新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • フリーターから転職するとき面接ではどんな服装をすればいいの?
2021.05.10

フリーターから転職するとき面接ではどんな服装をすればいいの?

フリーター
  • 失敗
  • オススメ
  • 対策

フリーターから転職するには面接での第一印象が超大事!

 

それなのに、面接でどんな服装をすれば印象が良くなるか、わからない…。

 

このような悩みを抱えているフリーターの方はいませんか?

 

「フリーター歴が長く正社員転職の面接を受けたことがない」「フリーターと正社員では、面接の服装が違うの?」「服装自由の場合、フリーターでは私服だったけど…」など、転職の面接で着るべき服装は意外に迷うもの。きっと、多くのフリーターがどんな服装をすればよいかわからず、頭を抱えた経験があると思います。

 

今回はそんなフリーターの方に向けて「転職の面接でオススメの服装」をご紹介していきたいと思います。フリーターから正社員転職をしたい方はぜひ最後までお付き合いください。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

フリーターが転職の面接で服装に迷ったらスーツを着よう

フリーターが転職の面接で服装に迷ったらスーツを着よう

フリーターから転職する場合、面接の服装は基本的にスーツスタイルでいいでしょう。

アパレル業界への転職でない限り何も問題ありません。ですので、フリーターからの転職で服装に迷った場合はスーツを着るようにしてください。

と言っても、ただスーツを着ればいいというわけではない。

ここからは男女別に服装のどこに気をつけるべきかを解説していきます。フリーターから正社員転職を目指す方は全項目を見ておくと面接で役立ちますので、お見逃しなく。

 

尚、フリータが転職の面接で着るべき服装を紹介しているサイトでは、フリーターが面接に着ていくべき服装をイラスト付きで解説してくれています。フリーター必見の記事なので面接前にぜひご覧ください。

 

 

 

 

女性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

女性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

まずはフリーター女性の服装について説明していきます。

 

1 スーツ

 

転職の面接では派手な服装を控え、黒か紺などの落ち着いた色のビジネススーツがおすすめです。また、スカートの場合は、長さがひざ丈ぐらいのもの。パンツの場合は裾が広がっていない、太すぎないものを選ぶといいでしょう。

 

2 インナー

 

転職の面接では基本的に白色。胸元が強調される服装は不快感を与えかねないので、なるべくシンプルなデザインの白ブラウスにしましょう。

また、フリーターが面接に臨む際、しわや汚れにも注意してくださいね。面接官はフリーターのみなさんが気を抜いてないか、細かい点まで見ていますよ。

 

3 ストッキング

転職の面接でストッキングを選ぶ場合、ベージュを選びましょう。

特にフリーターが気をつけることは、ストッキングの伝染。「面接前に気がつく」なんてことのないようにしてください。転職の面接には予備のストッキングを持っていきましょう。

 

4 靴

転職の面接では黒色のパンプスを履くのが一般的。ヒールの高さは3~5センチが好ましいです。フリーターからの転職で面接に臨む場合、全体がスッキリするよう足元はシンプルなもの選ぶといいでしょう。

 

5 鞄

転職の面接で派手なバッグは厳禁。フリーターからの転職で面接に臨む場合は、黒でシンプルなデザインにしましょう。また、フリーターのみなさんに注意したいのは持ち物の数。沢山詰め込みすぎてバックが膨らまないようにしてくださいね。かっこ悪いですよ。

 

6 髪型

転職の面接では黒髪にすることをオススメします。しかし、フリーターの女性は男性と違い

髪色の許容範囲が広い。そのため、多少明るくても問題ないでしょう。ただし長さには気をつけてください。髪が肩にかかってしまうなら後ろで一つ縛りにしておきましょう。

 

7 化粧

転職の面接ではナチュラルなメイクを心がけましょう。

フリーター時代と違って正社員ではメイクに関しても厳しく見られます。なので、フリーター時代よりメイクに心を配り、転職の面接に臨むようにしてくださいね。

 

8 アクセサリー

 

転職の面接では腕時計と結婚指輪以外は外すようにしましょう。

また、ネイルや香水もNGです。フリーター時代と違って、アクセサリーには厳しい会社が多いので、うっかりミスがないよう注意してくださいね。特に爪の長さには気をつけましょう。

フリーターが転職の面接で気をつけるポイントを紹介しているサイトでも、フリーターが転職の面接に臨むときは「ネイルに気を配ろう」とご紹介しております。

 

