新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 学歴や社会人経験のない高卒が転職成功するための方法とは?
2022.07.06

学歴や社会人経験のない高卒が転職成功するための方法とは?

高卒
  • 転職
  • 面接
  • サイト
  • 高卒
  • エージェント
  • 未経験
  • 仕事
  • 学歴

転職したいけど…。学歴や社会人経験がないから不安。
高卒でも転職できるの?

このように悩む方も多いのではないでしょうか。

学歴や社会人経験がない高卒は、転職活動に不安を抱えてしまいますよね。
この記事では、そんな方の悩みを解決するために「高卒が転職を成功させる方法」をご紹介していきたいと思います。後半部分では「高卒の転職を成功させる秘訣」も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【目次】
学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由1】学歴フィルターが存在するから
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由2】学力が乏しいと思われるから
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由3】すぐに辞めてしまうと思われるから

学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法1】実力主義の職種を選ぶ
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法2】資格を取得する
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法3】人手不足の業界を狙う
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法4】若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法5】高卒向けの求人サイトを使う
【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法6】転職エージェントを活用する
学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職を成功させる秘訣は積極的に応募すること
学歴や社会人経験のない方必見|リベンジャーズでは高卒の転職をサポートしております
まとめ

 

 

学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由とは?

学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由とは?

高卒の転職はなぜ難しいのでしょうか。

ここでは、高卒の転職が難しいとされている理由について解説していきます。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由1】学歴フィルターが存在するから

高卒の転職が難しいとされている理由1つ目は『学歴フィルターが存在するから』です。学歴フィルターとは、企業が採用を行う際に「学歴というフィルター」をかけて就活している人を選別する傾向のことです。学歴フィルターを採用している企業は昔から多くあり、今でも採用の際に学歴フィルターを使っている企業は少なくありません。学歴フィルターを採用している企業では、優れた人材であったとしても中身を見てもらえず、学歴だけで判断がなされます。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由2】学力が乏しいと思われるから

高卒の転職が難しいとされている理由2つ目は『学力が乏しいと思われるから』です。高卒は大卒の方に比べて就学期間が短いです。そのため、企業によっては「高卒だから学力が乏しい」と判断される場合があります。「頭が悪いから大学に行けなかった…」「勉強ができないから安易に就職した…」など、「高卒=学力が乏しい」という偏見は社会の中でまだ根強く残っております。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由3】すぐに辞めてしまうと思われるから

高卒の転職が難しいとされている理由3つ目は『すぐに辞めてしまうと思われるから』です。厚生労働省が令和3年に公表した「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」によると、高卒就職者では36.9%。大卒就職者では31.2%の方が早期離職しております。このような結果になっているため企業側は「高卒はすぐに辞めてしまう…」という懸念を抱きやすくなっております。

 

 

学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法

学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法

ここからは、高卒が転職を成功させるための方法について解説していきます。ぜひこの内容を参考にして転職活動を行ってくださいね。なお、高卒で大企業に転職する方法について知りたい方は「高卒向けに大企業に転職する方法を解説しているサイト」をご覧ください。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法1】実力主義の職種を選ぶ

高卒が転職を成功させるための方法1つ目は『実力主義の職種を選ぶ』です。実力主義の職種は学歴を重視しません。人柄やスキルに重きをおきます。したがって、学歴を理由にして不採用になることはありません。高卒転職を成功させたい方は実力主義の職種を選びましょう。なお、実力主義の職種には「エンジニア」「デザイナー」「美容師」「料理人」などが挙げられますよ。実力主義の職種について詳しく知りたい方は「高卒者の中途採用は厳しい?おすすめの就職先や正社員就職のコツを紹介!」をご覧ください。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法2】資格を取得する

高卒が転職を成功させるための方法2つ目は『資格を取得する』です。応募先業で必要となる資格を取得しておくと転職に有利。スキルの証明になるため、書類通過率が上がります。やりたい仕事が決まっている場合は必要な資格を取得しておきましょう。「高卒で転職するのは現実的に厳しい?成功させるための3つのポイントと必勝法をご紹介」や「資格取得で学歴ハンデを覆す。高卒者の転職活動の進め方」でも同様のことを述べておりますよ。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法3】人手不足の業界を狙う

