新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒の就職|秘書って何をするの?
2022.07.06

高卒の就職|秘書って何をするの?

高卒
  • 就職
  • 特徴
  • 高卒
  • 求人
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • 秘書

高卒の就職|秘書って何をするの?

秘書に興味があるけど…。
仕事内容がわからない。

このような疑問にお答えします。

この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「秘書の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「秘書を目指す方におすすめの資格」や「秘書に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、秘書の平均年収について知りたい方は「秘書の平均年収は?高年収の秘書の特徴・年収アップを目指す方法」をご覧ください。


【目次】
高卒の就職|秘書とは?
高卒の就職|秘書の仕事内容
【高卒の就職|秘書の仕事内容1】スケジュール管理
【高卒の就職|秘書の仕事内容2】来客・電話・メール対応
【高卒の就職|秘書の仕事内容3】文書の作成・管理
【高卒の就職|秘書の仕事内容4】身の回りの環境整備
【高卒の就職|秘書の仕事内容5】各種手配業務
高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ
【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格1】秘書技能検定
【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格2】MOS
【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3】ビジネス文書検定
高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ
【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴1】サポートすることが好きな人
【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴2】秘密を守れる
【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3】細かい気遣いができる人
高卒の就職|秘書を目指す方へ
まとめ

 

 

高卒の就職|秘書とは?

高卒の就職|秘書とは?

まずは秘書についてご説明します。秘書とは、企業の「経営陣」や「管理職」の総合的なサポートを行う仕事。忙しい担当上司が業務に専念できるよう様々な調整や準備を行います。秘書の仕事は、華やかなイメージを持たれることが多いですが、実際には「上司のスケジュール管理」や「会議準備」など、地道な事務作業が仕事の大半を占めています。なお、秘書には、企業の経営幹部を補佐する「企業秘書」、医療機関の経営者や医師などを補佐する「医療秘書」、弁護士や司法書士などを補佐する「法律秘書」など、たくさんの種類がありますよ。秘書の種類については、実際に求人情報を見るとわかると思いますので、気になる方は「高卒向けに秘書を紹介しているサイト」や「秘書の仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

高卒の就職|秘書の仕事内容

高卒の就職|秘書の仕事内容

ここでは、秘書の主な仕事内容をご紹介します。細かい点は働く会社の規模や体制、業種によって異なります。ですので、秘書全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。

 

【高卒の就職|秘書の仕事内容1】スケジュール管理

秘書の仕事1つ目は『スケジュール管理』です。秘書は上司のスケジュールを管理します。いかに効率よく仕事をしてもらえるスケジュール組みをするかがポイントですよ。 

 

【高卒の就職|秘書の仕事内容2】来客・電話・メール対応

秘書の仕事2つ目は『来客・電話・メール対応』です。上司に来客があった際は、秘書が応接室に案内をしたり、必要な書類を用意したりします。また、上司が不在の際に電話があったら、代わりに対応するのも秘書の仕事です。

 

【高卒の就職|秘書の仕事内容3】文書の作成・管理

秘書の仕事3つ目は『文書の作成・管理』です。上司の業務に関連する社内文書や社外文書の作成、管理も秘書が行います。なお、作成する書類の種類は様々ですよ。

 

【高卒の就職|秘書の仕事内容4】身の回りの環境整備

秘書の仕事4つ目は『身の回りの環境整備』です。上司が快適に、効率よく仕事ができるように「身の回りの環境」を整えることも秘書の大切な仕事です。会議室・応接室の予約、執務室の清掃、備品の調達・管理など、総務や庶務の管轄である仕事も、上司の業務効率化を図るため、秘書が行うことがあります。実際に「高卒向けに秘書の仕事を紹介しているサイト」を見ると、身の回りのお世話が仕事内容に含まれておりますよ。

 

【高卒の就職|秘書の仕事内容5】各種手配業務

秘書の仕事5つ目は『各種手配業務』です。上司が出張する際の「新幹線」や「飛行機」の予約、そして「会食時のレストラン予約」といった手配も秘書が行います。

 

