新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375
  • HOME
  • 高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できるの?
2022.06.29

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できるの?

高卒
  • 転職
  • 高卒
  • 理由
  • 辞めたい
  • 1ヶ月で
  • 退職

高卒で入社した会社を辞めたい…。
入社1ヶ月で退職できるの?

このような疑問にお答えします。

この記事では、入社1ヶ月で退職を考えている方に向けて『入社1ヶ月目の退職』について解説していきます。記事の後半では『入社1ヶ月で退職する際の注意点』についても解説しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できます
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できるかは企業によります
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合とは?
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合1】明らかにブラック企業の場合
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合2】聞いていた待遇と違いすぎる場合
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合3】精神的に限界を感じている場合
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職できるの?
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職した方は第二新卒の枠に応募できる
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3つ
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点1】退職後のことを考えておく
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点2】一時的な感情で退職しようとしてないか確認する
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3】転職して条件が悪くなる可能性を考えておく
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3つ
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること1】前職の不満を言わない
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること2】身だしなみを整える
【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3】一人で転職活動をしないこと
まとめ

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できます

高卒で入社した会社を1ヶ月で辞めたいと思っても「入社1ヶ月では退職できない」と考える方もいるのではないでしょうか。結論を申し上げますと入社1ヶ月で退職できます。なぜなら、民法上では「2週間前の申告で仕事を辞めることができる」とされているからです。以下ご覧ください。

 

【第六百二十七条】(期間の定めのない雇用の解約の申入れ) 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

※出典:民法第627条1項 | e-gov法令検索

民法第627条1項にある通り「雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了できます。ですので、2週間前までに退職の意思を伝えた場合は、入社1ヶ月で退職できますよ。

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できるかは企業によります

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月でも退職できるかは企業によります

民法上では退職の意思を伝えてから2週間で仕事を辞めることができます。ですので、基本的には入社1ヶ月で退職できます。しかしながら、企業の中には就業規則によって「退職希望日の1ヶ月〜3ヶ月前に退職の意思を伝える」と規定されているケースがあり、2週間前の申告では受理されない可能性があります。ですから、どうしても入社1ヶ月で退職したい方は企業の「就業規則」を確認してから伝えるようにしてください。そうしないと円満退社できないかもしれませんよ。

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合とは?

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合とは?

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職するのは基本的におすすめしません。しかし以下の項目に該当する場合は、入社1ヶ月で退職してもいいと思いますよ。なお、高卒の早期離職について知りたい方は「高卒早期離職に関するアンケート調査」に詳しく記載しておりますので、こちらをご覧ください。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合1】明らかにブラック企業の場合

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職してもいい場合1つ目は『明らかにブラック企業』です。高卒で入社した会社が明らかにブラック企業の場合は、無理して続ける必要はありません。精神が崩壊する前に退職を検討しましょう。なお、ブラック企業の特徴については「入社1ヶ月で退職をした方の転職について解説しているサイト」に記載しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合2】聞いていた待遇と違いすぎる場合

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職してもいい場合2つ目は『聞いていた待遇と違いすぎる場合』です。「給料」「残業時間」「福利厚生」などの待遇が、事前に聞いていた内容と明らかに違う場合は、退職を検討してもいいでしょう。なぜなら、そのような企業はブラック企業である可能性が高いからです。とはいえ、すぐに退職するのは得策ではないと思いますので、まずは上司や人事に相談しましょう。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合3】精神的に限界を感じている場合

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職してもいい場合3つ目は『精神的に限界を感じている場合』です。精神的・体力的なストレスが大きすぎるなら辞めることをおすすめします。無理して働いてしまうと、ストレスが蓄積され、うつ病などの「精神疾患」になる可能性が高まります。ですから、精神的に限界を感じている場合は入社1ヶ月で退職しても構わないでしょう。実際に「介護コミュニティ」を見ると、精神的なストレスを理由に入社1ヶ月で退職を検討する方がたくさんいますよ。

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職できるの?

