20代非大卒第二新卒既卒・フリーター向け就職・転職支援
最終更新2024.07.15
求人数441
完全無料!中卒・高卒が稼げる◎正社員多数!

20代非大卒・第二新卒・既卒・フリーター向け就職・転職支援

2024.06.24

接客業からの転職のおすすめは?サービス業での接客経験を活かしてキャリアチェンジする方法

高卒

この記事では、接客業から転職を考えている方に向けて、接客経験を活かしてキャリアチェンジする方法について紹介しています。

接客経験者が、転職市場で評価されるスキルや、おすすめの転職先、転職活動をする際のコツや注意点についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

この記事の執筆者はこちら

飯田将広

詳しいプロフィール

高校卒業後、某大手靴販売店にて靴・アパレルの販売を経験。 3年間働き、アメリカへ語学留学。2年目に現地のカレッジに入学し、経営学とマーケティングを専攻。 1年後に興味のあったスペイン語を学びに、南米コロンビアに10ヶ月間留学。 帰国後、エージェントからの紹介で2017年3月に不動産ベンチャーに入社。 投資用のアパート、マンションの買取再販の営業やいくつかの新規事業の立ち上げに携わり、2018年の5月より開始した人材紹介事業が軌道に乗り、法人化するタイミングで転籍。 その後、大阪支社の責任者として大阪へ赴任して支社の立ち上げに従事し、2020年7月末で退職。 2020年8月に株式会社Revengersを設立。これまで約3000人以上の方のキャリア相談に乗る。

 

接客業から異職種転職する人は多い

接客業として働いている人が多い業種は、他業種と比べて離職率が高い傾向にあります。

厚労省が公表している「令和4年 雇用動向調査結果」によると、全業種の中で「宿泊業・飲食サービス業」が最も離職率が高く、次いで「生活関連サービス業・娯楽業」の離職率が高くなっています。

接客業は、飲食店、レジャー施設、美容サロンなど、お客さまと対面で接して商品やサービスを提供する仕事です。お客さまの反応をダイレクトに感じられ、お客さまが喜んでいる姿を見れるため、やりがいを持って働いている方も多いでしょう。

一方で、勤務時間が不規則で、給与が上がりづらいことを理由に、異職種への転職を希望する人も多いです。

接客業から異職種に転職する際の、主な転職理由

接客経験者が異職種への転職を希望する主な理由は、以下の3つです。

転職後に同じ理由で悩まないためにも、転職理由を明確にすることは非常に重要なため、ぜひ参考にしてくだい。

  • 勤務時間が不規則
  • 土日や大型連休に休みが取れない
  • 給与が上がりづらい

会社や業種によりますが、接客業は土日・祝日出勤が多く、繁忙期は残業が多くなりがちです。大型連休や年末年始など、世間が休みのときに出勤することも多いため、家族との予定が立てづらいことを理由に転職を検討する人もいます。

また、接客業は給与が上がりづらい傾向にあり、年収アップを目指して異職種に転職する人もいます。厚労省が公表している「令和4年賃金構造基本統計調査」の業種別賃金の調査結果によると、宿泊業・飲食サービス業(257万4,000円)の平均年収が最も低く、次いで生活関連サービス業・娯楽業(271万6,000円)が低くなっています。

不規則な勤務時間の大変さと給与のバランスが取れていないと感じる人が多く、異職種へ転職する人が多くなっています。

接客経験者が、異職種転職で評価されるポイント

接客業から異職種に転職する際には、接客業で身につけた能力やスキルを積極的にアピールする必要があります。

この章では、接客経験者が転職市場で評価されるポイントを解説していくので、自己PRを作成する際などに、ぜひ参考にしてください。

接客経験者が、異職種転職で評価されるポイントは以下の通りです。

  • 接客スキル
  • コミュニケーション能力
  • マルチタスク能力

上記は、人と接する機会が多い営業職などの仕事でも求められるスキル・能力です。また、営業職は、お客さまを訪問するだけでなく、提案書や見積書を作成したりと、業務内容が多岐にわたるケースが多いです。そのため、マルチタスクに対応できる力も役立つでしょう。

接客スキル

接客業で大事な点は、接客を通して顧客満足度を上げたり、売上をアップさせる事です。。

お客さまのニーズを読み取って、それぞれのお客さまに適した接し方をしてきた経験は、転職市場で高く評価されるポイントです。

コミュニケーション能力

接客業では、コミュニケーション能力が磨かれます。

お客さまの要望に耳を傾け、ニーズにあった適切な商品・サービスを提供できるスキルは、営業職をはじめ、他の職種でも必要となるスキルです。

お客さまにとって心地よい空間を提供するためには、従業員同士の密なコミュニケーションも欠かせません。また、アルバイトやパートで働いている方の教育を担当していた方も多いでしょう。このような、さまざまな関係者と円滑にコミュニケーションを取れる人材は、営業職に限らず他職種でも重宝されます。