 

 

 

男性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

男性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

さて、ここからはフリーター男性向けに服装の説明をしていきます。

 

1 スーツ

 

転職の面接ではビジネススーツを着ましょう。生地は無地か目立たない程度のストライプ。色に関しては、黒か紺色あたりを選ぶと面接官に落ち着いた印象を与えることができるでしょう。注意点としては服装の乱れ。しわや汚れがないか事前に確認してくださいね。

フリーター男性はスーツに見慣れてないので、クリーニングに出すことをオススメします。

 

転職時の面接でオススメの服装について紹介しているサイトでもシワや汚れについて注意していますよ。フリーターのみなさん、気をつけてくださいね。

 

2 シャツ

転職の面接では、無地で白色のワイシャツを選びましょう。

と言っても白なら問題ないわけではありません。大切なことはサイズです。大きすぎると『だらしない服装』に見えますので気をつけてくださいね。フリーターの男性はワイシャツを着る機会が少ないと思いますので、自分で選ばずお店の人と相談して決めると間違いないでしょう。

 

3 ネクタイ

転職の面接ではネイビーなどの落ち着いた色であればOK。それよりもフリータのみなさんが気をつけることは、結び方です。フリーター時代はネクタイの着用がないはず。ですので、フリーターのみなさんは面接前に練習するとこをオススメします。ネクタイが緩んでいると服装全体が台無しですよ。

 

4 靴下

転職の面接では黒色か紺または白を選ぶといいでしょう。もちろん多少なら柄が入っていても問題なし。長さは、椅子に座った時に素足が見えないよう、ふくらはぎ位までの靴下がオススメです。フリーター時代とは違って靴下まで細かく見られますので服装チェックの際、忘れないようにしてくださいね。

 

5 鞄

転職の面接では黒・紺などの、落ち着いた色がオススメです。できれば服装がカッチリ見えるようにビジネスバックを選ぶといいでしょう。フリーターのみなさんはこの機会にビジネスバッグ購入するのはいかがですか? フリーターなのにビジネスバッグを持っていると面接官の印象が良くなると思いますよ。

 

 

6 髪型

転職の面接では、耳や眉毛が隠れない程度の黒髪・短髪がオススメです。

フリーターでは髪型自由の職場が多いですが正社員になればそうはいかない。髪型に関しては服装以上に厳しい職場が多いですよ。

 

7 髭・眉毛

転職の面接で無精ひげはNG。前日の夜か当日の朝にシェービングしておきましょう。
また、フリーター時代と違って眉毛も服装同様に見られるポイントです。細くなりすぎないように注意してくださいね。

 

8 アクセサリー

転職の面接でアクセサリーや香水はNG。服装と合うシンプルなデザインの腕時計、または結婚指輪であればつけても問題ないでしょう。

 

さて、これまでフリーターが面接時に気をつける服装についてご紹介してきました。

ざっくりとした解説になりましたが、基本的にフリーターから転職する場合、上記を守れば問題ありません。しかし、フリーターのみなさんが本当に困るのは『服装自由』『オフィスカジュアル』など、面接でスーツの着用が義務化されてない場合ではないでしょうか?

 

次の項目で解説しますね。

 

フリーターから転職するときの面接で服装自由の場合は?

フリーターから転職するときの面接で服装自由の場合は?

フリーターが転職の面接で必ず困ること。それがこの『服装自由問題』だと思います。服装自由と言われても、正社員経験がないフリーターにとっては全く想像がつかない。あれやこれやと悩んでいるうちに時間だけが過ぎていく、なんて経験もあるのではないでしょうか。

しかし、もうご安心ください。僕が責任を持って解説します。

 

まず、面接の服装で心がけることは「清潔感」。これはどの職種でも例外はありません。そう考えると、上記の説明通り、「服装自由」「オフィスカジュアル」でも、清潔感がアピールできるスーツを着用するべきでしょう。そうすれば、服装で失敗することはありません。

加えて、フリーターから正社員転職を目指す場合は、意欲があるとポジティブな印象を与える効果がある。つまり、フリーターにとって「服装自由」という項目は、服装で意欲をアピールできるチャンス! ですからフリーターのみなさんは、転職の面接にあえてスーツを着ていくべきでしょう。フリーターから転職する場合の面接について紹介しているサイトでも服装に関して同様のことを言っていますよ!

 

 

 

フリーターが転職の面接で失敗する服装とは?