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法3】人手不足の業界を狙う

高卒が転職を成功させるための方法3つ目は『人手不足の業界を狙う』です。人手不足の業界は積極的に採用を行っているため「高卒・スキルなし」でも採用してもらえる可能性が高いです。「誠実さ」と「意欲」をアピールすれば、きっと内定を獲得できると思いますよ。高卒転職を成功させたい方は人手不足の業界を狙いましょう。なお、人材不足の業界については「高卒の転職について解説しているサイト」や「高卒で理想の転職を実現する方法は?業界選びと転職のコツを紹介」をご覧ください。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法4】若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ

高卒が転職を成功させるための方法4つ目は『若い人材の採用に積極的な企業を選ぶ』です。「若手積極採用!」「当社の将来を担う人材を募集!」などの記載がある企業は、求人情報内に「大卒以上」などの記載があっても、面接を行ってくれる可能性があります。ですので、気になる企業があれば積極的に応募しましょう。「高卒転職の悩みや疑問について紹介しているサイト」でも、同様のことを伝えておりますよ。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法5】高卒向けの求人サイトを使う

高卒が転職を成功させるための方法5つ目は『高卒向けの求人サイトを使う』です。高卒者向けの求人を多数掲載しているサイトなら「学歴不問の求人」が豊富にあります。そのため、効率的に仕事探しができます。高卒転職を成功させたい方は「高卒向けの求人サイト」を使いましょう。なお、リベンジャーズでは、高卒・中卒者向けに「学歴を問わない求人」を多数ご紹介しております。「人生をやり直したい!」もしくは「ゼロから出発したい!」と考えている方はお気軽にご相談ください。

 

【学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法6】転職エージェントを活用する

高卒が転職を成功させるための方法6つ目は『転職エージェントを活用する』です。転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。ほとんどの場合は無料でサービスを利用できます。転職エージェントを活用すると、企業ごとに「どんな応募書類にすればいいのか」アドバイスをくれます。そのため、書類審査が通りやすい書類を作成することができます。また、事前に面接対策を行ってくれますので、面接のポイントを押さえた準備ができますよ。高卒転職を成功させたい方は転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントの活用については「高卒でも転職はできる?大卒との収入格差や就職成功のコツを公開」や「高卒の転職について解説しているサイト」でもおすすめしておりますよ。

 

 

学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職を成功させる秘訣は積極的に応募すること

学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職を成功させる秘訣は積極的に応募すること

上述した通り、学歴を重んじている企業は確かに存在します。ただ、求人情報内に「大卒以上」などの記載があっても、実際は受け入れていることもあります。学歴はあくまでもひとつの目安となっているケースもあるため、積極的に応募することが成功への近道になります。高卒の転職を成功させたい方は勇気を出して応募しましょう。「高卒向けに転職の悩みや不安を紹介しているサイト」や「高卒の転職について解説しているサイト」でも同様のことを伝えておりますよ。

 

 

学歴や社会人経験のない方必見|リベンジャーズでは高卒の転職をサポートしております

学歴や社会人経験のない方必見|リベンジャーズでは高卒の転職をサポートしております

リベンジャーズでは、通常の求人サイトでも掲載される一般求人に加え、一般には公開されていない「非公開求人」を数多くご用意しております。求人の中には「学歴不問」「未経験者歓迎」など、高卒でも応募できる企業が豊富にございます。リベンジャーズでは、高卒、中卒、フリーターの方など、学歴を問わずに転職のサポートをしておりますので、転職活動を通じて 「人生を変えたい!」といった方はお気軽にご相談ください。リベンジャーズへの無料相談は「リベンジャーズ無料会員登録」から行えます。お手数をおかけしますが、無料相談をご検討中の方はこちらからご予約ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職が難しいとされている理由
学歴や社会人経験のない方必見|高卒が転職を成功させる方法
学歴や社会人経験のない方必見|高卒の転職を成功させる秘訣は積極的に応募すること
学歴や社会人経験のない方必見|リベンジャーズでは高卒の転職をサポートしております

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

06/

29

2022

高卒

高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職して転職できる?

