新たなスタートを切りたい方のための就職・転職支援サービス
最終更新2022.09.26
求人数375

その他

正社員

【鳥害対策マイスター】年齢幅広く募集/未経験歓迎

  • 飲食経験ある方歓迎

社名非公開

仕事内容

■当社は鳥害対策の施工、商品販売はもとより、設計、コンサルティングまで、鳥害対策を総合的にサポートしており、設計に必要な資料、図面、資材などを多く取り揃えています。
■相談を受けるほとんどのお客様は鳥害対策工事が初めてです。
そのため施工方法、資材への疑問や不安をお持ちです。当社の鳥害対策プランナーが現地調査、プランの相談を行い、お客様の鳥害対策への理解と安心をサポートします。
・実行予算作成
・管理
・注文書類の作成
・工事工程表の作成、検討 ・5大管理(安全、人員、工程、環境、予算)
・各業者との打ち合わせ
・現場写真の撮影
・施工
・定期点検 など
※出張が発生する業務となります。
(期間:1回の出張は最大6日間。月によって違いますが合計14日以上の出張が発生する場合もあります。)

ここがポイント!

  • 01 兵庫 鳥害対策サポートの求人

    尼崎センタープール前駅 徒歩10分

    ※全国支店有り
    ※転勤の可能性:なし

  • 02 和気あいあいとアットホームな雰囲気の社風

    私たちは、ビルや商業施設に対して鳥害対策の提案を行なう会社。営業アシスタントは、窓口となって顧客と話す機会も多いポジションです。
    営業活動が成り立つのは、アシスタントがいるからこそ。スムーズに仕事を進めるためにはチームワークが大事なので、職種を問わず、頼り頼られが当たり前なんです。

こんな方にオススメ

  • 職種・業界未経験の方歓迎
  • 新たな分野へ挑戦したい方

企業・求人概要

給与詳細 25万円~
賞与回数:3回
インセンティブ:あり
企業名 社名非公開

勤務・就業規定・その他情報

勤務地 兵庫県尼崎市道意町6
路線・交通手段 尼崎センタープール前駅 徒歩10分
勤務時間 8:00~17:30
夜間勤務:状況に応じてある
月間平均残業時間:40時間以下
待遇・福利厚生 社会保険完備、交通費支給、住宅手当、家族手当、資格手当、役職手当、退職金制度 、出張手当(研修明け3,000円)
休日 シフト制
年間休日:113日
休暇制度:年末年始休暇、夏季休暇、GW休暇、産休・育休、リフレッシュ休暇
COLUMN