 

高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ

高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ

秘書に必要な資格はありませんが、基本的な「ビジネスマナー」や最低限の「パソコンスキル」は必要です。そのため、高卒で秘書を目指す方には「ビジネスマナー」や「パソコンスキル」の証明ができる資格の取得をおすすめします。以下、秘書を目指す方におすすめの資格です。

 

【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格1】秘書技能検定

秘書を目指す方におすすめの資格1つ目は『秘書技能検定』です。秘書技能検定は、公益財団法人 実務技能検定協会が実施する民間資格。秘書のスキルについて、知識を問われる試験となっております。なお、この資格は秘書のことだけでなく、一般常識やビジネスマナーなど、社会で必要とされる問題も出題されます。ですから、秘書として活躍することはもちろん、ビジネスマナーを身につけているという評価を得られるため、転職の際に役立ちますよ。なお、秘書技能検定について詳しく知りたい方は「秘書検定は就職に有利なのか?試験の特徴や取得メリットを紹介」をご覧ください。

 

【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格2】MOS

秘書を目指す方におすすめの資格2つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。なので、パソコン操作に不安を抱えている方におすすめの資格となっております。

 

【高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3】ビジネス文書検定

秘書を目指す方におすすめの資格3つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。秘書に転職すると、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。

 

 

 

高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ

高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ

続きましては、秘書に向いている人の特徴を3つご紹介します。以下の特徴がある方は、秘書の適性があるでしょう。

 

【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴1】サポートすることが好きな人

秘書に向いている人の特徴1つ目は『サポートすることが好きな人』です。秘書は、上司を陰で支える「縁の下の力持ち」とも言うべき存在。自分自身が前に出て働く仕事ではありません。あくまでも上司を支える存在として、サポート役に徹する必要があります。そのため、サポートすることに意義を見いだせる人は、秘書としての適性があると言えるでしょう。「高卒向けに秘書の仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

 

【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴2】秘密を守れる

秘書に向いている人の特徴2つ目は『秘密を守れる』です。秘書がサポートする上司は、企業の経営者や役員など、責任のある立場の人です。そのため、外部に漏らしてはいけない情報を知ることもあり、秘書にとって「秘密を守れる力」は大切です。秘書は、重要な情報を知ってしまった場合でも、自分の胸の内に秘めておくことができる人でないと務まらない仕事だと言えるでしょう。

 

【高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3】細かい気遣いができる人

秘書に向いている人の特徴3つ目は『細かい気遣いができる人』です。秘書の仕事は、どうすれば上司が快適に働けるのかを、自然と考えられることが重要。そのため、普段から他人に対して細かい気遣いができる人は適性があると言えるでしょう。

 

 

高卒の就職|秘書を目指す方へ

高卒の就職|秘書を目指す方へ

就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。秘書への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒の就職|秘書とは?
高卒の就職|秘書の仕事内容
高卒の就職|秘書を目指す方におすすめの資格3つ
高卒の就職|秘書に向いている人の特徴3つ
高卒の就職|秘書を目指す方へ

