20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.06.17
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.03.29

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9選

高校中退
  • 就職
  • スキル
  • エージェント
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界
  • 高校中退
  • 資格
  • できない
  • 不利

 


高校中退しているから…。
就職できないかも…。

このように思い込んでいる方はいませんか?

確かに高校中退は「高卒」や「大卒」より就職が難しくなります。しかし、選ぶ業界によっては学歴に関係なく就職できます。ですから、高校中退した人は学歴を重視する業界を避けるといいでしょう。

というわけで、今回は高校中退した方に向けて『高校中退した人が不利になる業界』をご紹介していきたいと思います。この記事では、高校中退した人が不利になる業界とあわせて「就職先を広げる方法」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それでは、いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 


【目次】
高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界を紹介する前に
高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9選
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界1】教育業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界2】金融業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界3】精密・医療機器業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界4】マスコミ業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界5】コンサルティング業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界6】商社業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界7】医療業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界8】資源・エネルギー業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9】航空宇宙業界
高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2つ
【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法1】資格を取得する
【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2】技術力を身につける
高校中退者が就職に対して不利だと感じたら!就職エージェントに相談しよう
まとめ

 

 

 

 

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界を紹介する前に

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界を紹介する前に

 

まずは「業界」について解説します。業界とは、企業を「産業」や「商業」で分類したもの。つまり「同じ仕事をしている人や企業」ということになります。たとえば、日本を代表する自動車の会社・トヨタ自動車株式会社は「自動車メーカー」。5大総合商社の一つ、三井物産は「商社業界」というグループになります。このように、業界によって取り扱う商品やサービスは様々。メーカーが製造した商品を商社が仕入れ、小売が販売するなど各業界は密接な関わりを持っております。

 

 

 

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9選

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9選

 

では、ここからは「高校中退した人が不利になる業界」を9つご紹介します。この業界への就職は非常にハードルが高い。なので、就職する際は覚悟して臨んでくださいね。

 

 

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界1】教育業界

1つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『教育業界』です。教育業界は初等教育、中等教育、高等教育での学習に関連するものに加えて、何らかの形で「学ぶこと」に関するサービスを提供する業界です。この業界は人に何かを教える仕事のため、学歴が非常に重視されます。ですから、高校中退した人は避けたほうがいいでしょう。なお、プロスポーツ選手のように何らかの「特出した技術」を持っている場合は、高校中退でも指導者になれると思いますよ。

 

 


【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界2】金融業界

2つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『金融業界』です。金融業界は、事業として金融(お金を持っている人が、お金が必要な人に対して融通)を行う、金融機関や企業などが属する業界です。この業界は学歴が非常に重視される世界。出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」が完全に存在します。なので、よほどの高学歴でない限り、金融業界に就職するのは難しいと言えるでしょう。なお、運よく就職できたとしても周りは高学歴のエリートばかりで、肩身の狭い思いをするかもしれません。

 

 

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界3】精密・医療機器業界

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界3】精密・医療機器業界

 

3つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『精密・医療機器業界』です。精密・医療機器業界は、ソフトウエアや電子制御によって精密な精度で動作させる機器を作り、販売している業界。人の暮らしに深く関わっている家電業界や、医療機器業界、半導体業界などが含まれます。精密・医療機器業界は専門性が高いため、採用の段階から学歴を重視します。なので、高校中退者にとって不利な業界だと言えるでしょう。

 

 


【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界4】マスコミ業界

4つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『マスコミ業界』です。マスコミ業界とは、テレビや雑誌、新聞、広告などのメディアを介して情報発信を行う業界。新聞記者、アナウンサー、TVディレクターなどの職種がこの業界に含まれます。マスコミ業界はメディアを通じて多くの人に様々な情報を届けるので、大きな責任が伴います。なので、基礎学力が必要となり、大卒でないと応募できないケースがほとんどです。マスコミ業界は高校中退者にとって不利な業界だと言えるでしょう。

 

 


【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界5】コンサルティング業界

5つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『コンサルティング業界』です。コンサルティング業界は、経営・戦略・会計など、企業の課題を解決するために、専門的なコンサルティング(相談・指導・企画・立案)を行っている業界。コンサルティング業界は金融業界と同様に学歴を重視する傾向が強い。そのため、高校中退者が運よく就職できたとしても周りはエリートばかりになります。ですから、高校中退した人にはおすすめしない業界となっております。就職先の紹介をしているサイトでも、コンサルティング業界は学歴フィルターが存在すると言っておりますよ。

 

 

