新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 【高卒から就職することの現実】失敗する人の特徴について紹介
2022.03.05

【高卒から就職することの現実】失敗する人の特徴について紹介

高卒
  • 就職
  • 失敗
  • 特徴
  • 高卒
  • キャリアプラン
  • 影響
  • 現実

高卒で就職したけど…。なんかイメージと違う。
失敗したかも。

皆さんは、このような事態に陥りたくないですよね?

この記事では『高卒就職して失敗する人の特徴』について解説していきます。失敗する人の特徴をあらかじめ知っておくと、最悪の事態を防げるかもしれません。ですから、就職する前に失敗する人の特徴を知っておきましょう。なお、記事の後半では、高卒就職して失敗しないために「準備しておくこと」についても解説しております。ぜひ最後までお付き合いくださいね。


【目次】
高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴1】楽をしたがる
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴2】先のことを何も考えてない
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴3】とにかく失敗を避ける
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴4】周りの意見で動く
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴5】人の話に耳を傾けない
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴6】情報収集を怠る
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴7】周りに流されやすい
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴8】早く社会人になりたいから就職する
【高卒就職の現実!失敗する人の特徴9】一人で何もかもやろうとする
高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ
【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと1】自己分析をする
【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと2】企業分析をする
【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと3】キャリアプランを考える
【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4】サポート役を見つける
まとめ

 

 

 

高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選

高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選

 

 

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴1】楽をしたがる

高卒で就職して失敗する人の特徴1つ目は『楽をしたがる』です。残念ながら失敗する人は「難しい」を避けて「楽」を好む傾向があります。「大学受験は難しいからしない」「倍率の高い企業は難易度が高いから受けない」など、とにかく難しいことから逃げるのです。高卒で就職する際は、楽を基準にして選ばないようにしましょう。

 

 

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴2】先のことを何も考えてない

高卒で就職して失敗する人の特徴2つ目は『先のことを何も考えてない』です。当たり前ですが、先のことを何も考えてないと、行き当たりばったりの行動になります。そのため、予想外の結果に直面することが多く、失敗する確率が高いのです。就職活動は一度失敗するとリカバリーが大変になりますので、先のことを考えて慎重に行いましょう。

 

 


【高卒就職の現実!失敗する人の特徴3】とにかく失敗を避ける

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴3】とにかく失敗を避ける

高卒で就職して失敗する人の特徴3つ目は『とにかく失敗を避ける』です。失敗を避けて行動する人は、かえって失敗する可能性があります。なぜなら自分の感情よりも「安全かどうか」を第一に考えて行動するからです。失敗することは精神的に辛いですが、後になって「あの企業を受けていれば…」と後悔するよりはマシ。高卒で就職する人は失敗を恐れず果敢に挑戦しましょう。

 

 

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴4】周りの意見で動く

高卒で就職して失敗する人の特徴4つ目は『周りの意見で動く』です。周囲の意見を聞くことことは大事。しかし、あまりにも重要視すると他人の意見で行動することになります。自分の人生は他人の意見ではなく、自分で作るもの。ですから、最終的には自分で決断しましょう。高卒就職を選択した人の末路を語っているサイトを見ると、他人を当てにする危険性がよくわかりますよ。

 

 

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴5】人の話に耳を傾けない

【高卒就職の現実!失敗する人の特徴5】人の話に耳を傾けない

高卒で就職して失敗する人の特徴5つ目は『人の話に耳を傾けない』です。他人の意見を重要視することはいけませんが、耳を傾けないこともいけません。ご両親や友人はあなたのためを思って「良きアドバイス」をしてくれる場合もあります。ですから、少しは人の話に耳を傾けましょう。もしかしたら、他人のアドバイスによって失敗を防げるかもしれませんよ。

 

 


【高卒就職の現実!失敗する人の特徴6】情報収集を怠る

高卒で就職して失敗する人の特徴6つ目は『情報収集を怠る』です。就職活動において情報は大事。必ず情報収集をしなくてはいけません。それなのに、就職活動をする人の中には「早く就職したい!」と焦り、しっかりと情報収集をしないまま企業を決め、失敗する人が多くいます。情報収集はとても面倒な作業ですが、就職後に後悔しないためにも必ず行いましょう。なお、高卒の就職について解説しているサイトでも、情報収集の大切さを述べておりますよ。

 

 

 