COLUMNおすすめ転職求人情報コラム

02/

12

2022

フリーター

高卒の転職!面接の服装について徹底解説

高卒が正社員に転職する場合、面接には何を着ていけばいいの? このような悩みを抱えている高卒の方はいませんか? 「アルバイトと正社員では面接の服装が違うの?」「高卒は服装を厳しくチェックされるの?」など、高卒で正社員への転職を考えている方は、面接の服装に悩み、頭を抱えているのではないでしょうか? 今回はそんな高卒の方に向けて『面接の服装』について解説していきたいと思います。この記事では、「服装選びのポイント」や「服装選びの注意点」など、詳しく丁寧に説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!   【目次】 高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること 高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK 高卒の転職!服装自由と言われた場合は? 高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき 高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編) 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること1】スーツの色 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること2】スーツの柄 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること3】シャツの色 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること4】シャツの種類 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること5】ネクタイ 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること6】靴の色 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること7】靴下の色 【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること8】ベルトの種類 高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ 【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント1】カバン 【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント2】時計 【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント3】アクセサリー 【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント4】スカート丈 【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント5】ストッキングの種類 まとめ     高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ はじめに、面接で服装を選ぶ際のポイントを3つお伝えします。このポイントを意識するだけで、とても印象のいい服装になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。     【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス 1つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『全身のバランス』です。というのも、面接官は1つ1つのアイテムに目を光らせているわけではありません。全体を見ております。そのため、いくら綺麗なスーツを着ていても、靴だけカジュアルだったりするとNG。バランスが悪くなり、そこだけ目につきます。以上のことから、転職面接で服装を選ぶ際は、悪目立ちする箇所がないように意識しましょう。     【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感 2つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『清潔感』です。清潔感は相手に好印象を与えるために必要不可欠。高卒でも清潔感があれば第一印象がよくなります。ですので、転職面接では清潔感のある服装を心がけましょう。具体的には、スーツにシワがないか、シャツのボタンが取れていないかなどを事前に確認。また、女性の場合はネイルが剥がれていないかもチェックしておきましょう。高卒向けに転職面接の服装について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。   【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること 3つ目に紹介する高卒が転職面接の服装で気をつけるポイントは『TPOに合わせた服装にすること』です。というのも、面接はビジネスパーソン同士の場。面接官は「TPOを理解しているか」を厳しくチェックします。なので、ビジネスにふさわしくない服装をしていると、社会人としてのTPOを判断できない、という印象をもたれてしまいます。以上のことから、面接に臨む際はTPOを踏まえた服装を心がけましょう。       高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK 高卒が正社員の面接に臨む場合、スーツを着用すればOK。どの業界・職種でもスーツを着て面接官の印象が悪くなることはありません。なので、面接の服装に迷った場合は「スーツを着用する」と考えましょう。ただし例外が一つ。それはアパレル関係の職種です。アパレルは面接の服装でファッションセンスを見られる可能性があります。そのため、応募先企業に相応しい服装をするといいでしょう。ちなみに、服装に応募先企業のブランドを少しだけ取り入れてみると、面接官との会話が弾み好印象を与えられます。覚えておいてくださいね。高卒の転職について紹介しているサイトでも、面接の服装はスーツだと言っておりますよ。         高卒の転職!服装自由と言われた場合は? 応募先企業によっては「服装自由」や「私服でご来社ください」と言われることがあります。この場合はどうすればいいのでしょうか?結論を言うと、この場合も基本的にはスーツの着用をおすすめします。というのも、面接はあくまでビジネスの1シーン。会話を楽しむ場ではありません。なので、スーツを着用するほうが無難だと言えるでしょう。高卒は大卒に比べて厳しくチェックされる傾向があるので、注意してくださいね。       高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき 面接ではスーツを着用すればOKだと言いました。しかしスーツなら何でもいいというわけではありません。なかでも、新卒時の定番だったリクルートスーツは避けたほうがいいと言われています。なぜなら、リクルートスーツは学生が就活の時に着るものです。そのためどうしても「学生の就職活動の定番」という印象がぬぐえず、頼りない印象を与えてしまう。ですので、転職の面接でリクルートスールの着用は避けるべきでしょう。高卒の転職について紹介しているサイトでも、面接の服装について同様のことを言っておりますよ。       高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編) では、ここからは高卒が面接でスーツを着る際に注意することを8つご紹介します。順番に解説していきますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること1】スーツの色 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの1つ目は『スーツの色』です。