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界6】商社業界

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界6】商社業界

 

6つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『商社業界』です。商社業界は幅広い産業分野で、売りたい相手と買いたい相手を結び付け「取引の仲介」をする業界。海外とのやり取りが多く、語学力を求められるケースが多いです。商社業界も金融業界と同様に学歴を重視する傾向が強い。そのため、採用の段階から学歴を重視します。商社業界は高校中退者にとって不利な業界だと言えるでしょう。

 

 


【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界7】医療業界

7つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『医療業界』です。医療業界とは文字通り医療に関わる仕事。医師や看護師、それから彼らをサポートする医療事務や医療秘書。さらに、病気を治すために必要な薬剤を作る製薬業界や、MRIやペースメーカーなどの医療機器を開発する医療機器業界も医療業界に含まれます。医療業界は専門性が高いため、採用の段階から学歴を重視します。なので、高校中退者にとって不利な業界となっております。

 

 

【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界8】資源・エネルギー業界

8つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『資源・エネルギー業界』です。資源・エネルギー業界は、電力・石油・ガスの3業種が筆頭となる業界。例えば、電力だと東京電力や関西電力。石油だと新日本石油や出光興産。ガスだと東京ガス、大阪ガスなどが有名です。資源・エネルギー業界は事業の参入障壁が高く、不況下でも強い。そのため、非常に人気の高い業界となっており、高学歴層に人気です。なので、高校中退者が就職するのは非常に難しいと言えるでしょう。なお、電気設備士や液化石油ガス設備士などの技術者であれば、学歴で不利になることはありませんよ。

 

 


【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9】航空宇宙業界

9つ目のご紹介する高校中退した人が不利になる業界は『航空宇宙業界』です。航空宇宙業界は、航空産業と宇宙産業を主として事業展開を行っている業界。宇宙ロケットシステム開発や航空エンジン開発、航空機・ヘリコプターの開発や製造などを行っています。航空宇宙業界は、製造業とはいえ高い専門性が求められますので、採用の段階から学歴を重視する企業が多いです。なので、高校中退者には不利な業界だと言えるでしょう。

 

 

 

 

高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2つ

高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2つ

 

続きましては、就職先を広げる方法を2つお伝えします。就職活動で行き詰まっている方はこの方法を試すといいでしょう。(便宜上、学校に進学することは省いております)

 

 


【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法1】資格を取得する

1つ目のご紹介する高校中退した人が就職先を広げる方法は『資格を取得する』です。資格を取得すれば、スキルの証明になるため高校中退でも採用してもらえる可能性があります。また、応募条件に「高卒以上」と書かれていても、資格を取得していることによって応募できるケースもございます。ですので、高校中退した人は資格を取得して就職先を広げるといいでしょう。なお、資格にも学歴を問うものがありますので、受験条件を調べてから学習を始めてくださいね。高校中退した人に向けて就職の方法を紹介しているサイトでも、資格の取得をおすすめしております。

 


【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2】技術力を身につける

2つ目のご紹介する高校中退した人が就職先を広げる方法は『技術力を身につける』です。技術力が求められる職種であれば学歴がなくても、スキル次第で採用されることがあります。ですので、まずはアルバイトでもいいから、スキルを身につける。そこから「就職活動を行う」という方法もありだと思います。なお、高校中退した人に向けて就職の方法を紹介しているサイトでも、技術力を身につけることをおすすめしております。

 

 

 

 

 

高校中退者が就職に対して不利だと感じたら!就職エージェントに相談しよう

高校中退により就職活動がうまくいかないと感じている方は、就職エージェントの活用をおすすめします。就職エージェントは、就職に関することなら何でも相談に乗ってくれます。さらに、履歴書・職経歴書の作成まで手伝ってくれます。なので、書類通過率がアップしますよ。「就職活動がうまくいかない」と悩んでいる方は、ぜひ就職エージェントをご活用くださいね。高校中退した人に向けて就職の方法を紹介しているサイトでも、就職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

では、これまでの内容をまとめると

 

高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界を紹介する前に
高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9選
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界1】教育業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界2】金融業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界3】精密・医療機器業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界4】マスコミ業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界5】コンサルティング業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界6】商社業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界7】医療業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界8】資源・エネルギー業界
【高校中退者の就職!中卒だと不利になる業界9】航空宇宙業界
高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2つ
【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法1】資格を取得する
【高校中退者でも就職が不利にならない!就職先を広げる方法2】技術力を身につける
高校中退者が就職に対して不利だと感じたら!就職エージェントに相談しよう


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する