結論を申し上げますと、入社1ヶ月で会社を辞めても転職することは可能です。なぜなら、現在は多くの企業で人手不足の状態となっているため、若い人材を積極的に採用しております。また、高卒社会人1年目であれば「ポテンシャル採用」や「未経験枠での採用」をしてもらえます。ですので、たくさんの求人に応募できると思いますよ。若い人材の採用については「入社してすぐ退職した場合の保険について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職した方は第二新卒の枠に応募できる

入社1ヶ月で退職して転職する場合、第二新卒の枠で応募できます。第二新卒とは学校を卒業したあと、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人。つまり、高校卒業後に就職。その後、仕事先を3年以内に離職し、転職活動を行なっていれば第二新卒に含まれます。なので、入社1ヶ月で退職した方は第二新卒です。近年は早期退職者が多いことから、多くの企業で第二新卒の枠を設けております。ですので、たくさんの求人に応募できると思いますよ。なお、第二新卒の枠に応募できることは「入社1ヶ月で退職した方の転職について紹介しているサイト」でも述べておりますよ。

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3つ

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3つ

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職する際は、以下のポイントに注意しましょう。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点1】退職後のことを考えておく

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職する際の注意点1つ目は『退職後のことを考えておく』です。退職する際は、その後のことを考えておく必要があります。「退職してから考える」ではいけません。それでは路頭に迷ってしまう可能性があります。「退職してからフリーターをするのか」「すぐに転職活動をするのか」「資格の勉強をするのか」など、何でも構わないので、退職する際はあとのことを考えておきましょう。入社1ヶ月の退職について解説しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点2】一時的な感情で退職しようとしてないか確認する

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職する際の注意点2つ目は『一時的な感情で退職しようとしてないか確認する』です。あなたが会社を辞めたくなる気持ちは十分に理解できます。しかし勢いで止めるのはNG。一時的な感情で退職してしまうと、あとで後悔するかもしれません。ですので、高卒社会人1年目で退職する際はしっかりと退職理由を考えてからにしましょう。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3】転職して条件が悪くなる可能性を考えておく

高卒で入社した会社を1ヶ月で退職する際の注意点3つ目は『転職して条件が悪くなる可能性を考えておく』です。退職後に転職した会社が「優良企業」であるとは限りません。もしかしたら、前の職場よりも労働環境が悪い可能性だってあり得ます。ですので、転職に希望を持ちすぎないようにしてください。そうしないと、すぐに転職したくなるかもしれませんよ。なお、応募企業の労働環境については、転職エージェントを活用すれば教えてくれます。応募先のことを知りたい方は転職エージェントを活用しましょう。

 

 

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3つ

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3つ

最後に、入社1ヶ月で退職した方が「転職の際に気をつけること」を3つご紹介します。転職する際は、以下のポイントに注意して転職活動をしましょう。なお、転職する際のコツについて知りたい方は「高卒の転職について解説しているサイト」をご覧ください。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること1】前職の不満を言わない

高卒で入社した会社を1ヶ月で辞めた方が転職する際に気をつけること1つ目は『前職の不満を言わない』です。面接官に前職の不平不満を言うことはNG。あなたはスッキリするかもしれませんが、面接官は不信感を抱きます。なぜなら、あなたを採用すると「退職したときに会社の不満を言われる」。もしくは「不満を持ったらすぐやめるかも」と考えるからです。入社1ヶ月で退職して転職する際は前職の不満を言わないようにしましょう。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること2】身だしなみを整える

高卒で入社した会社を1ヶ月で辞めた方が転職する際に気をつけること2つ目は『身だしなみを整える』です。入社1ヶ月で退職した方は社会人経験があります(1ヶ月でも経験がある扱いになります)。そのため、厳しい目で身だしなみをチェックされます。社会人経験があるのに身だしなみが乱れていると、人間性を疑われるかもしれません。ですから、転職の際は「髪型」「服装」に乱れがないよう注意しましょう。

 

