入社した後のこと 就職面接の自己PRでアピールするべきポイントの5つ目は『入社した後のこと』です。自己PRで入社後のことを伝えると効果的。面接官に入社意欲を伝えることができます。ですので、自己PRでは入社した後のことまで伝えるといいでしょう。なお、入社後に「どんな活躍ができるのか」を具体的に話すとより印象が良くなりますよ。       高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント5   続きましては、面接官が自己PRで見ているポイントを5つご紹介していきます。面接に臨む際は、このポイントを意識して話しましょう。     【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 面接官が自己PRで見ているポイントの1つ目は『自己分析力』です。自己PRは自分のいいところを伝えていくもの。つまり自己分析が必要になります。そのため、面接官は自己PRを通じて応募者の自己分析力をチェック。「自分を把握できているか」「自分を過大評価していないか」などを確認します。自己分析力が高い人はビジネスの場でも活躍できる人材だと考えられるため、面接官に与える印象が良くなりますよ。     【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント2】入社意欲 面接官が自己PRで見ているポイントの2つ目は『入社意欲』です。面接において最も重要なことは入社意欲。「どれだけ熱い想いがあるのか」になります。応募者の中には何社も面接を受けているため、入社意欲が低い人もいます。ですから、面接官は自己PRを通じて、応募者にどれだけ入社意欲があるのかをチェックしているのです。高卒の就職面接について解説しているサイトでも入社意欲の大切さについて語っておりますよ。       【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント3】説明力 面接官が自己PRで見ているポイントの3つ目は『説明力』です。自己PRでは「自分を採用するメリット」をわかりやすく説明しなければいけません。そのため、短い言葉で、論理的に説明する能力が求められます。自己PRでは説明力もチェックされておりますので、注意してくださいね。高卒向けに自己PRの解説をしているサイトでも、説明力の大切さを述べておりますよ。       【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント4】企業に合う人材なのか 面接官が自己PRで見ているポイントの4つ目は『企業に合う人材なのか』です。というのも、企業とのマッチング度が低いと、早期に退職してしまう恐れがあります。なので、面接官は「優秀な人材だ!」と思っても、企業に合わなければ採用しません。逆に企業に合う人材であれば、スキルが足りなくても採用される可能性はあります。自己PRでは「企業との相性」もチェックされておりますので、面接に臨む際は注意してくださいね。     【高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント5】客観的な根拠はあるか 面接官が自己PRで見ているポイントの5つ目は『客観的な根拠はあるか』です。自己PRでは、自分のことをよく見せようとするあまり、大袈裟に話す傾向があります。そのため、面接官は自己PRを聞きつつ、その話に客観的な根拠はあるのかをチェックしているのです。自分のことをアピールすることは大事ですが、根拠もあわせて伝えるようにしましょう。 高卒の就職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。         高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント3   最後に、自己PRで注意するべきポイントを3つご紹介していきます。面接に臨む際は、このポイントに気をつけてくださいね。     【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント1】結論から話す 就職面接の自己PRで注意するべきポイントの1つ目は『結論から話す』です。というのも、ビジネスの場では結論ファーストのコミュニケーションが大切。結論が後回しになっていると、話の意図が相手に伝わりにくくなります。これは自己PRも同じです。自己PRでは結論(PRポイント)から伝えましょう。高卒の就職面接について解説しているサイトでも同様のことを言っておりますので、ぜひご覧ください。       【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント2】履歴書の内容と合わせる 就職面接の自己PRで注意するべきポイントの2つ目は『履歴書の内容と合わせる』です。一般的に面接官は、あなたが提出した履歴書を見て面接を行います。そのため、履歴書に書いた自己PRと面接官に話す内容を合わせる必要があります。履歴書と面接の自己PRが食い違っていると面接官が混乱しますので、くれぐれも注意してくださいね。なお、自己PRの内容が食い違わないためにも、面接前に履歴書をチェックしておくといいでしょう。   【高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント3】大きな声でハキハキと話す 就職面接の自己PRで注意するべきポイントの3つ目は『大きな声でハキハキと話す』です。面接ではコミュニケーションを通して、「この人と働きたい!」と思ってもらうことが大切。そのため、ボソボソと話したり、暗い表情をしたりすることは厳禁です。面接に臨む際は大きな声で元気よく話しましょう。もちろん、笑顔も忘れないように。     まとめ   では、これまでの内容をまとめると   高卒の就職!面接における自己PRとは? 高卒の就職!面接の自己PRでアピールするべきポイント5 高卒の就職!面接官が自己PRで見ているポイント5 高卒の就職!面接の自己PRで注意するべきポイント3   以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 面接
  • 高卒
  • 伝え方
  • ポイント
  • 資格
  • 自己PR
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する