以上になります。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

10/

01

2022

高卒

高卒の転職|大手企業に転職したい方におすすめの職種9選

大手企業に転職したいけど…。高卒だから無理かも。 高望みはやめよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、高卒で転職を考えている方に向けて『大手企業に転職できる職種』をご紹介していきます。前半部分では「大手企業に受かるコツ」を紹介しておりますので、あわせてご覧くださいね。 【目次】 高卒の転職|大手企業に転職できる? 高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ1】実力主義の職種 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ2】若い人材の採用に積極的 【高卒の転職|大手企業に受かるコツ3】人手不足の業界を狙う 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1】プログラマー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2】Webデザイナー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3】Webライター 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4】土木作業員 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5】施工管理 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6】長距離ドライバー 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7】介護職 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8】営業職 【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9】販売職 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう まとめ   高卒の転職|大手企業に転職できる? 結論を申し上げますと、高卒でも大手企業に転職できます。不可能ではありません。もちろん、大手企業の中には採用条件に「大卒以上」と記載している企業があります。しかし近年は大手企業でも「学歴不問」や「高卒歓迎」と記載している求人が増えています。ですので、高卒者にも大いにチャンスがありますよ。転職をご検討の方は「高卒だから大手企業は無理かも…」と諦めず、自信をもって応募しましょう。「高卒で大企業に就職できる業界7選&職種4選 | 大手に就職する方法も解説」や「高卒の転職や再就職は難しい?おすすめ業種と大手の中途採用求人の見つけ方」でも同様のことを伝えていますよ。     高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 高卒者が大手企業からの内定を獲得するには、職種を選ぶ必要があります。では、どのような職種を選べばいいのでしょうか。職種を決める際は、下記の特徴があるものを選ぶといいでしょう。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ1】実力主義の職種 実力主義の職種は学歴を重視しません。人柄やスキルに重きをおきます。したがって、学歴を理由にして不採用になることはありません。高卒で大手企業への転職を成功させたい方は実力主義の職種を選びましょう。「高卒でも大手企業へ転職可能?転職するメリット5つやポイントを解説」でも同様のことを伝えていますよ。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ2】若い人材の採用に積極的 「若手積極採用!」「当社の将来を担う人材を募集!」などの記載がある場合、学歴を問わないことが多いです。これは大手企業でも同じ。もし採用条件に「大卒以上」などの記載があっても、面接を行ってくれる可能性があります。ですので、気になる企業があれば積極的に応募しましょう。実際に「高卒向けに大手企業の求人を紹介しているサイト」や「大手企業の求人を紹介しているサイト」では多くの大手企業で若手人材を求めていますよ。   【高卒の転職|大手企業に受かるコツ3】人手不足の業界を狙う 人手不足の業界は積極的に採用を行っています。そのため、大企業でも学歴を問わず募集しているケースが多いです。たとえば「建設業界」「IT業界」「医療・福祉業界」は深刻な人手不足に陥っているため、大企業への転職を成功させやすいですよ。大手企業への転職を成功させたい方は、人手不足の業界を狙いましょう。     高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 ここからは、大手企業への転職を目指す方に「おすすめの職種」をご紹介していきます。大手企業への転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1】プログラマー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種1つ目は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る仕事。未経験でも若ければポテンシャル採用してもらえる職種です。プログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって努力した分だけ評価されます。なお、現在IT業界は人手不足。そのため、未経験者を研修で育てる企業が多く、高卒・未経験でもポテンシャルさえあれば転職できますよ。「高卒も大手に転職できる職種11選!大企業で働くメリットや企業内の注意点」でも同様のことを述べています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2】Webデザイナー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種2つ目は『Webデザイナー』です。WebデザイナーとはWebに関するデザインを行う職種。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。Webデザイナーはプログラマーと同じく、職歴や学歴よりも実力を重視します。