【高卒就職の現実!失敗する人の特徴7】周りに流されやすい

高卒で就職して失敗する人の特徴7つ目は『周りに流されやすい』です。周りに流されやすい人は、協調性があると言えます。しかしその一方で、周りに流されるということは「自分の頭で考えない」とも言えます。そのため、あとで振り返った時に「失敗したかも!」と感じることも珍しくありません。高卒からの就職に失敗しないためにも、周りには流されないようにしましょう。くれぐれも「友達があの企業を受けるから」ということがないようにしてくださいね。高卒就職の失敗について解説しているサイトでも、自分で考えようと言っておりますよ。

 

 

 


【高卒就職の現実!失敗する人の特徴8】早く社会人になりたいから就職する

高卒で就職して失敗する人の特徴8つ目は『早く社会人になりたいから就職する』です。社会人に対する漠然とした憧れだけで就職すると、失敗するケースが多いです。早く社会人になりたい気持ちはわかりますが、焦りは禁物。何も良い結果を生みません。進学するのか、はたまた「就職するのか」はしっかりと考えましょう。なお、大学受験に失敗して高卒就職を考えている方は「大学受験失敗後の高卒就職について解説しているサイト」をご覧ください。きっと気持ちの切り替えに役立つと思いますよ。

 

 


【高卒就職の現実!失敗する人の特徴9】一人で何もかもやろうとする

高卒で就職して失敗する人の特徴9つ目は『一人で何もかもやろうとする』です。就職活動は一人でも可能です。しかし何もかも一人でやることは非常に労力がいります。そのため、一人で何もかもやろうとすると、履歴書に誤字があって「書類審査で落とされる」。あるいは、情報収集が疎かになり「企業選びに失敗する」なんてことも考えられます。ですから、就職活動は一人で行わず、必ず誰かにサポートしてもらいましょう。なお、高卒で就職できない人について解説しているサイトでも、履歴書が原因で落ちると言っておりますよ。

 

 

 

 

高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ

高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選

ここからは、高卒で就職して失敗しないために「準備しておくこと」を4つご紹介します。高卒で就職しようと考えている方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。

なお、高卒で就職活動を成功させたい方は「高卒就職の現実と就活を成功させるコツ」をご覧ください。この記事を読めば、高卒就職を成功させるポイントがわかりますよ!

 

 

【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと1】自己分析をする

高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの1つ目は『自己分析をする』です。自己分析とは、自分を分析すること。就職活動において非常に重要な作業になります。なぜなら、自己分析をすれば「自分の強み・弱み」「関心のある業界」「働く上で重視すること」などがわかり、後悔しない選択をできるからです。高卒からの就職に失敗しないためにも、しっかりと自己分析を行いましょう。なお、高卒の就職について解説しているサイトでも、自己分析の大切さについて言及しております。

 

 

 


【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと2】企業分析をする

高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの2つ目は『企業分析をする』です。企業分析とは、企業の内部環境や外部環境を調べ「どのような企業なのか」を調査すること。企業分析によって、企業の業務内容や特徴を把握。そして、自分の志向やスキルに合った企業を絞り込み、入社後のミスマッチがないようにするのです。企業分析をやれば、就職で失敗する確率が格段に減りますので、しっかりと行いましょう。

 

 


【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと3】キャリアプランを考える

【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと3】キャリアプランを考える

高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの3つ目は『キャリアプランを考える』です。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画。つまり、将来的に「どのような仕事に就きたいか」「どのような生活をしたいか」などを考えることです。キャリアプランを考えると、理想の将来像に近づく道筋が分かりますので、誤った選択を防げます。就職に失敗しないためにも、しっかりとキャリアプランを考えましょう。

 

 

 

【高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4】サポート役を見つける

高卒で就職して失敗しないために準備しておくことの4つ目は『サポート役を見つける』です。上述した通り、就職活動は一人で行うものではありません。なぜなら、一人で就職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。なので、就職活動には必ずサポート役をつけましょう。なお、サポート役が見つからない場合は、就職エージェントの活用をおすすめします。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。高卒で就職して失敗しないためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。高卒就活を成功させるコツを紹介しているサイトでも、エージェントの活用をおすすめしておりますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