【高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3】一人で転職活動をしないこと

高卒で入社した会社を1ヶ月で辞めた方が転職する際に気をつけること3つ目は『一人で転職活動をしないこと』です。入社1ヶ月で退職して転職する際はサポート役をつけましょう。なぜなら、一人で転職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。特に入社1ヶ月で退職した方は転職慣れしていないと思うので注意が必要です。なお、サポート役には転職エージェントをおすすめします。転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、転職エージェントについては、入社1ヶ月で退職した方に向けて「短期退職のリスクと失敗しないポイントを伝えているサイト」や「入社1ヶ月の退職について解説しているサイト」でもおすすめしておりますよ。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できます
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職できるかは企業によります
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職してもいい場合とは?
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職できるの?
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職した方は第二新卒の枠に応募できる
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職する際の注意点3つ
高卒で入社した会社を辞めたい!入社1ヶ月で退職して転職する際に気をつけること3つ


以上になります。


 

COLUMN

COLUMN同じカテゴリの転職求人情報コラム

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|人材コーディネーターについて解説します

人材コーディネーターに興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「人材コーディネーターの仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「人材コーディネーターに必要なスキル」や「人材コーディネーターに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ   高卒の就職|人材コーディネーターとは? まずは「人材コーディネーター」についてご説明します。人材コーディネーターとは、人材派遣会社や人材紹介会社で働き「求職者」と「採用企業」をマッチングさせる仕事です。具体的には、営業が人材を求めている企業から案件を受注したのち、その企業とマッチする人材を“自社に登録に来た人の中”から選び、クライアント企業に派遣します。近年は様々な業界で人手不足が起きているので、幅広く活躍できる仕事ですよ。     高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 結論を申し上げますと、人材コーディネーターに学歴は関係ありません。大手の人材派遣会社では大卒を中心に採用していることもありますが、多くの企業では「高卒以上」が応募条件となっています。高卒だからといって諦める必要はありません。人材コーディネーターに興味のある方は「私には無理かも…」と思わず、勇気を出して応募してみましょう。実際に「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」では、多くの企業で高卒者を募集しておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? ここからは、人材コーディネーターの仕事内容をご紹介します。細かい点は「企業規模」や「組織の体制」によって異なります。ですので、人材コーディネーター全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容1】派遣スタッフとの登録面談 人材コーディネーターの仕事1つ目は『派遣スタッフとの登録面談』です。人材派遣業は、営業が案件を受注しても実際にスタッフを派遣しない限り報酬は発生しません。そのため、まずは派遣スタッフとして登録してくれる人の登録面談をします。スタッフの性格や適性などをしっかりと見極めるための登録面談は、人材コーディネーターにとって非常に重要な業務ですよ。派遣スタッフとの登録面談について詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容2】企業とのマッチング 人材コーディネーターの仕事2つ目は『企業とのマッチング』です。企業とのマッチングとは、クライアントから提示された求人に対して、派遣する人材を当てはめていく仕事です。クライアントが求めるスキルや期間などに適した人材を選ぶ。また、登録者に対してはクライアントの仕事内容を説明します。このマッチングがうまくいかないと、派遣した後にトラブルになったり定着率が悪くなったりしますので、非常に重要な業務ですよ。企業とのマッチングについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容3】登録スタッフのフォロー 人材コーディネーターの仕事3つ目は『登録スタッフのフォロー』です。人材コーディネーターの仕事は、登録者を派遣して終わりではありません。登録者がクライアントのもとで働く期間中、様々なフォローをする必要があります。