マルチタスク能力

接客業では、お客様対応をしながら事務処理をする、といったマルチタスク能力が身につきます。

業務量が多い中で、お客さまをお待たせしないように、優先順位をつけて業務を行う必要がある為、効率的に業務を進める能力に優れています。営業職などはマルチタスクの場合が多い為、接客業で身につけたマルチタスク能力は、大きなアピールポイントになるでしょう。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

接客業からの転職におすすめの転職先

接客業から他職種への転職を目指すのであれば、接客業で身につけたスキルや能力を活かせる営業職がおすすめです。

以下の業界は、各企業が積極的に採用しているため、未経験者からでもチャレンジすることが可能です。

  • 人材業界の営業職
  • IT業界の営業職
  • 不動産業界の営業職
  • 広告業界の営業職
  • 介護職

それぞれの業界・職種のおすすめポイントについて、詳しく解説していきます。

人材業界の営業職

接客経験者の転職先として、おすすめしたい業界・職種の一つが「人材業界の営業職」です。

人材業界の営業職には、大きく分けて法人営業と求職者対応の2種類の業務がありますが、求職者対応業務は接客業の経験を活かしやすいです。

求職者対応業務は、転職を検討している求職者と面談を行い、求職者のニーズにあった企業を紹介する仕事です。個人のお客さまのニーズをヒアリングし、適切なサービスを提供する接客業と親和性があるため、接客業で身につけたスキルを活かしやすいでしょう。

また、人材業界の営業職の業務内容は多岐にわたるため、接客業で培ったマルチタスクの対応力を発揮できるでしょう。

年収アップを目指したい人にとっても、人材業界の営業職は魅力的です。

人材業界はインセンティブ制度を導入している企業が多く、成果が報酬に直結するため、未経験からでも年収アップが可能です。

IT業界の営業職

今後も市場規模が拡大すると予想されている「IT業界」も、おすすめの転職先です。IT業界は、近年急成長を遂げていることから、求人数も多く、未経験者からチャレンジしやすい業界でもあります。

IT業界には、さまざまな職種の求人がありますが、求人数が多く、接客経験を活かしやすいのが「営業職」です。

提案する商材は企業によって異なりますが、IT業界の営業職の仕事は、企業が抱える課題をヒアリングし、システムを活用した解決策を提案し、最終的にシステム導入をしてもらうことです。お客さまのニーズを引き出すためには、高いコミュニケーション能力が求められるため、接客の仕事で磨かれたコミュニケーション力を大いに活かすことができるでしょう。

また、ITコンサルタントやマーケティング担当など、営業職以外の職種も未経験者を募集している事があるため、未経験から営業職以外の職種にチャレンジしたい方にもおすすめの業界です。

不動産業界の営業職

不動産業界の中でも、不動産仲介の営業職などは、未経験からでもチャレンジしやすい業界です。

不動産仲介の営業職は、物件を探しているお客さまのご要望をヒアリングし、ニーズにあった最適な物件を提案する仕事です。また、1日かけて物件の内見にも同行することも珍しくなく、接客力も求められます。

日々、新しいお客さまを対応する点や、接客力が求められる点は、接客業とも共通するところが多く、成果を出しやすいでしょう。

広告業界の営業職

広告業界の営業も、未経験から挑戦できる職種です。

接客業で経験してきた分野の広告営業であれば、その分野の知識を活かすことができ、クライアントからの信頼も得やすいでしょう。

広告の利用目的はクライアントによって異なりますが、多くの場合は集客力を上げるためです。集客に関する課題をヒアリングし、提案を行うため、コミュニケーション能力は必須です。

また、広告の企画に携わることもあるため、クライアントの売上が上がったなどの成果をダイレクトに感じられ、やりがいを実感することができるでしょう。

介護職

介護職も、接客業経験者がスキルを活かしやすい転職先です。日本では高齢化の影響で介護人材の需要も右肩上がりに伸びていることから、介護業界は積極的に採用を行っています。

接客業で培ったスキルや能力を発揮できれば、未経験からでも活躍できるでしょう。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

接客業から異職種に転職する際の注意点

接客業からキャリアチェンジして、異職種で活躍している人は多いですが、一方で転職活動で苦戦する人もいます。また、希望の企業に転職できたものの、早期に離職しているケースも見受けられます。