では、これまでの内容とまとめると

高卒就職の現実!失敗する人の特徴9選
高卒就職の現実!失敗しないために準備しておくこと4つ


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

10/

18

2021

高卒

高校中退でも就職しやすい仕事9選

高校を中退しているから…。 就職はむずかしい。   このような悩みを抱えている方はいませんか?   「高校中退しているから学歴に空欄が目立つ…」「高校中退しているから書類選考すら通らない…」「そもそも高校中退が応募できる職種は少ない…」など、高校を中退して仕事を探している人の中には、学歴を理由に悩み、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。   今回はそんな方に向けて『高校中退でも就職しやすい仕事』をご紹介していきたいと思います。この記事では、就職しやすい仕事とあわせて「高校中退でも就職しやすい仕事の特徴」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!         【目次】 高校中退でも就職しやすい仕事を紹介する前に <高校中退と中卒の違いとは?> 高校中退でも就職しやすい仕事9選 【高校中退でも就職しやすい仕事1】プログラマー 【高校中退でも就職しやすい仕事2】土木作業員 【高校中退でも就職しやすい仕事3】飲食の店舗スタッフ 【高校中退でも就職しやすい仕事4】コールスタッフ 【高校中退でも就職しやすい仕事5】Webライター 【高校中退でも就職しやすい仕事6】webデザイナー 【高校中退でも就職しやすい仕事7】長距離ドライバー 【高校中退でも就職しやすい仕事8】介護職 【高校中退でも就職しやすい仕事9】アパレルスタッフ 高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3つ 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴1】人手が不足している業界 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴2】若い人材を求めている業界 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3】実力主義の業界 まとめ           高校中退でも就職しやすい仕事を紹介する前に 高校中退でも就職しやすい仕事を紹介する前に、まず「高校中退」と「中卒」の違いについて解説したいと思います。       <高校中退と中卒の違いとは?> 「高校中退」と「中卒」は最終学歴で考えると同じになります。しかし両者の印象はまったく異なります。なぜなら、高校中退は高校の入学試験には合格している。一方、中卒は入学試験にすら合格していません。ですから、同じ最終学歴でも面接官が受ける印象は別物。高校中退と書いてあるだけで、面接官はあなたに対して一定の学力があるととらえられます。そのため、学力を問題視する企業なら、中卒より有利になる場合があるのです。高校中退した方の中には履歴書に「○○高等学校中途退学」と書きたくない。そう考える方もいると思いますが、中卒より有利になる可能性があるので、勇気を出して書きましょう。         高校中退でも就職しやすい仕事9選   では、ここからは「高校中退でも就職しやすい仕事」を9つご紹介していきます。ぜひ、この内容を参考にして就職活動に励んでくださいね。       【高校中退でも就職しやすい仕事1】プログラマー 高校中退でも就職しやすい仕事の1つ目は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る仕事。高校中退・未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえます。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は、学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって高校中退であることを気にする人はいません。(あくまで一般的に)尚、現在、IT業界は人手不足。そのため、ITスキルゼロの初心者を研修で育てる企業が多く、未経験でも就職しやすい環境が整っておりますよ。高校中退者向けに仕事の紹介をしているサイトでもプログラマーをおすすめしております。     【高校中退でも就職しやすい仕事2】土木作業員 高校中退でも就職しやすい仕事の2つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う仕事。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は基本的に学歴よりも実力を重視する仕事。ですから、高校中退でも応募できる求人が豊富にありますよ。       【高校中退でも就職しやすい仕事3】飲食の店舗スタッフ   高校中退でも就職しやすい仕事の3つ目は『飲食の店舗スタッフ』です。飲食の店舗スタッフとは文字通り、飲食店で働く仕事。「ホールでのお客様接客対応」「キッチンでの調理業務対応」「予約管理」などが主な業務になります。飲食の店舗スタッフは、現在、コロナの影響で求人数が減っておりますが、基本的には飲食関係の求人は人手不足。そのため、来年あたりから求人数が増えると思います。飲食の店舗スタッフは基本的に学歴よりも実力を重視する仕事。ですから、高校中退でも応募できる求人がたくさんありますよ。高校中退者向けに仕事の紹介をしているサイトでも、飲食の店舗スタッフをおすすめしております。     【高校中退でも就職しやすい仕事4】コールスタッフ 高校中退でも就職しやすい仕事の4つ目は『コールスタッフ』です。コールスタッフは、電話を通じてお客と応対する仕事。細かくは業種によって変わってきます。例えば、インバウンド業務だと商品の受注、宿泊・座席などの予約などを行います。そのため「コミュニケーション能力」と顧客の要望を聞き出す「ヒアリング力」が求められます。つまり、これらの能力が秀でていればOK。学歴を問題視されることはありません。コールスタッフは高校中退でも就職しやすい仕事だと言えるでしょう。     【高校中退でも就職しやすい仕事5】Webライター 高校中退でも就職しやすい仕事の5つ目は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く仕事。基礎的な国語力さえあれば、「学歴」や「資格」は問われません。