フリーターが転職の面接で失敗する服装とは?

フリーターが面接で服装に迷った場合はスーツを着よう!

と散々説明してきました。しかし25歳以上のフリーターが転職する場合はスーツでも注意点がある。それはリクルートスーツです。一見するとビジネススーツと同じように見えますが、面接官はスーツの違いを見抜きます。それゆえ、25歳以上のフリーターの方が転職時の面接でリクルートスーツを着用していると「20代後半でビジネススーツを持っていないのか」と面接官に思われてしまう。そうなると、フリーターから転職したい意欲をいくら伝えても転職活動を本気で行っていないと解釈され最悪の状況に…。なんてこともあるので、フリーターでビジネススーツを持ってない方は購入するようにしてください。フリーターだからこそ、服装に気を配り、転職の面接で本気度を見せるようにしましょうね。

リクルートスーツとビジネススーツの違いは、転職の面接対策について紹介しているサイトを見ればわかります。

 

 

 

まとめ

 

では、これまでご紹介した内容をまとめますと

 

1 フリーターが転職の面接で服装に迷ったらスーツを着よう

2 女性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

3 男性フリーターが転職の面接で注意する服装のポイント

4 フリーターから転職するときの面接で服装自由の場合は?

5 フリーターが転職の面接で失敗する服装とは?

 

以上です。

 

フリーターのみなさま、最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事がフリーターのみなさんとってお役に立てることを願っております。

 

 

応援しています。

 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

05/

10

2021

フリーター

フリーターが転職活動するのに適した時期ってある?

