新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒の就職|企画職について解説します
2022.07.06

高卒の就職|企画職について解説します

高卒
  • 就職
  • 特徴
  • 高卒
  • 求人
  • 職種
  • 資格

企画職に興味があるけど…。    
仕事内容がわからない。

このような疑問にお答えします。

この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「企画職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「企画職に向いている人の特徴」や「企画職で役立つ資格」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、高卒で就職しやすい職種について知りたい方は「高卒向けの仕事とは?就職しやすい職種4選&業種6選!」をご覧ください。

 


【目次】
高卒の就職|企画職とは?
高卒の就職|企画職の仕事内容とは?
【高卒の就職|企画職の仕事内容1】商品企画
【高卒の就職|企画職の仕事内容2】マーケティング
【高卒の就職|企画職の仕事内容3】営業企画
【高卒の就職|企画職の仕事内容4】広報・PR
高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3つ
【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴1】コミュニケーション能力が高い人
【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人
【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3】説明がうまい人
高卒の就職|企画職で役立つ資格3つ
【高卒の就職|企画職で役立つ資格1】販路コーディネーター
【高卒の就職|企画職で役立つ資格2】商品プランナー
【高卒の就職|企画職で役立つ資格3】MOS
高卒の就職|おすすめの企画職はイベント企画です
高卒の就職|企画職を目指す方へ
まとめ

 

 

高卒の就職|企画職とは?

高卒の就職|企画職とは?

まずは、企画職についてご説明します。企画職とは、新しい商品やサービスの「企画立案」を行ったり、宣伝して世間に広めたりする仕事です。企画職の定義は会社によって異なるため一概にいえませんが、一般的に企画職と呼ばれる仕事は「商品企画」「広報・PR」「営業企画」になります。企画職には「新しい商品を生み出す企画を考える」「マーケティングをする」など、様々な仕事があるため、業務によって求められる能力が大きく異なりますよ。企画職について詳しく知りたい方は「高卒向けに企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

高卒の就職|企画職の仕事内容とは?

高卒の就職|企画職の仕事内容とは?

ここからは、企画職の仕事内容をご紹介します。細かい点は組織の業務区分、企業規模によって異なります。ですので、企画職全般に共通する「仕事内容」だけをご紹介しますね。なお、企画職の仕事内容について詳しく知りたい方は「高卒向けに企画職を紹介しているサイト」、もしくは「高卒向けに企画営業職を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

【高卒の就職|企画職の仕事内容1】商品企画

企画職の仕事1つ目は『商品企画』です。商品企画は、その名の通り「商品をつくり出す」仕事です。業種によって「誰に」「何を」売るかは違いますが、共通しているのは、世の中の流れやニーズを読み取り、売れる商品を企画して送り出すということです。商品企画は会社が売りたいものではなく、売れるものを企画しなければいけません。ですので、単にアイデアが出せればいいという仕事ではありませんよ。

 

【高卒の就職|企画職の仕事内容2】マーケティング

企画職の仕事2つ目は『マーケティング』です。マーケティングとは、簡単に言うと「売れる仕組みを作ること」。世の中のニーズや消費者の傾向、価格設定などを調査してデータ収集した上で、それらにフィットする「売り方」を解析。そして企画職や営業職に宣伝広告や販促の方法を提案します。マーケティングでは、統計学やマーケティング理論などの知識を要するため、企画職を目指す方は事前に学習しておくといいでしょう。マーケティングについて詳しく知りたい方は「高卒向けに商品企画・マーケティング職を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

【高卒の就職|企画職の仕事内容3】営業企画

企画職の仕事3つ目は『営業企画』です。営業企画は、営業活動が効率的に進むように、社内の営業社員をサポートします。具体的には、営業社員の負担を減らすために「売上数値の分析」や「顧客向け資料の作成」、また営業社員のモチベーションアップのための表彰制度の策定などを行います。

 

 