登録者から企業側に伝えてほしいことや、逆に企業から登録者への苦情なども人材コーディネーターが間に入って話をすることもありますよ。登録スタッフのフォローについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」、もしくは「人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 人材コーディネーターには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。以下、人材コーディネーターに必要とされる代表的なスキルです。参考程度にご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル1】コミュニケーション能力 人材コーディネーターに必要なスキル1つ目は『コミュニケーション能力』です。人材コーディネーターは、登録者とクライアントの間に入る存在。どちらの要望も聞き、マッチングさせなくてはなりません。そのため、高度なコミュニケーション能力が求められます。相手と同じ目線に立ったうえで意思疎通を図り、適切なアドバイスができれば、人材コーディネーターとして活躍できると思いますよ。   【高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2】営業力 人材コーディネーターに必要なスキル2つ目は『営業力』です。人材コーディネーターは求職者の対応だけでなく、クライアント企業を探し「登録者の派遣先にしてもらう」という営業活動をする場合があります。そのため、最低限の営業力は必要です。営業力については「高卒向けに人材コーディネーターの求人を紹介しているサイト」でも述べておりますよ。     高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 人材コーディネーターに必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格1】キャリアコンサルタント 人材コーディネーターで役立つ資格1つ目は『キャリアコンサルタント』です。キャリアコンサルタントとは、厚生労働大臣の登録を受けた“登録試験機関”が実施する国家資格試験。登録制の名称独占資格であるため、キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を名乗れません。キャリアコンサルタントを取得すると、転職希望者の人生にコミットするプロフェッショナルとして、相応の能力を持っていることが証明できます。ですので、人材コーディネーターとして働く上で非常に役立ちますよ。キャリアコンサルタントについて詳しく知りたい方は「高卒向けに人材コーディネーターの仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2】ビジネス文書検定 人材コーディネーターで役立つ資格2つ目は『ビジネス文書検定』です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。難易度別に1~3級まであります。人材コーディネーターは、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 人材コーディネーターは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、人材コーディネーターに向いている人の特徴を3つご紹介します。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴1】人をサポートすることが好きな人 人材コーディネーターに向いている人の特徴1つ目は『人をサポートすることが好きな人』です。人材コーディネーターは転職希望者に対して様々なサポート業務を行う仕事です。そのため、人のために力を発揮することに喜びを感じられる人は、人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴2】聞き上手な人 人材コーディネーターに向いている人の特徴2つ目は『聞き上手な人』です。登録者の多くは、不安や悩みを抱えて訪れます。そのため、まずは相手の話に耳を傾けることが大切です。聞き上手な人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3】情報収集能力がある人 人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ目は『情報収集能力がある人』です。転職希望者の適正職種や求人を探すうえで、情報収集能力は不可欠です。近年は制度の新設や法改正の動きも活発化しているため、最新の情報をいち早くキャッチアップし、正しい理解をした上で、業務に活かしていくことが求められます。情報収集能力がある人は人材コーディネーターに向いているといえるでしょう。     高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。人材コーディネーターへの就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|人材コーディネーターとは? 高卒の就職|人材コーディネーターに学歴は関係ある? 高卒の就職|人材コーディネーターの仕事内容とは? 高卒の就職|人材コーディネーターに必要なスキル2選 高卒の就職|人材コーディネーターで役立つ資格2つ 高卒の就職|人材コーディネーターに向いている人の特徴3つ 高卒の就職|人材コーディネーターを目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • スキル
  • 求人
  • 仕事
  • 資格
  • 人材コーディネーター