ですので、実力さえつければ高卒でも高収入を狙えますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3】Webライター 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種3つ目は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、職歴や学歴は問われません。ですので、高卒者でも問題なく転職できます。Webライターは近年、Web記事の他に「Kindle(キンドル)編集」「メルマガ執筆代行」など、仕事の幅が広がっております。ですので、幅広いジャンルの記事作成に携わることができますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4】土木作業員 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種4つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う職種。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は技術職のため、学歴よりも実力を重視します。ですから、高卒でも問題なく転職できますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5】施工管理 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種5つ目は『施工管理』です。施工管理とは、建設工事現場の監督として工事の全体に関する管理を行う仕事。ビルや大規模なマンションの建設現場、そして公共事業などで必要とされます。施工管理と聞くと、学歴が必要だと感じるかもしれませんが、基本的に問われません。建物や設備のルールを少しずつ覚えていけば大丈夫なので、高卒・未経験でも転職可能ですよ。「高卒で大企業に転職する方法を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6】長距離ドライバー 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種6つ目は『長距離ドライバー』です。長距離ドライバーとは、文字通り遠い場所(一般的に片道300km以上)まで荷物を運ぶ仕事。 場合によっては単に運ぶだけでなく、荷物をトラックへ搬入したり到着後に荷卸しを行ったりすることもあります。長距離ドライバーは運転免許さえあれば、学歴や経験は不要。未経験でも転職できますよ。なお、「高卒で大企業に転職できる?ポイントとコツを解説します」でも長距離ドライバーをおすすめしています。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7】介護職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種7つ目は『介護職』です。介護職とは、高齢者が安心して生活できるように、身の回りの世話や相談援助等の介護サービスを提供する仕事。主に介護保険施設や老人ホーム、通所介護事業所などで求人が出ております。介護職は人材不足のため、学歴やスキルは基本的に不問。業務のなかには資格が必要な場合もありますが、転職後に取得すれば大丈夫です。なので、自信をもって応募しましょう。なお、介護職の求人についてご興味のある方は「高卒向けに大手企業の求人を紹介しているサイト」や「大手企業の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8】営業職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種8つ目は『営業職』です。営業職とは、自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事。学歴やスキルより、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く、高卒でも転職がしやすい職種となっております。営業職は努力次第で高収入を得ることも十分に可能。なので、収入をあげたい方にぴったりの職種だといえるでしょう。なお、「高卒が大手企業に就職しやすい業種とは?ポイントや注意点もご紹介」でも営業職をおすすめしていますよ。   【高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9】販売職 大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う職種。コミュニケーション力さえあれば「学歴」を問われることはありません。販売職はアパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があり、なかには歩合制を導入している企業もあります。ですから、努力次第で高収入を狙えますよ。なお、「高卒で大手企業へ転職は現実的に難しい?厳しい就職活動に役立つおすすめサービス・エージェント」でも販売職をおすすめしていますので、ぜひご覧ください。     高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう リベンジャーズでは、通常の求人サイトでも掲載される一般求人に加え、一般には公開されていない「非公開求人」や「大手企業の求人」を数多くご用意しております。求人の中には「学歴不問」「未経験者歓迎」など、高卒でも応募できる企業が豊富にあります。リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに転職のサポートをしておりますので、転職活動を通じて 「人生を変えたい!」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方は、こちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職|大手企業に転職できる? 高卒の転職|大手企業に転職したい方は職種選びが大事! 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方におすすめの職種9選 高卒の転職|大手企業への転職を目指す方はリベンジャーズを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 高卒
  • 未経験
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
  • 仕事
  • 大手