【高卒の就職|企画職の仕事内容4】広報・PR

企画職の仕事4つ目は『広報・PR』です。広報・PRも会社によっては企画職の仕事です。広報・PRとは、生み出した商品やサービスを世の中に広める仕事。ターゲットや予算に応じた効果的な広告方法を考えます。なお、広告・PRの仕事は広告が世に出たら終わりではなく「その広告にはどの程度効果があったのか」という広告効果の測定を行い、それ以降の企画に活用していく必要がありますよ。「高卒向けに企画職を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3つ

高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3つ

企画職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、企画職に向いている人の特徴を3つご紹介します。

 

【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴1】コミュニケーション能力が高い人

企画職に向いている人の特徴1つ目は『コミュニケーション能力が高い人』です。企画職はチームやプロジェクト単位で仕事をする機会が多い仕事。社内外の様々な人との調整が必要です。たとえば、生産に関係する部署と打ち合わせをしたり、予算の相談のために経理部に掛け合ったりなど、頻繁に外部関係者とのミーティングが行われます。企画職は、営業以上に高度なコミュニケーション能力が要求されると言っても過言ではないでしょう。

 

【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人

企画職に向いている人の特徴2つ目は『トレンドを敏感に追える人』です。企画職はその分野のトレンドを把握して、施策を考える必要があります。そのため、世の中の動きに詳しくなければいけません。企画職は今のトレンドを押さえることはもちろん「この先の社会がどうなるか」といったことを先読みして考える必要もあります。このようなことから、トレンドを敏感に追える人は企画職に向いているといえるでしょう。

 

【高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3】説明がうまい人

企画職に向いている人の特徴3つ目は『説明がうまい人』です。企画職は考案したアイデア・企画を上司やクライアントに伝えなければいけません。そのため、難しい内容や専門的な話を、わかりやすい表現に置き換えて伝える能力も必要です。説明がうまい人は企画職に向いているといえるでしょう。

 

 

高卒の就職|企画職で役立つ資格3つ

高卒の就職|企画職で役立つ資格3つ

続きましては、企画職として働くうえで役立つ資格を3つご紹介します。企画職を目指す方は、この内容を参考にして勉強に励みましょう。

 

【高卒の就職|企画職で役立つ資格1】販路コーディネーター

企画職で役立つ資格1つ目は『販路コーディネーター』です。販路コーディネーターは、「日本販路コーディネーター協会」が認定する資格。資金調達に関する経営支援・市場調査・商品開発・商品企画・販路開発・販売戦略立案・販売促進ツール制作など、企画職に必要な知識を総合的に身につけられます。ですので、企画職として企業で働く際にとっても役立ちます。

 

【高卒の就職|企画職で役立つ資格2】商品プランナー

企画職で役立つ資格2つ目は『商品プランナー』です。商品プランナーは「日本商品開発士会」が認定する資格。商品を企画する・広める・改善するためにはどうすればよいのかという基礎知識を研修で学ぶことができます。ですので、企画職として企業で働く際にとっても役立ちますよ。なお、さらに上位の資格として「商品開発士」「商品開発コーディネーター」がありますので、時間に余裕のある方はこちらの資格も取得するといいでしょう。

 

【高卒の就職|企画職で役立つ資格3】MOS

企画職で役立つ資格3つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。ですので、MOSを取得するだけで「オフィスソフトのスキル」があることを証明できますよ。企画職ではプレゼン資料を作ったり、工程表をつくったりなど、他部署以上にパソコンを多用します。そのため、オフィスソフトが使えないと仕事についていけませんよ。

 

 