高卒で入社した会社を辞めたい…。 社会人1年目で退職しても大丈夫?転職できる? このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒社会人1年目で退職を考えている方に向けて『社会人1年目でも転職できるのか?』について解説していきます。記事の後半では『社会人1年目で退職する際に気をつけること』についても解説しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人は珍しくない 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職して転職できるの? 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の主な理由3つ 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由1】肉体労働や単純作業の仕事に疲れたから 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由2】給料が低いから 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由3】会社に将来性がないから 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること3つ 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること1】一時的な感情で退職しようとしてないか確認する 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること2】退職後のことを考えておく 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること3】転職して条件が悪くなる可能性を考えておく 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動3つ 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動1】転職活動をする 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動2】勉強をする 【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動3】転職エージェントに登録する まとめ     高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人は珍しくない はじめに「高卒の離職状況」をご紹介します。厚生労働省が令和3年に公表した「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」によると、新規高卒就職者の離職率は36.9%。高卒で就職した方の「約4割」が3年以内に退職しているという結果になっております。以上のことから、高卒が社会人1年目で離職することは珍しいことではないと言えるでしょう。なお、高卒の企業規模別離職率ランキングについて知りたい方は「高卒向けにキャリア論を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職して転職できるの? 結論を申し上げますと、入社1年目で会社を辞めても転職することは可能です。すぐに転職できると思います。なぜなら、現在は多くの企業で人手不足の状態となっているため、若い人材を積極的に採用しております。また、高卒社会人1年目であれば「ポテンシャル採用」や「未経験枠での採用」をしてもらえますので、高望みをしなければ簡単に転職できると思います。ですので、高卒が社会人1年目で退職しても問題ないと言えるでしょう。なお、ポテンシャル採用については「高卒社会人1年目で辞めたい人向けのキャリア論」でも取り上げております。     高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の主な理由3つ 高卒社会人が1年目で退職してしまうのは、以下の3つが主な理由です。もしかすると、あなたが辞めたい理由と同じではないでしょうか?ぜひ確認してみてくださいね。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由1】肉体労働や単純作業の仕事に疲れたから 高卒社会人1年目で退職する人の理由1つ目は『肉体労働に疲れたから』です。高卒で就職した方の多くが「工場勤務」や「建築関係」などの肉体労働をしております。肉体労働は想像以上に辛い仕事。夏場などは炎天下での作業になるため、危険が伴います。そのため、高卒社会人1年目で退職する人の中には「肉体労働に疲れた」との理由で退職する人も少なからず存在するみたいですよ。なお、肉体労働の辛さについては「高卒1年目で工場勤務を辞めたい」に詳しく書いておりますので、気になる方はご覧ください。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由2】給料が低いから 高卒社会人1年目で退職する人の理由2つ目は『給料が低いから』です。最終学歴が「高卒」の場合、大企業のように給料が高い企業への入社は非常に厳しくなっています。そのため、働きはじめの頃は「月収○○万円もある!」と稼げることに喜びを感じますが、徐々に「給料少なくない?」と気づき、やる気を失っていきます。そして、退職に至るって感じですね。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の理由3】会社に将来性がないから 高卒社会人1年目で退職する人の主な理由3つ目は『会社に将来性がないから』です。高卒で就職する人は、基本的に高校から企業の紹介を受けます。