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|ITエンジニアについて解説します

ITエンジニアに興味があるけど…。     仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒就職を考えている方に向けて「ITエンジニアの仕事内容」をご紹介していきます。記事の後半では「ITエンジニアのメリット」や「ITエンジニアに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|ITエンジニアとは? 高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容1】プログラマー 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容2】Webエンジニア 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容3】サーバーエンジニア 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容4】ネットワークエンジニア 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容5】インフラエンジニア 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容6】データベースエンジニア 【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容7】システムエンジニア 高卒の就職|ITエンジニアのメリット3つ 【高卒の就職|ITエンジニアのメリット1】仕事に困らない 【高卒の就職|ITエンジニアのメリット2】収入源を増やしやすい 【高卒の就職|ITエンジニアのメリット3】柔軟な働き方ができる 高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴1】継続的に学び続けることができる人 【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴2】新しい技術への好奇心が強い人 【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴3】自分で考えて行動できる人 まとめ   高卒の就職|ITエンジニアとは? まずは、ITエンジニアについてご説明します。ITエンジニアとは情報技術(Information Technology)の技術者たちの総称を指す職業。コンピューターを動かすためのシステムを設計するのが主な仕事です。エンジニアという言葉を聞くと「理系の人材がする仕事」だと感じますが、実際は違います。文系でもなりやすい職業です。なので、理系以外の方でもITエンジニアを目指すことは可能ですよ。   高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容 ITエンジニアは種類によって仕事内容が大きく異なります。ここでは、ITエンジニアの中で代表的な職種と仕事内容をご紹介しますね。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容1】プログラマー ITエンジニアの種類1つ目は『プログラマー』です。プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作る職種。ソフトウェアエンジニアとも呼ばれます。プログラマーは開発する案件に必要な「プログラミング言語」のスキルを身に付けていることはもちろん「テスト仕様書の作成」や「障害管理」など品質管理の知識も求められます。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容2】Webエンジニア ITエンジニアの種類2つ目は『Webエンジニア』です。Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションなどの設計や開発、運用や保守を担当する職種。Webの知識は他のエンジニアにも必要ですが、Webエンジニアには特に専門性が求められます。また、ネットワークやセキュリティ対策などの知識も必要になります。なお、Webエンジニアにご興味のある方は「Webエンジニアの求人を紹介しているサイト」や「ITエンジニアの求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容3】サーバーエンジニア ITエンジニアの種類3つ目は『サーバーエンジニア』です。サーバーエンジニアとは、サーバーシステムの設計や構築、運用、保守を専門とする職種。サーバーのOSやセキュリティに関する知識が求められます。サーバーエンジニアは、サーバーに何かしらの障害が生じた場合に原因を見つけ出し復旧作業を行ったりもします。ですので、サーバーエンジニアは、コンピューターシステムを陰ながら支える「重要な職種」だと言われておりますよ。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容4】ネットワークエンジニア ITエンジニアの種類4つ目は『ネットワークエンジニア』です。ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計・構築・運用・保守を行う職種。 ネットワークの設計作業では、セキュリティやOS、サーバーなどに関する幅広い知識が必要になります。ネットワークエンジニアは、ルーターやメールシステム、ファイアウォールといったネットワーク関連システムを担当し、ネットワークを不正アクセスから守るための「セキュリティ対策」も仕事に含まれますよ。なお、ネットワークエンジニアにご興味のある方は「高卒向けにITエンジニアを紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容5】インフラエンジニア ITエンジニアの種類5つ目は『インフラエンジニア』です。