高卒の就職|おすすめの企画職はイベント企画です

高卒の就職|おすすめの企画職はイベント企画です

高卒を積極的に採用していることが多い企画職のひとつに「イベントの企画スタッフ」があります。 イベントの企画スタッフは、イベントの打ち合わせから企画・立案、宣伝・広告、会場設営、イベント当日のスムーズな進行まで、クライアントの要望に合わせて様々な仕事をします。イベントの仕事は、現場での作業が非常に多いため、比較的若くて体力のある人材が重宝されます。ですので、高卒でも大丈夫。やる気と体力さえあれば採用してもらえますよ。なお、イベントの企画スタッフについて詳しく知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」、もしくは「高卒向けに企画営業職を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

高卒の就職|企画職を目指す方へ

就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として就職エージェントをつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒の就職|企画職とは?
高卒の就職|企画職の仕事内容とは?
高卒の就職|企画職に向いている人の特徴3つ
高卒の就職|企画職で役立つ資格3つ
高卒の就職|おすすめの企画職はイベント企画です
高卒の就職|企画職を目指す方へ

以上になります。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|ホールスタッフについて解説します

ホールスタッフに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「ホールスタッフの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「ホールスタッフの仕事で役立つ資格」や「ホールスタッフに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ まとめ     高卒の就職|ホールスタッフとは? まずはホールスタッフの仕事についてご説明します。ホールスタッフとは、居酒屋やファミリーレストラン、喫茶店といった飲食店で接客をする仕事。業態や店舗によって少し業務内容は異なりますが、一般的には「お客様の案内」「注文をうかがう」「料理の提供」などを行います。飲食店のホールスタッフは調理スタッフとは違い、お客さまと直に接することになるため「正しい言葉遣い」や「清潔感のある身だしなみ」が要求されますよ。なお、ホールスタッフについて詳しく知りたい方は「ホールスタッフ(レストラン)職業詳細」をご覧ください。       高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 飲食店は慢性的な人手不足であることから、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。昨年はコロナウイルスの影響により求人数が減りましたが、今ではアフターコロナを見越して、多くの企業で「人手不足対策」へのかじ取りを始めております。そのため、現在は未経験者を歓迎する求人がたくさんあります。未経験歓迎の求人にご興味のある方は「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」や「学生向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? ここからは、ホールスタッフの仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く店舗の規模や体制によって異なります。ですので、ホールスタッフ全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容1】お客様に席を案内する ホールスタッフの仕事1つ目は『お客様に席を案内する』です。まずは、来店したお客様を席に案内します。お客様を席に案内した後は、お客様がメニュー表を見てどれを注文するか決めるのを待ちながら、他の業務をこなしますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容2】注文をうかがう ホールスタッフの仕事2つ目は『注文をうかがう』です。注文が決まると、ベルを押したり声をかけられたりするので、お客様のところへ行って注文を聞きます。そして、それを厨房にいる調理スタッフに伝えます。なお、店舗によっては専用の端末を使って伝えるところもありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容3】料理の提供・説明 ホールスタッフの仕事3つ目は『料理の提供・説明』です。調理スタッフが注文されたメニューを作り終えたら、今度は客席に運びます。この時、料理について質問されることがありますので、各メニューの食材、味付けなどは覚えておく必要がありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容4】レジ打ち ホールスタッフの仕事4つ目は『レジ打ち』です。ホール業務にある程度慣れてくると、レジ打ちを任される場合があります。レジ打ちはお客様をお待たせしないスピードと、操作ミスや現金の数え間違いをしない正確さが求められます。近年は無人レジも増えてきておりますが、いまだにホールスタッフが行っている店舗も数多くありますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容5】片付け ホールスタッフの仕事5つ目は『片付け』です。お客様が帰られたら、食器類を片付け、テーブルの上を綺麗に拭いて、椅子やメニュー表などを元の位置に戻します。