そのため、すべて学校まかせにしてしまいがち。テーブルに出されたカードの中から決めることがほとんどです。なので、入社してから「会社に将来性がない」と気づき、すぐに辞めていくって感じですね。なお、会社に将来性がないことは「高卒社会人1年目の転職について解説しているサイト」でも述べております。     高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること3つ 高卒が社会人1年目で退職しても問題ありません。しかし、以下の項目に思い当たる点がある場合は、あとで後悔する可能性がありますので、注意してください。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること1】一時的な感情で退職しようとしてないか確認する 高卒社会人1年目で退職する際に気をつけること1つ目は『一時的な感情で退職しようとしてないか確認する』です。あなたが会社を辞めたくなる気持ちは十分に理解できます。しかし勢いで止めるのはNG。一時的な感情で退職してしまうと、あとで後悔するかもしれません。ですので、高卒社会人1年目で退職する際はしっかりと退職理由を考えてからにしましょう。なお、退職理由を明確にすることに関しては「高卒の転職情報サイト」でも同様のことを言っております。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること2】退職後のことを考えておく 高卒社会人1年目で退職する際に気をつけること2つ目は『退職後のことを考えておく』です。退職する際は、その後のことを考えておく必要があります。「退職してから考える」ではいけません。それでは路頭に迷ってしまう可能性があります。「退職してからフリーターをするのか」「すぐに転職活動をするのか」「資格の勉強をするのか」など、何でも構わないので、退職する際はあとのことを考えておきましょう。「高卒社会人で仕事を辞めたい人に転職方法を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること3】転職して条件が悪くなる可能性を考えておく 高卒社会人1年目で退職する際に気をつけること3つ目は『転職して条件が悪くなる可能性を考えておく』です。退職後に転職した会社が「優良企業」であるとは限りません。もしかしたら、前の職場よりも労働環境が悪い可能性だってあり得ます。ですので、転職に希望を持ちすぎないようにしてください。そうしないと、またしても転職したくなるかもしれませんよ。なお、応募企業の労働環境については、転職エージェントを活用すれば教えてくれます。応募先のことを知りたい方は転職エージェントを活用しましょう。     高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動3つ 最後に、高卒社会人1年目で退職した人が取るべき行動を3つご紹介します。ぜひこの内容を参考にして、今後の行動計画を作成してくださいね。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動1】転職活動をする 高卒社会人1年目で退職した人が取るべき行動1つ目は『転職活動をする』です。高卒社会人1年目で退職した人は、とりあえず「転職活動」を始めましょう。なぜなら、職歴に空白期間ができてしまうと、転職する際に「この期間は何をしていたの?」と聞かれ、印象が悪くなるからです。なので、とりあえず「転職活動」を始めましょう。なお、転職に関しては正社員ではなく「アルバイト」や「派遣社員」でもいいと思いますよ。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動2】勉強をする 高卒社会人1年目で退職した人が取るべき行動2つ目は『勉強をする』です。高卒社会人1年目で退職した人は、とりあえず「勉強」を始めましょう。ここで言う勉強とは、市場価値を高める勉強です。社会人経験を経て感じた「必要なスキル」「必要な資格」「必要な知識」など、何でも構いませんので、思いつく限りのことを学習してください。そうすれば、あなたの市場価値はどんどん上がり、次の転職が楽になるでしょう。   【高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動3】転職エージェントに登録する 高卒社会人1年目で退職した人が取るべき行動3つ目は『転職エージェントに登録する』です。高卒社会人1年目で退職した人には、転職エージェントへの登録をおすすめします。なぜなら、一人で転職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在します。そのため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。高卒の転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、転職エージェントについては、高卒社会人1年目で退職した方に向けて「転職の厳しさを伝えているサイト」や「転職事情を紹介しているサイト」でもおすすめしておりますよ。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人は珍しくない 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職して転職できるの? 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する人の主な理由3つ 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職する際に気をつけること3つ 高卒で入社した会社を辞めたい!社会人1年目で退職した人が取るべき行動3つ 以上になります。  