ただし、注意点がひとつ。それは、Webライターは雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイト上の文章を書く職種。そのため、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められます。高校中退の方でWebライターへの就職を考える際は、この点に注意して検討してくださいね。     【高校中退でも就職しやすい仕事6】webデザイナー   高校中退でも就職しやすい仕事の6つ目は『webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う仕事。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。具体的には、見た目の「デザイン」を含め、使い勝手やWebサイトへの情報追加・更新のやりやすさなど、すべてを「設計」するって感じですね。webデザイナーはプログラマーと同様に、学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。ですから、高校中退でも応募できる求人がたくさんありますよ。       【高校中退でも就職しやすい仕事7】長距離ドライバー 高校中退でも就職しやすい仕事の7つ目は『長距離ドライバー』です。長距離ドライバーとは、文字通り遠い場所(一般的に片道300km以上)まで、トラックで荷物を運ぶ仕事。 場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。長距離ドライバーは運転免許さえあれば、学歴や経験は不要。やる気さえあれば、未経験でも転職できます。近年はネット通販を利用する人が増え、ドライバーが不足。そのため、求人数が年々増えており就職しやすい仕事と言えるでしょう。高校中退者向けに仕事の紹介をしているサイトでも、ドライバー職をおすすめしておりますよ。       【高校中退でも就職しやすい仕事8】介護職 高校中退でも就職しやすい仕事の8つ目は『介護職』です。介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をするのが仕事。力仕事が多いため、体力が必要です。そのため、女性には辛い仕事かもしれません。しかし、これから超高齢化社会を迎える日本において、ますます需要が高まります。さらに人手不足なので、求人数が多い。まさに、高校中退の方におすすめの仕事とだと言えるでしょう。尚、介護職は学歴よりも実力を重視する仕事なので、高校中退でも応募できる求人がたくさんありますよ。     【高校中退でも就職しやすい仕事9】アパレルスタッフ 高校中退でも就職しやすい仕事の9つ目は『アパレルスタッフ』です。アパレルスタッフは洋服を販売する仕事。ファッションに関する知識に加え、コミュニケーション能力や社交性の高さが求められます。アパレルスタッフはコミュニケーション力と洋服に関する知識があれば大丈夫。学歴や資格を問われることはありません。ですから、高校中退でも応募できる求人がたくさんあります。高校中退者向けに仕事の紹介をしているサイトでも、アパレルスタッフをおすすめしておりますよ。           高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3つ     最後に、高校中退でも就職しやすい仕事の特徴を3つご紹介します。ぜひこの内容を就職活動にお役立てくださいね。     【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴1】人手が不足している業界 高校中退でも就職しやすい仕事の特徴1つ目は『人手が不足している業界』です。人手不足の問題を抱えている職種であれば学歴は問われません。積極的に採用を行なっているため、高校中退でも就職できる可能性は十分にあります。高校中退して就職活動をしている方は人手不足している業界を狙いましょう。   【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴2】若い人材を求めている業界 高校中退でも就職しやすい仕事の特徴2つ目は『若い人材を求めている業界』です。働き手の高齢化が進んでいる業界や体力が必要な仕事では、若い人材に対するニーズが増加。このような求人ではスキルや学歴を問うことはありません。そのため、高校中退者が仕事を探す際は、若い人材を重視している仕事を選ぶとよいでしょう。高校中退者向けに仕事の紹介をしているサイトでも、同様のことを言っております。     【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3】実力主義の業界 高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3つ目は『実力主義の業界』です。求人のなかには、学歴よりも実力を重視している仕事があります。たとえば、「エンジニア」「デザイナー」「土木作業員」などですね。これらは、学歴よりも専門的な技術が必要。そのため、実力さえあれば高校中退でも容易に就職できますよ。         まとめ   では、これまでの内容をまとめると   高校中退でも就職しやすい仕事を紹介する前に <高校中退と中卒の違いとは?> 高校中退でも就職しやすい仕事9選 【高校中退でも就職しやすい仕事1】プログラマー 【高校中退でも就職しやすい仕事2】土木作業員 【高校中退でも就職しやすい仕事3】飲食の店舗スタッフ 【高校中退でも就職しやすい仕事4】コールスタッフ 【高校中退でも就職しやすい仕事5】Webライター 【高校中退でも就職しやすい仕事6】webデザイナー 【高校中退でも就職しやすい仕事7】長距離ドライバー 【高校中退でも就職しやすい仕事8】介護職 【高校中退でも就職しやすい仕事9】アパレルスタッフ 高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3つ 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴1】人手が不足している業界 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴2】若い人材を求めている業界 【高校中退でも就職しやすい仕事の特徴3】実力主義の業界 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 特徴
  • おすすめ
  • 職種
  • 仕事
  • 資格なし
  • 高校中退