フリーターから転職したい。それなのに、転職活動するタイミングがわからない…。 このような悩みを抱えているフリーターの方はいませんか?   「フリーターの転職活動はどの時期が成功しやすいの?」「そもそも転職活動に向いている時期ってあるの?」など、現在フリーターをしている人の中には、転職の意思はあるけど、タイミングがわからず見送っている方も多いかと思います。   今回はそんなフリーターの方に向けて『転職活動にオススメの時期』についてご紹介していきたいと思います。この記事を読めば転職に適した時期がはっきりすると思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。   その前に…。   フリーターの『転職活動に向いてる時期』と言う言葉について整理します。 と言うもの、フリーターが転職活動に向いてる時期って言われても個人の事情に様々。ですので、本記事では転職に向いている時期は『求人数が多くなる時期』と定義し、話を進めていきたいと思います。     では、求人が多くなる時期とはいつなのでしょうか?   フリーターの転職時期を求人数から考えてみた 上述したようにフリーターの転職時期について求人数をベースに考えてみます。 そうするとベストタイミングとして挙げられるのが3月。続いて1~2月。7~9月となります。時期別に整理してみるとこんな感じですね。   【フリーターにオススメの転職時期ランキング】 第一位 3月 第二位 1~2月 第三位 7~9月   フリーターのみなさんもご存知かと思いますが、日本は4月から翌年の3月を1年として扱うことが多い。つまりどこの企業もスタート時期にあたる4月に向けて人材を確保しようとします。3月と言えば企業も慌ただしい決算期を終え、新年度の人材確保に目を向け始める。だからフリーターのみなさんは、この時期を狙って転職活動を開始すると転職の成功率がグンと高くなります。フリーターで転職意思がある方は、ぜひ3月に転職活動を始めてくださいね。   と、フリーター向けに転職活動の時期をオススメしておきながら申し訳ないのですが…。 白状します…。笑 実は正直に言うと、フリーターの転職に時期は関係ありません。笑   詳しくはこの後にご説明しますが、フリーターの転職時期について解説しているサイトでも同様のことをご紹介しておりますので、疑問に思われる方はご覧になってください。         フリーターが転職しやすい時期はない 結論から言うと、フリーターが転職しやすい時期はありません。 と言うものフリーターが選考を受けるのは基本的に中途採用枠。つまり企業は1年間を通して求人を出しているので、転職の時期を気にする必要はない。そう、フリーターのみなさんが思い立ったタイミングで転職活動を始めるべきなんです! なので、先ほどご紹介した『フリーターにオススメの転職時期』は気にする必要はありません。(混乱させてしまい申し訳ございません)   オススメの転職時期とは、フリーターのみなさんが『転職したい!』と思った時期なんです。 だからフリーターのみなさんは『転職したい!』と言う気持ちに従って、時期など気にせず転職活動を始めてみてください。フリーターの転職時期について紹介しているサイトでもフリーターの転職活動の時期について「思い立ったら今すぐ就活!」とご紹介していますよ。         フリータが転職する時期で気にすること フリーターが転職活動するなら時期は関係ない。と上記でご説明しましたが注意点はございます。これを知っておくと後々ラクになるので軽く目を通しておいてくださいね。   1 フリーターから転職を成功させた場合の所得税 一つ目は所得税の確定申告です。フリーターから転職を成功させ正社員になった場合、アルバイト先からもらった源泉徴収票を会社に提出する必要があります。そうすれば、年末調整に含めて対応してもらえ、フリーターのみなさんにとっても都合がよいでしょう。 がしかし…提出しなかった場合は…。 残念ながらフリーターのみなさん自身で確定申告をすることになります。もちろん会社によって細かい点が違うと思いますので、基本的には上司か経理担当に相談してみるようにしてください。忘れなければ問題ありませんのでご心配なく。   2 フリーターは転職の時期により新入社員扱いになる   フリーターが転職時期で配慮する点は新卒の新入社員と同じ時期かという点。なぜなら、最悪の場合、新入社員研修を新卒と共に受ける可能性があるからです。フリーターの中には新卒と同様の研修に抵抗のない方もいると思いますが、転職の時期によっては同じ研修を受ける可能性があることを頭に入れておきましょう。フリーターの転職時期について比較しているサイトでも転職活動の時期で気をつけることをご紹介しております。 さて、これまでは転職の時期についてご紹介してきました。フリーターの方にとって転職時期は企業との出会いを左右するので大事ですよね。 しかし、転職活動において大事なのは時期ではありません。