インフラエンジニアとは、サーバー構築やネットワーク管理、クライアント端末の設定などのITインフラを担当する職種。ITインフラの監視やメンテナンスが主な仕事になります。なお、もしITインフラに障害が起きた場合は、即座に原因を特定して復旧作業を行いますよ。なお、インフラエンジニアにご興味のある方は「高卒にインフラエンジニアをおすすめしているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容6】データベースエンジニア ITエンジニアの種類6つ目は『データベースエンジニア』です。データベースエンジニアとは、データベースを専門とする職種。主にデータベースの設計・開発や運用・保守を行いますよ。なお、データベースエンジニアにご興味のある方は「データベースエンジニアの求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容7】システムエンジニア ITエンジニアの種類7つ目は『システムエンジニア』です。システムエンジニアとは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わる職種。パソコン作業より「顧客との打ち合わせ」や「全体のスケジュール管理」など、営業的な仕事が中心になります。そのため、システムの知識だけでなく、高いコミュニケーション力が求められますよ。     高卒の就職|ITエンジニアのメリット3つ 続きましては、ITエンジニアを職業にした場合のメリットを3つご紹介します。ITエンジニアへの就職をご検討されている方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。なお、ITエンジニアのデメリットが知りたい方は「ITエンジニアの現実を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアのメリット1】仕事に困らない ITエンジニアのメリット1つ目は『仕事に困らない』です。IT技術は2000年以降、とどまることなく進歩と革新を続けており、今やIT技術を利用していない企業はありません。そのため、IT技術を支えているITエンジニアの需要が年々高まっております。今後もIT技術が発展し、それに対応できる技術者は必要になると思いますので、ITエンジニアは将来引く手あまたになることは間違いないでしょう。高卒向けにITエンジニアを紹介しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。   【高卒の就職|ITエンジニアのメリット2】収入源を増やしやすい ITエンジニアのメリット2つ目は『収入源を増やしやすい』です。ITエンジニアとして専門技術やスキルを持っていると、オンライン講師やリモート案件などの副業案件を獲得しやすい。そのため、ITエンジニアは収入源を増やしやすいですよ。「高卒向けにIT企業に入社後のキャリアを紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。   【高卒の就職|ITエンジニアのメリット3】柔軟な働き方ができる ITエンジニアのメリット3つ目は『柔軟な働き方ができる』です。ITエンジニアの仕事は正確さやクリエイティブさが求められるため、環境づくりに力を入れている企業が多いです(もちろん会社によりますが…)。そのため、出勤時間が自由に選べたり、リモートワークをしたりなど、比較的自由な働き方ができますよ。「高卒の僕がITエンジニアになるためにしたこと」でも同様のことを言っておりますので、ぜひご覧ください。     高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴3つ 最後に、ITエンジニアに向いている人の特徴を3つご紹介します。なお、ITエンジニアに求められるスキルが知りたい方は「高卒向けにITエンジニアの紹介をしているサイト」や「エンジニアに必要なスキルを紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴1】継続的に学び続けることができる人 ITエンジニアに向いている人の特徴1つ目は『継続的に学び続けることができる人』です。IT業界はもの凄い速さでアップデートが行われるため、常に学習する必要があります。ですので、ITエンジニアは「継続的に学び続けることができる人」に向いている仕事だと言えるでしょう。高卒向けにITエンジニアを紹介しているサイトでも同様のことを言っております。   【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴2】新しい技術への好奇心が強い人 ITエンジニアに向いている人の特徴2つ目は『新しい技術への好奇心が強い人』です。IT業界は技術の成長スピードが速い。頻繁に新しい「技術」や「ツール」が誕生します。そのため、新しい技術を身につけたり、学んだりするのが好きな人はIT業界で楽しく働けると思います。なお、IT業界の実情については「高卒でITエンジニアへの転職を成功させた方の記事」に詳しく書いておりますので、気になる方はご覧ください。   【高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴3】自分で考えて行動できる人 ITエンジニアに向いている人の特徴3つ目は『自分で考えて行動できる人』です。IT業界はコードのエラーや仕様の変更など、トラブルと向き合うことの多い業界。そのため、自分で考えて行動する力が求められます。なんでもすぐに人に頼ってはいけません。自分で考えて行動できる人は、問題が発生しても乗り越えられる「自走力」があるため、職場で重宝されますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|ITエンジニアとは? 高卒の就職|ITエンジニアの種類と仕事内容 高卒の就職|ITエンジニアのメリット3つ 高卒の就職|ITエンジニアに向いている人の特徴3つ 以上になります。  