03/

18

2022

高卒

高卒就職のメリットとデメリットをご紹介します

高卒で就職するメリットって…。あるの? このような疑問にお答えします。      この記事では、高卒就職を考えている方に向けて『高卒で就職するメリット』をご紹介していきます。記事の後半では『高卒で就職するデメリット』もお伝えしておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、高卒と大卒の違いについて知りたい方は「高卒就職と大学進学のメリットとデメリットを紹介しているサイト」をご覧ください。 【目次】 高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に 高卒就職のメリット7つ 【高卒就職のメリット1】好きなことに使えるお金が増える 【高卒就職のメリット2】早く社会人経験を積める 【高卒就職のメリット3】手厚い教育を受けられる 【高卒就職のメリット4】早くキャリアアップできる 【高卒就職のメリット5】スキルアップしやすい 【高卒就職のメリット6】早くビジネスマナーが身につく 【高卒就職のメリット7】進学費用が掛からない 高卒就職のデメリット7つ 【高卒就職のデメリット1】応募できる求人に限りがある 【高卒就職のデメリット2】一部の資格が取得できない 【高卒就職のデメリット3】生涯賃金が低くなるかも 【高卒就職のデメリット4】高卒がコンプレックスになるかも 【高卒就職のデメリット5】自由時間が減る 【高卒就職のデメリット6】企業によってはキャリアアップしにくい 【高卒就職のデメリット7】転職が難航するかも まとめ     高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に 文部科学省が実施した令和3年度「高等学校(全日制・定時制)卒業後の状況調査」によれば、高等学校卒業者に占める就職率の割合は15.7%。つまり「6人に1人」は、高卒で就職していることになります(大学中退も含めるとさらに多いです)。ひと昔前は、高校卒業後は大学進学が当たり前でした。しかし今では違います。なぜなら、現在は「学歴を重視する企業」が減ってきているからです。なので、多くの方が大学進学を選ばず、高卒で就職しております。高卒で就職しようか迷っている方は、高等学校卒業者の「6人に1人」は就職を選んでいる事実を知り、今後の進路を考えるといいでしょう。なお、高卒就職で後悔しやすい人の特徴については「高卒就職で後悔しないポイントを紹介している記事」に記載しております。気になる方は、ぜひご覧くださいね。     高卒就職のメリット7つ それでは、まずは「高卒就職のメリット」からご紹介します。高卒就職にはこれだけのメリットがありますよ!   【高卒就職のメリット1】好きなことに使えるお金が増える 高卒就職のメリット1つ目は『好きなことに使えるお金が増える』です。高卒で就職すると大学に進学するよりもお金に余裕が出ます。ですから、今まで以上に「好きなこと」にお金を使えます。なお、好きなことにお金を使うことは一般的に悪いイメージがありますが、一概には言えません。なぜなら、お金は使うことによって金融リテラシーがアップするからです。また、お金を使うからこそ、身につくことだってあります。ですので、好きなことに使えるお金が増えることはメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職のメリット2】早く社会人経験を積める 高卒就職のメリット2つ目は『早く社会人経験を積める』です。高卒で就職した場合、10代で社会人デビューをすることになります。つまり、大学に進学した同級生よりも早く社会人経験を積めるのです。社会人は大学生とは比べものにならないくらい多くのことを学べます。ですから、早く社会人経験を積めることは高卒就職のメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っておりますよ。   【高卒就職のメリット3】手厚い教育を受けられる 高卒就職のメリット3つ目は『手厚い教育を受けられる』です。一般的に、高卒就職すると手厚い教育を受けられます。なぜなら、高卒者はまだ10代。採用する側から見ると子供です。なので、丁寧に教育してくれますよ(もちろん企業によりますが…)。なお、高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。   【高卒就職のメリット4】早くキャリアアップできる 高卒就職のメリット4つ目は『早くキャリアアップできる』です。高卒で就職した場合、同い年の大卒者が就職する頃には「社会人5年目」。つまり、同級生よりも4年分リードしていることになります。技術職などの場合、4年分の実績が評価され、昇給・昇進している可能性も十分に考えられます。ですので、職種によっては高卒で就職するほうが「早くキャリアアップできる」と言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っておりますよ。   【高卒就職のメリット5】スキルアップしやすい 高卒就職のメリット5つ目は『キャリアアップしやすい』です。