なお、床の汚れや醤油など調味料の残量をチェックし、次のお客様を迎えられる状態にするまでがホールスタッフの役割ですよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容6】雑務 ホールスタッフの仕事6つ目は『雑務』です。雑務に関しては「備品の発注」や「スタッフのシフト管理」「店内のレイアウト」など、店舗によってバラバラです。雑務はホールスタッフの仕事ではないように思いますが、一生懸命取り組むと必ず感謝されます。ですから「これもホールスタッフの仕事なの?」と疑問に思わず、頑張って取り組みましょう。       高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ ホールスタッフの仕事に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格1】レストランサービス技能検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格1つ目は『レストランサービス技能検定』です。レストランサービス技能検定とは、レストランなどで「お客様に満足感を得てもらうために最低限必要とされる」接客の技能を認定する国家資格。ウェイター、ウェイトレス、ホテルマンなど、西洋料理を提供する者の技術、地位向上のために設けられたものになります。レストランサービス技能検定を取得していると、テーブルマナー、公衆衛生・安全管理などの飲食店にまつわるサービススキルを証明できますよ。なお、レストランサービス技能検定については「高卒も飲食業界に転職できる?求人の選び方や有利になる資格を徹底検証!」でもおすすめしております。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格2】接客サービスマナー検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格2つ目は『接客サービスマナー検定』です。接客サービスマナー検定は、接客サービス業で必要とされる接客・接遇の能力をトータルで判定する検定試験。取得することによって立ち居振る舞いや高度な接客サービスを習得でき、お客様に満足していただけるサービスの提供につなげることができます。近年は、ホールスタッフへの就職にも役立つ検定として、学生の受検者も増えていますよ。   【高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3】サービス接遇検定 ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ目は『サービス接遇検定』です。サービス接遇検定とは、サービスを提供する「ホテルの従業員」や品物を販売する「ショップの従業員」など、あらゆる業界のサービス接遇業務全般に活かせる資格。敬語やマナーといった接客業の基礎的な内容から、顧客心理の理解を深めるような専門的な内容まで学べます。なお、サービス接遇検定は、1級~3級までありますよ。     高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ ホールスタッフは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、ホールスタッフに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴1】接客が好きな人 ホールスタッフに向いている人の特徴1つ目は『接客が好きな人』です。ホールスタッフの主な仕事は接客です。そのため「人と話すことが好きな方」や「接客が好きな方」に向いている仕事だといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴2】食に関心がある人 ホールスタッフに向いている人の特徴2つ目は『食に関心がある人』です。食に関心があるからこそ、お客様に料理の良さを伝えたり、おすすめの食べ方を提案したりできます。たとえ料理ができなかったとしても、食に関心があることは重要です(食べることが好きでもOKです)。食に関心がある人は、ホールスタッフに向いているといえるでしょう。「高卒向けにホールスタッフの仕事を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。     【高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人 ホールスタッフに向いている人の特徴3つ目は『丁寧な応対ができる人』です。ホールスタッフは店舗のイメージを左右する存在です。ホールスタッフの対応が店舗のイメージを決めると言っても過言ではありません。そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。丁寧な応対ができる人はホールスタッフに向いていると言えるでしょう。       高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。ホールスタッフへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに就職のサポートをしております。「就職活動ってどうするの?」「何から準備していいかわからない…」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|ホールスタッフとは? 高卒の就職|ホールスタッフは未経験歓迎の求人が豊富です 高卒の就職|ホールスタッフの仕事内容とは? 高卒の就職|ホールスタッフの仕事で役立つ資格3つ 高卒の就職|ホールスタッフに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|ホールスタッフを目指す方へ 以上になります。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • ホールスタッフ