  • 転職
  • 職歴
  • サイト
  • 高卒
  • エージェント
  • 1年目
  • 辞めたい

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|大学を辞めたいけど就職先があるかと不安な方へ

この記事では、「大学を辞めて働きたい」「中退はとどまった方が良いのか?」「中退となった場合に就ける仕事はあるの?」という疑問にお答えします。 【目次】 高卒の就職|大学を辞めたいと思った時に考えるべきメリット・デメリット 高卒の就職|それでも大学を辞めたい人の就職方法とは? 【高卒の就職|就活は冷静に】 【高卒の就職|面接の準備】 【高卒の就職|ブランク期間】 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種は? 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種1】営業 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種2】ITエンジニア 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種3】接客・販売 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種4】事務 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種5】公務員 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格1】簿記 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格2】基本情報技術者 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格3】MOS(Microsoft Office Specialist) まとめ 高卒の就職|大学を辞めたいと思った時に考えるべきメリット・デメリット やりたいことの不一致による転学、留年や学習意欲の低下、就職や起業、経済面と、大学を辞めたいと思う理由は人それぞれです。 転学や起業であればやりたい方向は決まっているのでこれから進むべき道を迷うことはないと思いますが、就職はもちろん、その他の理由において就職に決めた場合、本当に大学を中退するべきか、働き先はあるのかと不安になる人もいることでしょう。 高校卒業の時点で就職する道を選んだのであれば良いですが、大学を選んで進学したのであれば、基本的に卒業までやり切ることをおすすめします。理由は複数ありますが、一つは、中退という事実があると面接でその理由を説明するのに苦労する可能性があるからです。途中で辞めるということはネガティブに捉われやすいということを覚えておきましょう。 また、奨学金を利用していた場合は、中退後にすぐ支払いが発生するというデメリットもあります。まだ就職してないうちは、家族に迷惑がかかることにもなるでしょう。 就職先が狭まるというのもデメリットの一つです。大学を中退すると最終学歴は「高卒」となります。たとえ4年生の途中で辞めたとしても高卒となるので、応募条件に大卒以上とある場合はエントリー不可になってしまいます。なお高卒が不利な状況は、特に大企業で顕著に表われています。 大学中退での就職はデメリットばかりではなく、メリットもあります。大学を卒業するより早く社会の一員として自立できること、一度挫折した経験が今後の社会生活で活かせること、一つの職を極めたい場合は大卒より時間があること等です。 大学を辞めたいと思った際は、以上のメリット・デメリットを踏まえたうえで冷静に検討することをおすすめします。 なお次の項目では、やむおえず大学中退に踏み切った後の就職活動をどのように進めていけば良いか、また事前に押さえておきたいポイントを紹介します。 以上のメリット・デメリットを考慮したうえでの就職を希望している方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の就職|それでも大学を辞めたい人の就職方法とは? まず初めに押さえておいて欲しいポイントは、大学を中退した場合、就職活動における扱いは「中途採用」と同様になるということです。最終学歴は高卒となるものの、新卒扱いとなる高卒とは違い、大学中退の場合は中途採用となることには注意が必要です。 中途採用が活発化するのはおおよそ1〜3月となるので、中退後はその時期に向けて就活の準備をすることとなります。6月や10月に中途採用を募集する企業もあります。そもそも中途採用は欠員分の補充を目的としている企業が大半で、募集人数が少ない、すでに社会人経験を積んだ人達と同じ土俵に立たなければいけないという難しさがあることも、あらかじめ心得ておきましょう。 【高卒の就職|就活は冷静に】 前述のように大学中退はやや難しい状態での就職となりますが、それでも決して焦って就職先を決めないよう気を付けましょう。焦ると十分な企業研究もせず、内定したことだけに歓喜し、離職率の高いブラック企業に引っかかってしまう可能性もあります。就職できることに変わりはないのでその場は良いかもしれませんが、短期離職になってしまうと、その後の転職に支障をきたしてしまう可能性も出てきてしまいます。 決してその場だけではなく、自分の将来を見越して可能な限り時間をかけて業界・企業研究を行い、これから成長する見込みのある業界・企業や、社会人としての経験が積めると判断できる求人を選びましょう。 【高卒の就職|面接の準備】 もう一つのポイントは、面接では就職に意欲的であることを前面に出して伝える必要があるということです。大学中退は紛れもない事実であり、嘘をついたり隠したりしてはいけません。中退の理由に関しても、変に装飾して自分で思ってもいないことを述べて取り繕うことのないようありのままを伝えましょう。 また、大学を途中で辞めたということで、就職したとしても気が変わって短期離職してしまうのではないかと疑われる可能性もあるので、その疑いを解消できるよう、あらかじめ中退の理由については筋が通った説明ができるようまとめておきましょう。その上で、あくまで志望先でこれから働くことに対して前向きであることを伝える努力をしましょう。 【高卒の就職|ブランク期間】 中退後にすぐに就職せずアルバイトや派遣社員等をなんとなく続けてしまうと、計画性がないとみなされてしまう可能性も出てきます。