スーツの色の黒・紺・暗めのグレーがベター。派手な色のスーツを選ばないように注意しましょう。間違った色のスーツを着ていくと、それだけで印象が悪くなりますよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること2】スーツの柄 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの2つ目は『スーツの柄』です。スーツの柄は無地、あるいは目立たない程度のストライプがベター。チェック柄や幅の広いストライプはNGです。スーツを選ぶ際は色だけでなく、柄にも気を配ってくださいね。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること3】シャツの色 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの3つ目は『シャツの色』です。シャツ(ブラウス)の色は、男性の場合は白や青のシャツがベター。スーツの色と同様に派手な色は避けるべきでしょう。女性の場合は、白か淡いパステルカラーがベスト。できるだけ、透け感が少ないものをおすすめします。ちなみに、第1ボタンを外したときに胸元が開きすぎないものを選ぶとカッチリした印象に見えますよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること4】シャツの種類 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの4つ目は『シャツの種類』です。シャツの種類は、レギュラーカラーシャツ、ワイドカラーシャツがベター。くれぐれも「ボタンダウンカラーシャツ」は選ばないように注意しましょう。ボタンダウンは、ポロ競技で使われていたウエアを参考に作られたカジュアルなスタイルのシャツ。そのため、カジュアルな印象を与えてしまいますよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること5】ネクタイ 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの5つ目は『ネクタイ』です。ネクタイの色は青やえんじがベター。なるべく派手な色は避けましょう。ただし例外があります。それは、応募先企業の「コーポレートカラー」をネクタイに取り入れる場合です。この方法でネクタイを選ぶなら、派手な色でもいいと思います。尚、柄は「ソリッド(無地)」か「小紋柄」を選ぶとシンプルでいいと思いますよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること6】靴の色 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの6つ目は『靴の色』です。靴の色は黒、または焦げ茶の革靴がベスト。キャメルなどの明るい系の色は避けるべきでしょう。ちなみに、女性の場合は黒のパンプスがベスト。スーツとのバランスを考えると、ヒールの高さは5~7cmくらいを選ぶといいでしょう。そうすると、スーツに合ってきれいに見えますよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること7】靴下の色 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの7つ目は『靴下の色』です。靴下の色は黒、または濃紺の無地がベスト。派手な色や柄を選ばないように注意しましょう。靴下はズボンに隠れていると思っても、案外見えるものですよ。   【高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意すること8】ベルトの種類 高卒が転職面接で服装を選ぶ際に注意することの8つ目は『ベルトの種類』です。ベルトの種類はスーツに合う表革がベスト。くれぐれも金具の大きなもの、装飾がついているタイプは選ばないでくださいね。こちらも靴下同様、面接官に見られるポイントなので注意してください。     高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ では、最後に高卒が面接の服装で見落としがちなポイントを5つご紹介します。面接官は細かい点までチェックしておりますので、注意してくださいね。   【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント1】カバン 高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの1つ目は『カバン』です。カバンは黒、濃紺、ブラウンでA4サイズが入る大きさがベスト。サイズが小さいと、書類を折り曲げないといけないので、おすすめしません。尚、スーツに合わせる前提でデザインされたものであれば、リュックやトートバッグでもOKですよ。高卒向けに転職面接の解説をしているサイトでも、同様のことを言っております。     【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント2】時計 高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの2つ目は『時計』です。時計をつける際は金属製、もしくは黒の革製で地味なものがベスト。文字盤が大きいタイプやブランドものは派手に見えるのでおすすめしません。ちなみに、Apple watchなどのスマートウォッチもNG。スーツには合いませんので、身につけないほうがいいでしょう。高卒向けに転職面接の解説をしているサイトでも、同じことを言っております。   【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント3】アクセサリー 高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの3つ目は『アクセサリー』です。アクセサリーは、結婚指輪以外すベてNG。ピアス、ネックレス、ファッション用の指輪などは印象が悪くなるので絶対に外しましょう。   【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント4】スカート丈 高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの4つ目は『スカート丈』です。スカートの長さは、立っているときにひざが隠れる長さが目安。スカート丈が短くても長くてもだらしない印象になるので、注意しましょう。女性はスカートの長さまで見られていますよ。   【高卒の転職面接の服装!見落としがちなポイント5】ストッキングの種類 高卒が転職面接の服装で見落としがちなポイントの5つ目は『ストッキングの種類』です。 ストッキングは基本的に「ナチュラルストッキング」。スーツでもビジネスカジュアルでも、ナチュラルが無難でしょう。最近は秋冬なら黒タイツを気にしない企業が増えてはいますが、あまりおすすめしません。というのも、タイツはカジュアル度の強いアイテムなので、スーツに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。以上のことから、秋冬でもストッキングはナチュラルにしましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職!面接の服装で気をつけるポイント3つ 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント1】 全身のバランス 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント2】清潔感 【高卒が転職面接の服装で気をつけるポイント3】 TPOに合わせた服装にすること 高卒の転職!面接の服装は基本的にスーツでOK 高卒の転職!服装自由と言われた場合は? 高卒の転職!面接の服装でリクルートスーツは避けるべき 高卒の転職!面接の服装で注意すること8つ(スーツ編) 高卒の転職!面接の服装で見落としがちなポイント5つ   以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 就職
  • 失敗
  • 面接
  • 高卒
  • 服装
  • オススメ
  • おすすめ