10/

07

2021

高卒

高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種

  就職したいけど…。 高卒だから難しい。それに何の資格もないし…。 このような悩みを抱えている高卒の方はいませんか? 「高卒が応募できる求人は限られている…」「高卒は書類選考で落とされる…」「高卒・資格なしだと就職は難しい…」など、高卒で就職を考えている人のなかには、思い通りにいかず、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな高卒の方に向けて『資格なしでも応募できる職種』をご紹介していきたいと思います。この記事では、資格なしでも応募できる職種と併せて「求人を探すときのポイント」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!         【目次】 高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種をご紹介する前に 高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント3つ 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し1】業界を絞りすぎない 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し2】就職エージェントを活用する 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し 3】企業研究を徹底する 高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9選 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種1】Web系エンジニア 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種2】保育補助 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種3】営業職 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種4】コールスタッフ 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種5】Webライター 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種6】システムエンジニア 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種7】販売職 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種8】土木作業員 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9】webデザイナー まとめ         高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種をご紹介する前に   資格なしでも応募できる職種をご紹介する前に、まずは大切なことをお伝えします。 それは「採用において資格を重視する企業は少ない」ということです。というのも、高卒で就職をする場合、中途採用とは違って即戦力よりも将来性を重視する傾向が強い。なので、資格がなくても就職活動が不利になることはありません(税理士や教師などの特殊な職種は除く)。 ですから「自分には学歴も資格もない」といって、落ち込まないようにしてください。企業は資格よりも、あなたの人柄や熱意、可能性を重視していますよ。       高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント3つ   続きましては、資格なしでも応募できる求人探しのポイントを3つご紹介します。このポイントを意識すれば就職活動がラクになりますよ。         【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し1】業界を絞りすぎない 高卒が資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント1つ目は『業界を絞りすぎない』です。 当たり前のことですが、業界を絞り過ぎると、選考の機会が少なくなります。 ですから、はじめから業界を絞り過ぎず、広い視野を持って仕事を探すようにしましょう。そうすれば、自分に合う求人が見つかりやすくなりますよ。     【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し2】就職エージェントを活用する 高卒が資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント2つ目は『就職エージェントを活用する』です。 就職エージェントとは、アドバイザーがカウンセリングをして、一人ひとりに合った求人を紹介してくれるサービス。 アドバイサーが、あなたにぴったりの仕事を探してくれます。なので、1人でやみくもに求人を見るより、効率よく就職活動ができますよ。     【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し 3】企業研究を徹底する 高卒が資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント3つ目は『企業研究を徹底する』です。 資格がない場合、応募先の業界や企業に関する知識が多ければ、採用担当者に志望度が高いと思ってもらえます。 なので、高卒・資格なしの方は企業研究を徹底的に行うようにしてください。そうすれば、あなたの熱意が伝わり、採用担当者に好印象を与えることができますよ。         高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9選   それでは、資格なしでも応募できる職種を9つご紹介します。ぜひこの内容を参考にして、就職活動に励んでくださいね。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種1】Web系エンジニア 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の1つ目は『Web系エンジニア』です。Web系エンジニアとは、Web上で動作するシステムやアプリケーションなどのサービスを開発する仕事。Web系エンジニアは、一見すると「資格が必要な仕事なのでは?」と思うかもしれませんが、資格はいりません。なぜなら、資格よりも実務経験が重視される仕事だからです。といっても、20代前半であれば未経験でもOKの場合が多い。入社してからスキルを身につければ問題ありません。ですから、Web系エンジニアは高卒・資格なしでも応募できる職種だと言えるでしょう。高卒の就職について解説しているサイトでも、Web系エンジニアをおすすめしておりますよ。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種2】保育補助 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の2つ目は『保育補助』です。保育補助とは、保育現場において保育士のサポート的な役割をする仕事。保育士になるには「保育士免許」が必要ですが、保育補助はあくまでサポート。そのため「保育士免許」を取得する必要がありません。保育園は現在、どこも人手不足に悩まされています。ですから、保育補助の仕事は狙い目ですよ。ちなみに、最近は保育士免許取得のサポートをしてくれる保育園も増えています。