上述した通り、高卒で就職した場合、同い年の大卒者が就職する頃には「社会人5年目」。つまり、同級生に比べて4年も早くスキルを身につけることができます。ですので、高卒就職するとスキルアップがしやすいと言えるでしょう。   【高卒就職のメリット6】早くビジネスマナーが身につく 高卒就職のメリット6つ目は『早くビジネスマナーが身につく』です。高卒で就職した場合、10代で社会人デビューをすることになります。そのため、否が応でも「挨拶」「言葉遣い」「考え方」などのビジネスマナーが身につきますよ。なお、高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同じことを言っております。   【高卒就職のメリット7】進学費用が掛からない 高卒就職のメリット7つ目は『進学費用が掛からない』です。当然のことですが、高卒で就職すると「大学」や「専門学校」への進学費用が掛かりません。高卒就職を考える人の中には、ご家庭に金銭的な余裕がなく、自分で学費をまかなう方もいると思います。ですから、進学費用が掛からないことも高卒就職のメリットだと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。     高卒就職のデメリット7つ 続きましては「高卒就職のデメリット」をご紹介します。   【高卒就職のデメリット1】応募できる求人に限りがある 高卒就職のデメリット1つ目は『応募できる求人に限りがある』です。求人の中には、大卒以上でないと応募できない場合があります。ですので、明確な目標がある方は「高卒でも応募できるのか」を事前に調べておきましょう。そうしないと、いざ就職するときになってから困りますよ。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。   【高卒就職のデメリット2】一部の資格が取得できない 高卒就職のデメリット2つ目は『一部の資格が取得できない』です。資格の中には、大卒以上ではいと取得できないものがあります。ですので、将来的に目指している職種がある方は「その仕事に資格は必要なのか」「高卒でも取得できるのか」をあらかじめ調べておくことをおすすめします。   【高卒就職のデメリット3】生涯賃金が低くなるかも 高卒就職のデメリット3つ目は『生涯賃金が低くなるかも』です。厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると「高卒者の賃金」は「大卒者」よりも低いことが読み取れます。もちろん、給料は個人差がありますので一概には言えません。学歴を重視しない技術職では「大卒者」より「高卒者」のほうが高収入の場合もあります。しかしながら、そのようなケースは稀です。一般的には、上記のデータが示している通り、高卒者の生涯賃金は大卒者よりも低いと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。   【高卒就職のデメリット4】高卒がコンプレックスになるかも 高卒就職のデメリット4つ目は『高卒がコンプレックスになるかも』です。近年は学歴を重視する企業が減りました。しかしながら、いまだに学歴を重視する企業はあります。そういった企業では、高卒者に対して見下した態度を取る人も少なからず存在し、嫌な思いをするかもしれません。ですので、場合によっては高卒がコンプレックスになる可能性もあると言えるでしょう。   【高卒就職のデメリット5】自由時間が減る 高卒就職のデメリット5つ目は『自由時間が減る』です。高卒で就職すると、基本的に土日以外は仕事。そのため、自由時間を確保することが困難です。大学生は学生のため「自由時間」を確保しやすいですが、社会人となればそうはいきません。高卒で就職すると「自由時間が減る」ことを覚悟しておきましょう。   【高卒就職のデメリット6】企業によってはキャリアアップしにくい 高卒就職のデメリット6つ目は『企業によってはキャリアアップしにくい』です。学歴を重視する企業では高卒よりも大卒が有利。後から入社した大卒者が、先に役職に就くことも珍しくありません。ですから、企業によってはキャリアアップしにくいと言えるでしょう。高卒就職を考えている人に向けて「高卒就職のメリット・デメリットを紹介しているサイト」でも、同じことを言っております。   【高卒就職のデメリット7】転職が難航するかも 高卒就職のデメリット7つ目は『転職が難航するかも』です。上述した通り、高卒者には応募できる求人が限定されたり、資格が取得できなかったりします。そのため、転職が難航するかもしれません。高卒就職を考えている方は「転職が難航する可能性があること」を覚えておきましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒就職のメリットとデメリットをご紹介する前に 高卒就職のメリット7つ 高卒就職のデメリット7つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 求人
  • メリット
  • デメリット
  • おすすめ
  • 資格
  • できない