もっと他にあるんです! ということで、ここからは『転職の時期を気にしているフリーターに向けて』転職を成功させるコツをご紹介します。         フリーターが転職するなら時期にとらわれず即行動 え、さっきも聞いたよ。と思われたフリーターのみなさん。申し訳ございません。 しかし、転職成功のカギはこれなんです。フリータの中には不採用通知が怖くて、転職活動を先延ばしにしている人もいることでしょう。 「転職に有利な時期なら採用されやすい」など、フリーターの中にはこのように考える方も多いはず。ですが、転職時期を選ぶあまり行動できないというのは、その分フリーター期間が長くなり年齢が高くなる。そうなると就活にとても不利になります。企業は未経験者でも若さだけで採用することもある。フリーターのみなさんが転職時期を見極めて慎重になる気持ちもわかりますが、年齢が高いと、それだけで企業から敬遠されますので、転職時期にとらわれず、思い立ったら即行動しましょう。 フリーターの転職時期について解説しているサイトでも「即行動」を推奨しております。転職時期を見極めすぎて動けてないフリーターの方はぜひご覧になってくださいね。         フリーターは転職時期を狙うより未経験採用枠を狙うべし 上記でも軽く触れましたが企業は未経験でも採用する場合があります。 いわゆる未経験採用枠(ポテンシャル採用枠)ってやつですね。 未経験採用枠は、業界・職種未経験者を1から育成する目的で設けられている枠なので、書類審査も通過しやすい。だからフリーターから転職活動する人にとって大変人気なんです。とはいえ、ある程度年齢を重ねているフリーターが採用されることは困難。なので、フリーターで転職活動に悩んでいる方は、これを機に即行動しましょう。 運良くこの枠で採用されれば、入社後に業務に必要な知識を教えてもらえるし、転職後の心配も少ない。さっさと覚悟を決めて、未経験採用枠に応募することをオススメします。 では、未経験採用枠ってどんな職種が募集しているの?というフリーターの方に向けていくつかご紹介します。個人的に未経験者でも参入しやすいと思う職種を選んでみました。 下記の通りです。   (営業、ITエンジニア、マーケティング、生産・製造業) もっと知りたい方はフリーターの転職時期について紹介しているサイトで未経験から転職しやすい職種をご紹介してますので、ご覧になってくださいね。 最後に念のため、転職しづらい時期についても触れておきますね。         フリーターから転職しづらくなる時期ってあるの? ここまで熱心に読まれ方はもうお分かりかと思いますが、フリーターにとって転職しづらい時期はありません。 もちろんフリーターのみなさんが狙う業種によって求人数が極端に減る時期があるかもしれない。だけど基本的にフリーターが選考を受けるのは中途採用枠で、一年間を通して企業は募集を行っております。つまり、フリーターのみなさんが転職したいと思えば時期なんか、関係ないのです。(何度も言ってすみません)   しかし油断は禁物!フリーターにタイムリミットがないということは反面、転職時期を先延ばしにしやすい。「気がついたらフリーターのまま歳を重ねていた」なんてこともあり得ます。最近では「高齢フリーター」という言葉が登場するほど、フリーターから転職する時期を見失い、30代、40代を迎えてしまったという方も少なくありません。 高齢フリーターになると若いうちは平気だった「体力仕事の問題」「社会的信頼の問題」「収入アップが見込めない問題」など、諸問題が降りかかってきます。 また、高齢フリーターは社会経験が乏しいゆえ、転職活動も困難。企業はフリーターのみなさんのことを「1から教育しよう」と思いません。ですから、転職時期に迷うくらいなら、「即行動」して若さを武器に転職を成功させてください。少し厳しい言い方ですが、フリーターから転職する時期を迷っていても始まらない。無駄な時間です。 フリーター向けに転職時期について紹介しているサイトでも、フリーターの転職時期を迷った結果、「高齢フリーター」になるリスクを解説していますよ。(高齢フリーターが悪いわけではないので勘違いしないでくださいね)       まとめ   では、これまでご紹介した内容をまとめますと、   1 フリーターの転職時期を求人数から考えてみた 2 フリーターが転職しやすい時期はない 3 フリータが転職する時期で気にすること2点 4 フリーターが転職するなら時期にとらわれず即行動 5 フリーターは転職時期を狙うより未経験採用枠を狙うべし 6 フリーターから転職しづらくなる時期ってあるの?   以上になります。   何度も言いますが、フリーターにとって転職に適した時期とは「転職したい」と思った時。つまり、心の声が大事だということです。 フリーターのみなさん。 一度、心の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。   始まりは聞く姿勢からです。   応援しています。