01/

03

2022

フリーター

第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の求人に応募しよう

第二新卒歓迎の求人に応募したいけど…。 フリーターだから無理だと思う。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「フリーターが第二新卒に応募しても相手にされない…」「そもそもフリーターは第二新卒ではない…」など、転職活動中のフリーターのなかには、第二新卒への応募を諦めている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて『第二新卒とはなにか?』について解説していきたいと思います。この記事では、第二新卒の解説とあわせて「フリーターが正社員転職を成功させるコツ」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの? 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか? 第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する まとめ         第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう   はじめに、第二新卒についてご説明します。第二新卒とは学校を卒業した後、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人を指します。第二新卒の年齢については明確な基準がありません。しかし学校を卒業してから3年以内を指すため、一般的には25歳前後とされておりますよ。なお、フリーターに関しては厚生労働省の定義によると、15歳から34歳までとなっております。フリーターについての紹介は厚生労働省のホームページに記載しておりますので、気になる方はご覧ください。           第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの?   フリーターは第二新卒に含まれます。なぜなら、第二新卒とは学校を卒業した後、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人。つまり、フリーターでも条件に当てはまっていれば該当します。なお、学校卒業後の仕事については正社員でなくても構いません。第二新卒という言葉には明確な定義がないため「雇用形態」は不問。ですので、正社員や派遣社員だけでなく、アルバイトも「就労経験」に含まれます。第二新卒の転職について解説しているサイトでも、同じことを言っております。         第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか?   結論を言うと、フリーターは第二新卒枠に応募するべきです。なぜなら、ここ数年、第二新卒の採用ニーズが増加。多くの企業で第二新卒を募集しております。つまり、第二新卒の求人を転職候補に入れると、それだけで選択肢が増えるのです。なので、フリーターは積極的に第二新卒求人に応募するといいでしょう。選択肢が増えると優良企業に出会える確率がグンと上がりますよ。なお、求人については「第二新卒の転職について解説しているサイト」を利用すれば、簡単におすすめの転職サイトが見つかります。ぜひご覧ください。         第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選   ここからは、フリーターが正社員転職を成功させるコツをご紹介していきます。このポイントに注意して転職活動に励んでくださいね。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 1番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職スケジュールを立てる』です。フリーターは正社員の方に比べて、転職活動が長期戦になりがち。そのため、転職スケジュールを立てないと途中でダラけてしまうかもしれません。最悪の場合、やる気をなくして転職活動に挫折してしまう可能性もあり得ます。ですので、正社員転職を成功させたいフリーターは、転職スケジュールを立てておきましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 2番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職の目的を明確にする』です。上述した通り、フリーターの転職活動は基本的に長期戦。そのため、途中で投げ出さない対策として、転職の目的を明確にしておきましょう。転職の目的があると、不採用が続いて辛くなっても粘り強く頑張ることができると思いますよ。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 3番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『よくある質問を把握する』です。フリーターから正社員転職するときは面接対策が重要。なかでも、よく聞かれる質問に対して、しっかりと対策しておくことが大事です。よくある質問を把握しておくだけでも、精神的負担が軽くなりますので、面接前にチェックしておきましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 4番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『企業研究を行う』です。企業研究は正社員転職を成功させる重要な項目。企業が求める人材がわかると「志望動機』や「自己PR」の作成に役立ちます。ですから、正社員就職を成功させたいフリーターは徹底して企業研究を行いましょう。なお、企業研究のやり方については、フリーターの転職について解説をしているサイトをご覧ください。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 5番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『面接の服装に注意する』です。正社員の面接は、フリーターの面接とは別物。基本的にカジュアルな服装はNGです。『服装自由』と書かれていても、フリーターの場合は私服を着ないほうがいいでしょう。面接官はフリーターの服装に対して厳しい目でチェックしておりますので、くれぐれも油断しないように。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 6番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『履歴書のマナーを確認する』です。履歴書には皆さんが想像している以上に細かいルールがあります。そのため、何も調べずに作成するのは大変危険です。履歴書の書き方を知っていても、再度マナーを確認してから書きましょう。詳しくは、フリーターの転職について解説しているサイトに載っておりますので、ご覧ください。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 7番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『資格の取得を検討する』です。フリーターでも資格を持っていると、採用される確率が高くなります。そのため、資格のないフリーターは、まずは何かしらの資格を取得するといいでしょう。資格があると書類通過率も変わってきますよ。なお、転職の方向性が決まっているのであれば、そこで活かせる資格をおすすめします。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 8番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『キャリアプランを考える』です。キャリアプランとは、仕事や働き方の将来像を実現するために作成する具体的な行動計画。簡単にいうと、人生設計の中で「働くことに関するプランニング」です。たとえば「転職後にどんな仕事をしていきたいか」「どんなチームで働きたいか」などですね。フリーターがキャリアプランを考えておくと、転職に対する本気度がより伝わりますよ。第二新卒の転職について解説しているサイトでも、同様のことを言っております。         【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 9番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『自己分析をする』です。自己分析は自分の強みや価値観、仕事に関する適性を見極めることができます。なので、自己PR作成がスムーズになります。また、自己分析を通して『自分のやりたいこと』が明確になる可能性もありますので、転職前に自己分析をしましょう。       【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する 10番目にご紹介するフリーターが正社員転職を成功させるコツは『転職エージェントを活用する』です。転職エージェントは転職に不安を抱えているフリーターにとって心強い存在。求人の紹介から内定まで手厚くサポートしてくれます。また「履歴書・職務経歴書の作成」「面接の練習」など、細かいところまでサポートしてくれます。ですので、転職エージェントを活用すれば、一人で転職するよりラクになりますよ。これから転職するフリーターは、転職エージェントを活用しましょう。なお、第二新卒の転職について解説しているサイトでも、転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。           まとめ     では、これまでの内容をまとめると   第二新卒の転職!フリーターは第二新卒の意味から理解しよう 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒に含まれるの? 第二新卒の転職!フリーターは第二新卒枠に応募するべきか? 第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10選 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ1】転職スケジュールを立てる 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ2】転職の目的を明確にする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ3】よくある質問を把握する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ4】企業研究を行う 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ5】面接の服装に注意する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ6】履歴書のマナーを確認する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ7】資格の取得を検討する 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ8】キャリアプランを考える 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ9】自己分析をする 【第二新卒の転職!フリーターが正社員転職を成功させるコツ10】転職エージェントを活用する 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • フリーター
  • 転職
  • 職歴
  • 質問
  • エージェント
  • 第二新卒