  • 就職
  • 特徴
  • 高卒
  • スキル
  • 職種
  • エンジニア

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|受付の仕事とは?

受付の仕事に興味があるけど…。     仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒就職を考えている方に向けて「受付の仕事内容」をご紹介していきます。記事の後半では「受付の仕事で役立つ資格」や「受付に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、受付の給料事情について知りたい方は「受付の求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください   【目次】 高卒の就職|受付とは? 高卒の就職|受付に資格やスキルは必要ありません 高卒の就職|受付の仕事は男性でも大丈夫なの? 高卒の就職|受付の仕事内容とは? 【高卒の就職|受付の仕事内容1】来訪された方の応対 【高卒の就職|受付の仕事内容2】来訪者の情報登録や管理 【高卒の就職|受付の仕事内容3】代表電話やメールの対応 【高卒の就職|受付の仕事内容4】会議室の予約対応 【高卒の就職|受付の仕事内容5】備品管理などの庶務 高卒の就職|受付の種類3つ 【高卒の就職|受付の種類1】企業の窓口受付 【高卒の就職|受付の種類2】病院やクリニックの受付 【高卒の就職|受付の種類3】フィットネスクラブの受付 高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格2つ 【高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格1】秘書技能検定 【高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格2】MOS 高卒の就職|受付の仕事に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|受付に向いている人の特徴1】丁寧な応対ができる人 【高卒の就職|受付に向いている人の特徴2】人と接することが苦にならない人 【高卒の就職|受付に向いている人の特徴3】冷静に対応できる人 まとめ     高卒の就職|受付とは? まずは受付の仕事についてご説明します。受付とは、企業や病院などの施設で来客の応対をする仕事。ひと口に受付と言ってもたくさんの種類があります。受付は、来訪者と最初に接する場所のため「企業の顔」とも言われており、非常に重要なポジションです。そのため、基本的なビジネスマナーが求められますよ。     高卒の就職|受付に資格やスキルは必要ありません 基本的に、受付になるために「必要な資格」や「スキル」はありません。受付の求人は、入社時点でスキルを問われない場合が多く、未経験者を積極的に採用しております。そのため、高卒でもチャレンジしやすい職種となっておりますよ。受付への就職を考えている方は「大丈夫かな…」と余計な心配はせず、自信をもって応募しましょう。なお、採用までの流れを知りたい方は、高卒向けに「高卒採用のスケジュールの解説をしているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|受付の仕事は男性でも大丈夫なの? 一般的に受付の仕事は、女性しか就けないイメージがあります。しかし実際は違います。近年は男性スタッフしかいない、メンズ専門の「脱毛サロン」や「美容サロン」などがあるため、男性でも受付の仕事は可能です。男性だからといって諦める必要はありません。受付の仕事にご興味のある男性は「自分には無理かも…」と諦めず、根気強く探しましょう。なお「受付は営業よりラクそう…」と安易な考えで選ぶと、就職に失敗する可能性がありますので、仕事内容を把握してから応募してくださいね。なお、求人の見方が知りたい方は、高卒向けに「求人票の見方を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|受付の仕事内容とは? ここからは、受付の仕事内容をご紹介します。細かい点は、受付の種類によって異なります。ですから、受付全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|受付の仕事内容1】来訪された方の応対 受付の仕事1つ目は『来訪された方の応対』です。来訪者の応対は、受付の代表的な仕事。来訪者の出迎えから部署への取り次ぎ、館内の案内業務、送迎車の手配などを行います。なお、場合によってはお茶出しなどの業務も行いますよ。   【高卒の就職|受付の仕事内容2】来訪者の情報登録や管理 受付の仕事2つ目は『来訪者の情報登録や管理』です。受付では、来訪者の氏名や企業名、来訪目的などの情報を登録・管理します。受付では、セキュリティに関わる備品を貸し出す場合も多いため、来訪者の情報管理は非常に重要な業務ですよ。   【高卒の就職|受付の仕事内容3】代表電話やメールの対応 受付の仕事3つ目は『代表電話やメールの対応』です。代表電話や代表メールアドレスの対応も受付の仕事。電話対応をする際は、相手の名前・要望を間違えないように聞き、しかるべき部署に取り次ぎます。なおメール対応は、相手方の業界によってはメールマナーに独特の慣習がありますので、臨機応変な対応が求められますよ。   【高卒の就職|受付の仕事内容4】会議室の予約対応 受付の仕事4つ目は『会議室の予約対応』です。会議室の手配や予約情報の管理も受付の仕事。会議室の予約は単に予約をするだけに思えますが、注意が必要。