  • 特徴
  • エージェント
  • 質問
  • オススメ
  • 伝え方
  • 対策
  • スキル
  • 求人
  • 未経験

01/

03

2022

フリーター

第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の求人に応募しよう

第二新卒歓迎の求人に応募したいけど…。 フリーターだから無理だと思う。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「フリーターが第二新卒に応募しても相手にされない…」「そもそもフリーターは第二新卒ではない…」など、転職活動中のフリーターのなかには、第二新卒への応募を諦めている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて『第二新卒とはなにか?』について解説していきたいと思います。この記事では、第二新卒の解説とあわせて「フリーターが正社員転職を成功させるコツ」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの? 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか? 第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する まとめ         第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう   はじめに、第二新卒についてご説明します。第二新卒とは学校を卒業した後、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人を指します。第二新卒の年齢については明確な基準がありません。しかし学校を卒業してから3年以内を指すため、一般的には25歳前後とされておりますよ。なお、フリーターに関しては厚生労働省の定義によると、15歳から34歳までとなっております。フリーターについての紹介は厚生労働省のホームページに記載しておりますので、気になる方はご覧ください。           第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの?   フリーターは第二新卒に含まれます。なぜなら、第二新卒とは学校を卒業した後、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人。つまり、フリーターでも条件に当てはまっていれば該当します。なお、学校卒業後の仕事については正社員でなくても構いません。第二新卒という言葉には明確な定義がないため「雇用形態」は不問。ですので、正社員や派遣社員だけでなく、アルバイトも「就労経験」に含まれます。第二新卒の転職について解説しているサイトでも、同じことを言っております。         第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか?   結論を言うと、フリーターは第二新卒枠に応募するべきです。なぜなら、ここ数年、第二新卒の採用ニーズが増加。多くの企業で第二新卒を募集しております。つまり、第二新卒の求人を転職候補に入れると、それだけで選択肢が増えるのです。なので、フリーターは積極的に第二新卒求人に応募するといいでしょう。選択肢が増えると優良企業に出会える確率がグンと上がりますよ。なお、求人については「第二新卒の転職について解説しているサイト」を利用すれば、簡単におすすめの転職サイトが見つかります。ぜひご覧ください。         第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選   ここからは、フリーターが正社員転職を成功させるコツをご紹介していきます。このポイントに注意して転職活動に励んでくださいね。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 1番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職スケジュールを立てる』です。フリーターは正社員の方に比べて、転職活動が長期戦になりがち。そのため、転職スケジュールを立てないと途中でダラけてしまうかもしれません。最悪の場合、やる気をなくして転職活動に挫折してしまう可能性もあり得ます。ですので、正社員転職を成功させたいフリーターは、転職スケジュールを立てておきましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 2番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職の目的を明確にする』です。上述した通り、フリーターの転職活動は基本的に長期戦。そのため、途中で投げ出さない対策として、転職の目的を明確にしておきましょう。転職の目的があると、不採用が続いて辛くなっても粘り強く頑張ることができると思いますよ。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 3番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『よくある質問を把握する』です。フリーターから正社員転職するときは面接対策が重要。なかでも、よく聞かれる質問に対して、しっかりと対策しておくことが大事です。よくある質問を把握しておくだけでも、精神的負担が軽くなりますので、面接前にチェックしておきましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 4番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『企業研究を行う』です。企業研究は正社員転職を成功させる重要な項目。企業が求める人材がわかると「志望動機』や「自己PR」の作成に役立ちます。ですから、正社員就職を成功させたいフリーターは徹底して企業研究を行いましょう。なお、企業研究のやり方については、フリーターの転職について解説をしているサイトをご覧ください。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 5番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『面接の服装に注意する』です。正社員の面接は、フリーターの面接とは別物。基本的にカジュアルな服装はNGです。『服装自由』と書かれていても、フリーターの場合は私服を着ないほうがいいでしょう。面接官はフリーターの服装に対して厳しい目でチェックしておりますので、くれぐれも油断しないように。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 6番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『履歴書のマナーを確認する』です。履歴書には皆さんが想像している以上に細かいルールがあります。そのため、何も調べずに作成するのは大変危険です。履歴書の書き方を知っていても、再度マナーを確認してから書きましょう。詳しくは、フリーターの転職について解説しているサイトに載っておりますので、ご覧ください。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 7番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『資格の取得を検討する』です。フリーターでも資格を持っていると、採用される確率が高くなります。そのため、資格のないフリーターは、まずは何かしらの資格を取得するといいでしょう。資格があると書類通過率も変わってきますよ。なお、転職の方向性が決まっているのであれば、そこで活かせる資格をおすすめします。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 8番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『キャリアプランを考える』です。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画。簡単にいうと、人生設計の中で「働くことに関するプランニング」です。たとえば「転職後にどんな仕事をしていきたいか」「どんなチームで働きたいか」などですね。フリーターがキャリアプランを考えておくと、転職に対する本気度がより伝わりますよ。第二新卒の転職について解説しているサイトでも、同様のことを言っております。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 9番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『自己分析をする』です。自己分析は自分の強みや価値観、仕事に関する適性を見極めることができます。なので、自己PR作成がスムーズになります。また、自己分析を通して『自分のやりたいこと』が明確になる可能性もありますので、転職前に自己分析をしましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する 10番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職エージェントを活用する』です。転職エージェントは転職に不安を抱えているフリーターにとって心強い存在。求人の紹介から内定まで手厚くサポートしてくれます。また「履歴書・職務経歴書の作成」「面接の練習」など、細かいところまでサポートしてくれます。ですので、転職エージェントを活用すれば、一人で転職するよりラクになりますよ。これから転職するフリーターは、転職エージェントを活用しましょう。なお、第二新卒の転職について解説しているサイトでも、転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。           まとめ     では、これまでの内容をまとめると   第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの? 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか? 第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • フリーター
  • 転職
  • 職歴
  • 質問
  • エージェント
  • 第二新卒

05/

17

2021

フリーター

フリーターの転職!面接を唸らせるキャリアプランの考え方!