08/

31

2021

フリーター

高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介

最終学歴が高卒だから…。 転職できそうにない。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「高卒は求人数が少ない…」「高卒だと書類選考で落とされる…」「高卒は転職市場で価値がない…」など、高卒の方のなかには、学歴がネックとなり、転職を諦めている人もいるのではないでしょうか。 今回はそんな高卒の方に向けて『おすすめ業界』をご紹介していきたいと思います。この記事ではおすすめの業界と併せて「おすすめしない業界」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう!         【目次】 高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の転職!おすすめの業界9選 【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 高卒の転職!おすすめしない業界3選 【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 まとめ         高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の方に「おすすめの業界」をご紹介する前に、まずは「業界」について解説します。転職活動における業界とは、企業を「産業」や「商業」で分類したもの。つまり「同じ仕事をしている人や企業」ということになります。業界によって取り扱う商品やサービスは様々。メーカーが製造した商品を商社が仕入れ、小売が販売するなど各業界は密接な関わりを持っておりますよ。         高卒の転職!おすすめの業界9選 では、ここからは高卒に「おすすめの業界」を9つご紹介します。高卒の方は、ぜひこの内容を参考にして転職活動を行ってくださいね。       【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 1つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『IT業界』です。IT業界は、エンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど、特定のスキルを身につける専門職が多い業界。技術力さえあれば、学歴がなくても出世できます。実際にI T業界には、高卒で管理職になっている人がたくさんいるそうですよ。近年はIT業界の人材不足が深刻化しており、未経験者を歓迎している企業が多く見られます。なので、ぜひ応募してみてくださいね。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、I T業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 2つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『介護・福祉業界』です。介護・福祉業界では、高齢者や障がい者など、生活のサポートが必要な人に対して多様なサービスを提供しております。介護・福祉業界は近年、人手不足に悩まされており、業界全体で採用枠を広げております。そのため、未経験者を歓迎している求人が多く、高卒・未経験でも転職しやすい業界だと言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、介護・福祉業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 3つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『土木・建設業界』です。土木・建設は、住宅やビルなどの建築、道路・ダムなどの建設を担う業界です。近年は業界全体で高齢化が進み、団塊世代の定年退職などで就業者が減っております。そのため、若い働き手を求める傾向にあり、学歴に関係なく人材の確保を行っています。ですので、高卒でも臆することなく、チャレンジできる業界だと言えるでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、土木・建設業界をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 4つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『サービス業界』です。サービス業界は宿泊や飲食サービス、医療、情報通信など、様々な種類がある業界。サービス業界は、それぞれの分野によって多少の違いはあるものの、市場は拡大を続けています。また、学歴問わず人材獲得に積極的な企業が多い。なので、高卒でも転職しやすい業界ですよ。   【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 5つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『メーカー業界』です。メーカー業界とは、テレビや衣服、自動車など、あらゆる製品の製造を担う業界。別名、製造業とも呼ばれております。メーカー業界は機械化が進み、人的コストが格段に減りました。しかし、まだまだ人の目視や人の手による点検が必要とされている現場があります。そのため、人手不足が問題となっており、高卒でも応募できる求人がたくさんあります。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、メーカー業界(製造業)をおすすめしておりますよ。     【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 6つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『飲食業界』です。