10/

01

2022

高卒

高卒の就職|イベント企画職について解説します

イベント企画職に興味があるけど…。 仕事内容がわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、高卒で就職を考えている方に向けて「イベント企画職の仕事内容」をご紹介していきます。後半部分では「イベント企画職を目指す方におすすめの資格」や「イベント企画職に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。なお、イベント企画職の志望動機については「イベント企画職の志望動機の書き方と例文」に詳しく記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。 【目次】 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう まとめ     高卒の就職|イベント企画職とは? まずは「イベント企画職」についてご説明します。イベント企画職とは、イベントを企画し、準備、管理などを請け負う仕事。イベントの種類は音楽、スポーツ、ブライダルなど多岐にわたり、イベントに関するパンフレットの製作や宣伝など幅広い業務を担当します。イベント開催時は大勢のスタッフが連携して動くため、臨機応変に行動する力やコミュニケーション力などが重視されますよ。     高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 結論を申し上げますと「イベント企画職」に学歴は関係ありません。高卒でもイベント企画職に就くことは可能です。イベントの仕事は、現場での作業が非常に多いため、比較的若くて体力のある人材が重宝されます。ですので、意欲と体力さえあれば採用してもらえますよ。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? ここからは、イベント企画職の仕事内容をご紹介します。細かい点は組織の業務区分、企業規模によって異なります。ですので、イベント企画職全般に共通する「仕事内容」だけをご紹介しますね。なお「イベント企画職の求人」や「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」を見ると、仕事のイメージがつかめると思いますので、ご興味のある方はご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容1】イベントの企画 イベント企画職の仕事1つ目は『イベントの企画』です。まずはイベントの開催目的を深く理解し、市場調査や分析をもとに、より効果的で魅力的なプランを立案します。最適なプランをクライアントに提案後、必要であれば修正などを行い、クライアントと相談しながら内容を固めていきますよ。なお、イベントの開催資金が足りない場合には、スポンサーや協賛企業などを募るのもイベント企画職の重要な仕事です。イベントの企画について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容2】プログラムやコンテンツの制作 イベント企画職の仕事2つ目は『プログラムやコンテンツの制作』です。イベント当日に向けて、イベントのプログラムや各コンテンツを制作します。コンテンツ制作はイベントの肝となる部分なので、非常に重要な業務ですよ。なお、コンテンツの制作が終わったら、イベント当日までの広告やPR業務も行いますよ。   【高卒の就職|イベント企画職の仕事内容3】イベントの運営 イベント企画職の仕事3つ目は『イベントの運営』です。イベント当日は、総合責任者として全体を取り仕切ります。スタッフをまとめ、円滑に進行させるのもイベント企画職の重要な役割ですよ。イベントの運営について深く知りたい方は「高卒向けにイベント企画職を紹介しているサイト」や「イベント企画職を紹介しているサイト」をご覧ください。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ イベント企画職に必要な資格はありません。しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。なお、イベント制作会社に就職する方法が気になる方は「イベント制作会社への就職方法を紹介しているサイト」をご覧ください。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格1】イベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格1つ目は『イベント検定』です。イベント検定とは、イベントの管理や調整などを行う人材を育成するために用意された資格。イベントの企画・制作・運営に必要な基礎知識を体系的に学ぶことができます。イベント検定の受検には「日本イベント産業振興協会」が認定する講座を修了している必要がありますので、あらかじめご確認くださいね。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格2】スポーツイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格2つ目は『スポーツイベント検定』です。スポーツイベント検定とは、スポーツイベントを通じた自己実現や社会貢献ができる人材育成を目的にした検定。試験では、スポーツイベントの概論や基本構造など、スポーツとイベントのつながりをより専門的に問われます。ですので、この検定に合格すると「スポーツイベントに関する知識」があることを証明できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格3】ユニバーサルイベント検定 イベント企画職を目指す方におすすめの資格3つ目は『ユニバーサルイベント検定』です。ユニバーサルイベント検定とは「国際的なイベント」や「障がい者イベント」に関することを学ぶ検定(イベントにおける“ユニバーサル”とは、高齢者も若い人も、障がいがある人もない人も、どのような国籍や年齢、性別であっても全員が快適に来場し参加できることを指します)。ユニバーサルイベント検定では、誰もが楽しめるイベントにするための基礎知識や対応方法を習得できますよ。   【高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4】イベント業務管理士 イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ目は『イベント業務管理士』です。イベント業務管理士とは、イベントの企画・制作・運営に必要な職務能力を評価するための資格。イベントの概論や企画、制作と運営、マネジメントまで幅広い知識が問われます。なお、イベント業務管理士の受験には、実務経験3年以上の条件があるため、就職後に取得するといいでしょう。     高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ イベント企画職は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。ここでは、イベント企画職に向いている人の特徴を4つご紹介します。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴1】リーダーシップがある人 イベント企画職に向いている人の特徴1つ目は『リーダーシップがある人』です。イベント企画職は、そこに関わる人間を引っ張っていく仕事。イベント全体に目を行き届かせ、音響、照明、美術などのスタッフと連携をとり、まとめていく力が必要です。そのため、リーダーシップがある人は大いに活躍できると思います。リーダーシップがある人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴2】トレンドを敏感に追える人 イベント企画職に向いている人の特徴2つ目は『トレンドを敏感に追える人』です。イベントは時代の動きと関わりが深く、トレンドや時代の流れを読む感性やセンスが必要とされます。そのため、トレンドを敏感に追える人はイベント企画職に向いています。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴3】臨機応変に対応できる人 イベント企画職に向いている人の特徴3つ目は『臨機応変に対応できる人』です。イベントの仕事は計画的に進まないことが日常茶飯事。頻繁にトラブルが発生します。そのため、臨機応変に対応できる人はイベント企画職に向いていますよ。   【高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4】コミュニケーション力が高い人 イベント企画職に向いている人の特徴4つ目は『コミュニケーション力が高い人』です。イベントは、様々なスタッフとの連携が欠かせません。年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていく必要があります。そのため、高いコミュニケーション力が求められます。コミュニケーション力が高い人はイベント企画職に向いているといえるでしょう。「高卒向けにイベント企画について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。     高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 就職活動を一人で行うと、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があります。なので、高卒から就職する際はサポート役として「就職エージェント」をつけるといいでしょう。就職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。さらに、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。イベント企画職への就職を成功させるためにも、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の就職|イベント企画職とは? 高卒の就職|イベント企画職に学歴は関係ある? 高卒の就職|イベント企画職の仕事内容とは? 高卒の就職|イベント企画職を目指す方におすすめの資格4つ 高卒の就職|イベント企画職に向いている人の特徴4つ 高卒の就職|イベント企画職を目指す方は就職エージェントを活用しましょう 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 就職
  • 高卒
  • スキル
  • エージェント
  • 職種
  • 仕事
  • 資格
  • イベント企画