自分が将来就きたい職業の経験を積むために続けているという明確な意思があれば問題ないですが、そうでない場合は単なるブランク期間と判断されてしまう可能性もあるので、できるだけ早く就活にシフトすることをおすすめします。 この後の項目でも紹介するように、就活を有利に進めるために資格取得を目指すのも一つの手ですが、志望先に全く関連性のないものを取得したとしても効果が薄いどころか、この場合も計画性がないと判断されかねません。焦らず、自分の将来を考えた上で就活に取り組みましょう。 ここまでの内容で中退時の就活について理解したものの、まだ悩みがあるという方は、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。   高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種は? 大学を辞めたいと思った時の就活時におすすめの職種を紹介していきます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種1】営業 学歴や経験が問われない傾向にある職種です。ただし基本給が安く、歩合制でインセンティブをもらうことで平均的な給料に達するような場合もあり、成果主義な面があるため、安定した仕事がしたいという人には向いていないでしょう。大学中退で就職できるだけではなく、不動産関係や保険関係といった一契約において動く金額の多い業界の営業は、高収入を得られる可能性もあります。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種2】ITエンジニア IT業界は受け入れる学歴や経験、年齢に関する採用の範囲が広く、大学中退や高卒でも入りやすい業界です。ITエンジニアというのは実は様々な職種の総称であり、その中にプログラマーやSE(システムエンジニア)、インフラエンジニア 、サポートエンジニアといった具体的な職種があります。未経験で就職・転職をする人が多く、未経験者を対象とした研修も充実しているので、努力次第では、大学中退から一転してIT業界で大活躍ということもあるかもしれません。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種3】接客・販売 サービス残業や超過労働等、悪いイメージが付きがちなサービス業界ですが、働き方は少しずつですが見直されている傾向にあり、高卒や大学中退、業界未経験からの就職・転職はしやすい職種です。将来性がないのではと心配する人もいるかもしれませんが、実際は店長や店舗管理のエリアマネージャー、本社でのマーケティングや開発、独立等、様々なキャリアプランを考えることができます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種4】事務 事務職は業界に関わらず存在する役割であるため、求人はたくさんあります。その一方で女性を中心として人気の職種でもあるため、事務職を目指す場合はアピールできるものが必要となることでしょう。次の項目で紹介する簿記やMOS、秘書検定といった資格や、アルバイト等での事務経験があると有利となりやすいです。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの職種5】公務員 公務員は大きく、地方公務員と国家公務員の2つに分けられ、国家公務員の方がやや収入が高い傾向にあります。国の仕事となるので大学中退では難しいのではと思っている人もいるかもしれませんが、高卒でも受験が可能であるため、もちろん大学中退でも公務員になれるチャンスはある可能と言えます。ただし自治体ごとに定められた年齢制限があるので、タイミングを逃さないように中退後は調査を忘れず行いましょう。 以上に紹介した職種含め、目指す職種が決まっている方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。 高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格 中退後の就活を有利に進めようとしている際におすすめの資格を以下に紹介します。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格1】簿記 簿記試験は様々な種類がありますが、特に日商簿記試験が有名です。1級〜3級までのレベルに分けられていて、3級が一番易しい内容となります。簿記とはお金の流れを帳簿で管理するスキルであり、3級は入門レベルとなりますが、2級以上の試験に合格することで、就職時に有利になる可能性があります。また、もし個人事業をすることになった場合は自分で事務処理を行うこととなるため、そこでも簿記の知識・スキルが役立ちます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格2】基本情報技術者 IT関連の国家試験の一つで、IPAの実施する情報処理技術者試験の中で一番基本となり、初級の資格です。IT業界に入った際に必要となる基礎知識が分野別に出題されます。基本情報技術者の上位レベルに応用情報技術者があり、さらにその上位により専門性を増したプロジェクトマネージャー、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリストといった複数の資格があります。 特にIT業界への就職を検討している場合は、持っていると有利に働く資格と言えます。 【高卒の就職|大学を辞めたい人におすすめの資格3】MOS(Microsoft Office Specialist) Microsoftの提供するExcel、Word、Access等のツールに関する知識やスキルを問われる試験です。この資格を取得すると、Microsoft製品の専門家というよりは、Microsoft製品を使って普段の業務をそつなくこなせる人と判断されることでしょう。事務系の職種に転職する際に役立つ他、業務上で資料作成が頻繁に発生する職種にも有効な資格となります。 資格を取得して中退からの就職を目指している方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。 まとめ 最後に、今回の記事をまとめます。 ・大学中退後の学歴は「高卒」となる ・中退は早く社会の一員として働けるというメリットもある ・面接では、前向きなことを伝えられるよう意識しよう ・大学中退で公務員にはなれる可能性もある ・資格を取得して就職を有利に進めるのも一つの方法 大学を辞めたいと思って中退したものの就職に悩み始めたという方も、以下リンクから就職・転職支援サービスの「リベンジャーズ」への登録を検討してみてください。