飲食業界とは、食品を調達、加工、調理し、飲食品を顧客に提供するサービスをおこなう業界。全国規模でチェーン店を展開しているような大企業から個人経営の店舗まで、幅広い種類の企業があるのが飲食業界の特徴です。飲食業界は現在、コロナの影響で多大なダメージを負っており、求人数が減少。倒産する会社も相次いでいます。しかし基本的に飲食業界は人手不足の状態。そのため、コロナが収束すれば求人が増えると思います。尚、飲食業界は学歴・スキルを問われませんので、高卒でも安心してチャレンジできますよ。   【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 7つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『公務員』です。公務員とは国や地方自治体に勤務し、社会の土台作りをする仕事。一見すると「大卒」しか採用していないイメージですが、条件を満たせば高卒の場合でも公務員を目指せます。なので、安定した仕事で国や地域に貢献したいと考えている高卒の方は、公務員試験に挑戦するといいでしょう。高卒向けに転職しやすい業界を紹介しているサイトでも、公務員をおすすめしておりますよ。   【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 8つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『運輸・輸送業界』です。運輸・輸送業界は、文字の通り「人・モノを運ぶ」業界。「陸」「海」「空」など、運輸経路は様々です。近年は インターネットの普及により、オンラインショッピングをはじめとする通信販売が爆発的に増加。そのため、深刻な人手不足に悩まされております。特に陸上運送を担うドライバーは不足しており、最近では業務委託でドライバーを雇うほどです。以上のことから、運輸・輸送業界は求人数が多く、高卒でも採用される可能性が高いですよ。尚、学歴は問われませんが運転免許は必要になりますので、ご注意ください。   【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 9つ目のご紹介する高卒におすすめの業界は『美容業界』です。美容業界とは、文字通り美容に関する業界。コスメ関連を除くと大きく「美容室・理容室」「エステサロン・リラクゼーションサロン」「ネイルサロン・まつげエクステサロン」の3つが活躍の場所となります。美容業界は、I T業界と同様に技術力がモノを言う世界。なので、高卒でも意欲と熱意さえあれば、簡単に転職できますよ。         高卒の転職!おすすめしない業界3選 最後に、高卒の方に「おすすめしない業界」を3つご紹介します。ぜひ、転職活動にお役立てください。     【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 1つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『金融業界』です。金融業界とは、事業として金融(お金を持っている人が、お金が必要な人に対して融通)を行う、金融機関や企業などが属する業界のこと。金融業界は学歴が重視される世界。出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」が完全に存在します。なので、高卒の方が金融業界に転職するのは非常に難しい。それに運よく転職できたとしても、周りは高学歴のエリートばかりなので、肩身の狭い思いをするかもしれません。以上のことから、金融業界は高卒におすすめしない業界となっております。     【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 2つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『医療業界』です。医療業界とは文字通り医療に関わる仕事。医師や看護師、それから彼らをサポートする医療事務や医療秘書。さらに、病気を治すために必要な薬剤を作る製薬業界や、MRIやペースメーカーなどの医療機器を開発する医療機器業界も医療業界に含まれます。医療業界は専門性が非常に高いため、高卒の方が転職しても業務についていけません。残念ですが、医療業界への転職は諦めましょう。   【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 3つ目のご紹介する高卒におすすめしない業界は『コンサルティング業界』です。コンサルティング業界では、経営・戦略・会計・組織など、企業の課題を解決するために、専門的なコンサルティング(相談・指導・企画・立案)を行っております。コンサルティング業界は金融業界と同様に学歴を重視する傾向が強い。そのため、運よく転職できたとしても周りは高学歴のエリートばかりです。なので、転職はおすすめしません。もちろん、高卒でも優秀な人はいますので、自信のある方は応募してみるといいでしょう。       まとめ   では、これまでの内容をまとめると 高卒の転職!おすすめの業界を一挙紹介する前に 高卒の転職!おすすめの業界9選 【高卒の転職!おすすめの業界1】IT業界 【高卒の転職!おすすめの業界2】介護・福祉業界 【高卒の転職!おすすめの業界3】土木・建設業界 【高卒の転職!おすすめの業界4】サービス業界 【高卒の転職!おすすめの業界5】メーカー業界 【高卒の転職!おすすめの業界6】飲食業界 【高卒の転職!おすすめの業界7】公務員 【高卒の転職!おすすめの業界8】運輸・輸送業界 【高卒の転職!おすすめの業界9】美容業界 高卒の転職!おすすめしない業界3選 【高卒の転職!おすすめしない業界1】金融業界 【高卒の転職!おすすめしない業界2】医療業界 【高卒の転職!おすすめしない業界3】コンサルティング業界 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

  • 転職
  • 失敗
  • 高卒
  • 未経験
  • おすすめ
  • 職種
  • 業界