「あなたのキャリアプランを教えてください」   フリーターから転職するときの面接で困る質問の一つに『キャリアプラン』があります。 キャリアプランは志望動機や自己PRと同じく、転職の面接において非常に大事。それなのに、多くのフリーターがキャリアプランに苦手意識を持ち、うまく伝えられないのではないでしょうか。   「キャリアプランってどこまで答えるの?」「キャリアプランのどこに気をつければいい?」 「転職の面接でキャリアプランを聞く理由ってなに?」など、キャリアプランについて、よくわかっていないフリーターがたくさんいることと思います。   今回はそんなフリーターに向けて『キャリアプランの考え方』をご紹介していきたいと思います。この記事を読めば、キャリアプランについての理解が深まり、簡単に作成できるようになると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。   それではいってみましょう! 【目次】 フリーターが転職の面接で聞かれるキャリアプラントとは一体なに? フリーターが転職の面接でキャリアプラント聞かれる理由 フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考えるなら自己分析 フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考える際のポイント フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを作成する際の注意点       フリーターが転職の面接で聞かれるキャリアプラントとは一体なに? 転職面接におけるキャリアプランを考える前に、まずはキャリアプランの説明からしていきたいと思います。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画のこと。簡単にいうと、人生設計の中で働くことに関するプランニングって感じですね。例えばフリーターの皆さんが「転職後にどんなチームで働きたいか」「転職後にどんな仕事をしていきたいか」などです。ちなみに、よく似た言葉に『キャリアパス』という言葉がありますが、こちらは社内で職位や職務に就くための道筋のことを指しており、キャリアプランとは別の意味になります。フリーター向けにキャリアプランのことを解説しているサイトでも言ってもますよ。         フリーターが転職の面接でキャリアプラント聞かれる理由 面接官がなぜ転職の面接でキャリアプランを聞くのか?これを考えることで面接官の狙いが見えてくると思いますので、ここではキャリアプランを質問する意図を3つに分けて述べていきたと思います。キャリアプランを面接官の意図どおりに答えることができれば、フリーターから転職できる可能性が格段に上がると思いますよ。フリーターから転職する人を支援しているサイトでも、キャリアプランの意図を知る重要性を述べています。   【転職の面接でキャリアプランを聞く理由1】目標設定を確認するため 面接官はキャリアプランを通じて、フリーターの皆さんが将来についてどの程度考えているかを聞き、自分の能力に見合った目標を設定する能力があるかを確認しています。 というのも、具体的な目標を設定できるフリーターは、転職後にモチベーションを保ちながら仕事を進められる傾向が強い。そのため、面接官はキャリアプランを通して、フリーターの皆さんの能力を予測しているんですね。   【転職の面接でキャリアプランを聞く理由2】マッチ度を確認するため 面接官はキャリアプランを通じて、フリーターの皆さんのやりたいことが、会社の業務や方向性と合っているかを確認しています。というのも、転職を成功させ入社しても、キャリアプランを実現できないことがわかれば、フリーターの皆さんはやる気をなくし、早期退職するリスクがある。そのため面接官は、転職面接でフリーターの皆さんからキャリアプランを聞き、ミスマッチがないかチェックしているのです。   【転職の面接でキャリアプランを聞く理由3】入社意欲を確認するため 面接官はキャリアプランを通して、フリーターの皆さんの意欲や熱意を確認しています。 というのも、明確なキャリアプランを持つフリーターは、企業研究や職種研究をしっかりと行っている証拠。つまり、面接官はキャリアプランを通じて、フリーターの皆さんの熱意や会社への理解度を確認しているのです。         フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考えるなら自己分析 キャリアプランを作成する上で大事なのは自己分析をすることです。自己分析は転職の面接で志望動機を考える際にも必要になってきますので、フリーターから正社員を目指す人にとって避けては通れないこと。ですから、ここでしっかりと自己分析の方法を理解して、転職の面接に自信を持って臨めるキャリアプランを作成してくださいね。それでは、自己分析の方法を3つに分けて解説していきます。   【フリーターが自己分析する方法1】仕事において重要視することを考える フリーターが自己分析する時は、仕事において自分が重要視することを書き出すことから始めましょう。余裕のあるフリーターの皆さんは、それに加えて、自分の得意、不得意などを挙げていくとより自己分析しやすくなるのでオススメですよ。フリーター向けにキャリアプランの立て方をご紹介しているサイトでも同じことを言っております。   【フリーターが自己分析する方法2】夢中で取り組んだことを振り返る フリーターの皆さんが転職活動するまでにやってきたアルバイトや学生時代の経験などを踏まえて、どのようなことを意欲的に取り組んできたか考え、ノートに書き出します。もちろん、フリーターから転職活動するまでのアルバイトで失敗したことも。失敗から見えてくることは多いので、目を背けないように。   