03/

18

2022

高卒

高卒就職でもらえる給料!手取りでいくら?

高卒で就職したら…。 いくらもらえるの? このような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか? 高卒の給料は一般的に低め。学歴重視の企業では、その傾向がより強くなります。しかし企業や職種によっては、高卒の場合でも高い給料を得られます。なので、一概に低いとは言えないでしょう。 この記事では、高卒の「平均的な手取り」について解説していきます。記事の後半では「大卒との差」や「高卒が手取りを増やす方法」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? 高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します 高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法1】資格を取得する 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法2】職種を変える 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法3】キャリアアップする 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法4】副業をする 【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5】就職エージェントを活用する まとめ     高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? はじめに「給与」「給料」「手取り」の違いについて解説します。それぞれの違いについて理解しておくと、自分の収入を把握する際に役立ちますよ!   <給与とは?> 給与とは、会社から従業員に対して支払われる労働の対価すべて。基本給はもちろん、時間外手当などの各種手当や賞与も含まれます。給与の中には現物支給も含まれますので、自社製品を支給された場合も給与と見なされますよ。     <給料とは?> 給料とは、企業から支払われる金額から残業代や各種手当などを引いたもの。つまり、会社から受け取る「給与」のうち、賞与や手当といった名目を除いた金銭を「給料」といいます。まあ、簡単に言うと「給料」は「基本給」の言い換え表現ですね。     <手取りとは?> 「手取り」とは、実際に受け取る金額。多くの場合、指定した銀行口座に振り込まれます。手取りは「給与」と似ていますが、厳密には違います。なぜなら、手取りは「給与」から所得税や住民税、社会保険料などを控除した金額だからです。まあ、簡単に言うと「手取り」は「給与」から「税金や保険料が差し引かれた金額」ですね。     高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します ここからは、学歴別に手取りの平均額をご紹介します。なお、手取りは初任給をもとに計算しております。ですので、参考程度にご覧ください。(企業や職種によっては、スキルアップに伴い給与が大幅に上がるからです) なお、高卒と大卒の生涯賃金差について知りたい方は、高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトをご覧ください。     高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、高卒の初任給平均額は16万7,400円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ13万円〜14万円程度になります。ですから、高卒の手取り平均額は「13万円〜14万円程度」だと言えるでしょう。なお、高卒の世代別の平均給料を知りたい方は、高卒向けに就職後の平均給料を紹介しているサイトをご覧ください。     高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、専門・短大卒の初任給平均額は18万3,900円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ15万円〜16万円程度になります。ですから、専門・短大卒の手取り平均額は「15万円〜16万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、大卒の初任給平均額は21万200円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ18万円〜19万円程度になります。ですから、大卒の手取り平均額は「18万円〜19万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1学歴別にみた初任給」によれば、大学院卒の初任給平均額は23万8,900円。この初任給から「税金」や「保険料」などを差し引くと、おおよそ20万円〜21万円程度になります。ですから、大学院卒の手取り平均額は「20万円〜21万円程度」だと言えるでしょう。     高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:2企業規模別にみた初任給」によれば、大企業の高卒初任給平均額は168,500円。中企業の高卒初任給平均額は166,100円。小企業の高卒初任給平均額は168,600円となっております。ですので、企業規模別に見ると、高卒の手取りに大差はないと言えます。しかし、一般的には大企業のほうが昇給しやすいと言われているため、将来的には手取りが増えやすいと思いますよ。