  • 高校新卒
  • 就職
  • 高卒
  • 仕事
  • 探し方
  • 学歴

07/

06

2022

高卒

高卒の就職|事務職について解説します

事務職に興味があるけど…。     仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒就職を考えている方に向けて「事務職の仕事内容」をご紹介していきます。記事の後半では「事務職で役立つスキル」や「事務職で役立つ資格」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、事務職の給料事情について知りたい方は「事務の仕事内容や給料事情について解説しているサイト」をご覧ください。   【目次】 高卒の就職|事務職とは? 高卒の就職|男性でも事務職に就けます 高卒の就職|事務職の仕事内容とは? 【高卒の就職|事務職の仕事内容1】書類の作成 【高卒の就職|事務職の仕事内容2】書類の整理 【高卒の就職|事務職の仕事内容3】電話・来客応対 【高卒の就職|事務職の仕事内容4】データ入力 【高卒の就職|事務職の仕事内容5】雑務 高卒の就職|事務職の種類3つ 【高卒の就職|事務職の種類1】一般事務 【高卒の就職|事務職の種類2】営業事務 【高卒の就職|事務職の種類3】経理事務 高卒の就職|事務職で役立つスキル3つ 【高卒の就職|事務職で役立つスキル1】オフィスソフトのスキル 【高卒の就職|事務職で役立つスキル2】タッチタイピング 【高卒の就職|事務職で役立つスキル3】Googleのツールを使いこなすスキル 高卒の就職|事務職で役立つ資格3選 【高卒の就職|事務職で役立つ資格1】MOS 【高卒の就職|事務職で役立つ資格2】日商簿記 【高卒の就職|事務職で役立つ資格3】ビジネス文書検定 高卒の就職|事務職は研修制度が充実しております まとめ     高卒の就職|事務職とは? まずは事務職についてご説明します。事務職とは、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などの業務全般を担うポジション。一般事務、営業事務、経理事務などを総称して指す職種名です。事務職では、一般的に「学歴」や「専門的な知識」は不要です。そのため、高卒でもチャレンジしやすい職種となっておりますよ。高卒向けに医療事務職を紹介しているサイトでも同様のことを言っております。     高卒の就職|男性でも事務職に就けます 一般的に事務職は、女性しか就けないイメージがあります。しかし実際は違います。男性でも事務職に就職できます。男性だからといって、事務職の就職に不利になるということはありません。近年は、事務職を志望する男性が増えてきておりますので、ご興味のある方は自信をもって応募しましょう。なお「事務は営業よりラクそう…」と安易な考えで選ぶと、就職に失敗する可能性がありますので、しっかりと仕事内容を把握してから応募しましょう。     高卒の就職|事務職の仕事内容とは? ここからは、事務職の仕事内容をご紹介します。細かい点は働く会社の規模や体制、業種によって異なります。ですので、事務職全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|事務職の仕事内容1】書類の作成 事務職の仕事1つ目は『書類の作成』です。会社の経営には、様々な書類が必要。たとえば、経理関連では「経費の精算」や「決算に係る書類」。人事・総務関連では「給与明細」や「社会保険関連の書類」が必要になります。事務職はこうした書類の作成・処理を一手に引き受け、日々、他の社員のサポートをしているのです。   【高卒の就職|事務職の仕事内容2】書類の整理 事務職の仕事2つ目は『書類の作成』です。上記で作成した書類は大事なもの。そのため「書類の整理」が必要になります。書類の整理は、種類、日付などで分類し、バインダーなどにファイリング。決められた場所に収めていきます。なお、パソコン内の整理については「書類の種類」や「作成日」などに応じてフォルダを作成。すぐにアクセスできる状況にして管理します。   【高卒の就職|事務職の仕事内容3】電話・来客応対 事務職の仕事3つ目は『電話・来客応対』です。電話・来客応対は担当者の代わりに用件を聞いたり、打ち合わせスペースに来客を案内したりって感じです。会社によっては、代表番号が事務職につながっているケースもあり、様々な問い合わせを担当部署に振り分ける作業もありますよ。   【高卒の就職|事務職の仕事内容4】データ入力 事務職の仕事4つ目は『データ入力』です。データ入力とは、パソコンで「数字」や「文字」を打ち込んでいく作業。扱うデータは会社や部署によって様々です。たとえば、売上データ、商品の在庫に関するデータ、商品の価格データなどが代表的ですね。   【高卒の就職|事務職の仕事内容5】雑務 事務職の仕事5つ目は『雑務』です。雑務に関しては備品の発注や管理。郵便物の発送・仕分けなど会社によってバラバラです。     高卒の就職|事務職の種類3つ 次に事務職の種類をご紹介します。主な種類は以下の通りです。なお、事務職の種類について詳しく知りたい方は「高卒向けに事務職を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|事務職の種類1】一般事務 事務の種類1つ目は『一般事務』です。一般事務とは、一般企業の事務仕事のこと。主に書類のファイリングをしたり、パソコンを使ってデータ入力をしたりなど、皆さんが「事務職」と聞いてイメージするような仕事内容がメインになります。一般事務は未経験でも取り組める作業が多いため、未経験者歓迎の求人がたくさんありますよ。一般事務にご興味のある方は「事務職の求人を紹介しているサイト」や「一般事務職の求人を紹介しているサイト」に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。   