【フリーターが自己分析する方法3】仕事以外で関心があることを考える 上記では主に夢中で取り組んだことを考えましたが、こちらは夢中でなくても構いません。フリーターの皆さんがこれまでの人生で興味を持ったこと、関心を持ったことを書き出すようにしてください。やめてしまったことでも、一度は興味を持ったことなので、自己分析の役に立つヒントがあるかもしれませんよ。         フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考える際のポイント フリーターが転職の面接用にキャリアプランを作成する際は、企業の展望と自分の目標をリンクさせることが大切です。ここでは、キャリアプランの立てる際に大事な点を3つに分けてご紹介していきます。   【キャリアプランのポイント1】キャリアプランを一貫させること フリーターが転職の面接でキャリアプランを立てる時は一貫性を持たせるように心がけましょう。というのも、転職の面接時のキャリアプランに一貫性がないと『目標設定が曖昧』だと思われてしまいます。ですから、転職の面接でキャリアプランを伝える際は、フリーター時代の経験を活かしてステップアップしていくような感じで、一貫性を持たせるようにしてくださいね。フリーター向けにキャリアプランのポイントを解説しているサイトでも、同様のことを言っております。   【キャリアプランのポイント2】企業の展望を考えること 転職の面接でキャリアプランを考える際にフリーターの皆さん自身について考えることは大事です。しかし、自分のことばかり考えてしまうと、企業の展望と大幅にずれ、的はずれな目標設定をしてしまう可能性があります。例えば、海外事業を展開している会社に「日本の支店を増やせるよう尽力したい」と言っても、転職後の活躍をイメージしてもらえません。フリーターの皆さんが転職の面接用にキャリアプランを考えるときは、事前に企業の事業内容やビジョンを把握するようにしましょう。   【キャリアプランのポイント3】目標設定を細かく考えること キャリアプランにおいて先々の目標まで考えることは大事ですが、あまりにも遠い未来だと現実味がありません。ですから、フリーターの皆さんが転職の面接用にキャリアプランを考える際は、1年後、3年後、5年後と目標を細かく設定するといいでしょう。ちなみに、現在に近い3年後の目標は、10年後と比べてより具体的に考えるのがポイントですよ。       フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを作成する際の注意点 フリーターにとってキャリアプランの作成は非常にハードルが高い作業。そのため、転職の面接では自分の作成したキャリアプランに問題がないか不安だと思います。ということで、ここでは、フリーターがキャリアプランを作成する際に注意する点を3つに分けてご紹介していきます。これに気をつければ転職の面接で不安を抱えることはないと思いますので、必ず守ってくださいね。   【キャリアプラン作成の注意点1】キャリアプランは定期的に見直そう フリーターの皆さんに注意して欲しいのが、キャリアプランを面接で使い回すこと。今は時代の変化が激しいので1年で会社の業績や市場ニーズが変わったり、フリーター生活に変化があったりと、予期せぬ事態が想定されます。つまり1年前のキャリアプランだと整合性が欠けた内容になる可能性があるのです。以上のことから、フリーターの皆さんは、キャリアプランを定期的に見直し、転職の面接で使い回すことがないようにしてくださいね。フリーター向けにキャリアプランの立て方をご紹介しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。   【キャリアプラン作成の注意点2】キャリアプランは現実味のあるものに フリーターが転職時にやってしまう失敗の一つが、キャリアプランが現実離れしていること。フリーターから転職して将来的に活躍したいと、大きな理想を掲げることはいいですが、あまりにも非現実的なキャリアプランだと、「目標設定」がしっかりできてないと悪い印象を与えてしまいます。ですので、フリーターの皆さんが転職の面接用にキャリアプランを作成する時は実現までのアクションプランも併せて考えるようにしましょう。   【キャリアプラン作成の注意点3】応募先の企業で叶えられない 転職の面接用に作成するキャリアプランは、基本的にその会社で成し遂げたい目標を語るもの。ですので、フリーターの皆さんの想いだけでキャリアプランを作成してはいけません。例えば、海外進出予定のない会社に「転職が成功したら海外で活躍する人材になりたい」と言っても、面接官はドン引きです。そうならないためにも、転職の面接用にキャリアプランを考える際はしっかりと企業分析しましょう。   まとめ   さて、これまでの内容をまとめると   1 フリーターが転職の面接で聞かれるキャリアプラントとは一体なに? 2 フリーターが転職の面接でキャリアプラント聞かれる理由 3 フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考えるなら自己分析 4 フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを考える際のポイント 5 フリーターが転職の面接用にキャリアプラントを作成する際の注意点   以上でございます。   最後まで読んでくださりありがとうございました。 フリーターの皆さんの転職が成功することを心から願っております。   ファイト!    

  • フリーター
  • 転職
  • 失敗
  • 面接
  • オススメ
  • 伝え方
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する