(もちろん、小企業でも職種によっては大幅な昇給があり得ます)       高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況 付表3 都道府県、性、学歴別初任給及び都道府県間格差」によれば、東京都の高卒初任給平均額は178,100円。沖縄県の高卒初任給平均額は145,200円となっております。ですので、東京は沖縄に比べて3万円ほど手取りが多いと言えるでしょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、沖縄県と比較しておりますよ。     高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 最後に、高卒が手取りを増やす方法を5つご紹介します。収入をアップさせたい方は、ぜひこの方法を参考にしてくださいね。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法1】資格を取得する 1つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『資格を取得する』です。高卒でも資格を取得することで高い収入を得られる可能性があります。なぜなら、資格を持っていると「業務内容の幅」が広がるため、収入も高くなるのです。特に独占業務がある資格に関しては、その傾向が強いと言えるでしょう。手取りを増やしたいと考えている方は、ぜひ資格の取得をご検討ください。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法2】職種を変える 2つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『職種を変える』です。給料の多くは、個人のスキルではなく、職種によって決まります。どれだけ能力があっても、職種の選択を間違えると収入は上がりません。ですから、手取りを増やしたいなら給料の高い職種に転職しましょう。なお、高卒でも高収入を狙える職種には「プログラマー」「営業職」「システムエンジニア」などがあります。プログラマーに関しては、高卒向けに就職後の平均給料を紹介しているサイトでも、おすすめしておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法3】キャリアアップする 3つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『キャリアアップする』です。手取りを増やす最もオーソドックスな方法が、今の職場で「キャリアアップ」することです。なぜなら、課長や部長といった役職者になっていくと「基本給」が上がります。さらに「役職手当」もつきますので、手取り額が増えるのです。高卒が役職につくことは簡単なことではありませんが、近年は学歴フィルターを撤廃する企業が増えているため、十分に狙えますよ。頑張ってくださいね。高卒向けに給料アップの方法を紹介しているサイトでも、同じことを言っております。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法4】副業をする 4つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『副業をする』です。近年、副業を解禁する企業が増加。そのため、現在は多くの人が副業に取り組んでおります。副業は本業がおろそかになってしまうリスクもありますが、確実に手取りが増えます。ですから、どうしても手取りを増やしたい方は、本業に支障がない程度に副業を始めてみるといいでしょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。   【高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5】就職エージェントを活用する 5つ目にご紹介する高卒が就職後に手取りを増やす方法は『就職エージェントを活用する』です。高卒で高収入の会社に入りたい方には、就職エージェントの活用をおすすめします。 なぜなら、就職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するからです。就職エージェントを活用すれば「平均給与の高い企業」や「競争率が低い企業」を紹介してくれるかもしれません。手取りを増やしたいと考えている方は、ぜひ就職エージェントを活用しましょう。高卒向けに手取りの平均額を紹介しているサイトでも、就職エージェントをおすすめしております。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒就職でもらえる給料!そもそも手取りってなに? 高卒就職でもらえる給料!学歴別に手取りを紹介します 高卒就職でもらえる給料!高卒の手取りは13万円〜14万円程度です 高卒就職でもらえる給料!専門・短大卒の手取りは15万円〜16万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大卒の手取りは18万円〜19万円程度です 高卒就職でもらえる給料!大学院卒の手取りは20万円〜21万円程度です 高卒就職でもらえる給料!企業規模別に見ると手取りに大差はありません 高卒就職でもらえる給料!東京都は沖縄と比べて3万円ほど手取りが多い 高卒就職でもらえる給料!手取りを増やす方法5つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 就職
  • 高卒
  • エージェント
  • おすすめ
  • 給料
  • 手取り
LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する