【高卒の就職|事務職の種類2】営業事務 事務の種類2つ目は『営業事務』です。営業事務は、営業職の人たちのサポートをする仕事。主に見積書や発注書の作成・発送、商品の在庫や発送の管理などを行います。また、会社によってはプレゼンテーション資料作成を手伝うこともありますよ。   【高卒の就職|事務職の種類3】経理事務 事務の種類3つ目は『経理事務』です。経理事務とは、企業のお金を管理したり、入出金の流れを記録したりする仕事。主に日次業務として、その日の現金や預金の動き、残高の確認などを行います。また、企業の社員が消耗品の購入費用や交通費などを建て替えた場合の対応なども、経理事務の仕事になりますよ。経理事務は、事務の中でも特に「数字を扱うスキル」が求められますよ。     高卒の就職|事務職で役立つスキル3つ 事務職への就職を考えている方は、以下のスキルを身につけておくといいでしょう。これらのスキルがあると即戦力として活躍できますよ!   【高卒の就職|事務職で役立つスキル1】オフィスソフトのスキル 事務職で役立つスキル1つ目は『オフィスソフトのスキル』です。オフィスソフトのスキルとは「エクセル」や「ワード」「パワーポイント」などを使いこなせるスキルのことを指します。オフィスソフトのスキルは、事務職に必要不可欠。これらのスキルがないと「資料作成」や「データ入力」などの基本的な仕事ができません。ですので、事務職への就職を本気で考えるのであれば、オフィスソフトを使いこなせるようにしておきましょう。高卒向けに事務職を紹介しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。   【高卒の就職|事務職で役立つスキル2】タッチタイピング 事務職で役立つスキル2つ目は『タッチタイピング』です。タッチタイピングとは、文章を入力するときなどに手元を見ずにキーボードを打つこと(ブラインドタッチともいいます)。事務職は日常的に「データ入力」や「書類作成」を行います。ですので、タッチタイピングができないと作業効率が悪くて、同僚に迷惑をかけてしまう可能性があります。事務職への就職を本気で考えるのであれば、タッチタイピングはできるようにしておきましょう。   【高卒の就職|事務職で役立つスキル3】Googleのツールを使いこなすスキル 事務職で役立つスキル3つ目は『Googleのツールを使いこなすスキル』です。近年はオフィスソフトではなく「Googleドキュメント」や「スプレッドシート」で資料作成をする企業が増えております。ですから、オフィスソフトのスキルに加えて、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートも使いこなせるように練習しておきましょう。なお、Googleドキュメントとは、Google社が提供しているワープロソフト。Googleスプレッドシートは、Google社が提供している表計算ソフトですよ。     高卒の就職|事務職で役立つ資格3選 事務職への就職を考えている方は、以下の資格を取得するといいでしょう。資格を取得すると履歴書に書けますので、書類通過率がアップしますよ!   【高卒の就職|事務職で役立つ資格1】MOS 事務職で役立つ資格1つ目は『MOS』です。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。ですので、MOSを取得するだけで「オフィスソフトのスキル」があることを証明できます。なお、高卒向けに事務職を紹介しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。   【高卒の就職|事務職で役立つ資格2】日商簿記 事務職で役立つ資格2つ目は『日商簿記』です。日商簿記検定は、日本商工会議所・各地商工会議所が実施する検定の中で、簿記に関する知識・技能を検定する資格。「原価計算初級」「簿記初級」「1級」「2級」「3級」に分かれております。日商簿記は公的資格になりますが、お金の動きを把握する力(会計スキル)を証明できます。ですから、経理事務への就職でとっても役立ちますよ。日商簿記については、高卒向けに事務職を紹介しているサイトでも取り上げております。   【高卒の就職|事務職で役立つ資格3】ビジネス文書検定 事務職で役立つ資格3つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。事務職に就くと、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|事務職は研修制度が充実しております 事務職には研修制度が充実している求人がたくさんあります。なぜなら、事務職の求人は長期キャリア形成という観点から募集している場合が多く、育てる環境がしっかりと整っているからです。なので、上述した「スキル」や「資格」がなくても心配いりません。しっかりと研修を受けてから業務に取りかかれますよ。事務職に就職したい方は「自分には無理かも…」と余計な心配はせず、自信をもって応募しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|事務職とは? 高卒の就職|男性でも事務職に就けます 高卒の就職|事務職の仕事内容とは? 高卒の就職|事務職の種類3つ 高卒の就職|事務職で役立つスキル3つ 高卒の就職|事務職で役立つ資格3選 高卒の就職|事務職は研修制度が充実しております 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • 未経験
  • 職種
  • 資格
  • 事務
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する