なので、まずは保育補助からスタートして、自分に適性があると感じらたら保育士を目指す、といったこともできますよ。     【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種3】営業職   資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の3つ目は『営業職』です。営業職とは、自社商品やサービスなどの購入を促進して契約を取りつける仕事。学歴やスキルより、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く「高卒・資格なし」でも就職がしやすい職種となっております。営業職は努力次第で高収入を得ることも十分に可能。なので、収入をあげたい高卒の方にぴったりの職種だと言えるでしょう。高卒の女子に向けて、職種の紹介をしているサイトでも、営業職をおすすめしておりますよ。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種4】コールスタッフ 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の4つ目は『コールスタッフ』です。コールスタッフとは、電話やチャットなどでお客様からの問合せを受けたり、注文に対応したりする仕事。基本的な「コミュニケーション力」と「ヒアリング力」さえあれば「高卒・資格なし」でも問題ありません。コールスタッフは、デスクワークが中心なので、体力に自信がない人におすすめの仕事ですよ。     【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種5】Webライター 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の5つ目は『Webライター』です。Webライターとは、Webサイト上の文章を書く仕事。基礎的な国語力さえあれば、「高卒・資格なし」でも問題ありません。ただし、注意点がひとつ。それは、Webライターは雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイト上の文章を書くため、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められる、ということです。なので、小説家みたいに「素敵な文章を書きたい!」っていう人には、あまりおすすめしません。ご注意ください。     【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種6】システムエンジニア   資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の6つ目は『システムエンジニア』です。システムエンジニアとは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わる仕事。主にパソコンを使っての作業が中心になります。といっても、ずっと画面にへばりついているわけではありません。システムエンジニアは「顧客との打ち合わせ」や「全体のスケジュール管理」など営業的な仕事が多い。そのため、高いコミュニケーション力が求められます。ちなみに、こちらもWeb系エンジニアと同様、20代前半であれば資格やスキルは求められません。なので「高卒・資格なし」でも応募できますよ。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種7】販売職 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の7つ目は『販売職』です。販売職とは、商品の販売やサービス提供を行う仕事。コミュニケーションスキルさえあれば、就職できるため、「高卒・資格なし」でも問題ありません。販売職はアパレル、家電量販店、携帯ショップなどたくさんの種類があります。そのため、求人数が多いのも特徴のひとつですよ。高卒の就職について解説しているサイトでも、販売職をおすすめしております。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種8】土木作業員 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の8つ目は『土木作業員』です。土木作業員とは、建設現場や道路整備、河川工事など、さまざまな場で土木工事を行う仕事。ときには、土砂崩れや洪水などの自然災害による復旧工事を行う場合もあります。土木作業員は経験を積むと、資格をとる必要性が出てきますが、見習いのとき必要ありません。なので「高卒・資格なし」でも応募できますよ。高卒の就職について解説しているサイトでも、土木作業員をおすすめしております。       【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9】webデザイナー 資格なしでも応募できる、高卒就職におすすめの職種の9つ目は『webデザイナー』です。Webデザイナーとは、Webに関するデザインを行う仕事。クライアントの要望を聞き、それを叶えるためには「どのようなWebサイトが望ましいのか」を考えます。具体的には、見た目の「デザイン」を含め、使い勝手やWebサイトへの情報追加・更新のやりやすさなど、すべてを「設計」するって感じです。webデザイナーは、Web系エンジニアと同様、20代前半であれば資格やスキルは求められません。なので「高卒・資格なし」でも応募できますよ。         まとめ     では、これまでの内容をまとめると   高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種をご紹介する前に 高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人を探すときのポイント3つ 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し1】業界を絞りすぎない 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し2】就職エージェントを活用する 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる求人探し 3】企業研究を徹底する 高卒の就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9選 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種1】Web系エンジニア 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種2】保育補助 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種3】営業職 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種4】コールスタッフ 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種5】Webライター 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種6】システムエンジニア 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種7】販売職 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種8】土木作業員 【高卒就職におすすめの仕事!資格なしでも応募できる職種9】webデザイナー 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • 求人
  • エージェント
  • おすすめ
  • 職種
  • 仕事
  • 資格なし