05/

01

2022

高卒

高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリットについて解説します

高卒で就職するときに…。 運転免許って必要? このような疑問にお答えします。 この記事では、就職活動をしている高卒に向けて『運転免許取得のメリット』をご紹介していきます。記事の後半では『運転免許を活かせる職種』もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職に運転免許は必要なの? 高卒の就職に運転免許は必要なの?取得しても不利になることはありません 高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット5つ 【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット1】就職活動での選択肢が増える 【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット2】人のために活用できる 【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット3】交通安全の知識を証明できる 【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット4】身分証明として使える 【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット5】履歴書の資格欄に書ける 高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種5選 【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種1】営業職 【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種2】介護職 【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種3】トラックドライバー 【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種4】販売職 【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種5】土木作業員 高卒の就職に運転免許は必要なの?就職エージェントに相談しましょう まとめ   高卒の就職に運転免許は必要なの? 結論を申し上げますと、就職に運転免許が必要かどうかは「仕事」によります。たとえば「長距離運転手」や「営業職」などは、自動車を運転する機会がありますので、運転免許が必要になります。しかし「事務職」や「経理職」などのデスクワークの場合には自動車を運転することはないため必要ありません。ですので、高卒の就職に「運転免許が必要かどうか」は一概には言えないのです。なお、運転免許が必要な職種でも、入社までに取得すれば採用してもらえる可能性はあります。ですから「運転免許がないから応募できない」と決めつけないようにしましょう。運転免許のことについては就職エージェントを活用すると、色々と相談に乗ってくれますよ。リベンジャーズの就職エージェントへの相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。ぜひご利用ください。     高卒の就職に運転免許は必要なの?取得しても不利になることはありません 運転免許は多くの職場で活躍するため、取得しても不利になることはありません。企業によっては応募条件に「必須資格」として挙げていなくても、運転免許を取得していることが前提になっている場合もあります。特に交通網が発達していない地方では、運転免許の取得が前提になっている企業が数多くあります。ですので、運転免許の取得に迷う方は、思い切って取得してみるといいでしょう。運転免許取得にかかる料金と期間については「高校生に向けて運転免許取得の解説をしているサイト」をご覧ください。     高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット5つ ここからは、運転免許取得のメリットを5つご紹介します。運転免許の取得に迷っている方は下記の内容を参考にして、ぜひご検討くださいね。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット1】就職活動での選択肢が増える 運転免許を取得するメリットの1つ目は『就職活動での選択肢が増える』です。求人を出している企業の中には「運転免許」を必須としているところがあります。そうした企業には運転免許を持っていない場合は応募することができません。つまり、運転免許を取得すれば、そういった企業にも応募できるということです。運転免許を取得すると「運転免許が必須」の企業にも応募することが可能になりますので、就職活動での選択肢が増えると言えるでしょう。実際に「運転免許が必要な仕事を紹介しているサイト」では、たくさんの職種が紹介されております。気になる方はぜひご覧ください。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット2】人のために活用できる 運転免許を取得するメリットの2つ目は『人のために活用できる』です。運転免許を取得していると、上司や同僚のために活用することができます。たとえば、取引先とのゴルフの際に運転手をしてあげたり、会食の送迎をしてあげたりなど、様々な場面で役立ちます。近年は運転免許を取得していない若者が増えておりますので、取得しておくと社内で重宝されるかもしれませんよ。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット3】交通安全の知識を証明できる 運転免許を取得するメリットの3つ目は『交通安全の知識を証明できる』です。運転免許の学科教習を受けることで、交通や安全についての知識を得られます。そのため、運転免許を取得しているだけで「交通安全の知識」を証明できるのです。近年は自動車だけでなく、自転車の事故も増えておりますので、交通安全の知識があることは良いアピールになりますよ。