そのような事態を防ぐためにも、以下の2点に注意して転職活動をしましょう。

まず、転職理由を整理する事が大事

面接において、転職理由と志望動機の答え方は非常に重要です。面接官からの納得感が得られず、選考に通過しないケースも多いです。

接客業からの転職を目指す際には、転職理由と志望動機に一貫性を持たせ、説得力のある志望動機を作成することが大切です。

面接対策というと、志望動機から考え始めがちですが、面接理由が明確になっていないと志望動機の内容が薄くなりがちです。

そのため、まずは転職理由を整理することが重要です。転職理由を整理する際には、本当の転職理由をできる限り具体的に書き出してみることをおすすめします。

ワークライフバランスを重視したい、年収アップを目指したい、など、転職を検討している理由はいくつかあるでしょう。転職理由が整理できると、転職で実現したいことが明確になり、志望動機が作成しやすくなります。

また、転職理由を軸に企業選びができるので、転職後のミスマッチを防ぐこともできるでしょう。

年収について

接客業から異職種に転職を希望している人の中には、年収を上げるために転職を考えている人も多いでしょう。

未経験からの転職で年収アップを目指したい場合は、インセンティブ制度を導入している企業への転職がおすすめです。成果に応じて報酬が支払われるため、未経験からでも年収アップが可能です。

例えば、人材紹介会社の営業職であるキャリアアドバイザーの給与体系は、基本給+インセンティブという仕組みになっている企業が多いです。

人材紹介は人材業界の中でも利益率が高い業種ですので、キャリアアドバイザーの年収は比較的高い傾向にあります。

接客業から異業種への転職を成功させるコツ

ここでは、接客業から異業種への転職を成功させるコツを解説します。

記事を参考に、転職に向けた行動を起こしましょう。

転職する理由を明確にする

まずは転職する理由を明確にしましょう。

漠然とした理由で転職活動を進めると、転職してから「こんなはずじゃなかった...」と後悔する可能性があるからです。

ちなみに、転職理由を明確にする方法は以下のとおりです。

  1. 自己分析
  2. 応募業界・企業についての情報収集
  3. 紙に書き出してみる
  4. 誰かに聞いてもらう・読んでもらう

詳しい方法は、こちらの記事で解説しています。

 

応募する前に企業の情報を徹底的に集める

応募する前に企業の情報を入念に調べておきましょう。

理由は入社後のミスマッチを防ぐためです。

具体的な調べ方は以下のとおりです。

  • OpenWorkや転職会議などの口コミサイトで評判を調べる
  • 就職四季報で3年後離職率や平均勤続年数を調べる
  • 企業に職場見学を依頼して雰囲気を確かめる
  • 企業の採用サイトで求める人物像を調べて、接客業の経験が活かせるか確かめる

「思っていた会社と違った...」と後悔するのを避けるために、できることをやりましょう。

転職エージェントを活用する

ひとりで転職活動を進めるのが不安な方は、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーから、さまざまなサポートを受けられるからです。

具体的に利用できるサポートは、以下のとおりです。

  • キャリアカウンセリングであなたの強みや適職を探ってくれる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 各業界・企業についての情報を詳しく教えてくれる
  • 自己PR・志望動機・転職理由の書き方をプロに教えてもらえる
  • 面接での答え方をレクチャーしてくれる
  • 不合格になった際は理由を丁寧に教えてくれる
  • 面接日程や入社日の調整を代行してくれる
  • 入社後の条件交渉も引き受けてくれる

多くの転職エージェントは無料で利用できます。

まずはキャリアカウンセリングを受けて、あなたに合う求人を見せてもらうと良いでしょう。

どの転職エージェントを使えばいいのかわからない...

という方は、次の章で解説しているので、このまま読み進めてみてください。

 

まとめ

この記事では、接客経験者がキャリアチェンジする方法について解説してきました。

転職成功のためには、転職理由を整理した上で、転職理由と一貫性のある志望動機を作成することが大切です。また、自身の強みを明確にして、転職先で活かせるスキルを積極的にアピールしましょう。

接客業からの異職種転職におすすめの業界・職種は以下の通りです。

  • 人材業界の営業職
  • IT業界の営業職
  • 不動産業界の営業職
  • 広告業界の営業職
  • 介護職

上記の業界・職種は、接客業で身につけたスキルや経験を活かしやすく、未経験からでもチャレンジできます。

自分にあった業界や職種が分からない場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは非公開求人を保有しているので、自分では探せなかった企業に出会うこともできます。

年収400万円~1,000万円の転職実績多数!

Revengersは高卒・中卒の方限定の転職支援サービスを展開しています!

年間1000人以上の転職支援を実施するキャリアアドバイザーが4,000社の中からあなたにあった職業・会社を完全無料で提案いたします!

簡単30秒!ご登録して求人情報を受け取ろう

 

LINE LINEで転職相談する 電話 電話で転職相談する