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|介護士について解説します

介護士に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「介護士の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「介護士を目指す方におすすめの資格」や「介護士に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|介護士とは? まずは「介護士」についてご説明します。介護士とは、介護のお仕事に就いている人を指す総称。「介護士」という資格があるわけではなく、介護の仕事に従事している方であれば誰でも名乗ることができます。そのため、一般的に介護士と言えば、介護施設で介護のお仕事に従事している人や訪問介護サービスにおいて「身体介護」や「生活援助」などを行うホームヘルパー、または訪問介護員を指すことが多いですよ(介護職員、介護スタッフなどと呼ばれることもあります)。なお、介護業界について知りたい方は「高卒で介護業界に就職した方の記事」をご覧ください。     高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒からでも介護士になることは可能です。介護の仕事では、基本的に学歴は必須項目ではないことがほとんどです。なので、学歴を理由にして諦める必要はありません。介護士にご興味のある方は「私には無理かも…」と決めつけず、勇気を出して応募してみましょう。なお、高卒から介護士を目指す方法については「高卒から介護士になるには?介護福祉士の目指し方とおすすめルートを紹介」、もしくは「高卒向けに介護の仕事を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 総務省が発表した「高齢者の人口の統計」によると65歳以上の高齢者は3640万人となり、過去最多となっております(2021年9月15日時点)。また総人口に占める割合は29.1%。こちらも過去最高です。このように、我が国では年々「高齢化率」が上昇し続けております。そのため、これから介護ニーズがさらに高まり、介護士の活躍する機会が増えると考えられるでしょう。なお現在、介護業界は慢性的な人手不足のため、未経験者を積極的に受け入れる傾向にあります。そのため、未経験者を歓迎する求人が豊富です。実際に「高卒向けに介護士の求人を紹介しているサイト」では未経験者歓迎の求人がたくさんありますよ。       高卒の就職|介護士の仕事内容について ここからは、介護士の仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く施設の形態や性格によって違いがあります。ですので、介護士のメインの仕事「三大介助」について解説しますね。 ※三大介助とは食事介助・入浴介助・排泄介助という3つの介助を指します。三大介助は、身体介護の基本と位置づけられており、体の不自由な高齢者が生活を送るうえで必要不可欠な介護となっております。詳しくは下記をご覧ください。   【高卒の就職|介護士の仕事内容1】食事介助 介護士の仕事1つ目は『食事介助』です。食事介助とは、文字通り食事の介助をすること。主に「食事の準備」や「調理・配膳・下膳・後片付け」「食後の口腔ケア」が食事介助の仕事内容になります。食事介助では全面的な摂食介助のみならず「一部介助」や「見守り介助」など、一人ひとりの摂食能力に合わせた補助を行います。なお、その方の状態に合わせて、美味しく楽しく食事が続けられるように助言やサポートを行うことも食事介助の一部とされております。   【高卒の就職|介護士の仕事内容2】排泄介助 介護士の仕事2つ目は『排泄介助』です。排泄介助とは、文字通り排泄の介助をすること。主に「トイレへの移動」や「衣服の着脱」「排泄の手伝い」「おむつの交換」「排泄物の確認」「後始末」などが排泄介助の仕事内容になります。排泄介助では、人としての尊厳を損なわないように注意をすることが重要です。そのため、介助が必要ない方の場合は「便器への移動後にその場から離れる」「排泄物のにおいや量に関して話さない」など、要介護者さまが快適に過ごせるように工夫する必要があるでしょう。   【高卒の就職|介護士の仕事内容3】入浴介助 介護士の仕事3つ目は『入浴介助』です。入浴介助とは、文字通り入浴の介助をすること。主に「入浴の準備」や「衣類の着脱」「身体・洗髪の洗浄」「身体の清服」などが入浴介助の仕事内容になります。入浴介助は、介護士さんが全身の状態を観察できるため、健康状態の把握にとっても役立ちますよ。     高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 介護士として働くのに、特別な資格は必要ありません。しかし、資格がないと介護士としての技術を使う、専門的なお仕事ができない場合があります。ですから、将来にわたって介護士として活躍したいと考えるならば、自身のキャリアや能力に応じた資格を取得しましょう。以下、介護の仕事に関連する「代表的な資格」です。