なお、交通安全の知識については「運転免許の合宿について解説しているサイト」に詳しく書いておりますので、気になる方はご覧ください。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット4】身分証明として使える 運転免許を取得するメリットの4つ目は『身分証明として使える』です。社会人になると車のローンやクレジットカードの契約時など、身分証明書が必要となる機会が増えます。運転免許を取得しておくと、そういった際に役立ちますので、メリットの一つだと言えるでしょう。身分証明として使えるメリットについては「就職・転職の手続きについて解説しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット5】履歴書の資格欄に書ける 運転免許を取得するメリットの5つ目は『履歴書の資格欄に書ける』です。運転免許は国家資格です。免許を取った人を日本が認めていることになります。ですので、履歴書の資格欄に書いても問題ありません。資格欄が空白だと履歴書の見た目が悪くなりますので、そういった方は運転免許を取得するといいでしょう。国家資格が一つあるだけでも履歴書から受ける印象は大きく変わりますよ。なお、運転免許の記載方法については「就職活動中の方に向けて履歴書に書くべき資格を紹介しているサイト」や「運転免許取得日の書き方について解説しているサイト」に記載しております。ご興味のある方はご覧ください。     高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種5選 続きましては、運転免許を活かせる職種を5つご紹介していきます。運転免許を取得していると下記の職種に就職する際、とっても役に立ちますよ。なお、運転免許の種類については「日本合宿免許予約センター」に詳しく書いておりますので、こちらをご覧ください。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種1】営業職 運転免許を活かせる職種1つ目は『営業職』です。営業職は、自社の商品やサービスなどを提案し、購入してもらうことで自社の売上に貢献する職種。企業によっては外回りの際に自動車を運転する必要があります。ですので、営業職は運転免許を活かせる職種だと言えます。なお、営業職は歩合制を導入している企業もありますので、実力次第でかなり稼げますよ。コミュニケーション力に自信のある方は営業職を選ぶといいでしょう。ちなみに、営業職で運転免許が活かせることについては「就職で役立つ資格を紹介しているサイト」でも述べておりますよ。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種2】介護職 運転免許を活かせる職種2つ目は『介護職』です。介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をする職種。基本的に運転免許はいりませんが、施設によっては送迎業務もありますので、運転免許を活かせます。また、訪問介護では自動車で「被介護者」の自宅に向かいますので、運転免許が必要です。以上のことから、介護職に就職をお考えの方は運転免許を取得しましょう。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種3】トラックドライバー 運転免許を活かせる職種3つ目は『トラックドライバー』です。トラックドライバーとは、トラックで荷物を運ぶ職種。当たり前ですが、トラックドライバーは運転免許がないと仕事になりません。そのため、応募条件に「運転免許必須」と書いております。トラックドライバーは近年、ネット通販を利用する人が増えたことから深刻な人手不足となっております。ですので、給料水準がどんどん高くなっておりますよ。高卒で稼ぎたい方はトラックドライバーを選ぶといいでしょう。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種4】販売職 運転免許を活かせる職種4つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う職種。基本的に運転免許はいりませんが、訪問販売を行う際は必要になります。ですので、運転免許を持っているスタッフは重宝されるかもしれませんよ。なお、販売職の中には歩合制を導入している企業もありますので、高卒でも努力次第で稼げますよ。   【高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種5】土木作業員 運転免許を活かせる職種5つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う職種。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は日常的に自動車(トラック)の運転をします。なので、運転免許が必要です。なお、土木作業員は自動車の他に、建築機械の操縦が必要になりますので、運転免許と併せてそれらの免許を取得することをおすすめします。     高卒の就職に運転免許は必要なの?就職エージェントに相談しましょう 応募したい職種に「運転免許が必要なのかどうか」の判断がつかない方は、就職エージェントに相談しましょう。就職エージェントに相談すると、運転免許のことだけでなく「履歴書の作成」や「面接の練習」など、あらゆる面でサポートしてくれます。また、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。高卒就職を失敗しないためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職に運転免許は必要なの? 高卒の就職に運転免許は必要なの?取得しても不利になることはありません 高卒の就職に運転免許は必要なの?取得のメリット5つ 高卒の就職に運転免許は必要なの?活かせる職種5選 高卒の就職に運転免許は必要なの?就職エージェントに相談しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • 求人
  • 必須
  • 職種
  • 運転免許
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する