なぜなら、ダブルブッキングなどのミスをすると、複数人の業務に支障が出るからです。会議室の予約はミスがないように気をつけましょう。   【高卒の就職|受付の仕事内容5】備品管理などの庶務 受付の仕事5つ目は『備品管理などの庶務』です。受付では「備品の発注」や「貸し出しと返却対応」など、庶務の業務を行うことがあります。さらに企業によっては、社内の掃除などの美化管理を行う場合もありますよ。     高卒の就職|受付の種類3つ 次に受付の種類を3つご紹介します。主な種類は以下の通りです。なお、受付の種類について詳しく知りたい方は「高卒向けに受付の種類を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|受付の種類1】企業の窓口受付 受付の種類1つ目は『企業の窓口受付』です。来訪者の手続きや情報登録、担当社員への取り次ぎを行います。企業の窓口受付は、まさに「企業の顔」。そのため、適切なビジネスマナーが求められますよ。なお、企業の窓口受付にご興味のある方は「企業受付の求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒の就職|受付の種類2】病院やクリニックの受付 受付の種類2つ目は『病院やクリニックの受付』です。病院やクリニックの受付では、主に来院した患者さんから保険証をお預かりし、受診科の案内を行います。病院・クリニックの受付は、患者様に安心感を得られるよう「ホスピタリティをもった対応」が必要になりますよ。なお、病院やクリニックの受付にご興味のある方は「病院やクリニックの受付の求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒の就職|受付の種類3】フィットネスクラブの受付 受付の種類2つ目は『フィットネスクラブの受付』です。フィットネスクラブの受付では、来館したお客様の各種手続きを行います。具体的には「入会の申し込み対応」や「見学案内」などですね。なお、フィットネスクラブでは、受付業務がないときに「施設内の掃除」をやる場合もありますよ。なお、フィットネスクラブの受付にご興味のある方は「受付の求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。     高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格2つ 受付の仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格1】秘書技能検定 受付の仕事で役立つ資格1つ目は『秘書技能検定』です。秘書検定は、公益財団法人 実務技能検定協会が実施する民間資格。この資格は秘書のことだけでなく、一般常識やビジネスマナーなど、社会で必要とされる問題も出題されます。ですから、この資格を持っていると基本的なビジネスマナーを身につけている証明ができますよ。   【高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格2】MOS 受付の仕事で役立つ資格2つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。ですので、MOSを取得するだけで「オフィスソフトのスキル」があることを証明できますよ。     高卒の就職|受付の仕事に向いている人の特徴3つ 受付はどのような人に向いてる仕事なのでしょうか。最後に、受付に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|受付に向いている人の特徴1】丁寧な応対ができる人 受付に向いている人の特徴1つ目は『丁寧な応対ができる人』です。受付は企業や施設のイメージを左右する存在です。受付の対応が企業のイメージを決めると言っても過言ではありません。そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。丁寧な応対ができる人は受付に向いていると言えるでしょう。   【高卒の就職|受付に向いている人の特徴2】人と接することが苦にならない人 受付に向いている人の特徴2つ目は『人と接することが苦にならない人』です。受付は日々多くの人と接する仕事です。企業規模や業種によっても変わりますが、1日に数百人以上の対応を迫られるケースもあります。ですので、受付の仕事は「人と接することが苦にならない人」に向いていると言えるでしょう。   【高卒の就職|受付に向いている人の特徴3】冷静に対応できる人 受付に向いている人の特徴3つ目は『冷静に対応できる人』です。受付は「飛び込み営業」や「クレームの対応」をすることもあります。イレギュラーな事態は日常茶飯事です。そのため、イレギュラーなケースでも冷静に対応ができる人は受付に向いている人と言えるでしょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|受付とは? 高卒の就職|受付に資格やスキルは必要ありません 高卒の就職|受付の仕事は男性でも大丈夫なの? 高卒の就職|受付の仕事内容とは? 高卒の就職|受付の種類3つ 高卒の就職|受付の仕事で役立つ資格2つ 高卒の就職|受付の仕事に向いている人の特徴3つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 特徴
  • 高卒
  • スキル
  • 職種
  • 資格
  • 給料
  • 受付
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する