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格1】介護職員初任者研修 介護士を目指す方におすすめの資格1つ目は『介護職員初任者研修』です。介護職員初任者研修とは、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正後からスタートした資格。介護の仕事に全く従事したことがない方でも理解が出来る「講義」と、実際に身体を動かす「実技演習」により介護業務に必要な基礎知識・技術などを身につけることができます。介護職員初任者研修は、数ある介護資格の中で最も取得しやすいと言われております。ですので、これから介護の仕事を始める人におすすめの資格だといえるでしょう。「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」や「介護士の仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格2】介護福祉士実務者研修 介護士を目指す方におすすめの資格2つ目は『介護福祉士実務者研修』です。介護福祉士実務者研修は、質の高い介護サービスを安定的に提供していくことを目標に、基本的な介護提供能力の修得を目的とした資格。介護士として働くうえで必要な「介護過程の展開」や「認知症等」について学ぶことができます。そのため、実務者研修課程を修了することで、介護に関する専門的な知識と実践的な技術を習得でき、より質の高い介護サービスを提供できるようになりますよ。介護福祉士実務者研修について詳しく知りたい方は「高卒者向けに介護職の志望動機例を紹介!やる気があれば学歴は関係ない」をご覧ください。   【高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3】介護福祉士 介護士を目指す方におすすめの資格3つ目は『介護福祉士』です。介護福祉士とは、介護に係る一定の知識や技能を習得していることを証明する資格。介護の世界には資格がたくさんありますが、介護福祉の専門職である「介護福祉士」が唯一の国家資格になります。ですから、介護福祉士の資格を取得していると大いに活躍できますよ。介護福祉士の資格について詳しく知りたい方は「高卒で介護福祉士を目指す方法は?」、もしくは「高卒で介護福祉士になるには?最短で資格を取る方法や学歴による待遇の差も解説」や「介護福祉士は高卒でも取れるのか」をご覧ください。       高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 介護士は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、介護士に向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴1】体力に自信がある人 介護士に向いている人の特徴1つ目は『体力に自信がある人』です。介護士は力仕事が多く、夜勤などの不定期なシフト勤務になることも多々あります。そのため、体力に自信がある人でないと続きません。体力に自信があり、健康な人は介護士に向いているといえるでしょう。「高卒から介護職を目指している人へ!知っておきたい介護職の特徴!」でも同様のことを述べております。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴2】観察力がある人 介護士に向いている人の特徴2つ目は『観察力がある人』です。介護士は、介助を行いながら利用者の「体調」や「精神状態」の変化に気づき、適切な対応をする必要があります。そのため、わずかな変化も見逃さない観察力が求められます。観察力がある人は介護士に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3】コミュニケーション能力が高い人 介護士に向いている人の特徴3つ目は『コミュニケーション能力が高い人』です。介護現場では、利用者さまとのコミュニケーションが非常に重要。話しやすいスタッフだと認識されることで、信頼関係の構築にも繋がります。介護サービスを利用する高齢者の中には、介護士との会話を楽しみにしている方も多くいますので、コミュニケーション能力が高い人は活躍できますよ。コミュニケーション能力が高い人は、介護士に向いているといえるでしょう。     高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。介護士への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|介護士とは? 高卒の就職|介護士に学歴は関係ありません 高卒の就職|介護士は将来性がある仕事です 高卒の就職|介護士の仕事内容について 高卒の就職|介護士を目指す方におすすめの資格3選 高卒の就職|介護士に向いている人の特徴3つ 高卒の就職|介護士を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 未経験
  • 職種
  • 資格
  • 介護士
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する